12月9日はジュディ・デンチの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?




12月9日はジュディ・デンチの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?
ジュディ・デンチ02
ジュディ・デンチは1934年12月9日にイングランドのヨークシャー州ヨークで生まれました。
舞台で活躍し、ローレンス・オリヴィエ賞、トニー賞など数々の賞を受賞し、イギリスのテレビドラマにも数多く出演するようになり、映画にも出演。
1988年には貢献が認められ、イギリス王室から「Dame(デイム)」の称号を授与され、1995年「007 ゴールデンアイ」以降の「007」シリーズで、ジェームズ・ボンドの上司「M」として出演。
1999年「恋におちたシェイクスピア」第71回アカデミー賞助演女優賞を受賞しました。

ジュディ・デンチの主な出演作品は次の通りです。
「007」シリーズ
007_skyfall_M02
ジュディ・デンチはジェームズ・ボンドのMI6の上司「M」として「007」シリーズ7作品に出演。
ピアース・ブロスナン主演の1995年「007 ゴールデンアイ」、1998年「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」、2000年「ワールド・イズ・ノット・イナフ」、2003年「ダイ・アナザー・デイ」からダニエル・クレイグ主演の2006年「007 カジノ・ロワイヤル」、2008年「007 慰めの報酬」、2012年「007 スカイフォール」まで7作品に出演。
特に「007 スカイフォール」ではストーリーの鍵を握る重要な役どころを演じ、ストーリーをさらに深くし、第66回英国アカデミー賞で助演女優賞にノミネート。

「恋におちたシェイクスピア」(原題 Shakespeare In Love)
%e6%81%8b%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%a1%e3%81%9f%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%94%e3%82%a2
ジョン・マッデン監督グウィネス・パルトロウジョセフ・ファインズ共演で若き日の恋を現実の恋と劇中劇を交錯させて描いたロマンティック・コメディ。
1999年5月1日(土)に公開され、配収12億円。
1593年のロンドン。若き日のシェイクスピアは裕福な商家の娘ヴァイオラと出会い、一目で恋に落ちる。実はヴァイオラは芝居好きが高じて、男装してシェイクスピアのお芝居のオーディションに受かっていた…
第71回アカデミー賞で作品賞、脚本賞、主演女優賞、助演女優賞、美術・装置賞、作曲賞、衣装デザイン賞の7部門受賞。
ジュディ・デンチは芝居好きのエリザベス女王を好演し、第71回アカデミー賞、第52回英国アカデミー賞で助演女優賞を受賞。
shakespeare-in-love_judy_dench

「アイリス」(原題 Iris)
アイリス
リチャード・エアー監督ジム・ブロードベントケイト・ウィンスレット共演で英国を代表する女流作家、アイリス・マードックの生涯を描いたラブ・ロマンス。
2002年12月7日(土)公開。
イギリスで最も素晴らしい女性と讃えられる作家アイリス・マードックと夫ジョンの激しく深い愛の軌跡を綴る…
第74回アカデミー賞、第59回ゴールデングローブ賞でジム・ブロードベントが助演男優賞を受賞。
ジュディ・デンチは女流作家、アイリス・マードックを演じ、第55回英国アカデミー賞で主演女優賞を受賞、第74回アカデミー賞、第59回ゴールデングローブ賞ドラマ部門で主演女優賞にノミネート。
ジュディ・デンチとジム・ブロードベントの名演が光るラブ・ストーリー。舞台で活躍するリチャード・エアーが重いテーマを品格ある作品に仕上げていて、見応えのある作品です。

「あるスキャンダルの覚え書き」(原題 Notes on a Scandal)
あるスキャンダルの覚え書き
リチャード・エアー監督ケイト・ウィンスレット共演でゾーイ・ヘラーのベストセラー小説を映画化したスキャンダラスでスリリングなサスペンス・ドラマ。
2007年6月9日(金)公開。
15歳の教え子と禁断の関係を持ってしまった女教師と、その秘密を利用して彼女に近づいていく孤独な初老の女教師とのスリリングな愛憎の行方を描く…
ジュディ・デンチは初老の教師バーバラを熱演し、第79回アカデミー賞、第64回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門、第60回英国アカデミー賞で主演女優賞にノミネート。
2人のアカデミー賞受賞の女優、ジュディ・デンチとケイト・ブランシェットが人間の内なるダークで弱い面を熱演。英国ならではの心理劇を見事描いています。

「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」(原題 The Best Exotic Marigold Hotel)
マリーゴールド・ホテルで会いましょう
ジョン・マッデン監督がインドを舞台にシニア世代の男女7人の群像劇を描いたドラマ。
2013年2月1日(金)公開。
人生の終盤を迎えそれぞれに事情を抱える男女7人が、快適な老後を送るため移住したインドで織り成す人間模様を描く…
ジュディ・デンチはイギリスからインドに移住してきた夫を亡くしたイヴリンを演じ、毎日インドの生活に触れることにより、新たな生き甲斐を見つけていく…
第70回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門で主演女優賞にノミネート。
一歩踏み出す勇気を持てば、何歳になっても物事を変えることができる、ということを教えてくれる作品です。

「あなたを抱きしめる日まで」(原題 Philomena)
あなたを抱きしめる日まで
ひとりの女性の奇跡の実話をスティーヴン・フリアーズ監督が映画化したドラマ。
2014年3月15日(土)公開
ジャーナリストのマーティン・シックススミスによる実話「The Lost Child of Philomena Lee」を基に、50年前に生き別れた息子との再会を願う母親フィロミナとその記事に再起を懸ける元ジャーナリストの旅の行方を描く…
ジュディ・デンチは10代で未婚のまま妊娠したことで修道院に入れられ、産まれた息子を奪われたフィロミナを演じ、わずかな情報を頼りに生まれて初めて飛行機に乗ってアメリカへと渡り、思いもよらぬ真実を見出すことになる…
第86回アカデミー賞、第71回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門、第67回英国アカデミー賞で主演女優賞にノミネート。
ジュディ・デンチがたくましく、可愛いくてほのぼのしたフィロミナを魅力たっぷりに演じていて、暖かい気持ちにさせてくれます。

「オリエント急行殺人事件」(原題 Murder on the Orient Express)

アガサ・クリスティーの名作ケネス・ブラナー監督・主演で映画化したミステリー。ミシェル・ファイファーペネロペ・クルスウィレム・デフォージョニー・デップデイジー・リドリーほかが共演。
2017年12月8日(金)に公開され、興収16.2億円。
イスタンブール発のオリエント急行で起きた殺人事件を巡り、名探偵エルキュール・ポワロが事件の真相を追う…
ジュディ・デンチはロシアの貴族のドラゴミロフ公爵夫人として出演。
ケネス・ブラナー監督ならではの独特の視点とあまりにも豪華な俳優陣の共演。シドニー・ルメット監督とはちょっと違ったミステリーが楽しめます。

演劇「冬物語」でのポーリーナ役でイギリス版トニー賞と言われるローレンス・オリヴィエ賞助演女優賞を受賞し、40年の歴史の中で初の8度目の受賞者となるなど年と共に輝きをますます増していくジュディ・デンチ。どの作品が好きですか?



メル・ギブソン、ダニー・グローヴァー共演、リチャード・ドナー監督の刑事アクション「リーサル・ウェポン」、NHK BSプレミアムで12月10日(月)放送。

メル・ギブソンダニー・グローヴァー共演の刑事アクション「リーサル・ウェポン」、NHK BSプレミアムで12月10日(月)放送。
リーサル・ウェポン
リチャード・ドナー監督メル・ギブソンダニー・グローバー共演で描いた刑事アクション「リーサル・ウェポン」(原題 Lethal Weapon)
1987年6月13日(土)に公開され、配収3.73億円。
家族思いのベテラン刑事と自殺願望がある無鉄砲刑事が女性転落死事件の背後に隠された真相を追う…

最愛の妻を亡くし、自殺志願の危険な男となったマーチン・リッグス刑事。そのリッグスの相棒は家族思いの定年間近の黒人刑事マータフだった。2人は墜落死した娼婦の背後に存在する大掛かりな麻薬組織を捜査し始める…

マーチン・リッグス刑事にはメル・ギブソン
黒人刑事ロジャー・マータフにはダニー・グローヴァー
ゲイリー・ビューシイミッチェル・ライアンほかが共演。
「グーニーズ」、「スーパーマン」の巨匠リチャード・ドナーが監督、製作
マイケル・ケイメンとエリック・クラプトンが音楽を担当。

反目し合う二人が徐々に互いを認め、やがて熱い友情の絆で結ばれていくバディ・ムービーの最高峰。メル・ギブソンとダニー・グローヴァーのアクションが思いっ切り楽しめます。

★「リーサル・ウェポン」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
12月10日(月)
13:00~14:51



ロバート・ゼメキス監督、マイケル・J・フォックス主演のSFアドベンチャーの傑作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、NHK BSプレミアムで12月10日(月)放送。




ロバート・ゼメキス監督マイケル・J・フォックス主演のSFアドベンチャーの傑作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、NHK BSプレミアムで12月10日(月)放送。
バック・トゥ・ザ・フューチャー
ロバート・ゼメキス監督スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮マイケル・J・フォックス主演のSFアドベンチャー「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(原題 Back To The Future)
1985年12月7日(土)に公開され、配収36.5億円。
高校生のマーティは科学者ドクが発明したタイムマシンで過去にタイムスリップしてしまう…

時は1985年。科学者ドクの発明したタイムマシンのデロリアンで、1955年にタイムスリップしてしまった高校生のマーティ。そこで自分の両親になるはずのロレーンとジョージに出会う。だが、内気なジョージは彼女に告白できないまま、乱暴者のビフにこき使われる毎日。しかも、ロレーンがマーティに恋をしてしまう…

高校生のマーティ・マクフライにはマイケル・J・フォックス、タイムマシンを発明するエメット・ブラウン博士にはクリストファー・ロイド
マーティの母のロレインにはリー・トンプソン、ビフ・タネンにはトーマス・F・ウィルソン
監督はロバート・ゼメキス脚本はロバート・ゼメキスとボブ・ゲイル
製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ
音楽はアラン・シルヴェストリ
back to the future
奇抜なアイデアと練られた演出で、今なお観る者を魅了し続けるロバート・ゼメキス監督の出世作であり、SFアドベンチャーの傑作です。

★「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
12月10日(月)
21:00~22:57



2018年邦画興行収入年間ランキング。トップ10でどの作品を見ましたか?




2018年邦画興行収入年間ランキング。トップ10でどの作品を見ましたか?

1位は「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」の92.2億円。2位は「名探偵コナン ゼロの執行人」の91億円。3位は「映画ドラえもん のび太の宝島」の53.7億円、続いて「万引き家族」の45億円、「銀魂2 掟は破るためにこそある」の36.6億円、「DESTINY 鎌倉ものがたり」の32億円…

2018年邦画興行収入年間ランキングのトップ10は次の通りです。
1位「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」

山下智久新垣結衣戸田恵梨香共演の人気TVドラマの劇場版。西浦正記が監督比嘉愛未浅利陽介ほかが共演。
7月27日(金)に公開され、興収92.2億円。
東京湾を運行していたフェリーが濃霧の影響で海ほたるに衝突し、成田空港でも異変が生じる。未曽有の連続大事故現場から藍沢たちフライトドクター、フライトナースに出動要請が入る…
シリーズ最大のスケールで描かれる大規模災害と災害に巻き込まれた患者たちが織りなす人間ドラマ。藍沢たちフライトドクターたちの苦悩がさらに深く描かれていて、感動させてくれます。

2位「名探偵コナン ゼロの執行人」

青山剛昌の人気コミックをアニメ化した劇場版シリーズ第22作。テレビアニメ「デス・パレード」の立川譲が監督
4月13日(金)に公開され、興収91億円。
大規模爆破事件の真相を追う江戸川コナンは公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の不可解な動きに違和感を抱くが、毛利小五郎が事件の容疑者として逮捕されてしまう…
魂がぶつかり合う極秘任務<シークレット・ミッション・ミステリー。シリーズ屈指の面白さで、安室透とコナンの活躍が楽しめます。
3位「映画ドラえもん のび太の宝島」

国民的アニメ「ドラえもん」の長編劇場版シリーズ第38作。テレビ版の演出を手がけてきた今井一暁が映画初監督
3月3日(土)に公開され、興収53.7億円。
ドラえもんのひみつ道具「宝探し地図」を使って宝島を探していたのび太は太平洋上に新しく出現した島を発見。ノビタオーラ号と命名した船に乗って、島を目指す…
星野源が歌う主題歌「ドラえもん」とともに宝島を目指して繰り広げられるのび太たちの史上最大の冒険。スピーディーな展開でさらなるドラえもんの物語が楽しめます。

4位「万引き家族」

是枝裕和が監督・原案・脚本・編集を手掛け、リリー・フランキー樹木希林安藤サクラ松岡茉優共演で家族を超えた絆を描いたドラマ。
6月8日(金)に公開され、興収45億円。
東京の下町で、生計を立てるため家族ぐるみで軽犯罪を重ねる柴田治とその家族の絆を描く…
第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のバルム・ドールを受賞。
是枝裕和監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語っているだけに様々な差別について、そして冒頭の違和感を感じさせる家族関係の理由がわかったとき本当に大切な家族の絆のことについて考えさせられます。

5位「銀魂2 掟は破るためにこそある」

空知英秋の人気コミック福田雄一が監督・脚本小栗旬主演で映画化したSF時代劇の第2弾。菅田将暉、橋本環奈共演。今回新しく堤真一、三浦春馬、勝地涼、夏菜、窪田正孝が出演。
8月17日(金)に公開され、興収36.6億円。
「銀魂」史上最もアツい”真選組動乱篇”、そして隠れ人気キャラで最も笑える”将ちゃん”こと江戸幕府第14代征夷大将軍が登場する”将軍接待篇”を融合。
SFと時代劇がミックスされたぶっ飛んだ世界観と福田雄一監督ならではのパロディとアドリブが上乗せされた全く新しいジャンルの映画がさらにパワーアップ。進化しまくった福田雄一ワールドの「銀魂」。笑わせてくれます。

6位「DESTINY 鎌倉ものがたり」

西岸良平の人気漫画山崎貴監督堺雅人高畑充希共演で映画化した冒険ファンタジー。堤真一、田中泯、國村隼、薬師丸ひろ子、三浦友和ほかが共演。
12月9日(土)に公開され、興収32億円。
“人ならざる者”がはびこる鎌倉でミステリー作家の一色正和と妻の亜紀子が不思議な怪事件の数々を解決していく…
山崎貴監督ならでは斬新な映像で描かれる摩訶不思議な鎌倉のファンタジー・ワールドが楽しめ、堺雅人と高畑充希演じる初々しい夫婦が絆の大切さを教えてくれます。

7位「カメラを止めるな!」

映画監督・俳優養成スクール「ENBUゼミナール」のシネマプロジェクト第7弾上田慎一郎が監督・脚本・編集の究極の低予算映画。
6月23日(土)に公開され、興収30.3億円。
山奥の廃虚を舞台に、37分間ワンシーン・ワンカットでゾンビサバイバル映画を撮影する自主映画撮影隊を描く…
37分間ワンシーン・ワンカットで撮影される”One Cut of the Dead”。いかにも自主製作という内容ながら、前半の張り巡らされた伏線が回収されていき、もう一度見たくさせてくれます。

8位「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」

「ポケットモンスター」の劇場版シリーズの第21弾。アニメ「ポケットモンスター XY」シリーズの矢嶋哲生が監督
7月13日(金)に公開され、興収30億円。
風の街を訪れたサトシとピカチュウが風の街で出会った人々と共に壮大な冒険と戦いに身を投じる…
メインスタッフが前作までと大きく変更されていて、新しい「ポケットモンスター」の冒険が楽しめます。

9位「検察側の罪人」

雫井脩介のベストセラー小説原田眞人監督木村拓哉二宮和也共演で映画化した正義を追求する検事を描いた社会派ミステリー。
8月24日(金)に公開され、興収28.9億円。
東京地方検察庁を舞台に、人望の厚いエリート検事の最上と駆け出しの検事の沖野がある殺人事件の捜査をめぐってすれ違い、やがて二人の正義がぶつかり合う…
時効、冤罪、そして司法制度への考察とともに「正義とは何か?」という深遠なるテーマを描いた骨太なドラマ。木村拓哉、二宮和也の迫真の演技がドラマをさらに深くしてくれます。

10位「未来のミライ」

細田守監督が未来からやってきた妹と4歳の少年の心の交流を描いたファンタジー・アニメーション。「バケモノの子」以来約3年ぶりとなる細田守が監督・原作・脚本。
7月20日(金)に公開され、興収28.2億円。
甘えんぼうの4歳男児のくんちゃんと未来からやって来た妹のミライちゃんと出会い、初めての体験を繰り返して成長していく…
細田守監督ならではの日常のなかにこそある感動とファンタジーが融合した物語。4歳の甘えんぼうのくんちゃんの成長物語が楽しめます。

2018年邦画興行収入年間ランキングのトップ10でどの作品を見ましたか?

情報元: 日経エンタテインメント 2019年1月号、映画ピクシーン
(2017年12月から2018年11月17日までに公開された作品が対象、12月6日現在)



山田洋次監督、渥美清主演のシリーズ第9作「男はつらいよ 柴又慕情」、BSテレ東で12月9日(日)放送。




山田洋次監督渥美清主演のシリーズ第9作「男はつらいよ 柴又慕情」、BSテレ東で12月9日(日)放送。

山田洋次監督渥美清主演のシリーズ第9作「男はつらいよ 柴又慕情」。マドンナは吉永小百合
1972年8月5日(土)に公開され、配収5.1億円。
北陸の金沢で出会った3人娘のひとりの歌子と寅次郎の叶わぬ恋の行方を描く…

北陸で出会った3人娘のひとりの歌子に想いを寄せる寅次郎だったが、彼女は小説家の父親との関係に悩んでいた。故郷が恋しくなってまた柴又へ戻ったところ、歌子が寅次郎に会いにやってきて、寅次郎は心弾ませる…

山田洋次が監督・原作・脚本を手掛けたシリーズ第9作。
「フーテンの寅」こと車寅次郎にはおなじみの渥美清
2代目のおいちゃんには松村達雄、おばちゃんには三崎千恵子、妹のさくらには倍賞千恵子
今回のマドンナの歌子には吉永小百合

「ほら、見なよ。あの雲が誘うのよ。ただ、それだけのことよ」可憐で清楚なマドンナを演じる吉永小百合の魅力と渥美清のいつもの”寅さん”節がうまく融合していて、楽しめます。

★「男はつらいよ 柴又慕情」
BSテレ東 シネマジャパン
12月9日(日)
19:00~21:14



ブライアン・シンガー監督、ガブリエル・バーン、ケヴィン・スペイシー共演のクライム・サスペンス「ユージュアル・サスペクツ」、BS日テレで12月9日(日)放送。




ブライアン・シンガー監督ガブリエル・バーンケヴィン・スペイシー共演のクライム・サスペンス「ユージュアル・サスペクツ」、BS日テレで12月9日(日)放送。
%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%af%e3%83%84
ブライアン・シンガー監督ガブリエル・バーンケヴィン・スペイシー共演で五人の前科者が集まった犯罪計画の顛末を描いたクライム・サスペンス「ユージュアル・サスペクツ」(原題 The Usual Suspects)
1996年4月13日(土)公開。
銃器強奪事件の面通しで集められた五人の前科者を主人公に歯車の狂い始めた犯罪計画をトリッキーかつ巧緻な構成で描く…

カリフォルニア州の埠頭で大爆発が発生し、27人が死亡。9100万ドル分の麻薬が消えた。捜査官はこの事件でただ一人無傷で生き残ったヴァーバルを尋問する。ヴァーバルは6週間前に銃器強盗事件の容疑者として集められた5人の男たちに起きた奇妙な出来事を語り始めた…

「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガーが監督・製作、「アウトロー」、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」のクリストファー・マッカリーが脚本を手掛けて作り上げたクライム・サスペンス。
五人の前科者の元汚職警官のディーン・キートンにはガブリエル・バーン、強盗コンビのマイケル・マクナマスにはスティーヴン・ボールドウィン、フレッド・フェンスターにはベニチオ・デル・トロ、爆破の専門家トッド・ホックニーにはケヴィン・ポラック、詐欺師のヴァーバル・キントにはケヴィン・スペイシー
関税特別捜査官クインランにはチャズ・パルミンテリ
第68回アカデミー賞でオリジナル脚本賞、ケヴィン・スペイシーが助演男優賞を受賞。
the-usual-suspects
ケヴィン・スペイシーの演技が光るサスペンス映画の傑作です。

★「ユージュアル・サスペクツ」(日本語吹替)
BS日テレ
12月9日(日)
14:00~15:55



シリーズ第4弾「アベンジャーズ/エンドゲーム」の最新予告編がついに公開。




マーベル・ヒーローが大集結!!アンソニー&ジョー・ルッソ監督のシリーズ第4弾「アベンジャーズ/エンドゲーム」(原題 Avengers: Endgame)、2019年4月26日(金)日米同時公開決定!!
最新予告編が公開されましたが、見ましたか?

マーベル・ヒーローたち”アベンジャーズ”と全宇宙最強のサノスとの戦いが繰り広げられた「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のその後…

「アベンジャーズ」(原題 Marvel’s The Avengers)は2012年8月14日(水)に公開され、興収36.1億円。
アメリカの秘密組織S.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリーの元、アイアンマン、キャプテン・アメリカたちと「アベンジャーズ」を編成し、地球滅亡の危機を回避するために立ち上がる…

シリーズ第2弾「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(原題 Avengers: Age of Ultron)は2015年7月4日(土)に公開され、配収32.1億円。
新たな敵”ウルトロン”がキャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソー、そして世界をバラバラに引き裂こうとする…

シリーズ第3弾「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(原題 Avengers: Infinity War)は2018年4月27日(金)に公開され、興収37.3億円。
最凶の敵サノスによって窮地に陥った世界を救うため、前代未聞となる数多くのマーベル・ヒーローたちが立ち向かう”究極の戦い”。

前作に引きに続き、アンソニー&ジョー・ルッソが監督した「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のその後の日本も舞台に繰り広げられる究極の戦い。

アイアンマンにはロバート・ダウニー・Jr.、スパイダーマンにはトム・ホランド、ドクター・ストレンジにはベネディクト・カンバーバッジ、ウォンにはベネディクト・ウォン

キャプテン・アメリカにはクリス・エヴァンス、ウィンター・ソルジャーにはセバスチャン・スタン、ネビュラにはカレン・ギラン、マンティスにはポム・クレメンティエフ、シュリにはレティーシャ・ライト

ソーにはクリス・ヘムズワース、スター・ロードにはクリス・プラット、ガモーラにはゾーイ・サルダナ、ドラックスにはデイヴ・バウティスタ、ロケットの声にはブラッドリー・クーパー、グルートの声にはヴィン・ディーゼル

ブラック・ウィドウにはスカーレット・ヨハンソン、ブラックパンサーにはチャドウィック・ボーズマン、インクレディブル・ハルクにはマーク・ラファロ、オコエにはダナイ・グリラ

ヴィジョンにはポール・ベタニー、スカーレット・ウィッチにはエリザベス・オルセン、ファルコンにはアンソニー・マッキー、ウォーマシンにはドン・チードル

ニック・フューリーにはサミュエル・L・ジャクソン
最凶の敵サノスにはジョシュ・ブローリン

前回登場しなかったポール・ラッド演じるアントマンことスコット・ラング、ジェレミー・レナー演じるホークアイ、新しくブリー・ラーソン演じるキャプテン・マーベルも登場。
今回新しくキャサリン・ラングフォード真田広之が出演。

本作をもって、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンス、ソー役のクリス・ヘムズワースなど、アベンジャーズのメインを担ってきたキャストの多くは出演契約満了となり、マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギが2008年公開「アイアンマン」から始まった物語が一度、終わりを迎えると公言。
マーベル・シネマティック・ユニバースにとっても大きな区切りの一本となるだけにどんな展開になるのか、楽しみです。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」公式サイト



DCコミックス異色のニュー・ヒーローを描いた「シャザム!(仮)」の特報映像が公開。




DCコミックス異色のニュー・ヒーローデヴィッド・F・サンドバーグ監督ザカリー・リーヴァイ主演で映画化したコメディxアクション「シャザム!(仮)」(原題 Shazam!)、2019年4月19日(金)公開決定。

特報映像が公開されましたが、見ましたか?
思春期真っ只中の少年ビリーが「シャザム!」と唱えることでスーパー・ヒーローに変身!!

思春期真っ只中の少年ビリーは、ある日、魔術師からヒーローの才能を見出され、世界の救世主に選ばれてしまう。魔法の言葉「シャザム!」を唱えるだけで、心は少年のまま、身体は大人のスーパーヒーローに変身!!

“シャザム(SHAZAM)”とは「S」=ソロモンの知力「H」=ヘラクラスの強さ「A」=アトラスのスタミナ「Z」=ゼウスのパワー「A」=アキレスの勇気「M」=マーキュリーの飛行力の6つのスーパーパワー。

DCコミックス異色のニュー・ヒーローを「アナベル 死霊人形の誕生」のデヴィッド・F・サンドバーグが監督

シャザムには「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」でウォリアーズ・スリーの一人を演じたザカリー・リーヴァイが抜擢。

少年ビリー・バットソンには新鋭アッシャー・エンジェル
ヴィランのドクター・サディアス・シバナには「キングスマン」シリーズのマーク・ストロング、ビリーの親友のフレディには「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」のジャック・ディラン・グレイザー



DCコミックスから見た目はオトナ、中身はコドモの”アメコミ映画の歴史を覆す”思春期ヒーローが登場。
全米では2019年4月5日(金)、日本では2019年4月19日(金)公開。楽しみです。

「シャザム!(仮)」公式サイト



2018年洋画興行収入年間ランキング。トップ10でどの作品を見ましたか?




2018年洋画興行収入年間ランキング。トップ10でどの作品を見ましたか?

1位は「ジュラシック・ワールド 炎の王国」の80.6億円。2位は「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の75億円、3位は「グレイテスト・ショーマン」の52.6億円、続いて「リメンバー・ミー」の50億円、「インクレディブル・ファミリー」の48億円、「ミッション:インポッシブル フォールアウト」の45.7億円…

2018年洋画興行収入年間ランキングのトップ10は次の通りです。
1位「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(原題 Jurassic World: Fallen Kingdom)

「インポッシブル」のスペイン出身のJ.A.バヨナが監督クリス・プラットブライス・ダラス・ハワード共演のシリーズ最新作。ジェフ・ゴールドブラム共演。
7月13日(金)に公開され、興収80.6億円。
前作から4年後のイスラ・ヌブラル島。島の火山が再び活動を開始、クリスとクレアは島に取り残された恐竜たちを助けに向かう…
壮大なアクション・アドベンチャーに加え、サスペンスドラマの要素も加わり、さらなる「ジュラシック・ワールド」が楽しめます。

2位「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(原題 Star Wars: The Last Jedi)

「LOOPER/ルーパー」のライアン・ジョンソンが監督・脚本デイジー・リドリーアダム・ドライバー共演の新3部作の第2章。
2017年12月15日(金)に公開され、興収75億円。
ファースト・オーダーの猛攻に追い詰められるレジスタンス。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの下で修行を重ねたレイはダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レンとの決戦に挑む…
新世代スター・ウォーズの物語、予測できない(?)展開…賛否両論あふれる作品になってしまいました。

3位「グレイテスト・ショーマン」(原題 The Greatest Showman)

「地上でもっとも偉大なショウマン」と呼ばれた実在の興行師バーナムの生涯マイケル・グレイシー監督ヒュー・ジャックマン主演で映画化したミュージカル・エンタテイメント。
2月16日(金)に公開され、興収52億円。
空想家のP・T・バーナムが妻の愛や仲間の友情を原動力にアイデアと野心でショウビジネスを立ち上げ、世界中でセンセーションを巻き起こしていく…
“This Is Me”が第75回ゴールデン・グローブ賞で歌曲賞を受賞。
ヒュー・ジャックマン演じるバーナムの生きざまを通して逆境に負けない力、自分を信じ続ける勇気、仲間の絆の大切さを教えてくれます。”This Is Me”の力強さには奮い立たされます。

4位「リメンバー・ミー」(原題 Coco)

誰も観たことがない明るくカラフルな”死者の国”を舞台に時を越えた”家族のつながり”を描いたディズニー/ピクサーの長編アニメーション。「トイ・ストーリー3」のリー・アンクリッチが監督
3月16日(金)に公開され、興収50億円。
メキシコの祝日「死者の日」を題材に音楽を禁じられたギター少年ミゲルの冒険や家族との強い絆を数々の謎と音楽を散りばめて描く…
第90回アカデミー賞で長編アニメーション映画賞、”Remember Me”が歌曲賞の2部門、第75回ゴールデン・グローブ賞でアニメーション映画賞を受賞。
誰も観たことがない明るくカラフルな”死者の国”を舞台に描いた時を越えた”家族のつながり”。”Remember Me”の曲が感動をさらに深くしてくれます。

5位「インクレディブル・ファミリー」(原題 Incredibles 2)

ディズニー/ピクサーの大ヒット作「Mr.インクレディブル」の14年ぶりとなる続編。前作に引き続きブラッド・バードが監督
8月1日(水)に公開され、興収48億円。
スーパーパワーを持つMr.インクレディブルことボブと一家は平凡な日常を送っていたが、母ヘレンがヒーロー活動に復帰することになり、ボブは底知れない能力を秘める息子ジャック・ジャックの世話に悪戦苦闘する…
痛快なヒーロー・アクションと子育てのユーモアが両立。痛快なヒーロー・アクションと子育てのユーモアが両立。笑いと驚きに満ちたスーパーヒーロー一家団結アドベンチャーが楽しめます。

6位「ミッション:インポッシブル フォールアウト」(原題 Mission: Impossible Fallout)

トム・クルーズ主演、クリストファー・マッカリー監督の人気スパイ・アクション・シリーズ第6弾ヘンリー・カヴィルサイモン・ペッグレベッカ・ファーガソンほかが共演。
8月3日(金)に公開され、興収45.7億円。
3大都市の同時核爆発を阻止しようとするイーサン・ハント率いるIMFのチームに様々なフォールアウト(予期せぬ余波)が降りかかる…
トム・クルーズが2000時間におよぶ訓練をこなし、ヘリコプターでのアクロバット飛行に挑戦。世界規模のロケと体当たりのド迫力アクション・シーン、お馴染みのIMFチームとの団結、見えぬ敵との戦いが楽しめます。

7位「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(原題 Anvengers: Infinity War)

