山田洋次監督が松たか子、黒木華共演で初めてラブ・ストーリーに挑んだ「小さいおうち」、NHK BSプレミアムで1月19日(水)放送。




山田洋次監督が初めてラブ・ストーリーに挑んだ「小さいおうち」、NHK BSプレミアムで1月19日(水)放送。
小さいおうち
日本映画界の巨匠・山田洋次が、中島京子の直木賞受賞のベストセラー小説を映画化した「小さいおうち」。
2014年1月25日(土)に公開され、興収12.6億円。
東京郊外の”小さいおうち”で起こった小さな恋愛事件の真実を、昭和と平成の二つの時代を通して描き出す…
黒木華第38回日本アカデミー賞で最優秀助演女優賞第64回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞。

昭和11年。田舎から出てきた布宮タキは東京郊外の少しモダンな、赤い三角屋根の小さなお家で、女中として働きはじめる。そこには、若く美しい平井時子、夫の雅樹が穏やかに暮らしていたが、一人の青年・板倉が現れ、奥様の心があやしく傾いていく。それから60数年後の現代。晩年のタキが大学ノートに綴った自叙伝には、”小さいおうち”で過ごした日々の記憶が記されていた。遺されたノートを読んだ親類の健史は、秘められ続けてきた真実に辿り着く…

中島京子の直木賞受賞のベストセラー小説を山田洋次が監督・脚本を手掛けて映画化。
小さいおうち_原作

若かりし布宮タキには黒木華、晩年のタキには倍賞千恵子
平井時子には松たか子、夫の雅樹には片岡孝太郎、時子が恋する板倉には吉岡秀隆 、タキを慕う親戚の健史には妻夫木聡
小さいおうち03
第38回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀脚本賞、黒木華が助演女優賞、優秀音楽賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞、黒木華最優秀助演女優賞を受賞。

山田洋次監督が初めて挑んだラブ・ストーリー。山田洋次監督らしい優しい眼差しで描かれていて、黒木華、倍賞千恵子、松たか子の演技が光る作品です。

★「小さいおうち」
NHK BSプレミアム
1月19日(水)
13:00~15:17




片山慎三監督が佐藤二朗主演で姿を消した父親と父を捜す娘を描いたヒューマン・サスペンス「さがす」、1月21日(金)公開。




片山慎三監督佐藤二朗主演で姿を消した父親と父を捜す娘を描いたヒューマン・サスペンス「さがす」、1月21日(金)公開。

不穏な言葉を残して姿を消した父の原田智を一人娘の楓が自分の力で父を捜そうとする…

大阪の下町に暮らす原田智と中学生の娘の楓。「指名手配中の連続殺人犯見たんや。捕まえたら300万もらえるで」と言い、翌朝に智は突然姿を消す。警察は本腰を入れて捜索してくれず、楓は自分の力で父を捜して歩く。ようやく日雇い現場に父親の名前を発見して訪ねて行くと、そこには全くの別人の若い男性がいた…

「岬の兄妹」の片山慎三が監督・脚本を手掛けたヒューマン・サスペンス。
原田智には佐藤二朗
中学生の娘の楓には「空白」の伊東蒼
清水尋也、森田望智ほかが共演。


父は、なぜ消えたのか?見つけたくないものまで見えてくる。

「さがす」公式サイト

「さがす」公開劇場リスト




1月17日はジム・キャリーの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?




