新・午前十時の映画祭」カテゴリーアーカイブ

「午前十時の映画祭10 FINAL」、9月5日(木)まで「イタリアの休日」として「ニュー・シネマ・パラダイス」、「ローマの休日」を上映。




「午前十時の映画祭10 FINAL」、9月5日(木)まで「イタリアの休日」として「ニュー・シネマ・パラダイス」「ローマの休日」を上映。

世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。10回目という節目にしてファイナルとなる「午前十時の映画祭10 FINAL」。初上映作品11本とアンコール作品16本の合計27本をラインナップ。

「ニュー・シネマ・パラダイス」(原題 Nuovo Cinema Paradiso)
Group A: 8月9日(金)~8月22日(木)
Group B: 8月23日(金)~9月5日(木)
124分のオリジナル版を上映。
ニュー・シネマ・パラダイス
アカデミー賞外国語映画賞受賞ジュゼッペ・トルナトーレ監督がフィルムに込められた人生模様を描いたヒューマン・ドラマの名作。
1989年12月16日(土)に限定公開にも関わらず、配収3.25億円。
戦後間もないシチリアの小さな村の映画館をめぐり、フィルムに込められた人生模様を描く…
カンヌ国際映画祭で審査員特別賞第62回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞。
名匠エンニオ・モリコーネの美しい音楽にのせてつづられる映画への愛に満ちた名作中の名作です。

「ローマの休日」(原題 Roman Holiday)
Group B: 8月9日(金)~8月22日(木)
Group A: 8月23日(金)~9月5日(木)
ローマの休日
「ベン・ハー」、「おしゃれ泥棒」のウィリアム・ワイラー監督オードリー・ヘプバーングレゴリー・ペック共演で描いた永遠のラブ・ロマンス。
1954年4月19日(土)公開。
ローマの観光名所を背景に、公務にうんざりして宮殿から脱走した王女・アンと、スクープを狙って彼女に近付く新聞記者・ジョーの恋を描く…
第26回アカデミー賞で主演女優賞、脚本賞、衣装デザイン賞の3部門を受賞。
ローマの名だたる名所で繰り広げられるラブ・ロマンス。オードリー・ヘプバーンの魅力が満載。何度見ても色あせることのない永遠の名作です。

詳しくは「午前十時の映画祭10 FINAL」公式サイトまで。



「午前十時の映画祭10 FINAL」、7月12日(金)からは「80年代ベストヒットUSA」として「ブルース・ブラザース」、「愛と青春の旅立ち」を上映。




「午前十時の映画祭10 FINAL」、7月12日(金)からは「80年代ベストヒットUSA」として「ブルース・ブラザース」「愛と青春の旅立ち」を上映。

世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。10回目という節目にしてファイナルとなる「午前十時の映画祭10 FINAL」。初上映作品11本とアンコール作品16本の合計27本をラインナップ。

「ブルース・ブラザース」(原題 The BLues Brothers)
Group A: 7月12日(金)~7月25日(木)
Group B: 7月26日(金)~8月8日(木)

ジョン・ランディス監督ジョン・ベルーシダン・エイクロイド共演で描いた伝説的コメディ。
1981年3月28日(土)に公開され、配収11億円。
黒ずくめのスーパー・クール・コンビ、ジェイク&エルウッド・ブルース。ブルース兄弟は孤児院を救うため、”ブルース・ブラザース・バンド”を再結成する…
ダン・エイクロイドはジョン・ランディス監督とともに脚本も担当し、ジェイクの弟分のエルウッド・ブルースを演じ、ジェイクを演じるジョン・ベルーシと「サタデー・ナイト・ライブ」での名コンビぶりを発揮。

「愛と青春の旅立ち」(原題 An Officer and a Gentleman)
Group B: 7月12日(金)~7月25日(木)
Group A: 7月26日(金)~8月8日(木)

テイラー・ハックフォード監督リチャード・ギア主演で海軍士官学校生たちの友情や愛を描いた青春映画。
1982年12月18日(土)に公開され、配収10.87億円。
士官学校に入学した青年ザック・メイヨが厳しい訓練や親友の死に直面しながら成長していく姿を描く…
第55回アカデミー賞でルイス・ゴセット・Jr.が助演男優賞、歌曲賞を受賞。
アカデミー賞歌曲賞を受賞したジョー・コッカーとジェニファー・ウォーンズが歌う主題歌「愛と青春の旅だち」も大ヒット。
様々な出来事を通して成長していくザックをリチャード・ギアが熱演。青春映画の不朽の名作です。

