カテゴリー別アーカイブ: 新作映画紹介(邦画)

<段ボールアーティスト>の島津冬樹の活動を追ったドキュメンタリー「旅するダンボール」、12月7日(金)から全国順次公開。




<段ボールアーティスト>の島津冬樹の活動を追ったドキュメンタリー「旅するダンボール」、12月7日(金)からYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開。

世界30カ国の街角で捨てられた段ボールを拾って、かわいくてカッコいい段ボール財布作る活動を続ける<段ボールアーティスト>の島津冬樹の活動を追う…

自称”ダンボールピッカー”こと<段ボールアーティスト>の島津冬樹は、あるダンボールを目にし、そのルーツをたどる旅に出る。行く先々でそのダンボールに少なからず関わってきた人々と出会い、交流を深めていく島津冬樹の活動におよそ3年にわたって密着する…

ハリウッドを拠点に活動する映像ディレクターの岡島龍介が監督・撮影・編集
「不要なものから、大切なものへ」島津冬樹のユニークな活動を通してハートフルな人間ドラマを描き出しながら、リサイクル、リユースの枠を超えた「アップサイクル」を提唱していく…

「旅するダンボール」公式サイト

「旅するダンボール」公開劇場リスト



真野恵里菜、横浜流星共演で人生が交差する7人の若者の青春を描いた青春群像劇「青の帰り道」、12月7日(金)公開。




真野恵里菜横浜流星共演で人生が交差する7人の若者の青春を描いた青春群像劇「青の帰り道」、12月7日(金)公開。

群馬県前橋市と東京を舞台に、地元に残った者、夢を追って上京した者。それぞれの人生が交錯し、新しい未来へ向かって進んでいく…

2008年、東京近郊の町で高校卒業を迎える7人の若者たち。歌手になる夢を抱いて上京するカナ、東京で暮らすことを決めたキリ、漠然とデカイことをやろうと粋がるリョウ。受験に失敗し浪人するタツオ、、大学に進学が決まり上京するユウキ、突然の妊娠で結婚を決めたカップルのコウタとマリコ。そんな彼らはそれぞれの思いを胸に新しい生活へと踏み出していく。3年後、7人の人生は大きく変化していた…

「オー!ファーザー」、「デイアンドナイト」の藤井道人が監督・脚本を手掛けた青春群像劇。
歌手を夢見るカナには真野恵里菜
清水くるみ横浜流星森永悠希戸塚純貴秋月三佳冨田佳輔工藤夕貴平田満ほかが共演。

出演者の一人だった高畑裕太の逮捕を受け撮影中止となっていたのが、2017年夏の再撮影を経て完成。
夢と現実のはざまで苦悩する、7人の若者が織りなす青春群像劇。

「青の帰り道」公式サイト

「青の帰り道」公開劇場リスト



「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智の小説を中島哲也監督が岡田准一主演で映画化したホラー「来る」、12月7日(金)公開。




「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智の小説中島哲也が監督・脚本岡田准一主演で映画化したホラー「来る」、12月7日(金)公開。

愛する妻と結婚した田原のもとに現れた謎の訪問者”あれ”を巡り、フリーライターの野崎と恋人が惨劇に巻き込まれていく…

愛する妻との結婚式を終えたばかりの田原秀樹のもとに謎の訪問者が訪れ、”あれ”と会話した後輩が謎の死を遂げてから2年後。秀樹が自身の周囲で不可解な出来事が起こり始めたことからフリーライターの野崎とその恋人で強い霊感を持つ真琴を紹介してもらい、やがて”あれ”と対峙するために全国から様々な猛者たちが集結してくる…

「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」中島哲也監督が映画化したホラー。

フリーライターの野崎には岡田准一

田原秀樹には妻夫木聡、妻の香奈には黒木華
野崎の恋人で霊感を持つ真琴には小松菜奈、姉の霊媒師の琴子には松たか子

得体の知れない”あれ”が迫り来る恐怖。全篇に漂う怪しい雰囲気をそのままに中島哲也監督らしいスタイリッシュな映像美。

「来る」公式サイト

「来る」公開劇場リスト



「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」の続編「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」、11月30日(金)公開。