1月17日はジム・キャリーの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

ジム・キャリーは、1962年1月17日にカナダのオンタリオ州で生まれました。
スタンダップ・コメディの舞台やテレビ出演で下積みを続け、1994年に初めて主演した「エース・ベンチュラ」が大ヒット。
エース・ベンチュラ
続く「マスク」も大ヒットし、コメディ俳優として大人気に。
1998年「トゥルーマン・ショウ」では第56回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演男優賞、1999年「マン・オン・ザ・ムーン」では第57回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門の主演男優賞を受賞しました。
ジム・キャリー

ジム・キャリーの主な出演作品は次の通りです。
「マスク」(原題 The Mask)
マスク
チャールズ・ラッセル監督のスーパーSFXコメディ。
1995年2月25日(土)に公開され、配収18億円。
謎めいた緑色のマスクを拾った男が緑の怪人”マスク”となって巻き起こす騒動を描く…
ジム・キャリーはまじめだが風采のあがらない銀行員のスタンリーを演じ、不思議なマスクを拾ったことからもうー人の自分《マスク》となり大騒動を巻き起こす…
目玉や心臓が飛び出すなど漫画的なオーバーアクションを実写で表現したスラップスティック・コメディ。話のテンポが非常によく、笑いのセンスにも偏りがなく、楽しめます。ジム・キャリーの魅力が全開です。

「トゥルーマン・ショー」(原題 The Truman Show)
トゥルーマン・ショー
ピーター・ウィアー監督エド・ハリス共演で描いた異色のコメディ・ドラマ。
1998年11月14日(土)に公開され、配収10億円。
ある男の生涯が、テレビの人気連続ドラマとして24時間ノンストップ生中継されていた…トゥルーマンの人生は、隠しカメラで撮られたTV番組として世界中に放送されていた。彼はやがて自分の人生がすべて作りものだったことに気付く…
第56回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演男優賞、助演男優賞、音楽賞を受賞。
ジム・キャリーは典型的なアメリカ市民のトゥルーマン・バーバンクを熱演し、第56回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演男優賞を受賞。
アンドリュー・ニコルの巧妙な脚本と監督ピーター・ウィアーの軽妙な演出、そしてジム・キャリーが新境地を開拓した演技。すべてが見事に融合した絶妙なコメディ・ドラマに仕上がった傑作です。

「マン・オン・ザ・ムーン」(原題 Man on the Moon)
マン・オン・ザ・ムーン
ミロス・フォアマン監督ダニー・デヴィート共演で35歳で他界した伝説のコメディアンの孤独で不可思議な生涯を描いたドラマ。
2000年6月10日(土)公開。
売れないコメディアンとしてライブハウスを転々としていたアンディ・カウフマンに、ある日チャンスが訪れる。やがて人気者となった彼は、その成功とは裏腹に自虐的になってゆく…
ジム・キャリーはおかしくも哀しいアンディ・カウフマンのパフォーマンスを忠実に再現する熱演を見せ、第57回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門で主演男優賞を受賞。
第50回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞。
伝説のコメディアンのアンディ・カウフマンを熱演するジム・・キャリーは最高です。

「ブルース・オールマイティ」(原題 Bruce Almighty)
ブルース・オールマイティ
「エース・ベンチュラ」「ライアー ライアー」に続いて3度目のタッグとなるトム・シャドヤック監督モーガン・フリーマン共演で描いたヒューマン・コメディ。
2003年12月20日(土)に公開され、興収9.9億円。
人生に不満を持つ男が神に万能の力を与えられたことで心の成長を遂げる…
神様に悪態をついていた男が、ある日突然神様から一週間限定で全知全能を授かり、神様の仕事を任されて有頂天になる…
ジム・キャリーはTVレポーターのブルースを演じ、笑いのセンスをタップリ取り込みつつ、最後はハートフルな涙で包み込んでくれます。

「エターナル・サンシャイン」(原題 Eternal Sunshine of the Spotless Mind)
エターナル・サンシャイン
ミシェル・ゴンドリー監督ケイト・ウィンスレット共演で描いたスパイラル・ラブ・ストーリー。
2005年3月19日(土)公開。
恋人に自分との記憶を消された男はコンピュータで恋人との記憶を消そうとするが、忘れていた彼女との幸福な日々を思い出し、記憶を消されないように頭の中で抵抗を始める…
第77回アカデミー賞で脚本賞を受賞。
ジム・キャリーはきまじめな男ジョエルを演じ、別れた恋人が自分との思い出を消すために記憶除去手術を受けたことを知り、自分もその手術を試そうとする…
大切な人との記憶の大切さを再認識させくれる、ちょっと切ないラブ・ストーリーです。

