新・午前十時の映画祭」カテゴリーアーカイブ

「午前十時の映画祭12」、9月23日(金)からは「イタリアの巨匠 競演!」として「家族の肖像」、「8 1/2」を上映。




「午前十時の映画祭12」、9月23日(金)からは「イタリアの巨匠 競演!」として「家族の肖像」「8 1/2」を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

「午前十時の映画祭12」、9月23日(金)からは「イタリアの巨匠 競演!」として「家族の肖像」「8 1/2」を上映。

「家族の肖像」(原題 Gruppo di famiglia in un interno, 英題 Conversation Piece)
Group A: 9月23日(金)~10月6日(木)
Group B: 10月7日(金)~10月20日(木)

巨匠ルキノ・ヴィスコンティ監督バート・ランカスター主演で自伝的色彩が最も濃いと言われる晩年の代表作。
1978年11月25日(金)公開。
ローマの高級住宅街で「家族の肖像」の絵画に囲まれて一人で暮らす老教授の静かで孤独な暮らしがある日突然の闖入者によってかき乱されていく…
日本ではルキノ・ヴィスコンティの死後、本国公開から4年後の1978年に公開され大ヒットを記録、ヴィスコンティ・ブームが起こった代表作です。

「8 1/2」(原題 Otto e mezzo)
Group B: 9月23日(金)~10月6日(木)
Group A: 10月7日(金)~10月20日(木)

イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニ監督マルチェロ・マストロヤンニ主演で映画監督グイドの苦悩と再生の物語を、美しい白黒映像に描き出した名作。
1965年9月26日(土)公開。
新作の撮影に行き詰まった映画監督グイドは次第に追い詰められ、脳裏に幼少期の思い出や未だ見ぬ美少女の幻影が現れ始める…
第36回アカデミー賞で外国語映画賞、衣装デザイン賞(白黒)を受賞
スランプに苦しむ映画監督のイマジネーションが自由奔放に繰り広げられる巨匠フェデリコ・フェリーニ監督の自伝的な野心作にして代表作。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、8月26日(金)からは「人を信じるということ」として「ドライビング Miss デイジー」、「レインマン」を上映。




「午前十時の映画祭12」、8月26日(金)からは「人を信じるということ」として「ドライビング Miss デイジー」「レインマン」を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

8月26日(金)からは「人を信じるということ」として「ドライビング Miss デイジー」「レインマン」を上映。
「ドライビング MISS デイジー」(原題 Driving Miss Daisy)
Group A: 8月26日(金)~9月8日(木)
Group B: 9月9日(金)~9月22日(木)
ドライビング MISS デイジー
ブルース・ベレスフォード監督ジェシカ・タンディモーガン・フリーマン共演で描いたヒューマン・ドラマ。
1990年5月12日(土)に公開され、配収4億円。
人種への偏見が根強いアメリカ南部の町。老いてもなお、威厳だけは失わない未亡人のデイジーとベテラン黒人運転手ホークが最初はギクシャクした主従関係でありながらも次第に固い絆で結ばれていく…
第62回アカデミー賞で作品賞、主演女優賞、脚色賞、メーキャップ賞の4部門を受賞。
ハンス・ジマーの心地いい、耳に残るメロディとともにデイジーとホークが徐々に固い絆で結ばれていく姿は何度見ても感動できる名作です。

「レインマン」(原題 Rainman)
Group B: 8月26日(金)~9月8日(木)
Group A: 9月9日(金)~9月22日(木)
レインマン
バリー・レヴィンソン監督ダスティン・ホフマントム・クルーズ共演で描いた珠玉のロード・ムービー。
1989年2月25日(土)に公開され、配収26億円。
第61回アカデミー賞で作品賞、監督賞、ダスティン・ホフマンが主演男優賞、脚本賞の4部門、第41回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の作品賞、主演男優賞を受賞。
父の死をきっかけに再会した自閉症の兄のレイモンドと自由奔放な弟チャーリー。それまでまったく別々の道を歩んできた二人が、一緒に旅する中で心の交流を重ね、兄弟の絆を取り戻していく…
二人の兄弟が徐々に心を通わせていく姿は何度見ても感動させてくれる名作です。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、8月19日(金)から「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス レボリューションズ」<4Kマスター版>を上映。




