新・午前十時の映画祭」カテゴリーアーカイブ

「午前十時の映画祭12」、1月13日(金)からは「人生は音楽だ」として「ヘアー」、「キャバレー」を上映。




「午前十時の映画祭12」、1月13日(金)からは「人生は音楽だ」として「ヘアー」「キャバレー」を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

「午前十時の映画祭12」、1月13日(金)からは「人生は音楽だ」として「ヘアー」「キャバレー」を上映。
「ヘアー」(原題 Hair)
Group A: 1月13日(金)~1月26日(木)
Group B: 1月27日(金)~2月9日(木)

ベトナム反戦をテーマにしたブロードウェイのロック・ミュージカルを名匠ミロシュ・フォアマン監督ジョン・サヴェージトリート・ウィリアムズ共演で映画化。
1980年4月26日(土)公開。
青年クロードはベトナムに出征する前にニューヨークを訪れ、自由奔放なヒッピーたちに出会い、ピュアな心情を高らかに謳う彼らから、本当に大切なものを感じ始める…
製作年数4年、総登場人員2万5千人、回したフィルム50万フィートという既成のミュージカルの概念を覆す一大スペクタクル。

「キャバレー」(原題 Cabart)
Group B: 1月13日(金)~1月26日(木)
Group A: 1月27日(金)~2月9日(木)

ブロードウェイ・ミュージカルの演出家、振付師のボブ・フォッシーが映画監督として初の大成功を収めたミュージカル・ドラマ。
1972年8月5日(土)公開。
ナチスが台頭し始めてきたころのベルリンのキャバレーで1人前のボードヴィリアンを夢みるキャバレー歌手サリーの芸と恋の青春…
第45回アカデミー賞で監督賞、ライザ・ミネリが主演女優賞、ジョエル・グレイが助演男優賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、美術賞、録音賞の8部門受賞
ボブ・フォッシーが映画監督として初の大成功を収めた記念すべき作品。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、12月16日(金)からは「夢の世界へようこそ」として「空の大怪獣ラドン」、「ウォレスとグルミット」を上映。




「午前十時の映画祭12」、12月16日(金)からは「夢の世界へようこそ」として「空の大怪獣ラドン」「ウォレスとグルミット」を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

「午前十時の映画祭12」、12月16日(金)からは「夢の世界へようこそ」として「空の大怪獣ラドン」「ウォレスとグルミット」を上映。
「空の大怪獣ラドン」 4Kデジタルリマスター版
Group A: 12月16日(金)~12月29日(木)
Group B: 12月30日(金)~1月12日(木)

東宝特撮初のカラー怪獣映画本多猪四郎が監督円谷英二が特技監督伊福部昭が音楽佐原健二、白川由美、平田昭彦ほかが共演。
1956年12月26日(土)公開。
巨大昆虫メガヌロンが古代から蘇り、呼応するかのように怪獣ラドンが出現。都市を破壊してゆく怪鳥ラドンと戦闘機の空中戦が始まる…
円谷英二特技監督の指揮の元、精緻を極めたミニチュア美術が驚異的。

「ウォレスとグルミット」 (原題 Wallace and Gromit)
Group B: 12月16日(金)~12月29日(木)
Group A: 12月30日(金)~1月12日(木)

アードマン・アニメーションズ制作ニック・パーク監督の大人気のクレイ・アニメーションの短編3本を一挙上映。おとぼけ発明家のウォレスと愛犬グルミットが活躍する物語は、いずれもヘンテコなメカや仕掛け、英国調のユーモアが満載。スピード感溢れるカーチェイスなど、アクションもたっぷり。
「ウォレスとグルミット チーズ・ホリデー」 (原題 Wallace and Gromit: A Grand Day Out)
ウォレスとグルミットはは週末の旅行にチーズを求めて月に行くことを決め、ロケットを作って出発する…(1989年)
「ウォレスとグルミット ペンギンに気をつけろ!」 (原題 Wallace and Gromit: The Wrong Trousers)
下宿人を装ってウォレスの家にやってきたペンギンのマッグロウの正体は指名手配犯だった。宝石を盗むため、博物館に忍び込む…(1993年)
「ウォレスとグルミット 危機一髪!」 (原題 Wallace and Gromit: A Close Shave)
窓ふきサービスを始めたウォレスは、毛糸屋のウェンドレンに恋をする…羊のショーンが初登場。(1995年)

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、11月18日(金)からは「黒澤明とシェイクスピア」として「蜘蛛巣城」、「恋におちたシェイクスピア」を上映。