「Disney’s クリスマス・キャロル」(原題 A Christmas Carol)
クリスマス・キャロル
ロバート・ゼメキス監督チャールズ・ディケンズの世界的な名作をパフォーマンス・キャプチャーと3D技術を駆使して完全映画化。
2009年11月14日(金)に公開され、興収16億円。
金の亡者スクルージが3人のクリスマスの霊に連れられて体験する不思議な時空の旅を通じてこれまでの人生を見つめ直していく…
ジム・キャリーはスクルージの他、現在、過去、未来のクリスマスの霊など全7役を演じ、ロバート・ゼメキス監督によるパフォーマンス・キャプチャーの技術とともに最高のファンタジー体験が楽しめます。

最近では2013年「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」、2020年「ソニック・ザ・ムービー」などに出演。これからもさらなる活躍が期待されるジム・キャリー。出演作でどの作品が好きですか?




斬新なアイディアと当時最新の特撮を駆使したSF映画の傑作「禁断の惑星」、NHK BSプレミアムで1月18日(火)放送。




斬新なアイディアと当時最新の特撮を駆使したSF映画の傑作「禁断の惑星」、NHK BSプレミアムで1月18日(火)放送。

斬新なアイディアと当時最新の特撮を駆使したSF映画の傑作「禁断の惑星」(原題 Forbidden Planet)
1956年9月8日(土)公開。
未知の惑星アルテア4に降り立った宇宙船のクルーは20年前に消息を断ったモービアス博士と娘のアルタに遭遇する…

西暦2200年。未知の惑星アルテア4に降り立ったアダムズ船長ら宇宙船のクルーは、20年前に消息を断ったモービアス博士と娘のアルタに遭遇する。先住民族が残した高度な科学遺産で快適な生活を送っていた博士は惑星から去るよう忠告するが、聞き入れないクルーは目に見えない謎の怪物に襲撃されてしまう…

アーヴィング・ブロック、アレン・アドラーの原案フレッド・マクロード・ウィルコックス監督が映画化した傑作SF映画。
エドワード・モービアス博士にはウォルター・ピジョン
娘のアルティラ・モービアスにはアン・フランシス、ジョン・J・アダムス機長にはレスリー・ニールセン

斬新なアイデアの物語と当時最新の特撮を駆使した映像、ロボットのロビーなど多くの作品に影響を与えた傑作SF映画。

★「禁断の惑星」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
1月18日(火)
13:00~14:39




人気作家Fのベストセラー小説を永瀬廉主演で映画化した”青春のあがき”の物語「真夜中乙女戦争」、1月21日(金)公開。




人気作家Fのベストセラー小説永瀬廉主演で映画化した”青春のあがき”の物語「真夜中乙女戦争」、1月21日(金)公開。

大学生活になじめず無気力な日々を送る”私”がある出会いによってる“真夜中乙女戦争”という名の東京破壊計画に巻き込まれていく…

上京して1人暮らしを始めた大学生の”私”は友達も恋人もできず鬱屈とした日々を送っていた。やがて「かくれんぼサークル」で出会った美しく知的な”先輩”に好意を寄せるが、人の心を一瞬で支配する謎の男”黒服”と出会ったことで状況は一変。黒服と二人でささいないたずらを繰り返していくうちに、”私”は全ての退屈を破壊する“真夜中乙女戦争”という名の東京破壊計画に巻き込まれていく…

「いつか別れる。でもそれは今日ではない」で知られる作家Fのベストセラー小説を「とんかつDJアゲ太郎」の二宮健が監督・脚本を手掛けて映画化。

大学生の”私”にはKing&Princeの永瀬廉
彼が恋する”先輩”には池田エライザ、“私”を過激な行動に巻き込む”黒服”には柄本佑
主題歌はビリーアイリッシュの「Happier Than Ever」


恋と破壊。二つの出会いが退屈な日常を一変させる…最高に過激で美しい夜更かしの物語。

「真夜中乙女戦争」公式サイト

「真夜中乙女戦争」公開劇場リスト




阪神・淡路大震災から27年。1995年映画配給収入ランキングのトップ10でどの作品を見ましたか?




