新作映画紹介(邦画)」カテゴリーアーカイブ

南勝久のコミックを岡田准一主演で映画化した伝説の殺し屋が一般人として暮らそうとする姿を描いた「ザ・ファブル」、6月21日(金)公開。




南勝久のコミック岡田准一主演で映画化した伝説の殺し屋が一般人として暮らそうとする姿を描いたドラマ「ザ・ファブル」、6月21日(金)公開。

超人的な戦闘能力を持つ伝説の殺し屋”ファブル”が「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る。殺しは禁止」というミッションに挑む…

超人的な戦闘能力を持つ伝説の殺し屋”ファブル”は、ボスから、「殺し屋を1年間休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る」というミッションを命じられる。1人でも殺したら処分されるという条件のもと、佐藤アキラという偽名を使い相棒のヨウコと兄と妹という設定で、生まれて初めての日常生活に悪戦苦闘。そんな中、偶然知り合った女性ミサキがある事件に巻き込まれたことから、ファブルは再び裏社会に乗り込んでいく…

週刊ヤングマガジン連載の南勝久の人気コミックを数々の広告祭で受賞歴を持つCM界の巨匠の江口カンが監督、「20世紀少年」、「GANTZ」シリーズの渡辺雄介が脚本を手掛けて映画化。

伝説の殺し屋”ファブル”には岡田准一
相棒ヨウコには木村文乃、ボスには佐藤浩市
安田顕山本美月福士蒼汰柳楽優弥向井理ほかが共演。
主題歌はレディー・ガガの「ボーン・ディス・ウェイ」

「一般人として普通に生きろ!!」伝説の殺し屋が挑む、究極のミッション!!

「ザ・ファブル」公式サイト

「ザ・ファブル」公開劇場リスト



新海誠監督の3年ぶりとなる最新アニメーション「天気の子」の最新予告編2が公開。




新海誠監督の3年ぶりとなる最新アニメーション「天気の子」、7月19日(金)公開。
最新予告編2が公開されましたが、見ましたか?

天候のバランスが次第に崩れていく現代を舞台に、運命に翻弄されながらも帆高と陽菜は自らの生き方を選択しようとする…

高校1年生の夏、帆高は離島から逃げ出して東京に行くが、暮らしに困ってうさんくさいオカルト雑誌のライターの仕事を見つける。雨が降り続くある日、帆高は都会の片隅で陽菜という少女に出会う。小学生の弟と2人きりで暮らす陽菜には「祈る」ことで空を晴れにできる不思議な能力があった…

新海誠監督「君の名は。」は2016年8月26日(金)に公開され、興収250.6億円の特大級ヒット。

「君の名は。」以来3年ぶりに新海誠が監督・原作・脚本田中将賀がキャラクター・デザインRADWIMPSが音楽を手掛けた最新アニメーション。
RADWIMPSがすべての音楽を担当し、自ら書き下ろした複数のボーカル曲も披露。
主題歌は「愛にできることはまだあるかい」
声の出演は帆高には舞台「『弱虫ペダル』新インターハイ篇」シリーズの醍醐虎汰朗、陽菜にはドラマ「イアリー 見えない顔」の森七菜
小栗旬本田翼平泉成梶裕貴倍賞千恵子ほかが出演。

空や雨など美しく繊細に描かれた新海誠ワールドと”RADWIMPSの詩(うた)”とメロディの奇跡のコラボレーションが実現。

「天気の子」公式サイト



黒沢清監督が前田敦子主演でシルクロードを舞台に描いたロードムービー「旅のおわり世界のはじまり」、6月14日(金)から全国順次公開。




黒沢清監督前田敦子主演でシルクロードを舞台に描いたロードムービー「旅のおわり世界のはじまり」、6月14日(金)からテアトル新宿ほか全国順次公開。

取材のためにウズベキスタンを訪れたテレビ番組のレポーターの葉子が番組クルーとともにシルクロードを旅する中で成長していく…

いつか舞台で歌を歌うことという夢を胸に秘めたテレビ番組レポーターの葉子は番組制作のため、番組スタッフたちとかつてシルクロードの中心として栄えた地を訪れる。思うようにいかない異国の地でのロケに、番組クルーたちもいらだちを募らせていく。そんなある日、撮影が終わり、ひとり町に出た葉子は、かすかな歌声に導かれ、美しい装飾の施された劇場に迷い込む…

