映画賞情報」カテゴリーアーカイブ

「第91回アカデミー賞授賞式・総集編」、NHK BSプレミアムで3月9日(土)放送。




「第91回アカデミー賞授賞式・総集編」、NHK BSプレミアムで3月9日(土)放送。

第91回アカデミー賞が現地時間2月24日(日)に発表されました。

「グリーンブック」が作品賞、助演男優賞、脚本賞

「ROMA ローマ」が監督賞、撮影賞、外国語映画賞の3部門

「ボヘミアン・ラプソディ」が主演男優賞、音響編集賞、録音賞、編集賞の4部門を受賞。

主演男優賞は「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレック

主演女優賞は「女王陛下のお気に入り」のオリヴィア・コールマン

助演男優賞は「グリーンブック」のマハーシャラ・アリ

助演女優賞は「ビール・ストリートの恋人たち」のレジーナ・キング

脚本賞は「グリーンブック」脚色賞は「ブラック・クランズマン」
長編アニメーション賞は「スパイダーマン スパイダーバース」「ブラックパンサー」は美術賞、衣装デザイン賞、作曲賞の3部門歌曲賞は「アリー スター誕生」の「シャロウ ~「アリー スター誕生」愛のうた」が受賞。

「グリーンブック」(原題 Green Book)
作品賞、マハーシャラ・アリが助演男優賞、脚本賞の3部門受賞。

ピーター・ファレリー監督ヴィゴ・モーテンセンマハーシャラ・アリ共演で黒人ピアニストと用心棒の友情を描いたヒューマン・ドラマ。
2019年3月1日(金)公開。
人種差別が根強く残る1962年を舞台に、天才黒人ピアニストのシャーリーが粗野なトニーを用心棒として雇い、アメリカ南部へコンサート・ツアーに出かける…
第76回ゴールデン・グローブ賞でミュージカル・コメディ部門の作品賞、マハーシャラ・アリが助演男優賞、脚本賞の3部門、トロント国際映画祭で観客賞ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞で作品賞を受賞。
ガサツなイタリア系用心棒とインテリな黒人天才ピアニストの前途多難な旅。

「ROMA ローマ」(原題 ROMA)
監督賞、撮影賞、外国語映画賞の3部門受賞。

アルフォンソ・キュアロン監督が1970年代のメキシコを舞台に描いた家族の愛の物語。
NTEFLIXで配信中。
政治的混乱に揺れる1970年代メキシコを舞台に、とある中産階級の家庭に訪れる激動の1年を若い家政婦の視点から描く…
第76回ゴールデン・グローブ賞で監督賞、外国語映画賞の2部門、第75回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で金獅子賞(最高賞)受賞。
アルフォンソ・キュアロン監督が自身の幼少期の体験を交えながら、全編モノクロ映像で描いた心揺さぶる家族の愛の物語。

「ボヘミアン・ラプソディ」(原題 Bohemian Rhapsody)
ラミ・マレックが主演男優賞、音響編集賞、録音賞、編集賞の4部門受賞。

伝説的ロックバンドの”クイーン”のフレディ・マーキュリーの軌跡を描いた伝記映画。ラミ・マレック主演、ブライアン・シンガーが監督
2018年11月9日(金)に公開され、興収116.6億円突破。
1991年にこの世を去ったフレディ・マーキュリーがいかに世間の固定観念や従来の音楽を打ち破り、”史上最高のエンタテイナー”と呼ばれるに至ったのか…
第76回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の作品賞、ラミ・マレックが男優賞の2部門受賞。
「ボヘミアン・ラプソディ」、「伝説のチャンピオン」、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」など32の名曲とともに繰り広げられる”クイーン”の華やかな活躍の裏にある知られざるストーリー。「ライヴ・エイド」でクイーンが歌うシーンでは感動もMAXです。

あの感動をもう一度味わうのもいいかも。

●「第91回アカデミー賞授賞式・総集編」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
3月9日(土)
25:05~26:40