阪神・淡路大震災から27年1995年映画配給収入ランキングのトップ10でどの作品を見ましたか?

1995年(平成7年)1月17日5時46分52秒に淡路島北部沖でM7.4の大地震が発生、大被害をもたらしました。
1995年の映画配給収入ランキングの1位はブルース・ウィリス主演「ダイ・ハード3」の48億円。
2位はキアヌ・リーヴス主演「スピード」の45億円、3位はトム・ハンクス主演「フォレスト・ガンプ/一期一会」38.7億円、続いてクリント・イーストウッド監督・主演「マディソン郡の橋」23億円、ケヴィン・コスナー主演「ウォーターワールド」21億円、トム・ハンクス主演「アポロ13」20億円…
トップ10でどの作品を見ましたか?
阪神・淡路大震災で亡くなられた方には心よりご冥福をお祈りします。

1995年映画配給収入ランキングのトップ10は次の通りです。
1位「ダイ・ハード3」(原題 Die Hard: With a Vengeance)

ブルース・ウィリス主演、ジョン・マクティアナン監督のシリーズ第3作。サミュエル・L・ジャクソンジェレミー・アイアンズ共演。
1995年7月1日(土)に公開され、配収48億円。
ニューヨークを舞台にテロリストの爆破計画にジョン・マクレーン刑事が立ち向かう…
五番街のド真ん中で爆発が起きるオープニングから、次々と二人に降りかかる危機また危機で飽きさせない展開。ニューヨークで繰り広げられるジョン・マクレーン刑事の”ダイ・ハード”ぶりが楽しめます。

2位「スピード」(原題 Speed)

キアヌ・リーヴスサンドラ・ブロック共演、ヤン・デ・ボン監督のノンストップ・アクション。
1994年12月3日(土)に公開され、配収45億円。
減速すると爆発する爆弾を仕掛けられたバスに乗り合わせた乗客を救うべく、SWAT隊員のジャックが奔走する…
サンドラ・ブロック、キアヌ・リーヴスの名を一躍有名にした超ヒット作。何度見てもドキドキワクワクさせてくれるアクション映画の名作です。

3位「フォレスト・ガンプ/一期一会」(原題 Forrest Gump)

ロバート・ゼメキス監督トム・ハンクス主演でアメリカの激動する歴史を駆け抜けた青年フォレストの青春を描いたヒューマン・ドラマ。
1995年3月11日(土)に公開され、配収38.7億円。
頭は弱いが俊足と誠実さは人一倍のフォレスト・ガンプがアメリカ現代史のさまざまな事件に関りつつ波乱万丈の人生を送る…
第67回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚色賞、トム・ハンクスが主演男優賞、編集賞、視覚効果賞の6部門を受賞。
30年間にわたる文化や風俗、時代を象徴する事件などが興味深く再現され、当時のヒット曲がそれぞれの時代感を鮮やかに彩っている。デジタル合成を駆使して、当時の有名人たちとガンプが共演を果たしているのも見所です。

4位「マディソン郡の橋」(原題 The Bridges of Madison County)

世界中で大ベストセラーとなった小説をクリント・イーストウッドが監督・主演メリル・ストリープ共演で映画化したラブ・ストーリー。
1995年9月1日(土)に公開され、配収23億円。
アイオワ州マディソン群の片田舎に住む主婦と橋を撮りに訪れた中年カメラマンとの4日間という短くも燃えるような恋を描く…
全編アイオワ州マディソン郡で撮影された映像は詩的な美しさに満ちあふれ、クリント・イーストウッドとメリル・ストリープの名演が光る大人のラブ・ストーリーです。