詳しくは「午前十時の映画祭10 FINAL」公式サイトまで。



「午前十時の映画祭10 FINAL」、6月14日(金)からは「運命を分かつ決断」として「八甲田山」、「日本のいちばん長い日」4Kデジタルリマスター版を上映。




「午前十時の映画祭10 FINAL」、6月14日(金)からは「運命を分かつ決断」として「八甲田山」「日本のいちばん長い日」4Kデジタルリマスター版を上映。

世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。10回目という節目にしてファイナルとなる「午前十時の映画祭10 FINAL」。初上映作品11本とアンコール作品16本の合計27本をラインナップ。

「八甲田山」4Kデジタルリマスター版
Group A: 6月14日(金)~6月27日(木)
Group B: 6月28日(金)~7月11日(木)

新田次郎の小説森谷司郎監督高倉健北大路欣也共演で八甲田雪中行軍遭難事件を壮大なスケールで映画化したドラマ。
1977年6月4日(土)に公開され、配収25.9億円。
日露戦争を目前にした明治34年。神田大尉率いる青森第5連隊と徳島大尉率いる弘前第31連隊は八甲田山を雪中行軍することになる…
極寒の八甲田で長期撮影を敢行し、”白い地獄”を再現した壮大なスケールのドラマ。高倉健、北大路欣也の名演が光ります。

「日本のいちばん長い日」4Kデジタルリマスター版
Group B: 6月14日(金)~6月27日(木)
Group A: 6月28日(金)~7月11日(木)

半藤一利のノンフィクション岡本喜八監督三船敏郎加山雄三共演で映画化したポツダム宣言受諾をめぐる群像歴史ドラマ大作。
1967年8月3日(土)公開。
太平洋戦争終結の日、宮城内地下防空壕の御前会議から天皇陛下の玉音放送に至るまでの緊迫の24時間を克明に描く…
157分と長尺ながら最初から最後まで緊張感を持続させ、数多くの登場人物を描き切った岡本喜八監督の手腕が光る名作です。

詳しくは「午前十時の映画祭10 FINAL」公式サイトまで。



「午前十時の映画祭10 FINAL」、5月17日(金)からは「アメリカン・エピック」として「ゴッドファーザー」、「風と共に去りぬ」を上映。




「午前十時の映画祭10 FINAL」、5月17日(金)からは「アメリカン・エピック」として「ゴッドファーザー」「風と共に去りぬ」を上映。

世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。10回目という節目にしてファイナルとなる「午前十時の映画祭10 FINAL」。初上映作品11本とアンコール作品16本の合計27本をラインナップ。

「ゴッドファーザー」(原題 The Godfather)
Group A: 5月17日(金)~5月30日(木)
Group B: 5月31日(金)~6月13日(木)

フランシス・F・コッポラ監督マーロン・ブランドアル・パチーノ共演でマフィアのコルレオーネ一家の闘争や盛衰を描いたドラマ。
1972年7月15日(土)に公開され、配収3.66億円。
シシリーからアメリカに移住し、財を築き上げたビトー・コルレオーネ一族の跡目相続や敵対するマフィアとの抗争を描く…
第45回アカデミー賞で作品賞、マーロン・ブランドが主演男優賞、脚色賞の3部門、第30回ゴールデン・グローブ賞でドラマ部門の作品賞、マーロン・ブランドが男優賞、監督賞、脚本賞、音楽賞の5部門を受賞。
「ゴッドファーザー<愛のテーマ>」に乗ってコルレオーネ一族の家族模様とシチリア人マフィアの血なまぐさい盛衰を描いたマフイア映画の王道です。

「風と共に去りぬ」(原題 Gone With The Wind)
Group B: 5月17日(金)~5月30日(木)
Group A: 5月31日(金)~6月13日(木)

マーガレット・ミッチェルの大ベストセラーヴィクター・フレミング監督ヴィヴィアン・リークラーク・ゲーブル主演で描いたラブ・ストーリーの傑作。
1952年9月10日(土)公開。
南北戦争を背景にジョージア州アトランタの大地主の長女スカーレットの波乱万丈の生き方をダイナミックに描く…
第12回アカデミー賞で作品賞、監督賞、ヴィヴィアン・リーが主演女優賞、ハティ・マクダニエルが助演女優賞、脚色賞、美術賞、編集賞、撮影賞、特別賞、そして映画への貢献をたたえるアービング・サルバーグ賞の10部門を受賞。
ヴィヴィアン・リーの演技も含めて、何度見ても色あせることのない映画史上に輝く不朽の名作です。