第91回アカデミー賞の受賞結果は次の通りです。
作品賞
「グリーンブック」

監督賞
アルフォンソ・キュアロン 「ROMA ローマ」

主演男優賞
ラミ・マレック 「ボヘミアン・ラプソディ」

主演女優賞
オリヴィア・コールマン 「女王陛下のお気に入り」

助演男優賞
マハーシャラ・アリ 「グリーンブック」

助演女優賞
レジーナ・キング 「ビール・ストリートの恋人たち」

脚本賞
ニック・ヴァレロンガ、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリー 「グリーンブック」

脚色賞
スパイク・リー、チャーリー・ワクテル、デイビッド・ラビノウィッツ、ケヴィン・ウィルモット 「ブラック・クランズマン」

視覚効果賞
「ファースト・マン」

音響編集賞
「ボヘミアン・ラプソディ」

録音賞
「ボヘミアン・ラプソディ」

撮影賞
「ROMA ローマ」

美術賞
「ブラックパンサー」

編集賞
「ボヘミアン・ラプソディ」

メイクアップ&ヘアスタイリング賞
「バイス」

衣装デザイン賞
「ブラックパンサー」

長編アニメーション賞
「スパイダーマン スパイダーバース」

歌曲賞
「シャロウ ~「アリー スター誕生」愛のうた」 「アリー スター誕生」

作曲賞
ルートヴィッヒ・ヨーランソン 「ブラックパンサー」

外国語映画賞
「ROMA ローマ」 (メキシコ)

長編ドキュメンタリー賞
“Free Solo”

短編ドキュメンタリー賞
「ピリオド 羽ばたく女性たち」 “Period. End of Sentence.”

短編アニメーション賞
“Bao”

短編実写映画賞
“Skin”

アカデミー賞US公式サイト



第42回日本アカデミー賞最優秀賞が発表。「万引き家族」が最優秀作品賞、最優秀監督賞ほか8部門を受賞。




第42回日本アカデミー賞の授賞式が3月1日(金)に開催。

「万引き家族」が最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、安藤サクラが最優秀主演女優賞、樹木希林が最優秀助演女優賞、最優秀音楽賞、最優秀撮影賞、最優秀照明賞の8部門、「孤狼の血」が役所広司が最優秀主演男優賞、松坂桃李が最優秀助演男優賞、真木よう子が最優秀助演女優賞、最優秀美術賞、最優秀録音賞の5部門を受賞しました。

最優秀主演男優賞は「孤狼の血」の役所広司最優秀主演女優賞は「万引き家族」の安藤サクラ
最優秀助演男優賞は「孤狼の血」の松坂桃李最優秀助演女優賞は「万引き家族」の樹木希林が受賞。
「カメラを止めるな!」最優秀編集賞、話題賞作品部門、最優秀アニメーション作品賞は「未来のミライ」、最優秀外国作品賞は「ボヘミアン・ラプソディ」が受賞しました。

「万引き家族」
最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、安藤サクラが最優秀主演女優賞、樹木希林が最優秀助演女優賞、最優秀音楽賞、最優秀撮影賞、最優秀照明賞の8部門を受賞。

是枝裕和が監督・原案・脚本・編集を手掛け、リリー・フランキー樹木希林安藤サクラ松岡茉優共演で家族を超えた絆を描いたドラマ。
6月8日(金)に公開され、興収45.3億円。
東京の下町で、生計を立てるため家族ぐるみで軽犯罪を重ねる柴田治とその家族の絆を描く…
第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のバルム・ドール、第44回ロサンゼルス映画批評家協会賞で外国語映画賞を受賞。第91回アカデミー賞で外国語映画賞にノミネート
是枝裕和監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語っているだけに様々な差別について、そして冒頭の違和感を感じさせる家族関係の理由がわかったとき本当に大切な家族の絆のことについて考えさせられます。

「孤狼の血」
役所広司が最優秀主演男優賞、松坂桃李が最優秀助演男優賞、最優秀美術賞、最優秀録音賞の4部門を受賞。

柚月裕子の小説白石和彌監督役所広司松坂桃李江口洋介共演で映画化した暴力団と警察の抗争を描いた社会派ドラマ。
2018年5月12日(土)に公開され、興収6.7億円。
昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島の架空都市の呉原を舞台に、刑事、やくざ、そして女が、それぞれの正義と矜持を胸に、生き残りを賭けて戦う…
久々の暴力映画と東映の融合。衝撃的な映像の連続で見るのが怖くなってくるヤクザ映画の傑作です。