5位「ウォーターワールド」(原題 Waterworld)

ケヴィン・コスナー主演、ケヴィン・レイノルズ監督の海洋アドベンチャー・アクション。
1995年8月26日(土)に公開され、配収21億円。
地球温暖化で全ての陸地が海に沈んだ世界、夢を探し求める男と希望を捨てない女、そして驚くべき秘密を持つ少女は、伝説の陸地”ドライ・ランド”を目指して旅に出る…
壮大なスケールで描かれた海洋アドベンチャー・アクションが楽しめます。

6位「アポロ13」(原題 Apollo 13)

実際に起こったアポロ13号の事故をロン・ハワード監督トム・ハンクス主演でフィクションとノンフィクションを巧みに組み合わせて映画化したドラマ。
1995年7月25日(土)に公開され、配収20億円。
月へ打ち上げられたアポロ13号に爆発事故が発生。ジム・ラヴェル船長ほか宇宙飛行士とヒューストンのスタッフたちが総力を挙げ、地球への無事帰還を目指す…
第68回アカデミー賞で編集賞、音響賞の2部門受賞。
トム・ハンクスを始めとする名優の迫真の演技とロン・ハワードならではのストーリー展開と映像。何度見ても感動させてくれます。

7位「耳をすませば」

柊あおいのコミック近藤喜文が監督宮崎駿が脚本・絵コンテスタジオジブリ製作でアニメ化した青春ドラマ。
1995年7月15日(土)に公開され、配収18.5億円。
本が大好きな中学3年生の月島雫とバイオリン職人を目指す天沢聖司の淡い恋をファンスティックに描く…
進路に悩み、恋に戸惑いながら未来に向かって正直に進んでいこうとする思春期の少年少女たちの姿が清々しく描かれていて、ピュアな気持ちが詰まった名作です。

8位「マスク」(原題 The Mask)

ジム・キャリー主演、チャールズ・ラッセル監督で緑の怪人”マスク”が巻き起こす騒動を描いたスーパーSFXコメディ。
1995年2月25日(土)に公開され、配収18億円。
謎めいた緑色のマスクを拾った男が緑の怪人”マスク”となって巻き起こす騒動を描く…
目玉や心臓が飛び出すなど漫画的なオーバーアクションを実写で表現したスラップスティック・コメディ。話のテンポが非常によく、笑いのセンスにも偏りがなく、楽しめます。ジム・キャリーの魅力が全開です。

9位「ゴジラvsスペースゴジラ」

橋爪淳小高恵美共演でG細胞から誕生した最強の敵スペースゴジラとゴジラの大迫力の激闘を描いたシリーズ第21作。監督は山下賢章特技監督は川北紘一
1994年12月10日(土)に公開され、配収16.5億円。
ゴジラとブラックホールから生まれた宇宙怪獣・スペースゴジラ、そして対ゴジラ兵器モゲラの三つ巴の闘いを繰り広げる…
監督、脚本、音楽をシリーズ初のメンバーで固めていて、ある意味で新鮮な雰囲気で、福岡で繰り広げられるゴジラとスペースゴジラの死闘が楽しめます。

10位「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様」

渥美清主演、山田洋次監督の「男はつらいよ」シリーズ第47作。吉岡秀隆が共演、マドンナはかたせ梨乃牧瀬里穂
1994年12月23日(土)に公開され、配収15.5億円。
満男は大学の先輩の住む長浜を訪れ、先輩の妹の奈穂と出会い、寅次郎は琵琶湖畔で撮影旅行をしている主婦の典子と出会う…
「失恋は男の勲章よ」渥美清の体力の衰えが目立ち、話の中心が寅次郎から満男に移り、寅次郎と満男のそれぞれの”淡い恋”が楽しめます。

阪神・淡路大震災で亡くなられた方には心よりご冥福をお祈りします。あの日のことは決して忘れない…
1995年映画配給収入ランキングのトップ10でどの作品を見ましたか?