「午前十時の映画祭12」、8月19日(金)からは「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス レボリューションズ」<4Kマスター版>を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

8月19日(金)からは「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス レボリューションズ」<4Kマスター版>を上映。
「マトリックス レボリューションズ」<4Kマスター版>(原題 The Matrix Revolutions)
Group A、Group B: 8月19日(金)~8月25日(木)

キアヌ・リーヴス主演、ラリー&アンディ・ウォシャウスキー姉妹が監督した近未来アクションの最終章。
2003年11月5日(水)に全世界で同時公開され、興収67億円。
人類最後の都市ザイオンを死守する反乱軍と仮想現実マトリックスを支配する人工知能の最終決戦が繰り広げられる…
さらに進化したマトリックスの世界観。驚異の映像技術で描かれるネオの最後の戦いが楽しめます。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、8月12日(金)から「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス リローデッド」<4Kマスター版>を上映。




「午前十時の映画祭12」、8月12日(金)からは「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス リローデッド」<4Kマスター版>を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

8月12日(金)からは「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス リローデッド」<4Kマスター版>を上映。
「マトリックス リローデッド」<4Kマスター版>(原題 The Matrix)
Group A、Group B: 8月12日(金)~8月18日(木)

キアヌ・リーヴス主演、ラリー&アンディ・ウォシャウスキー姉妹が監督した近未来アクションの第2弾。
2003年6月7日(土)に公開され、興収110億円。
救世主として覚醒したネオが人類最後の砦であるザイオン壊滅を防ぐ戦いに挑む…
さらに進化したマトリックスの世界観。ネオと増殖したエージェント・スミスとの戦い。さらなる迫力あふれる映像が楽しめます。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、8月5日(金)から「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス」<4Kマスター版>を上映。




「午前十時の映画祭12」、8月5日(金)からは「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス」<4Kマスター版>を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

8月5日(金)からは「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス」<4Kマスター版>を上映。
「マトリックス」<4Kマスター版>(原題 The Matrix)
Group A、Group B: 8月5日(金)~8月11日(木)

キアヌ・リーブス主演、ラリー&アンディ・ウォシャウスキー姉妹が監督の近未来アクション
1999年9月11日(土)に公開され、配収50億円。
コンピューターが作り上げた仮想世界マトリックスから人類を救う救世主に選ばれた男の戦いを斬新な映像表現で描く…
第72回アカデミー賞で視覚効果賞、編集賞、音響賞、音響編集賞の4部門受賞。
SFXとワイヤー・アクションを融合させたスタイリッシュで斬新な映像、カンフー・ファイトを取り入れたアクションが楽しめます。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、7月8日(金)からは「地球の運命は如何に」として「ブレードランナー ファイナル・カット」、「アルマゲドン」を上映。




「午前十時の映画祭12」、7月8日(金)からは「地球の運命は如何に」として「ブレードランナー ファイナル・カット」「アルマゲドン」を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

7月8日(金)からは「地球の運命は如何に」として「ブレードランナー ファイナル・カット」「アルマゲドン」を上映。
「ブレードランナー ファイナル・カット」<4Kマスター版>(原題 Blade Runner)
Group A: 7月8日(金)~7月21日(木)
Group B: 7月22日(金)~8月4日(木)
ブレードランナー
フィリップ・K・ディックのSF小説をリドリー・スコット監督ハリソン・フォード主演で映画化したSF映画の金字塔。
1982年7月3日(土)に公開され、配収2.7億円。
舞台は2019年の酸性雨が降る未来都市ロサンゼルス。反乱を起こし手配中の人造人間=レプリカントらと、彼らを追跡し命を絶つ特別捜査班ブレードランナーとの戦いが展開する…
リドリー・スコットらしい映像が満載で、後のSF映画に多大な影響を与え、現在でも様々な議論を呼び続ける映画史に残るSF映画の金字塔。何度見ても味わい深い作品です。