詳しくは「午前十時の映画祭10 FINAL」公式サイトまで。



「午前十時の映画祭10 FINAL」、4月19日(金)からは「スピルバーグ 三大傑作」として「E.T.」、「ジョーズ」を上映。




「午前十時の映画祭10 FINAL」、4月19日(金)からは「スピルバーグ 三大傑作」として「E.T.」「ジョーズ」を上映。

世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。10回目という節目にしてファイナルとなる「午前十時の映画祭10 FINAL」。初上映作品11本とアンコール作品16本の合計27本をラインナップ。

「E.T.」(E.T. The Extra-Terrestrial)
Group A: 4月19日(金)~5月2日(木)
Group B: 5月3日(金)~5月16日(木)

映画史上に残るスティーヴン・スピルバーグ監督のSFヒューマン・ファンタジーの大傑作。ヘンリー・トーマスドリュー・バリモアほかが共演。
1982年12月4日(土)に公開され、配収96.2億円。
地球探査に置き去りにされてしまったE.T.(地球圏外生物)と10歳の少年エリオットの交流を描く…
第55回アカデミー賞で作曲賞、音響賞、音響効果編集賞、視覚効果賞の4部門を受賞。
何度見てもワクワクさせてくれるスティーヴン・スピルバーグ監督の傑作です。宇宙へのロマンが広がります…

「ジョーズ」(原題 Jaws)
Group B: 4月19日(金)~5月2日(木)
Group A: 5月3日(金)~5月16日(木)

スティーヴン・スピルバーグ監督の海洋パニック・サスペンス。ロイ・シャイダーロバート・ショウリチャード・ドレイファスが共演。
1975年6月20日(土)に公開され、配収50億円。
平和な海水浴場アミティに人食いザメの事故が発生。警察署長ブロディが巨大人食いザメ退治に乗り出す…
第48回アカデミー賞で作曲賞、音響賞、編集賞の3部門受賞。
当時弱冠27歳のスティーヴン・スピルバーグ監督が獰猛な鮫と人類の息詰まる闘いを歯切れの良いサスペンス演出でダイナミックに描いた動物パニック映画の最高傑作。

詳しくは「午前十時の映画祭10 FINAL」公式サイトまで。



「午前十時の映画祭10 FINAL」、4月5日(金)からは「スピルバーグ 三大傑作」の第1弾として「未知との遭遇」ファイナル・カット版を上映。




「午前十時の映画祭10 FINAL」、4月5日(金)からは「スピルバーグ 三大傑作」の第1弾として「未知との遭遇」ファイナル・カット版を上映。
未知との遭遇
世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。10回目という節目にしてファイナルとなる「午前十時の映画祭10 FINAL」。初上映作品11本とアンコール作品16本の合計27本をラインナップ。

「未知との遭遇」(原題 Close Encounters of the Third Kind)

スティーヴン・スピルバーグ監督のSF映画史上に残る大傑作。
1978年2月25日(土)に公開され、配収32.4億円。
電気技師のロイは、町の停電を調べている際にUFOと遭遇。やがて彼は、その光の虜となり、会社を首になり妻子に見放されながらも、光を追いかけていく。そしてついにたどり着いた先で、彼が見たものとは…
電気技師のロイにはリチャード・ドレイファス。宇宙人とのコンタクト計画を進めるラコーム博士にはフランス映画界の名匠フランソワ・トリュフォー
第50回アカデミー賞で撮影賞、特別業績賞(音響効果編集)の2部門受賞
オリジナル初公開版の後、宇宙船内の追加撮影や再編集を施した「特別篇」が1980年公開、さらに再編集された「ファイナル・カット版」公開。
宇宙人の交流を音と光で描ききったクライマックスは何度見ても圧巻させられるSF映画史上に残る大傑作です。ジョン・ウィリアムズの音楽も印象的です。

●「未知との遭遇」ファイナル・カット版
4月5日(金)~4月18日(木)