ロビン・ウィリアムズ主演で戦場でのラジオDJを描いた「グッドモーニング、ベトナム」、NHK BSプレミアムで1月17日(月)放送。




バリー・レヴィンソン監督ロビン・ウィリアムズ主演で戦場でのラジオDJを描いた「グッドモーニング、ベトナム」、NHK BSプレミアムで1月17日(月)放送。
グッドモーニング、ベトナム
バリー・レヴィンソン監督ロビン・ウィリアムズ主演で戦場でのラジオDJを描いたヒューマン・ドラマ「グッドモーニング、ベトナム」(原題 Good Morning, Vietnam)
1988年10月8日(土)に公開され、配収2.17億円。
ベトナム戦争下のサイゴン基地を舞台に前線の兵士たちに活気と希望を与えるため奮闘するラジオDJの姿を描く…

1965年、ベトナム戦争下のサイゴン。「グッドモーニング、ベトナム!」の叫び声とともに始まるクロンナウアーの放送はロックに毒舌ジョークで米兵たちの絶大な支持を得るが、ある日、禁止されていた事項についてしゃべってしまう…

エイドリアン・クロナウアーの実話を元に「レインマン」のバリー・レヴィンソン監督が映画化。
DJのエイドリアン・クロナウアーにはロビン・ウィリアムズ
フォレスト・ウィテカー、トゥング・タン・トランほかが共演。
第45回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門でロビン・ウィリアムズが主演男優賞を受賞。

バリー・レヴィンソン監督が戦場に欠かせないラジオ放送を題材に戦争批判を織り込んだヒューマン・ドラマ。ロビン・ウィリアムズのマシンガン毒舌トークが遺憾なく発揮。ルイ・アームストロングの名曲「この素晴らしき世界」も印象的。

★「グッドモーニング、ベトナム」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
1月17日(月)
13:00~15:02




ピアース・ブロスナン主演、レニー・ハーリン監督で正義の犯罪プロ集団の活躍を描いたクライム・アクション「ザ・ミスフィッツ」、1月21日(金)公開。




ピアース・ブロスナン主演、レニー・ハーリン監督で正義の犯罪プロ集団の活躍を描いたクライム・アクション「ザ・ミスフィッツ」(原題 The Misfits)、1月21日(金)公開。

正義の犯罪プロ集団”ミスフィッツ”が中東の砂漠にある刑務所に隠されたテロリストの資金源の金塊強奪に挑む…

極悪人から盗んだ大金を弱者に与える正義の犯罪プロ集団”ミスフィッツ”。次に狙うのはテロリストの資金源となっている中東の砂漠の私設刑務所に隠された金塊だった。任務が困難になることを察し、伝説的な盗みのスペシャリストで一匹狼のリチャード・ペイスをチームに引き入れる。テロリストに資金が渡る前に金塊を強奪すべく作戦を開始する…

「ダイ・ハード2」のレニー・ハーリンが監督を手掛けたクライム・アクション。
伝説的な盗みのスペシャリストのリチャード・ペイスにはピアース・ブロスナン
マイク・アンジェロ、ハーマイオニー・コーフィールド、ジェイミー・チャン、ティム・ロス、ニック・キャノンほかが共演。

正義の犯罪プロフェッショナル集団”ミスフィッツ”と過激派テロリストの金塊をめぐる激闘。

「ザ・ミスフィッツ」公式サイト

「ザ・ミスフィッツ」公開劇場サイト




1月15日は樹木希林の誕生日。出演作でどの作品が好きですか?