「カメラを止めるな!」
最優秀編集賞、話題賞作品部門を受賞。

映画監督・俳優養成スクール「ENBUゼミナール」のシネマプロジェクト第7弾上田慎一郎が監督・脚本・編集の究極の低予算映画。
2018年6月23日(土)に公開され、興収31.2億円。
山奥の廃虚を舞台に、37分間ワンシーン・ワンカットでゾンビサバイバル映画を撮影する自主映画撮影隊を描く…
37分間ワンシーン・ワンカットで撮影される”One Cut of the Dead”。いかにも自主製作という内容ながら、前半の張り巡らされた伏線が回収されていき、もう一度見たくさせてくれます。

第42回日本アカデミー賞の最優秀賞の受賞リストは次の通りです。
最優秀作品賞
「万引き家族」

最優秀監督賞
是枝裕和 「万引き家族」

最優秀脚本賞
是枝裕和 「万引き家族」

最優秀主演男優賞
役所広司 「孤狼の血」

最優秀主演女優賞
安藤サクラ 「万引き家族」

最優秀助演男優賞
松坂桃李 「孤狼の血」

最優秀助演女優賞
樹木希林 「万引き家族」

最優秀音楽賞
細野晴臣 「万引き家族」

最優秀撮影賞
「万引き家族」

最優秀照明賞
「万引き家族」

最優秀美術賞
「孤狼の血」

最優秀録音賞
「孤狼の血」

最優秀編集賞
「カメラを止めるな!」

最優秀アニメーション作品賞
「未来のミライ」

最優秀外国作品賞
「ボヘミアン・ラプソディ」

新人俳優賞
上白石萌歌 「羊と鋼の森」
趣里 「生きてるだけで、愛。」
平手友梨奈 「響-HIBIKI-」
芳根京子 「累 -かさね-」、「散り椿」
伊藤健太郎 「コーヒーが冷めないうちに」
中川大志 「坂道のアポロン」、「覚悟はいいかそこの女子。」
成田凌 「スマホを落としただけなのに」、「ビブリア古書堂の事件手帖」
吉沢亮 「リバーズ・エッジ」

話題賞
俳優部門 伊藤健太郎 「コーヒーが冷めないうちに」
作品部門 「カメラを止めるな!」

「日本アカデミー賞」公式サイト



第42回日本アカデミー賞授賞式、日本テレビで3月1日(金)放送。




第42回日本アカデミー賞授賞式、日本テレビで3月1日(金)放送。

第42回日本アカデミー賞で優秀作品賞を受賞したのは上田慎一郎が監督・脚本・編集「カメラを止めるな!」、滝田洋二郎監督、吉永小百合主演「北の桜守」、白石和彌監督、役所広司主演「孤狼の血」、本木克英監督、長瀬智也主演「空飛ぶタイヤ」、是枝裕和が監督・原案・脚本・編集、リリー・フランキー、樹木希林共演「万引き家族」の5作品。どの映画を見ましたか?
第42回日本アカデミー賞の授賞式は3月1日(金)に開催。どの作品が最優秀賞を受賞するのか、楽しみです。

「カメラを止めるな!」

映画監督・俳優養成スクール「ENBUゼミナール」のシネマプロジェクト第7弾上田慎一郎が監督・脚本・編集の究極の低予算映画。
2018年6月23日(土)に公開され、興収31.2億円。
山奥の廃虚を舞台に、37分間ワンシーン・ワンカットでゾンビサバイバル映画を撮影する自主映画撮影隊を描く…
第42回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、濱津隆之が優秀主演男優賞、優秀音楽賞、優秀撮影賞、優秀録音賞、優秀編集賞の8部門を受賞。
37分間ワンシーン・ワンカットで撮影される”One Cut of the Dead”。いかにも自主製作という内容ながら、前半の張り巡らされた伏線が回収されていき、もう一度見たくさせてくれます。

「北の桜守」

吉永小百合の120作目となる映画出演作。「北の三部作」として滝田洋二郎監督が戦中から戦後の激動の時代を懸命に生き抜いた親子を描いたヒューマン・ドラマ。堺雅人篠原涼子ほかが共演。
2018年3月10日(土)に公開され、興収10.6億円。
戦中から戦後にかけて極寒の北海道で懸命に生き抜いた江蓮てつと息子の修二郎の約30年にわたる軌跡を描く…
第42回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、吉永小百合が優秀主演女優賞、岸部一徳が優秀助演男優賞、篠原涼子が優秀助演女優賞、優秀音楽賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞の12部門を受賞。
戦争の悲惨さと生きることの尊さを伝える物語。120作目となる吉永小百合の魅力が詰まっています。