「アルマゲドン」(原題 Armageddon)
Group A: 7月8日(金)~7月21日(木)
Group B: 7月22日(金)~8月4日(木)
アルマゲドン
マイケル・ベイ監督ブルース・ウィリスベン・アフレック共演で地球滅亡の危機に挑む熱き男たちの命を賭けた活躍を描いたSFアクション。
1998年12月12日(土)に公開され、配収83.5億円。
接近する巨大な巨大小惑星の軌道を変えるため、6人の宇宙飛行士と8人の石油採掘のプロフェッショナル達が全人類の希望を背負い宇宙へと旅立つ…
エアロスミスの”I Don’t Want To Miss A Thing”に乗せて、マイケル・ベイ監督らしいアクションが繰り広げられつつ、感動もありの作品で、何度見ても楽しめます。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、6月10日(金)からは「宙を目指して」として「アポロ13」、「ライトスタッフ」を上映。




「午前十時の映画祭12」、6月10日(金)からは「宙を目指して」として「アポロ13」「ライトスタッフ」を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

6月10日(金)からは「宙を目指して」として「アポロ13」「ライトスタッフ」を上映。
「アポロ13」(原題 Apollo 13)
Group A: 6月10日(金)~6月23日(木)
Group B: 6月24日(金)~7月7日(木)
実際に起こったアポロ13号の事故をフィクションとノンフィクションを巧みに組み合わせてロン・ハワード監督トム・ハンクス主演で映画化。
1995年7月25日(土)公開され、配収20億円。
アポロ13
月へ打ち上げられたアポロ13号に爆発事故が発生。絶望的な状況の中、ジム・ラヴェル船長ほか宇宙飛行士とヒューストンのスタッフたちが総力を挙げ、次々に発生する問題に立ち向かい地球への無事帰還を目指す…
第68回アカデミー賞で編集賞、音響賞の2部門受賞。
トム・ハンクスを始めとする名優の迫真の演技とロン・ハワード監督ならではのストーリー展開と映像。何度見ても感動させてくれます。

「ライトスタッフ」(原題 The Right Stuff)
Group B: 6月10日(金)~6月23日(木)
Group A: 6月24日(金)~7月7日(木)

有人宇宙飛行計画”マーキュリー計画”に従事した7人の宇宙飛行士の実話をフィリップ・カウフマンが監督・脚本サム・シェパードスコット・グレン共演で映画化。
1984年9月1日(土)公開。
アメリカの有人宇宙飛行計画”マーキュリー計画”に選ばれたのは空軍パイロットの中でも特に優れた資質“ライトスタッフ”を持つ男たちあった…
第56回アカデミー賞で作曲賞(ドラマ)、編集賞、音響効果賞、録音賞の4部門を受賞
成功と栄誉に彩られた宇宙計画の真実を大空に挑戦し続けた一人の男との対比で描き出した傑作。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、5月13日(金)からは「ジミーよ永遠なれ」として「理由なき反抗」、「エデンの東」を上映。




「午前十時の映画祭12」、5月13日(金)からは「ジミーよ永遠なれ」として「理由なき反抗」「エデンの東」を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