1月15日は樹木希林の誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

樹木希林は1943年1月15日に現在の東京都千代田区で生まれました。
1961年に「悠木千帆」名義で女優活動をスタートし、テレビドラマ「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー」「ムー一族」などで活躍。
映画では「夢千代日記」「夢」などに出演。
是枝裕和監督「歩いても 歩いても」、李相日監督「悪人」、原田眞人監督「わが母の記」、平川雄一朗監督「ツナグ」、河瀬直美監督「あん」、是枝裕和監督「海よりもまだ深く」「万引き家族」などに出演。
2008年に紫綬褒章を受章、2013年「わが母の記」日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。
2017年9月15日に「全身がん」のため75歳で死去されました。心よりご冥福をお祈りします。

樹木希林の主な出演作品は次の通りです。
「歩いても 歩いても」

是枝裕和監督阿部寛夏川結衣共演である家族の一日を描いたホームドラマ。
2008年6月28日(土)公開。
長男の命日のために、老いた両親に家に久々に顔を揃えた横山家の一日をスケッチしたホロ苦くも温かな家族ドラマ。
樹木希林は横山とし子を演じ、久々に顔を揃えた家族のために得意料理をせっせとこしらえる…
なにげない会話の積み重ねを通して家族それぞれの揺れ動く心の機微を、是枝裕和監督ならではユーモアを織り込みつつ辛辣かつ温かな眼差しで繊細に描き出します。

「悪人」

吉田修一のベストセラー小説李相日監督妻夫木聡深津絵里共演で映画化したヒューマン・ドラマ。
2010年9月11日(土)に公開され、興収19.8億円。
ひとつの殺人事件。殺した男と愛した女。引き裂かれた家族。「いったい誰が本当の”悪人”なのか」
樹木希林は清水祐一の祖母の清水房江を演じ、殺人者となってしまった孫の祐一のため様々な世間の目に曝されることになる…
妻夫木聡、深津絵里ほか共演陣の迫真に迫った演技。ふとしたことから殺人者となってしまった青年と許されぬ愛に溺れた女が繰り広げる出口のない逃避行の顛末が様々な人の視点から描かれていて、考えさせられます。

「わが母の記」

井上靖の自伝的小説原田眞人監督役所広司宮崎あおい共演で映画化した小説家と年老いた母の絆を描いた家族のドラマ。
2012年4月28日(土)に公開され、興収13.3億円。
老いた母親との断絶を埋めようとする小説家・伊上洪作の姿を映し、母の強い愛を描く…
第35回モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞。
樹木希林は小説家の伊上洪作の母の物忘れがひどくなっていく八重を熱演し、第36回日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞。
親子の絆の大切さを暖かく、優しく描き、役所広司、樹木希林、宮崎あおいの演技がさらに深みを持たせ、心にじわりと響いてきます。

「ツナグ」

第32回吉川英治文学新人賞に輝く辻村深月の小説平川雄一朗監督松坂桃李主演で実写化したファンタジー・ドラマ。
2012年10月6日(土)に公開され、興収16.6億円。
死んだ者と生きる者の再会を仲介する使者”ツナグ”の見習いを努める高校生の渋谷歩美がさまざまな依頼者の姿を目の当たりにして成長する姿を描く…
樹木希林は渋谷歩美の祖母のアイ子を演じ、ツナグの見習いを始める孫の歩美を師匠として優しく見守る…
死者との再会を望む人々との交わりを通して成長していく”ツナグ”の見習いの高校生・歩美の姿には感動させられます。

「あん」

ドリアン助川の小説河瀬直美監督永瀬正敏内田伽羅共演で映画化したハンセン病をテーマにしたヒューマン・ドラマ。
2015年5月30日(土)に公開され、興収5億円。
おいしい粒あんを作る謎多き老婦人の徳江とどら焼き店の店主や店を訪れる女子中学生の人間模様を描く…
樹木希林は老婦人の徳江を演じ、雇われたどら焼き店でおいしい粒あんを作り、店を繁盛させていく…
樹木希林の名演。永瀬正敏の控えめな存在感。そして映像の美しさ。自分が生まれてきた意味、生きる意味をやさしく伝えてくれ、いろいろなことを考えさせてくれます。