「孤狼の血」

柚月裕子の小説白石和彌監督役所広司松坂桃李江口洋介共演で映画化した暴力団と警察の抗争を描いた社会派ドラマ。
2018年5月12日(土)に公開され、興収6.7億円。
昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島の架空都市の呉原を舞台に、刑事、やくざ、そして女が、それぞれの正義と矜持を胸に、生き残りを賭けて戦う…
第42回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、役所広司が優秀主演男優賞、松坂桃李が優秀助演男優賞、真木よう子が優秀助演女優賞、優秀音楽賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞の12部門を受賞。
久々の暴力映画と東映の融合。衝撃的な映像の連続で見るのが怖くなってくるヤクザ映画の傑作です。

「空飛ぶタイヤ」

池井戸潤のベストセラー小説本木克英監督長瀬智也ディーン・フジオカ高橋一生共演で映画化した社会派ドラマ。
2018年6月15日(金)に公開され、興収16.7億円。
ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長が無実を信じ、大企業に対して調査を開始する…
第42回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、ディーン・フジオカが優秀助演男優賞、深田恭子が優秀助演女優賞、優秀音楽賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞の9部門を受賞。
「下町ロケット」、「陸王」の池井戸潤のベストセラー小説を映画化した世紀の大逆転エンタテイント。企業の隠蔽や圧力など今の時代を反映していて、最後まで楽しめます。岸部一徳は出てくるだけで腹が立ってきますww

「万引き家族」

是枝裕和が監督・原案・脚本・編集を手掛け、リリー・フランキー樹木希林安藤サクラ松岡茉優共演で家族を超えた絆を描いたドラマ。
6月8日(金)に公開され、興収45.3億円。
東京の下町で、生計を立てるため家族ぐるみで軽犯罪を重ねる柴田治とその家族の絆を描く…
第42回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、リリー・フランキーが優秀主演男優賞、安藤サクラが優秀主演女優賞、樹木希林、松岡茉優が優秀助演女優賞、優秀音楽賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞の12部門13受賞
第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のバルム・ドール、第44回ロサンゼルス映画批評家協会賞で外国語映画賞を受賞。第91回アカデミー賞で外国語映画賞にノミネート
是枝裕和監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語っているだけに様々な差別について、そして冒頭の違和感を感じさせる家族関係の理由がわかったとき本当に大切な家族の絆のことについて考えさせられます。

第42回日本アカデミー賞の優秀賞の受賞リストは次の通りです。
優秀作品賞
「カメラを止めるな!」
「北の桜守」
「孤狼の血」
「空飛ぶタイヤ」
「万引き家族」

優秀監督賞
上田慎一郎 「カメラを止めるな!」
是枝裕和 「万引き家族」
白石和彌 「孤狼の血」
滝田洋二郎 「北の桜守」
本木克英 「空飛ぶタイヤ」

優秀脚本賞
池上純哉 「孤狼の血」
上田慎一郎 「カメラを止めるな!」
是枝裕和 「万引き家族」
那須真知子 「北の桜守」
林民夫 「空飛ぶタイヤ」

優秀主演男優賞
岡田准一 「散り椿」
舘ひろし 「終わった人」
濱津隆之 「カメラを止めるな!」
役所広司 「孤狼の血」
リリー・フランキー 「万引き家族」

優秀主演女優賞
安藤サクラ 「万引き家族」
黒木華 「日日是好日」
篠原涼子 「人魚の眠る家」
松岡茉優 「勝手にふるえてろ」
吉永小百合 「北の桜守」

優秀助演男優賞
岸部一徳 「北の桜守」
ディーン・フジオカ 「空飛ぶタイヤ」
西島秀俊 「散り椿」
二宮和也 「検察側の罪人」
松坂桃李 「孤狼の血」

優秀助演女優賞
樹木希林 「日日是好日」
樹木希林 「万引き家族」
篠原涼子 「北の桜守」
深田恭子 「空飛ぶタイヤ」
真木よう子 「孤狼の血」
松岡茉優 「万引き家族」