「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」の続編「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」、11月30日(金)公開。吉沢俊一が監督、小説家の福井晴敏が脚本

ラプラスの箱が開かれてから1年後。消息不明だった「ユニコーンガンダム3号機 フェネクス」が地球圏に現れる…

ラプラスの箱が開かれてから1年後のU.C.0097年。後に「ラプラス事変」と呼ばれる争乱はネオ・ジオン残党軍「袖付き」の崩壊で終わり、争乱の中心にあった「ユニコーンガンダム」は最後の戦闘で人知を超えた力を発揮したことで危険視され、封印された。しかし、2年前に消息を絶っていた「ユニコーンガンダム3号機 フェネクス」が再び地球圏に姿を現し、同機をめぐる争奪戦が勃発。この戦いに、新たなモビルスーツ「ナラティブガンダム」が投入される…

2010年からOVAと劇場上映で展開、2016年にはテレビシリーズとして放送された「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」の続編

「ガンダム Gのレコンギスタ」の吉沢俊一が監督、「機動戦士ガンダムUC」のストーリーを担当した小説家の福井晴敏が脚本

1979年に誕生したシリーズ1作目「機動戦士ガンダム」から続く世界観・宇宙世紀(U.C.)サーガの最新作。

「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」公式サイト

「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」公開劇場リスト



有村架純、國村隼共演で「再出発」をテーマにした家族の物語「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」、11月30日(金)公開。




有村架純國村隼吉田康弘が監督・脚本共演で「再出発」をテーマにした家族の物語「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」、11月30日(金)公開。

亡き夫の故郷の鹿児島を訪れたシングルマザーの奥薗晶が亡き夫の夢でもあった肥薩おれんじ鉄道の運転士を目指す…

奥薗晶は急死した夫の連れ子を伴って、夫の故郷の鹿児島で鉄道の運転士をしている義父の節夫を訪ねる。節夫は長い間顔を合わせていなかった息子の死、初めて会う嫁、そして孫の存在に困惑するが、行くあてがないという二人を家に住まわせることにする。生活のため仕事を探す晶は、亡き夫の夢でもあった肥薩おれんじ鉄道の鉄道運転士の試験を受ける…

地方のローカル線を舞台に、人と人との繋がりや自分の生き方を見つめ直す姿を温かく描き、多くの世代から愛される「RAILWAYS」シリーズ
第1弾の錦織良成監督中井貴一主演「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」は2010年5月29日(土)に公開され、興収6.3億円。

島根を舞台に一流企業に勤める49歳の筒井肇がもう一度夢に挑戦するため、会社を辞めて電車の運転士になることを決心する…

第2弾の蔵方政俊監督三浦友和余貴美子共演「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」は2011年12月3日(土)に公開され、興収6.86億円。

富山県の富山地方鉄道を舞台に、1か月後に定年を迎える運転士と夫の人生を支えながらも自分の今後の人生について思い悩む妻の姿を描く…

そして熊本県・八代~鹿児島県・川内を結ぶ<肥薩おれんじ鉄道>を舞台に「バースデーカード」の吉田康弘が監督・脚本を務めた「RAILWAYS」シリーズ第3弾。
シングルマザーの奥薗晶には有村架純、義父の節夫には國村隼
桜庭ななみ青木崇高筒井真理子木下ほうか板尾創路ほかが共演。

肥薩おれんじ鉄道を舞台に血の繋がらない家族が新しい家族のカタチを見つけていく”再生”の物語。

「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」公式サイト

「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」公開劇場リスト



伝説のコミックを山田孝之が主演・プロデュース、佐藤健共演で映画化した人生活劇「ハード・コア」、11月23日(祝・金)公開。




伝説のコミックを山下敦弘が監督山田孝之が主演・プロデュース佐藤健共演で映画化した人生活劇「ハード・コア」、11月23日(祝・金)公開。

不器用な性格で世間になじめず生きる権藤右近と世の中に希望を見い出せない商社マンの左近の兄弟が右近の友人の牛山が発掘した謎のロボットと出会ったことで思わぬ事態に巻き込まれていく…

世間に溶け込めず、群馬の山奥で怪しい活動家の埋蔵金を探す権藤右近は唯一心を許せる心優しい同僚の牛山と毎日を過ごしていた。ある日二人は廃工場で古びたロボットを発見し、右近の弟でエリート商社マンの権藤左近が調べると驚異的な性能を持つことが判明。やがて彼らは、ロボットの能力を使って埋蔵金を掘り当てる…

「グランドチャンピオン」連載の作:狩撫麻礼、画:いましろたかしの伝説的コミック「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」山田孝之が主演・プロデュース、「映画 山田孝之3D」の山下敦弘が監督を手掛けて映画化。

都会の片隅で不器用に生きる権藤右近には山田孝之
右近の弟でエリート商社マンの権藤右近には佐藤健
権藤右近の心優しい同僚の牛山には荒川良々


謎のロゲットが彼らの未来を変える…不器用だけど真っ直ぐ生きる男たちの切なくて可笑しく、ファンタジーも織り交ぜた人生活劇。

「ハード・コア」公式サイト

「ハード・コア」公開劇場リスト



中村文則の小説を武正晴監督が村上虹郎主演で拳銃の魅力に取りつかれていく大学生の狂気を描いたドラマ「銃」、11月17日(土)公開。




中村文則の小説武正晴監督村上虹郎主演で手に入れた拳銃の魅力に取りつかれていく大学生の狂気を描いたドラマ「銃」、11月17日(土)公開。

偶然銃を手に入れた大学生の西川トオルは密かに銃を持ち歩くと緊張とスリルで心が満たされるようになり、ますます銃の魅力に取りつかれていく…

友人たちと青春を謳歌していた大学生の西川トオルは雨が降りしきる河原で一丁の拳銃を偶然銃を手に入れる。密かに銃を持ち歩くと、緊張とスリルで心が満たされた。彼は同じ大学のヨシカワユウコに興味があったが、どんどん銃の魅力に取りつかれていく。ある日、刑事が突然訪ねてくる…

芥川賞作家の中村文則のデビュー作を「百円の恋」の武正晴監督が映画化。

大学生の西川トオルには村上虹郎
同じ大学のヨシカワユウコには広瀬アリス
トオルを追い詰める刑事にはリリー・フランキー
日南響子新垣里沙岡山天音ほかが共演。
第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で監督賞を受賞。

銃は日常を狂わせ、やがて理性を崩壊へと導いていく…閉塞的な現代を生きる若者のナイーヴな感性を鋭くとらえた青春ハードボイルド映画。

「銃」公式サイト

「銃」公開劇場リスト



漫画家の歌川たいじのコミックエッセイを太賀、吉田羊共演で映画化した壮絶な母子関係を描いたドラマ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」、11月16日(金)公開。




漫画家の歌川たいじのコミックエッセイ御法川修監督太賀吉田羊の共演で映画化した壮絶な母子関係を描いたドラマ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」、11月16日(金)公開。

母に愛されることなく育てられ、17歳で家を飛び出し、大人になったタイジが母からの愛を取り戻すために母に向き合っていく…

幼い頃から大好きな母に愛されることなく育てられたタイジ。母からの愛の欠乏、さらに壮絶な家庭環境に耐えかね、17歳で家を飛び出し、1人で生きることを選択したタイジだったが、友人の言葉に動かされて母ときちんと向き合う覚悟をする。大人になってもタイジを拒絶する母。そんな母からの愛を取り戻すため、タイジは母に立ち向かっていく…