「海よりもまだ深く」

是枝裕和監督阿部寛主演で描いた”なりたかった大人”になれなかった大人たちの物語。
2016年5月21日(土)公開。
探偵事務所で働く大人になりきれない中年男性の良多と年老いた母を中心に夢見ていた未来とは違う現在を生きる家族の姿を描く…
樹木希林は団地で一人暮らしをしている母の淑子を演じ、家に集まった良多、響子と11歳の息子の真悟とともにひと晩を共に過ごすことになる…
ハナレグミの「深呼吸」に乗って繰り広げられる”海よりもまだ深い”人生の愛し方。”なりたかった大人”のことを改めて考えさせられます。

「万引き家族」

是枝裕和が監督・原案・脚本・編集を手掛け、リリー・フランキー安藤サクラ松岡茉優共演で家族を超えた絆を描いたドラマ。
2018年6月8日(金)に公開され、興収45.3億円。
東京の下町で、生計を立てるため家族ぐるみで軽犯罪を重ねる柴田治とその家族の絆を描く…
第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のバルム・ドール、第44回ロサンゼルス映画批評家協会賞で外国語映画賞を受賞。
樹木希林は日雇い労働者の柴田治の母で年金受給者の柴田初枝を好演。
是枝裕和監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語っているだけに様々な差別について、そして冒頭の違和感を感じさせる家族関係の理由がわかったとき本当に大切な家族の絆のことについて考えさせられます。

「日日是好日」

茶道教室に通った約25年について記した森下典子のエッセイ大森立嗣監督黒木華多部未華子共演で映画化したヒューマン・ドラマ。
2018年10月13日(土)に公開され、興収11.6億円。
母親の勧めで茶道教室へ通うことになった大学生の典子がタダモノではないとうわさの武田のおばさんの指導を受け、茶道の奥深さに触れ、成長していく…
樹木希林は茶道教室の先生の武田のおばさんを好演。
「日日是好日」という言葉をかみしめていく美しき時の流れ。内なる自由と生きる喜び、そしてかけがえのない”今”を描く物語。「お茶の先生」を演じた樹木希林の演技が愛おしくなる一期一会の物語。

2017年9月15日に「全身がん」のため75歳で死去されました。心よりご冥福をお祈りします。
出演作でどの作品が好きですか?




スティーヴン・スピルバーグ監督のSFXアドベンチャー第2弾「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」、NHK BSプレミアムで1月16日(日)放送。




スティーヴン・スピルバーグ監督のSFXアドベンチャー第2弾「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」、NHK BSプレミアムで1月16日(日)放送。
ロスト・ワールド
マイケル・クライトンのベストセラー小説スティーヴン・スピルバーグ監督が映画化したSFXアドベンチャー第2弾「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」(原題 The Lost World: Jurassic Park)
1997年7月12日(土)に公開され、配収58億円。
ジュラシック・パークの悲劇から4年。生き残った恐竜たちが増殖、調査隊と激しい死闘を繰り広げる…

舞台はコスタリカの沖合いに浮かぶ離れ小島。ジュラシック・パークの悲劇から4年後、生き残った恐竜たちが増殖、野生化し、再び島を訪れたマルコム率いる調査隊と激しい死闘を繰り広げる…

マイケル・クライトンのベストセラー小説スティーヴン・スピルバーグ監督が映画化した第2弾。
The Lost World novel

イアン・マルコム博士にはジェフ・ゴールドブラム
恐竜学者のサラ・ハーディングにはジュリアン・ムーア
インジェン社の会長ハモンドにはリチャード・アッテンボロー
音楽はジョン・ウィリアムズ

前作よりもさらにパワーアップした恐竜たちが大暴れ。ジョン・ウィリアムズの音楽も印象的で、パニック・アクション映画の傑作です。

★「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
1月16日(日)
13:00~15:10