「午前十時の映画祭12」、11月18日(金)からは「黒澤明とシェイクスピア」として「蜘蛛巣城」「恋におちたシェイクスピア」を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

「午前十時の映画祭12」、11月18日(金)からは「黒澤明とシェイクスピア」として「蜘蛛巣城」「恋におちたシェイクスピア」を上映。

「蜘蛛巣城」
Group A: 11月18日(金)~12月1日(木)
Group B: 12月2日(金)~12月15日(木)

黒澤明監督三船敏郎主演でシェイクスピアの戯曲「マクベス」を基に描いた戦国武将の一大悲劇。山田五十鈴、志村喬ほかが共演。
1957年1月15日(土)に公開され、配収1.98億円。
蜘蛛巣城の城主に仕える鷲津武時は出会った老婆から城主になると予言を受け、現実のものになっていくが、妄想に取りつかれていく…
構成や人物の表情や動き、撮影技法に能の様式美を取り入れた黒澤明監督ならではの演出が楽しめます。

「恋におちたシェイクスピア」(原題 Shakespeare In Love)
Group B: 11月18日(金)~12月1日(木)
Group A: 12月2日(金)~12月15日(木)
恋におちたシェイクスピア
ジョン・マッデン監督グウィネス・パルトロウジョセフ・ファインズ共演でシェイクスピアの若き日の恋を現実の恋と劇中劇を交錯させて描いたラブ・ストーリー。
1999年5月1日(土)に公開され、配収12億円。
1593年のロンドン。若き日のシェイクスピアは裕福な商家の娘ヴァイオラと出会い、一目で恋に落ちる。実はヴァイオラは芝居好きが高じて、男装してシェイクスピアのお芝居のオーディションに受かっていた…
第71回アカデミー賞で作品賞、脚本賞、グウィネス・パルトロウが主演女優賞ほか7部門受賞。
豪華な俳優陣で描いた若き日のシェイクスピアの恋を描いたロマンティック・コメディ。豪華絢爛なラブ・ストーリーが楽しめます。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、10月21日(金)からは「デ・ニーロ マジック」として「レイジング・ブル」、「ディア・ハンター」を上映。




「午前十時の映画祭12」、10月21日(金)からは「デ・ニーロ マジック」として「レイジング・ブル」「ディア・ハンター」を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

「午前十時の映画祭12」、10月21日(金)からは「デ・ニーロ マジック」として「レイジング・ブル」「ディア・ハンター」を上映。

★★「レイジング・ブル」(原題 Rasing Bull)
Group A: 10月21日(金)~11月3日(木)
Group B: 11月4日(金)~11月17日(木)
レイジング・ブル
マーティン・スコセッシ監督ロバート・デ・ニーロ主演で実在のミドル級ボクサー、ジェイク・ラモッタの栄光と挫折を描いたドラマ。
1981年2月14日(土)に公開され、配収1.96億円。
プロ・ボクシングの元ミドル級チャンピオン、ジェイク・ラモッタがスラム街から這い上がり闘魂で王座に君臨した栄光と破滅の半生を描く…
第53回アカデミー賞でロバート・デ・ニーロが主演男優賞、編集賞の2部門受賞
ボクシング映画の金字塔ともいえる作品で、ロバート・デ・ニーロの名演が光ります。

「ディア・ハンター」(原題 The Dear Hunter)
Group B: 10月21日(金)~11月3日(木)
Group A: 11月4日(金)~11月17日(木)
ディア・ハンター
マイケル・チミノ監督ロバート・デ・ニーロ主演でベトナムの戦地へ赴いた若者たちの過酷な運命を描いた戦争ドラマ。
1979年3月17日(土)に公開され、配収4.4億円。
北ベトナムで激化する戦争に徴兵されたマイケルほか3人の若者が戦場で地獄の体験をする。やがて帰還したマイケルは、行方不明となった仲間を探しに、再びベトナムへ赴く…
第51回アカデミー賞で作品賞、監督賞ほか5部門を受賞。
ベトナム戦争によって人生を狂わされる若者たちの悲劇を描いた戦争ドラマ。ロバート・デ・ニーロ、クリストファー・ウォーケンの名演が光ります。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、9月23日(金)からは「イタリアの巨匠 競演!」として「家族の肖像」、「8 1/2」を上映。




「午前十時の映画祭12」、9月23日(金)からは「イタリアの巨匠 競演!」として「家族の肖像」「8 1/2」を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