優秀音楽賞
小椋佳、星勝、海田庄吾 「北の桜守」
加古隆 「散り椿」
鈴木伸宏、伊藤翔磨、永井カイル「カメラを止めるな!」
細野晴臣 「万引き家族」
安川午朗 「孤狼の血」
安川午朗 「空飛ぶタイヤ」

優秀撮影賞
「カメラを止めるな!」
「北の桜守」
「孤狼の血」
「散り椿」
「万引き家族」

優秀照明賞
「北の桜守」
「孤狼の血」
「散り椿」
「万引き家族」

優秀美術賞
「北の桜守」
「孤狼の血」
「空飛ぶタイヤ」
「散り椿」
「万引き家族」

優秀録音賞
「カメラを止めるな!」
「北の桜守」
「孤狼の血」
「空飛ぶタイヤ」
「万引き家族」

優秀編集賞
「カメラを止めるな!」
「北の桜守」
「孤狼の血」
「空飛ぶタイヤ」
「万引き家族」

優秀アニメーション作品賞
「ドラゴンボール超 ブロリー」
「ペンギン・ハイウェイ」
「未来のミライ」
「名探偵コナン ゼロの執行人」
「若おかみは小学生!」

優秀外国作品賞
「グレイテスト・ショーマン」
「シェイプ・オブ・ウォーター」
「スリー・ビルボード」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」

新人俳優賞
上白石萌歌 「羊と鋼の森」
趣里 「生きてるだけで、愛。」
平手友梨奈 「響-HIBIKI-」
芳根京子 「累 -かさね-」、「散り椿」
伊藤健太郎 「コーヒーが冷めないうちに」
中川大志 「坂道のアポロン」、「覚悟はいいかそこの女子。」
成田凌 「スマホを落としただけなのに」、「ビブリア古書堂の事件手帖」
吉沢亮 「リバーズ・エッジ」

第42回日本アカデミー賞の授賞式は3月1日(金)に開催。どの作品が最優秀賞を受賞するのか、楽しみです。

「日本アカデミー賞」公式サイト

★第42回日本アカデミー賞授賞式
日本テレビ
3月1日(金)
21:00~22:54



第91回アカデミー賞が発表。「グリーンブック」が作品賞ほか3部門、「ROMA ローマ」が監督賞ほか3部門を受賞。




第91回アカデミー賞が発表「グリーンブック」が作品賞ほか3部門、「ROMA ローマ」が監督賞ほか3部門を受賞。

第91回アカデミー賞が現地時間2月24日(日)に発表されました。

「グリーンブック」が作品賞、助演男優賞、脚本賞

「ROMA ローマ」が監督賞、撮影賞、外国語映画賞の3部門

「ボヘミアン・ラプソディ」が主演男優賞、音響編集賞、録音賞、編集賞の4部門を受賞。

主演男優賞は「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレック

主演女優賞は「女王陛下のお気に入り」のオリヴィア・コールマン

助演男優賞は「グリーンブック」のマハーシャラ・アリ

助演女優賞は「ビール・ストリートの恋人たち」のレジーナ・キング

脚本賞は「グリーンブック」脚色賞は「ブラック・クランズマン」
長編アニメーション賞は「スパイダーマン スパイダーバース」「ブラックパンサー」は美術賞、衣装デザイン賞、作曲賞の3部門歌曲賞は「アリー スター誕生」の「シャロウ ~「アリー スター誕生」愛のうた」が受賞。

「グリーンブック」(原題 Green Book)
作品賞、マハーシャラ・アリが助演男優賞、脚本賞の3部門受賞。

ピーター・ファレリー監督ヴィゴ・モーテンセンマハーシャラ・アリ共演で黒人ピアニストと用心棒の友情を描いたヒューマン・ドラマ。
2019年3月1日(金)公開。
人種差別が根強く残る1962年を舞台に、天才黒人ピアニストのシャーリーが粗野なトニーを用心棒として雇い、アメリカ南部へコンサート・ツアーに出かける…
第76回ゴールデン・グローブ賞でミュージカル・コメディ部門の作品賞、マハーシャラ・アリが助演男優賞、脚本賞の3部門、トロント国際映画祭で観客賞ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞で作品賞を受賞。
ガサツなイタリア系用心棒とインテリな黒人天才ピアニストの前途多難な旅。