「岸辺の旅」、「散歩する侵略者」など国内外で高い評価を受ける黒沢清が監督・脚本日本とウズベキスタンの合作で製作、シルクロードを舞台に描いたロードムービー。
舞台で歌うことを夢見るテレビ番組リポーターの葉子には前田敦子
葉子と行動をともにする番組クルーには加瀬亮染谷将太柄本時生ほか。

ウズベキスタンで全編ロケ撮影。シルクロードの美しい風景の中で描かれる心の冒険。

「旅のおわり世界のはじまり」公式サイト

「旅のおわり世界のはじまり」公開劇場リスト



重松清の小説を兼重淳監督が堤真一、柳楽優弥、川栄李奈共演で映画化した生徒と教師の絆を描いたドラマ「泣くな赤鬼」、6月14日(金)公開。




重松清の短編小説兼重淳監督堤真一柳楽優弥川栄李奈共演で映画化した生徒と教師の絆を描いたドラマ「泣くな赤鬼」、6月14日(金)公開。

かつて”赤鬼先生”と呼ばれていたが、熱い思いを忘れかけていた城南工業野球部監督の小渕隆はかつての教え子で高校を中退した”ゴルゴ”と再会するが、末期がんであることを知ってしまう…

陽に焼けた赤い顔と、鬼の熱血指導から”赤鬼先生”と呼ばれていた城南工業野球部監督の小渕隆。熱い思いを忘れかけ、野球への情熱が衰えかけていたある日、かつての教え子”ゴルゴ”と再会する。野球の素質を持ちながらも、挫折して高校を中退した生徒だった。”ゴルゴ”が若くして末期がんにより余命半年であることを知った赤鬼は、”ゴルゴ”のためにあることを企画する…

重松清の短編小説を「キセキ -あの日のソビト-」の兼重淳が監督・脚本を手掛けて映画化。

“赤鬼”こと城南工業野球部監督の小渕隆には堤真一
かつての教え子で高校を中退した”ゴルゴ”こと斎藤智之には柳楽優弥、”ゴルゴ”の妻の斎藤雪乃には川栄李奈
竜星涼堀家一希麻生祐未キムラ緑子ほかが共演。
主題歌は竹原ピストルの「おーい!おーい!!」


余命半年の元生徒と教師の思いがけない再会から再び動き出した彼らの時間。最後にわかり合えた絆の物語。

「泣くな赤鬼」公式サイト

「泣くな赤鬼」公開劇場リスト



五十嵐大介の名作コミックを渡辺歩監督がアニメ映画化、大海原を舞台に生命の秘密を描いた「海獣の子供」、6月7日(金)公開。




五十嵐大介の名作コミック渡辺歩監督がアニメ映画化、大海原を舞台に生命の秘密を描いた「海獣の子供」、6月7日(金)公開。

学校でも家庭でも居場所をなくした中学生の琉花がジュゴンに育てられたという不思議な兄弟の海と空に出会い、海に宿る生命の秘密に触れていく…

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、長い夏休みの間、家にも学校にも居場所がなく、父親の働いている水族館へと足を運ぶ。そこで彼女は、ジュゴンに育てられたという不思議な兄弟の海と空と出会う。やがて3人が出会ったことをきっかけに、地球上でさまざまな現象が起こりはじめる…

大海原を舞台に生命の秘密を描き、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞や日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した「魔女」の漫画家の五十嵐大介の名作コミックを「鉄コン筋クリート」のSTUDIO4℃がアニメーション制作、「宇宙兄弟」の渡辺歩監督がアニメ映画化。

声の出演は芦田愛菜、ピクサー・アニメ「リメンバー・ミー」の吹き替えを務めた石橋陽彩
浦上晟周森崎ウィン田中泯稲垣吾郎蒼井優ほかが共演。
音楽は久石譲。
主題歌は米津玄師の「海の幽霊」