「午前十時の映画祭12」、9月23日(金)からは「イタリアの巨匠 競演!」として「家族の肖像」「8 1/2」を上映。

「家族の肖像」(原題 Gruppo di famiglia in un interno, 英題 Conversation Piece)
Group A: 9月23日(金)~10月6日(木)
Group B: 10月7日(金)~10月20日(木)

巨匠ルキノ・ヴィスコンティ監督バート・ランカスター主演で自伝的色彩が最も濃いと言われる晩年の代表作。
1978年11月25日(金)公開。
ローマの高級住宅街で「家族の肖像」の絵画に囲まれて一人で暮らす老教授の静かで孤独な暮らしがある日突然の闖入者によってかき乱されていく…
日本ではルキノ・ヴィスコンティの死後、本国公開から4年後の1978年に公開され大ヒットを記録、ヴィスコンティ・ブームが起こった代表作です。

「8 1/2」(原題 Otto e mezzo)
Group B: 9月23日(金)~10月6日(木)
Group A: 10月7日(金)~10月20日(木)

イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニ監督マルチェロ・マストロヤンニ主演で映画監督グイドの苦悩と再生の物語を、美しい白黒映像に描き出した名作。
1965年9月26日(土)公開。
新作の撮影に行き詰まった映画監督グイドは次第に追い詰められ、脳裏に幼少期の思い出や未だ見ぬ美少女の幻影が現れ始める…
第36回アカデミー賞で外国語映画賞、衣装デザイン賞(白黒)を受賞
スランプに苦しむ映画監督のイマジネーションが自由奔放に繰り広げられる巨匠フェデリコ・フェリーニ監督の自伝的な野心作にして代表作。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、8月26日(金)からは「人を信じるということ」として「ドライビング Miss デイジー」、「レインマン」を上映。




「午前十時の映画祭12」、8月26日(金)からは「人を信じるということ」として「ドライビング Miss デイジー」「レインマン」を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

8月26日(金)からは「人を信じるということ」として「ドライビング Miss デイジー」「レインマン」を上映。
「ドライビング MISS デイジー」(原題 Driving Miss Daisy)
Group A: 8月26日(金)~9月8日(木)
Group B: 9月9日(金)~9月22日(木)
ドライビング MISS デイジー
ブルース・ベレスフォード監督ジェシカ・タンディモーガン・フリーマン共演で描いたヒューマン・ドラマ。
1990年5月12日(土)に公開され、配収4億円。
人種への偏見が根強いアメリカ南部の町。老いてもなお、威厳だけは失わない未亡人のデイジーとベテラン黒人運転手ホークが最初はギクシャクした主従関係でありながらも次第に固い絆で結ばれていく…
第62回アカデミー賞で作品賞、主演女優賞、脚色賞、メーキャップ賞の4部門を受賞。
ハンス・ジマーの心地いい、耳に残るメロディとともにデイジーとホークが徐々に固い絆で結ばれていく姿は何度見ても感動できる名作です。

「レインマン」(原題 Rainman)
Group B: 8月26日(金)~9月8日(木)
Group A: 9月9日(金)~9月22日(木)
レインマン
バリー・レヴィンソン監督ダスティン・ホフマントム・クルーズ共演で描いた珠玉のロード・ムービー。
1989年2月25日(土)に公開され、配収26億円。
第61回アカデミー賞で作品賞、監督賞、ダスティン・ホフマンが主演男優賞、脚本賞の4部門、第41回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の作品賞、主演男優賞を受賞。
父の死をきっかけに再会した自閉症の兄のレイモンドと自由奔放な弟チャーリー。それまでまったく別々の道を歩んできた二人が、一緒に旅する中で心の交流を重ね、兄弟の絆を取り戻していく…
二人の兄弟が徐々に心を通わせていく姿は何度見ても感動させてくれる名作です。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、8月19日(金)から「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス レボリューションズ」<4Kマスター版>を上映。




「午前十時の映画祭12」、8月19日(金)からは「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス レボリューションズ」<4Kマスター版>を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

8月19日(金)からは「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス レボリューションズ」<4Kマスター版>を上映。
「マトリックス レボリューションズ」<4Kマスター版>(原題 The Matrix Revolutions)
Group A、Group B: 8月19日(金)~8月25日(木)

キアヌ・リーヴス主演、ラリー&アンディ・ウォシャウスキー姉妹が監督した近未来アクションの最終章。
2003年11月5日(水)に全世界で同時公開され、興収67億円。
人類最後の都市ザイオンを死守する反乱軍と仮想現実マトリックスを支配する人工知能の最終決戦が繰り広げられる…
さらに進化したマトリックスの世界観。驚異の映像技術で描かれるネオの最後の戦いが楽しめます。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、8月12日(金)から「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス リローデッド」<4Kマスター版>を上映。