「ROMA ローマ」(原題 ROMA)
監督賞、撮影賞、外国語映画賞の3部門受賞。

アルフォンソ・キュアロン監督が1970年代のメキシコを舞台に描いた家族の愛の物語。
NTEFLIXで配信中。
政治的混乱に揺れる1970年代メキシコを舞台に、とある中産階級の家庭に訪れる激動の1年を若い家政婦の視点から描く…
第76回ゴールデン・グローブ賞で監督賞、外国語映画賞の2部門、第75回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で金獅子賞(最高賞)受賞。
アルフォンソ・キュアロン監督が自身の幼少期の体験を交えながら、全編モノクロ映像で描いた心揺さぶる家族の愛の物語。

「ボヘミアン・ラプソディ」(原題 Bohemian Rhapsody)
ラミ・マレックが主演男優賞、音響編集賞、録音賞、編集賞の4部門受賞。

伝説的ロックバンドの”クイーン”のフレディ・マーキュリーの軌跡を描いた伝記映画。ラミ・マレック主演、ブライアン・シンガーが監督
2018年11月9日(金)に公開され、興収116.6億円突破。
1991年にこの世を去ったフレディ・マーキュリーがいかに世間の固定観念や従来の音楽を打ち破り、”史上最高のエンタテイナー”と呼ばれるに至ったのか…
第76回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の作品賞、ラミ・マレックが男優賞の2部門受賞。
「ボヘミアン・ラプソディ」、「伝説のチャンピオン」、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」など32の名曲とともに繰り広げられる”クイーン”の華やかな活躍の裏にある知られざるストーリー。「ライヴ・エイド」でクイーンが歌うシーンでは感動もMAXです。

第91回アカデミー賞の受賞結果は次の通りです。
作品賞
「グリーンブック」

監督賞
アルフォンソ・キュアロン 「ROMA ローマ」

主演男優賞
ラミ・マレック 「ボヘミアン・ラプソディ」

主演女優賞
オリヴィア・コールマン 「女王陛下のお気に入り」

助演男優賞
マハーシャラ・アリ 「グリーンブック」

助演女優賞
レジーナ・キング 「ビール・ストリートの恋人たち」

脚本賞
ニック・ヴァレロンガ、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリー 「グリーンブック」

脚色賞
スパイク・リー、チャーリー・ワクテル、デイビッド・ラビノウィッツ、ケヴィン・ウィルモット 「ブラック・クランズマン」

視覚効果賞
「ファースト・マン」

音響編集賞
「ボヘミアン・ラプソディ」

録音賞
「ボヘミアン・ラプソディ」

撮影賞
「ROMA ローマ」

美術賞
「ブラックパンサー」

編集賞
「ボヘミアン・ラプソディ」

メイクアップ&ヘアスタイリング賞
「バイス」

衣装デザイン賞
「ブラックパンサー」

長編アニメーション賞
「スパイダーマン スパイダーバース」

歌曲賞
「シャロウ ~「アリー スター誕生」愛のうた」 「アリー スター誕生」

作曲賞
ルートヴィッヒ・ヨーランソン 「ブラックパンサー」

外国語映画賞
「ROMA ローマ」 (メキシコ)

長編ドキュメンタリー賞
“Free Solo”

短編ドキュメンタリー賞
「ピリオド 羽ばたく女性たち」 “Period. End of Sentence.”

短編アニメーション賞
“Bao”

短編実写映画賞
“Skin”

アカデミー賞US公式サイト



第39回ゴールデン・ラズベリー賞が発表。「ホームズ&ワトソン(仮)」が最低映画賞ほか4部門、ドナルド・トランプが最低男優賞を受賞。




最低映画の祭典の第39回ゴールデン・ラズベリー賞が発表。
「ホームズ&ワトソン(仮)」が最低映画賞ほか4部門、ドナルド・トランプが最低男優賞を受賞

「ホームズ&ワトソン(仮)」は最低映画賞、ジョン・C・ライリーが最低助演男優賞、最低リメイク・パクリ・続編映画賞、最低監督賞の4部門、「華氏119」はドナルド・トランプが最低男優賞、ケリーアン・コンウェイ米大統領顧問が最低助演女優賞、最低スクリーンコンボ賞の3部門、「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」はメリッサ・マッカーシーが最低女優賞を受賞。