詳しくは「午前十時の映画祭10 FINAL」公式サイトまで。



「午前十時の映画祭9」、3月1日(金)からは「事件は現場で起きている!」として「狼たちの午後」、「大統領の陰謀」を上映。




「午前十時の映画祭9」、3月1日(金)からは「事件は現場で起きている!」として「狼たちの午後」「大統領の陰謀」を上映。

世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。9回目を迎える「午前十時の映画祭9」は50週にわたって実施。初めて上映する外国映画18本、日本映画4本、人気作品の再上映は外国映画4本、日本映画1本の合計27本をラインナップ。
あの名作を大スクリーンで楽しむのもいいかも。

「狼たちの午後」(原題 Dog Day Afternoon)
Group A: 3月1日(金)~3月14日(木)
Group B: 3月15日(金)~3月28日(木)

シドニー・ルメット監督アル・パチーノジョン・カザール共演で実際に起こった銀行強盗事件を映画化した犯罪ドラマ。
1976年3月6日(土)公開。
ふたりの銀行強盗が9人の人質を盾に警察に全面対決を挑む…
第48回アカデミー賞でフランク・ビアソンが脚本賞を受賞。
警察とFBIの確執、犯人と人質の心の交流、そして野次馬たちの心理描写を社会派のシドニー・ルメット監督が見事に描き出した傑作です。

「大統領の陰謀」(原題 All the President’s Men)
Group B: 3月1日(金)~3月14日(木)
Group A: 3月15日(金)~3月28日(木)

アラン・J・パクラ監督ダスティン・ホフマンロバート・レッドフォード共演でウォーターゲート事件を取材する若手記者の活躍を描いた社会派サスペンス。
1976年8月7日(土)公開。
ウォーターゲート事件の真相を突き止め、ニクソン大統領を失脚にまで到らしめた二人の新聞記者カール・バーンスタインとボブ・ウッドワードの活躍を描く…
第49回アカデミー賞でジェイソン・ロバーズが助演男優賞、脚色賞、美術監督・装置賞、音響賞の4部門受賞。
ウォーターゲート事件を調査するワシントン・ポストの若手記者のジャーナリズム魂。アラン・J・パクラ監督がドキュメンタリー・タッチで描いた社会派サスペンスの傑作です。

詳しくは「午前十時の映画祭9」公式サイトまで。



「午前十時の映画祭9」、2月1日(金)からは「アメリカン・ギャングスター」として「パルプ・フィクション」、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」を上映。




「午前十時の映画祭9」、2月1日(金)からは「アメリカン・ギャングスター」として「パルプ・フィクション」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」を上映。

世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。9回目を迎える「午前十時の映画祭9」は50週にわたって実施。初めて上映する外国映画18本、日本映画4本、人気作品の再上映は外国映画4本、日本映画1本の合計27本をラインナップ。
あの名作を大スクリーンで楽しむのもいいかも。

「パルプ・フィクション」(原題 Pulp Fiction)
Group A: 2月1日(金)~2月14日(木)
Group B: 2月15日(金)~2月28日(木)

クエンティン・タランティーノ監督ブルース・ウィリスジョン・トラボルタユマ・サーマン共演で描いた異色のバイオレンス・アクション。
1994年9月24日(土)に公開され、配収4億円。
いまいち冴えない二人組みのギャング、ギャングのボスのセクシーな若妻、捨て身のプロボクサー。3つの犯罪ドラマが交錯し、衝撃のクライマックスへと向かう…
第67回アカデミー賞で脚本賞、第46回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞。
スピード感溢れる暴力描写と洒落たセリフの数々。タランティーノ節全開で楽しめる作品です。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」<ディレクターズ・カット>(原題 Once Upon a Time in America)
Group B: 2月1日(金)~2月14日(木)
Group A: 2月15日(金)~2月28日(木)

セルジオ・レオーネが監督・脚本ロバート・デ・ニーロジェームズ・ウッズ共演で二人のユダヤ系ギャングの半世紀に及ぶ友情、愛、裏切りを描いたドラマ。
1984年10月6日(土)に公開され、配収7.85億円。
20世紀初頭、禁酒法時代のニューヨークでマフィアからも一目置かれるギャングとなった二人の男、ヌードルスとマックスの半世紀にも及ぶ友情、裏切りを描く…
エンニオ・モリコーネの美しい音楽に乗せて描かれる二人のギャングの友情と裏切りのドラマ。セルジオ・レオーネ監督の最高傑作です。