「午前十時の映画祭12」、8月12日(金)からは「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス リローデッド」<4Kマスター版>を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

8月12日(金)からは「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス リローデッド」<4Kマスター版>を上映。
「マトリックス リローデッド」<4Kマスター版>(原題 The Matrix)
Group A、Group B: 8月12日(金)~8月18日(木)

キアヌ・リーヴス主演、ラリー&アンディ・ウォシャウスキー姉妹が監督した近未来アクションの第2弾。
2003年6月7日(土)に公開され、興収110億円。
救世主として覚醒したネオが人類最後の砦であるザイオン壊滅を防ぐ戦いに挑む…
さらに進化したマトリックスの世界観。ネオと増殖したエージェント・スミスとの戦い。さらなる迫力あふれる映像が楽しめます。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、8月5日(金)から「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス」<4Kマスター版>を上映。




「午前十時の映画祭12」、8月5日(金)からは「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス」<4Kマスター版>を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

8月5日(金)からは「君がいるのは本当に現実かな?それとも…」として「マトリックス」<4Kマスター版>を上映。
「マトリックス」<4Kマスター版>(原題 The Matrix)
Group A、Group B: 8月5日(金)~8月11日(木)

キアヌ・リーブス主演、ラリー&アンディ・ウォシャウスキー姉妹が監督の近未来アクション
1999年9月11日(土)に公開され、配収50億円。
コンピューターが作り上げた仮想世界マトリックスから人類を救う救世主に選ばれた男の戦いを斬新な映像表現で描く…
第72回アカデミー賞で視覚効果賞、編集賞、音響賞、音響編集賞の4部門受賞。
SFXとワイヤー・アクションを融合させたスタイリッシュで斬新な映像、カンフー・ファイトを取り入れたアクションが楽しめます。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト




「午前十時の映画祭12」、7月8日(金)からは「地球の運命は如何に」として「ブレードランナー ファイナル・カット」、「アルマゲドン」を上映。




「午前十時の映画祭12」、7月8日(金)からは「地球の運命は如何に」として「ブレードランナー ファイナル・カット」「アルマゲドン」を上映。

「午前十時の映画祭12」が2022年4月1日(金)からスタート。

「ゴッドファーザー」、「マトリックス」の名作3部作に加え、宇宙へ飛び立つロマン溢れる特集に魅惑の音楽特集、イタリアの巨匠作品など選りすぐりの傑作29作品を過去最大の全国66劇場で上映。

7月8日(金)からは「地球の運命は如何に」として「ブレードランナー ファイナル・カット」「アルマゲドン」を上映。
「ブレードランナー ファイナル・カット」<4Kマスター版>(原題 Blade Runner)
Group A: 7月8日(金)~7月21日(木)
Group B: 7月22日(金)~8月4日(木)
ブレードランナー
フィリップ・K・ディックのSF小説をリドリー・スコット監督ハリソン・フォード主演で映画化したSF映画の金字塔。
1982年7月3日(土)に公開され、配収2.7億円。
舞台は2019年の酸性雨が降る未来都市ロサンゼルス。反乱を起こし手配中の人造人間=レプリカントらと、彼らを追跡し命を絶つ特別捜査班ブレードランナーとの戦いが展開する…
リドリー・スコットらしい映像が満載で、後のSF映画に多大な影響を与え、現在でも様々な議論を呼び続ける映画史に残るSF映画の金字塔。何度見ても味わい深い作品です。

「アルマゲドン」(原題 Armageddon)
Group A: 7月8日(金)~7月21日(木)
Group B: 7月22日(金)~8月4日(木)
アルマゲドン
マイケル・ベイ監督ブルース・ウィリスベン・アフレック共演で地球滅亡の危機に挑む熱き男たちの命を賭けた活躍を描いたSFアクション。
1998年12月12日(土)に公開され、配収83.5億円。
接近する巨大な巨大小惑星の軌道を変えるため、6人の宇宙飛行士と8人の石油採掘のプロフェッショナル達が全人類の希望を背負い宇宙へと旅立つ…
エアロスミスの”I Don’t Want To Miss A Thing”に乗せて、マイケル・ベイ監督らしいアクションが繰り広げられつつ、感動もありの作品で、何度見ても楽しめます。

詳しくは「午前十時の映画祭12」公式サイト