「ホームズ&ワトソン(仮)」(原題 Holmes and Watson)
最低映画賞、ジョン・C・ライリーが最低助演男優賞、最低リメイク・パクリ・続編映画賞、最低監督賞の4部門を受賞。

イータン・コーエンが監督・脚本ウィル・フェレルジョン・C・ライリー共演。シャーロック・ホームズ&&ジョン・ワトソンの名コンビが繰り広げるコメディ。
全米では2018年12月25日(金)公開、日本公開未定。
バッキンガム宮殿で殺人事件が起き、シャーロック・ホームズ&&ジョン・ワトソンの名コンビが事件解決に挑む…

「華氏119」(原題 Fahrenheit 11/9)
ドナルド・トランプが最低男優賞、ケリーアン・コンウェイ米大統領顧問が最低助演女優賞、最低スクリーンコンボ賞の3部門を受賞。

マイケル・ムーア監督がアメリカ合衆国第45代大統領ドナルド・トランプを題材に手がけたドキュメンタリー。
2018年11月2日(金)公開。
トランプ・ファミリー崩壊につながるというネタも暴露しながら、トランプを当選させたアメリカ社会にメスを入れる…
カメラに小包爆弾容疑者が写っていたことでも話題に。”アポなし突撃男”マイケル・ムーアが暴くトランプ大統領のからくり。

「デス・オブ・ア・ネーション(仮)」(原題 Death of a Nation)
ドナルド・トランプが最低男優賞、最低スクリーンコンボ賞の2部門を受賞。

ディネシュ・ドゥスーザの小説を自らが監督・脚本を手掛けたアメリカ合衆国第45代大統領ドナルド・トランプのドキュメンタリー。
全米では2018年8月3日(金)公開、日本公開未定。
奴隷制を廃止し、暗殺されたアメリカ合衆国の第16代大統領エイブラハム・リンカーンとドナルド・トランプを対比させることで、大統領としてのドナルド・トランプを浮き彫りにしていく…

「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」(原題 The Happytime Murders)
メリッサ・マッカーシーが最低女優賞を受賞。

「セサミストリート」を生んだジム・ヘンソン・カンパニー製作によるパペットと人間が共存する世界を舞台にしたR指定コメディ。ジム・ヘンソンの息子であるブライアン・ヘンソンが監督、「ゴーストバスターズ」のメリッサ・マッカーシー主演。
2019年2月22日(金)公開。
人間とパペットが共存する世界で平和な街で前代未聞のパペット連続殺害事件が発生。おばさん刑事コニーとパペットのフィルのデコボココンビが連続殺害事件の犯人を追う…

第39回ゴールデン・ラズベリー賞の受賞リストは次の通りです。
最低映画賞
「ホームズ&ワトソン(仮)」 (原題 Holmes and Watson)

最低男優賞
ドナルド・トランプ 「華氏119」、「デス・オブ・ア・ネーション(仮)」(原題 Death of a Nation)

最低女優賞
メリッサ・マッカーシー 「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」、「ライフ・オブ・ザ・パーティー」

最低助演男優賞
ジョン・C・ライリー 「ホームズ&ワトソン(仮)」

最低助演女優賞
ケリーアン・コンウェイ米大統領顧問 「華氏119」

最低スクリーンコンボ賞
「華氏119」、「デス・オブ・ア・ネーション(仮)」: ドナルド・トランプと彼の永続的な心の狭さ

最低リメイク・パクリ・続編映画賞
「ホームズ&ワトソン(仮)」

最低監督賞
イータン・コーエン監督 「ホームズ&ワトソン(仮)」

最低脚本賞
「フィフティ・シェイズ・フリード」

ラジー名誉挽回賞
メリッサ・マッカーシー ラジーに輝いた2本の映画よりはるかに複雑な役をこなした「ある女流作家の罪と罰」に対して

ゴールデンラズベリー賞US公式サイト



アニー賞で「スパイダーマン スパイダーバース」が作品賞、監督賞ほか7部門、「未来のミライ」がインディペンデント作品賞を受賞。




第46回アニー賞が発表。

「スパイダーマン スパイダーバース」作品賞、監督賞、キャラクターアニメーション賞、キャラクターデザイン賞、美術賞、脚本賞、編集賞の最多7部門「未来のミライ」インディペンデント作品賞を受賞。