詳しくは「午前十時の映画祭9」公式サイトまで。



「午前十時の映画祭9」、1月4日(金)からは”「仕える」という人生”として「日の名残り」、「チャンス」を上映。




「午前十時の映画祭9」、1月4日(金)からは“「仕える」という人生”として「日の名残り」「チャンス」を上映。

世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。9回目を迎える「午前十時の映画祭9」は50週にわたって実施。初めて上映する外国映画18本、日本映画4本、人気作品の再上映は外国映画4本、日本映画1本の合計27本をラインナップ。
あの名作を大スクリーンで楽しむのもいいかも。

「日の名残り」(原題 The Remains of the Day)
Group A: 1月4日(金)~1月17日(木)
Group B: 1月8日(金)~1月31日(木)

カズオ・イシグロのベストセラー小説ジェームズ・アイヴォリー監督アンソニー・ホプキンスエマ・トンプソン共演で映画化した大人の純愛を描いた珠玉の名作。
1994年3月19日(土)公開。
ある侯爵に仕える執事スティーヴンスは、共に屋敷で働く勝気な女性ケントンと対立を繰り返していたが、二人の心には互いへの思慕が芽生えてく…
ジェームズ・アイヴォリー監督が格式を重んじる貴族社会の内実をロマンティックに、そして否定的に描いた珠玉の名作です。

「チャンス」(原題 Being There)
Group B: 1月4日(金)~1月17日(木)
Group A: 1月8日(金)~1月31日(木)

ピーター・セラーズ主演で初老の元庭師の数奇な運命を描いたコミカル・ファンタジー。ハル・アシュビーが監督シャーリー・マクレーンメルヴィン・ダグラスが共演。
1981年1月31日(土)公開。
屋敷から出たことがなかった庭師のチャンスは主人の死によって解雇され、突然外の世界に放り出され、財界の大物ベンジャミンと知り合う…
第52回アカデミー賞でメルヴィン・ダグラスが助演男優賞第37回ゴールデン・グローブ賞でピーター・セラーズがミュージカル・コメディ部門の男優賞、助演男優賞を受賞。
ピンチをチャンスに変えてくれる社会を風刺したコメディ。天真爛漫な庭師を演じるピーター・セラーズの演技が光ります。

詳しくは「午前十時の映画祭9」公式サイトまで。



「午前十時の映画祭9」、12月21日(金)からは「オードリー in テクニカラー」として「パリの恋人」を上映。




「午前十時の映画祭9」、12月21日(金)からは「オードリー in テクニカラー」として「パリの恋人」を上映。
%e3%83%91%e3%83%aa%e3%81%ae%e6%81%8b%e4%ba%ba

世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。9回目を迎える「午前十時の映画祭9」は50週にわたって実施。初めて上映する外国映画18本、日本映画4本、人気作品の再上映は外国映画4本、日本映画1本の合計27本をラインナップ。
あの名作を大スクリーンで楽しむのもいいかも。

詳しくは「午前十時の映画祭9」公式サイトまで。

「パリの恋人」(原題 Funny Face)
スタンリー・ドーネン監督オードリー・ヘプバーンフレッド・アステア共演で描いたロマンティック・ミュージカルの名作。

1957年9月28日(土)公開。
パリを舞台にファッション雑誌のカメラマンの男と彼にスカウトされトップモデルになっていく書店の娘との恋を描いたロマンティック・ミュージカルの名作。

ニューヨークのファッション誌「クオリティ」のカメラマン、ディックはとある書店で店員のジョーと出会う。編集長マギーの新人モデル発掘の企画にディックはジョーを推薦、パリへ行けると言われた彼女はモデルになることを承知する。パリで撮影をするうちにお互いに惹かれあっていく…
funny-face
1927年のジョージ・ガシュウィンのブロードウェイ・ミュージカル「ファニー・フェイス」を「雨に唄えば」のスタンリー・ドーネン監督が映画化。
ファッション誌のカメラマンのディックにはフレッド・アステア、本屋の店員のジョーにはオードリー・ヘプバーン
ケイ・トンプソンミシェル・オークレールロバート・フレミングほかが共演。
ジョージ・ガーシュウィン、アドルフ・ドイッチが音楽
花の都パリを舞台に繰り広げられる踊りと名曲の数々。名優フレッド・アステアとのダンスと歌を披露したオードリー・ヘプバーンの魅力が楽しめます。

「午前十時の映画祭9」公式サイト