5月13日(金)からは「ジミーよ永遠なれ」として「理由なき反抗」「エデンの東」を上映。
「理由なき反抗」(原題 Rebel Without a Cause)
Group A: 5月13日(金)~5月26日(木)
Group B: 5月27日(金)~6月9日(木)
理由なき反抗
ニコラス・レイが監督・原作、ティーエイジャーの社会や大人への不満・反抗を繊細に描いた青春ドラマ。
1956年4月18日(土)公開。
引っ越して来た街で新しい高校に登校したジムは、バズ率いる不良グループに目を付けられてしまい、チキンレース対決をすることになってしまう…
ジェームズ・ディーンはジムを演じ、スウィングトップにブルージーンズというディーンの伝説的なイメージを印象づけた不朽の名作です。

「エデンの東」(原題 East of Eden)
Group A: 5月13日(金)~5月26日(木)
Group B: 5月27日(金)~6月9日(木)

旧約聖書の「カインとアベル」を下敷きにしたジョン・スタインベックの小説を名匠エリア・カザン監督が映画化した青春ドラマ。
1955年10月4日(土)公開。
第一次世界大戦下のカリフォルニア州サーリナスを舞台に孤独を抱えたナイーブな青年キャルの青春と家族との確執を描く…
第28回アカデミー賞でジョー・ヴァン・フリートが助演女優賞、第13回ゴールデン・グローブ賞のドラマ部門で作品賞を受賞
ジェームズ・ディーンは孤独を抱えた青年キャルを熱演し、第28回アカデミー賞主演男優賞にノミネート
孤独なキャルの青春と家族との確執を描き、ジェームズ・ディーンを一躍伝説のスターにした名作です。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、4月29日(金)からは「I 🖤 オードリー」として「いつも2人で」を上映。




「午前十時の映画祭12」、4月29日(金)からは「I 🖤 オードリー」として「いつも2人で」を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

4月29日(金)からは「I 🖤 オードリー」として「いつも2人で」を上映。
★「いつも2人で」(原題 Tow For The Road)
Group A: 4月29日(金)~5月12日(木)
Group B: 4月29日(金)~5月12日(木)

「雨に唄えば」のスタンリー・ドーネン監督オードリー・ヘプバーンアルバート・フィニー共演で揺れ動く夫婦の軌跡を描いたラブロマンス。
1967年7月15日(土)公開。
結婚12年目を迎え倦怠期となった夫婦が再び愛を取り戻すためにフランスへ旅行に出かける…
出会った頃の新鮮な二人の姿をフラッシュバックで現在と交錯させるスタンリー・ドーネン監督の洗練された演出の光る名作です。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、4月15日(金)からは「ゴッドファーザー<最終章>:マイケル・コルレオーネの最期」4Kリマスター版を上映。




「午前十時の映画祭12」、4月15日(金)からは「ゴッドファーザー三部作、ここに完全完結!」として 「ゴッドファーザー<最終章>:マイケル・コルレオーネの最期」 4Kリマスター版を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

第1弾は「ゴッドファーザー三部作、ここに完全完結!」
4月8日(金)からは「ゴッドファーザー<最終章>:マイケル・コルレオーネの最期」 4Kリマスター版を上映。

「ゴッドファーザー<最終章>:マイケル・コルレオーネの最期」 4Kリマスター版
初公開から30年、「ゴッドファーザーPARTⅢ」フランシス・F・コッポラ監督自らが再編集した最終章、初の全国公開。
Group A: 4月15日(金)~4月28日(木)
Group B: 4月15日(金)~4月28日(木)

フランシス・F・コッポラ監督アル・パチーノ主演でファミリーのドンとなったマイケル・コルレオーネの晩年を描いた壮大なドラマの最終章「ゴッドファーザー PARTⅢ」(原題 The Godfather PartⅢ)
1991年3月9日(土)に公開され、配収13億円。
ファミリーのドンとなったマイケルはバチカンの加護を得て一切の犯罪から手を引くことを宣言。しかし後継者に甥のヴィンセントを立てたことから内部抗争に火がついてしまう…
フランシス・F・コッポラ監督の独特の重厚な演出とアル・パチーノの熱演。コルレオーネ・ファミリーの<サーガ>の締めくくりに相応しい完成度です。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト