児童文学「くまのパディントン」を実写映画化した「パディントン(仮)」の海外版予告編はもう見ましたか?

Pocket

児童文学「くまのパディントン」を実写映画化した「パディントン(仮)」(原題: Paddington)、イギリスで11月28日(金)公開。
海外版の予告編が公開されていますが、もう見ましたか?
paddington
イギリス人作家マイケル・ボンドの児童文学「くまのパディントン」を実写映画化。
パディントン駅でブラウン夫妻に拾われた熊・パディントンの災難と冒険を描く…

今までテレビシリーズ化は3回されていて、映画化は今回が初めて。
監督はテレビドラマ「マットとデヴィッド ボクたち空港なう。」のポール・キング
CGのパディントンの声を担当するのはコリン・ファース
邪悪な剥製師ミリセントにはニコール・キッドマン
ブラウンさんには「ダウントン・アビー ~貴族とメイドと相続人~」のヒュー・ボネヴィル、ブラウンの奥さんには「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンス
paddington02
イギリスで11月28日(金)、全米では2015年1月16日(金)公開。
日本での公開は現段階では未定ですが、実写映画化されたパディントンの冒険は映画館で見たいかも。

「パディントン」海外公式FBページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です