米津玄師の「海の幽霊」に乗せて描かれる大海原を舞台にした生命の秘密の物語。

「海獣の子供」公式サイト

「海獣の子供」公開劇場リスト



樹木希林が自身初となる企画、浅田美代子主演で実在の事件をモチーフに描いたドラマ「エリカ38」、6月7日(金)公開。




2018年9月に他界した樹木希林が自身初となる企画の下で製作。日比遊一監督浅田美代子主演で実在の事件をモチーフに描いたドラマ「エリカ38」、6月7日(金)公開。

樹木希林の最後の出演作。
60歳を過ぎても38歳と偽り、欲望に溺れて犯罪に手を染め、最後は異国の地で逮捕された渡部聡子=自称エリカの半生…

渡部聡子こと自称エリカは愛人の平澤育男の指示を受けて、支援事業説明会という名目で人を集め、架空の投資話で金をだまし取っていた。しかし、平澤の裏切りを知るや彼との連絡を絶ち、裕福な老人を丸め込んで豪邸を手に入れる。エリカは老人ホームにいる母を呼び寄せ、架空の支援事業説明会を開催して金を詐取していく…

「ブルー・バタフライ」、「健さん」の日比遊一が監督樹木希林が浅田美代子の代表作になってほしいという思いから自身初となる企画の下で製作。
渡部聡子こと自称エリカには45年ぶりの映画主演となる浅田美代子
エリカの母には最後の出演作となった樹木希林
愛人の平澤育男には平岳大
窪塚俊介山崎一菜葉菜鈴木美羽佐伯日菜子古谷一行ほかが共演。

必死に生きる女の「滑稽さ」や「哀しみ」。人間の奥深くにある”本性”。

「エリカ38」公式サイト



安藤ゆきのコミックを石井裕也監督が細田佳央太、関水渚主演で映画化した青春ストーリー「町田くんの世界」、6月7日(金)公開。




安藤ゆきのコミック石井裕也監督細田佳央太関水渚主演で映画化した青春ストーリー「町田くんの世界」、6月7日(金)公開。

見た目も地味で、何も取り柄がなさそうなのに、接する人たちの世界を変える不思議な力を持つ町田くん。ある日、町田くんの世界が一変してしまう出来事が起きる…

運動も勉強も苦手で、見た目も地味な町田くん。でも困っている人を見過ごすことのできない優しい性格で、接する人たちの世界を変える不思議な力の持ち主だった。そんな町田くんが初めて”わからない感情”を知った時、周りのすべての人を巻き込んで、驚天動地のドラマが動き出す…

第20回手塚治虫文化賞で新生賞を受賞した安藤ゆきのコミックを「舟を編む」の石井裕也監督が映画化。

“町田くん”こと町田一には細田佳央太、猪原奈々には関水渚。1000人超えのオーディションを勝ち抜い演技経験がほとんどない新人2人を抜擢。
岩田剛典高畑充希前田敦子太賀池松壮亮戸田恵梨香佐藤浩市北村有起哉松嶋菜々子ほかが共演。

主題歌は平井堅の「いてもたっても」

1000人超えのオーディションから大抜擢された演技経験ほぼゼロの超新人×奇跡の豪華俳優たちの共演。「すべてのセオリーをぶっ飛ばす」、衝撃の人間賛歌。

「町田くんの世界」公式サイト

「町田くんの世界」公開劇場リスト



東野圭吾の小説を玉森裕太、吉岡里帆共演で映画化した2つの異なる世界を行き交う男女3人の恋愛を描いたミステリー「パラレルワールド・ラブストーリー」、5月31日(金)公開。




東野圭吾の小説森義隆監督玉森裕太吉岡里帆染谷将太共演で映画化した2つの異なる世界を行き交う男女3人の恋愛を描いたミステリー「パラレルワールド・ラブストーリー」、5月31日(金)公開。

脳の研究を行うバイテック社で働く敦賀崇史は麻由子が「親友の恋人」である現実と「自分の恋人」である現実の2つの世界で翻弄されていく…

脳の研究を行うバイテック社に勤務する幼なじみの敦賀崇史と三輪智彦。ある日、智彦に紹介された女性は、崇史が学生時代に密かに思い続けていた津野麻由子だった。そしてある朝、崇史が目を覚ますと麻由子が崇史の恋人として朝食を作っていた。麻由子が「親友の恋人」である現実と「自分の恋人」である現実。2つの世界で崇史が翻弄されていく…