漫画家の歌川たいじが自身の壮絶な母子関係をつづったコミックエッセイを「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」の御法川修監督が映画化。

母に愛されることなく育てられたタイジには太賀、母の光子には吉田羊
タイジの親友のキミツには「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィン、タイジを支える大将には白石隼
秋月三佳木野花ほかが共演。

母親から拒絶され、友達からも愛されることなく育った青年が、母親を大好きな気持ちを諦めることなく運命と向き合い、やがて奇跡を引き起こした実話を映画化。

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」公式サイト

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」公開劇場リスト



東野圭吾の小説を堤幸彦監督が篠原涼子、西島秀俊共演で映画化したヒューマン・ミステリー「人魚の眠る家」、11月16日(金)公開。




東野圭吾の小説堤幸彦監督篠原涼子西島秀俊共演で映画化したヒューマン・ミステリー「人魚の眠る家」、11月16日(金)公開。

愛する子供に訪れた”脳死”という悲劇に直面し、離婚間近な播磨薫子と和昌の夫婦に臓器提供を希望するか、心臓死を待つか、究極の二択を迫られる…

2人の子どもを持つ播磨薫子と会社を経営する夫の和昌はすでに別居状態であり、娘の小学校受験が終わったら離婚することになっていた。そんなある日、2人のもとに娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明になったという知らせが届く。医師からは脳死を宣告され、回復の見込みはない。脳死を受け入れ、臓器提供を希望するか、心臓死をただ待つか、究極の二択を迫られる…

東野圭吾の作家デビュー30周年を記念して執筆され、発売からわずか1カ月で27万部を超えるベストセラーとなった小説を堤幸彦監督が映画化。

2人の子どもを持つ播磨薫子には篠原涼子、会社を経営する夫の和昌には西島秀俊
薫子の妹の美晴には山口紗弥加、瑞穂に向き合う医師の進藤には田中哲司
坂口健太郎川栄李奈田中泯松坂慶子ほかが共演。

“東野ミステリー”の真骨頂とも言える残酷な状況下で迫られる究極の選択、根底から揺るがされる善悪の価値観。

「人魚の眠る家」公式サイト

「人魚の眠る家」公開劇場リスト



星森ゆきものコミックを平野紫耀、桜井日奈子共演で映画化した青春ラブ・ストーリー「ういらぶ。」、11月9日(金)公開。




星森ゆきものコミック佐藤祐市監督平野紫耀桜井日奈子共演で映画化した幼なじみの高校生男女4人の関係を描いた青春ラブ・ストーリー「ういらぶ。」、11月9日(金)公開。

お互いの気持ちをうまく伝えれない凛と優羽、二人を見守る暦と蛍太の幼なじみの高校生男女4人の関係が恋に積極的な和真が現れたことで大きく動き出す…

同じマンションで一緒に育った高校生の凛、優羽、暦、蛍太の美男美女4人組。優羽のことが好きすぎて冷たくあたってしまう凛と、凛に思いを寄せながらも彼の態度のせいでネガティブ思考に陥っている優羽。2人のことを心配しながら見守る暦と蛍太。ずっとこのままだと思っていた4人の関係が、「好きなら好きとハッキリ言う」和真の登場によって大きく動きはじめる…

LINEマンガで話題沸騰し、少女部門で月刊1位を記録した星森ゆきもの人気コミック「ういらぶ。初々しい恋のおはなし」を「ストロベリーナイト」の佐藤祐市監督が実写映画化。

和泉凛にはKing & Princeの平野紫耀、春名優羽には「ママレード・ボーイ」の桜井日奈子
坂下暦には「PとJK」の玉城ティナ、藤蛍太には「覆面系ノイズ」の磯村隼人、佐伯和真には「サクラダリセット」の伊藤健太郎
主題歌はKing & Princeの「High On Love!」

素直になれない幼なじみたちの究極”こじらせ”ラブ。

「ういらぶ。」公式サイト

「ういらぶ。」公開劇場リスト