マーベル・ヒーローが最凶の敵と大激闘!!アンソニー&ジョー・ルッソが監督ロバート・ダウニー・Jr.クリス・エヴァンスほかが共演のシリーズ第3弾。
4月27日(金)に公開され、興収37.3億円。
最凶の敵サノスによって窮地に陥った世界を救うため、前代未聞となる数多くのマーベル・ヒーローたちが立ち向かう”究極の戦い”。
マーベル・ユニバース10周年の集大成。それぞれの活躍がありながらもサノスの圧倒的な強さに追い詰められていくマーベル・ヒーローたち。そして…次回作を期待せざるを得なくなります。

8位「ボス・ベイビー」(原題 The Boss Baby)

ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションがタッグを組んだコメディ。「マダガスカル」シリーズのトム・マクグラスが監督。
3月21日(水・祝)に公開され、興収34.3億円。
7歳の少年ティムの家に黒いスーツに黒いネクタイを締めた、大人並みの知能を誇る赤ちゃん「ボス・ベイビー」がやって来るが、ある秘密の任務があった…
見た目は赤ちゃん。中身はおっさん!?”おっさん赤ちゃん”の活躍にはポッと心を温かくしてくれます。

9位「ボヘミアン・ラプソディ」(原題 Bohemian Rhapsody)

伝説的ロックバンドの”クイーン”のフレディ・マーキュリーの軌跡を描いた伝記映画。ラミ・マレック主演、ブライアン・シンガーが監督。
11月9日(金)に公開され、興収33億円突破。(12月7日現在)
1991年にこの世を去ったフレディ・マーキュリーがいかに世間の固定観念や従来の音楽を打ち破り、”史上最高のエンタテイナー”と呼ばれるに至ったのか…
「ボヘミアン・ラプソディ」、「伝説のチャンピオン」、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」など32の名曲とともに繰り広げられる”クイーン”の華やかな活躍の裏にある知られざるストーリー。「ライヴ・エイド」でクイーンが歌うシーンでは感動もMAXです。

10位「レディ・プレイヤー1」(原題 Ready Player One)

スティーヴン・スピルバーグ監督がヴァーチャル・リアリティの世界を描いたSFアドベンチャー。
4月20日(金)に公開され、興収24.1億円。
荒廃した近未来を舞台に青年ウェイド・ワッツがVR<ヴァーチャル・リアリティ>ワールド「オアシス」のどこかに眠るという”宝の卵”を見つけるべくトレジャー・ハンティングに挑む…
「AKIRA」の金田バイク、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのデロリアン、「機動戦士ガンダム」のRX-78 ガンダムといったキャラクターが続々と登場。おもちゃ箱をひっくり返したようなワクワクするVRワールドで繰り広げられる冒険が楽しめます。

2018年洋画興行収入年間ランキングのトップ10でどの作品を見ましたか?

情報元: 日経エンタテインメント 2019年1月号、映画ピクシーン
(2017年12月から2018年11月17日までに公開された作品が対象、12月7日現在)



渡辺邦男監督が長谷川一夫、市川雷蔵ほか大映オールスターキャストで映画化した時代劇の超大作「忠臣蔵」、BS朝日で12月8日(土)放送。




渡辺邦男監督長谷川一夫市川雷蔵ほか大映オールスターキャストで映画化した時代劇の超大作「忠臣蔵」、BS朝日で12月8日(土)放送。
忠臣蔵
長谷川一夫市川雷蔵ほか、大映オールスターキャストで贈る時代劇の超大作「忠臣蔵」
1958年4月1日(土)公開。
元禄15年12月14日の赤穂浪士47人の吉良邸討ち入りまでを壮大なスケールで描く…

元禄14年3月、赤穂城主・浅野内匠頭は吉良上野介刃傷の罪で即日切腹。浅野家は断絶となる。
しかしその翌年の12月14日、浅野家家老の大石内蔵助ら47人の浪士たちは吉良邸に討ち入り、主君の仇を晴らす…
忠臣蔵02

大石内蔵助には長谷川一夫、浅野内匠頭には市川雷蔵
鶴田浩二勝新太郎という豪華絢爛たる顔ぶれに加えて、女優陣も京マチ子山本富士子木暮実千代淡島千景若尾文子といった当時のトップスターを起用。吉良上野介には名優滝沢修。
監督は「エノケン」シリーズ、「姿三四郎」の渡辺邦男。

「忠臣蔵」の戦後映画化作品の中でも、もっとも浪花節的かつ講談調で娯楽性の高い、華やかで大らかな大映版超大作。「忠臣蔵」をこの時期に改めて見てみるのもいいかも。

★「忠臣蔵」
BS朝日 特別企画
12月8日(土)
13:00~15:54