東野圭吾の小説を「宇宙兄弟」、「聖の青春」の森義隆監督が映画化したミステリー。

脳の研究を行うバイテック社で働く敦賀崇史には「Kis-My-Ft2」の玉森裕太。幼なじみで同じくバイテック社で働く三輪智彦には染谷将太。津野麻由子には吉岡里帆
筒井道隆美村里江ほかが共演。
主題歌は宇多田ヒカルの「嫉妬されるべき人生」


東野圭吾が仕掛ける、3人の男女、2つの世界、1つの真実。2つの異なる世界を行き交う男女3人の恋愛。

「パラレルワールド・ラブストーリー」公式サイト

「パラレルワールド・ラブストーリー」公開劇場リスト



小松菜奈、門脇麦、成田凌共演で居場所を求める若者たちの恋と青春を描いた「さよならくちびる」、5月31日(金)公開。




塩田明彦監督小松菜奈門脇麦成田凌共演で居場所を求める若者たちの恋と青春を描いた音楽ロードムービー「さよならくちびる」、5月31日(金)公開。

全国をめぐる解散ツアーに出かけた2人組女性ユニット「ハルレオ」のハルとレオ、バンドを支えるシマ、3人の複雑な思いが交錯する…

インディーズ音楽シーンでにわかに話題を集めただけの2人組女性ユニット「ハルレオ」のハルとレオは、それぞれの道へ進むため解散を決める。付き人のシマとともに日本縦断の解散ツアーに出るが、レオはシマに、シマはハルに思いを寄せており、ハルもまたレオに友情を越えた感情を抱いていた。複雑な思いを胸に秘めながら、「ハルレオ」はステージを重ねていく…

「月光の囁き」、「黄泉がえり」の塩田明彦が監督・脚本・原案を手掛けた音楽ロードムービー。
「ハルレオ」のレオには小松菜奈、ハルには門脇麦
付き人シマには成田凌
篠山輝信松本まりか新谷ゆづみ日髙麻鈴マキタスポーツほかが共演。
「ハルレオ」が歌う主題歌「さよならくちびる」は秦基博が作詞・作曲・プロデュース挿入歌「誰にだって訳がある」、「たちまち嵐」はあいみょんが作詞・作曲


秦基博、あいみょんの心へまっすぐ届く曲にのせて、自分を表現することの素晴らしさと前を向いて生きることの大切さ、未来への希望を描く青春音楽ムービー。

「さよならくちびる」公式サイト

「さよならくちびる」公開劇場リスト



中野量太監督が山崎努、蒼井優、竹内結子共演で認知症を患う父親とその家族の姿を描いた「長いお別れ」、5月31日(金)公開。




中島京子の小説中野量太監督山崎努蒼井優竹内結子共演で映画化した認知症を患う父親とその家族の姿を描いたヒューマン・ドラマ「長いお別れ」、5月31日(金)公開。

認知症を患った父親と献身的に支える母、そして人生の岐路に立たされる2人の娘の7年間を紡いでいく…

父の昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった娘たちは、厳格な父が認知症になったという事実を告げられる。日に日に記憶を失い、父でも夫でもなくなっていく昇平の様子に戸惑いながらも、そんな昇平と向き合うことで、おのおのが自分自身を見つめなおしていく。そんな中、家族の誰もが忘れていた思い出が、昇平の中で息づいていることがわかり……。

認知症を患う父親とその家族の姿を描いた中島京子の小説を「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太が監督・脚本を手掛けて映画化。

認知症を患う父の東昇平には山崎努、母の曜子には松原智恵子
長女の麻里には竹内結子、次女の芙美には蒼井優
北村有起哉中村倫也ほかが共演。

すべてを忘れていく父と私たちの、お別れまでの7年間。忘れるごとに深まる家族の愛。

「長いお別れ」公式サイト

「長いお別れ」公開劇場リスト