「インクレディブル・ファミリー」が音楽賞、絵コンテ賞、「シュガー・ラッシュ オンライン」がアニメーション効果賞、「メリー・ポピンズ リターンズ」が特別制作アニメーション賞とキャラクター・アニメーション賞(実写作品)、「犬ヶ島」が声優賞を受賞しました。
アニー賞は1972年に設立された”アニメーション界のアカデミー賞”。

「スパイダーマン スパイダーバース」(原題 Spider-Man: Into the Spider-Verse)
作品賞、監督賞、キャラクターアニメーション賞、キャラクターデザイン賞、美術賞、脚本賞、編集賞の最多7部門受賞

ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマンが監督を務めて、異なる次元で活躍するスパイダーマンたちが集められた世界を描いた長編アニメーション。
2019年3月8日(金)公開。
“全く異なる次元=ユニバース”で活躍する様々なスパイダーマンが集められた世界を舞台にした新しいスパイダーマンの成長の物語。
第76回ゴールデングローブ賞映画部門でアニメ映画賞を受賞し、第91回アカデミー賞の長編アニメーション賞にもノミネート

「未来のミライ」
インディペンデント作品賞を受賞

細田守監督が未来からやってきた妹と4歳の少年の心の交流を描いたファンタジー・アニメーション。「バケモノの子」以来約3年ぶりとなる細田守が監督・原作・脚本
2018年7月20日(金)に公開され、興収28.2億円。
甘えんぼうの4歳男児のくんちゃんと未来からやって来た妹のミライちゃんと出会い、初めての体験を繰り返して成長していく…
細田守監督ならではの日常のなかにこそある感動とファンタジーが融合した物語。4歳の甘えんぼうのくんちゃんの成長物語が楽しめます。

「インクレディブル・ファミリー」(原題 Incredibles 2)
音楽賞、絵コンテ賞の2部門を受賞

ディズニー/ピクサーの大ヒット作「Mr.インクレディブル」の14年ぶりとなる続編。前作に引き続きブラッド・バードが監督
2018年8月1日(水)に公開され、興収48億円。
スーパーパワーを持つMr.インクレディブルことボブと一家は平凡な日常を送っていたが、母ヘレンがヒーロー活動に復帰することになり、ボブは底知れない能力を秘める息子ジャック・ジャックの世話に悪戦苦闘する…痛快なヒーロー・アクションと子育てのユーモアが両立。笑いと驚きに満ちたスーパーヒーロー一家団結アドベンチャーが楽しめます。

「シュガー・ラッシュ オンライン」(原題 Ralph Breaks the Internet)
アニメーション効果賞を受賞

ゲームのプリンセスと悪役キャラがインターネットの世界を舞台に冒険を繰り広げるディズニー・アニメの続編。前作「シュガー・ラッシュ」のリッチ・ムーアとフィル・ジョンストンが監督
2018年12月21日(金)に公開され、興収37.1億円突破。
アーケードゲームの好奇心旺盛なレーサーでプリンセスのヴァネロペと心優しい悪役キャラクターのラルフがインターネットの世界に入り込み、大冒険を繰り広げる…
ネットショップやSNSのビルが立ち並ぶ広大なインターネットの世界でヴァネロペとラルフが繰り広げる冒険と友情の危機。インターネットの世界をディズニーならではの世界観で表現されていて、あまりにも深い表現力にはうならせられ、ヴァネロペとラルフの新しい次元の友情には感動させられます。

「メリー・ポピンズ リターンズ」(原題 Mary Poppins Returns)
特別制作アニメーション賞とキャラクター・アニメーション賞(実写作品)の2部門受賞

ロブ・マーシャル監督エミリー・ブラント主演で描いた「メリー・ポピンズ」の約50年ぶりの続編。
2019年2月1日(金)公開。
前作から20年後。1930年代のロンドン。大恐慌による貧困と母を失い、失意のバンクス一家の前にメリー・ポピンズが20年前と変わらぬ姿で現れ、とびっきりの魔法と歌とダンスで奇跡を起こしていく…
第91回アカデミー賞で美術賞、衣装デザイン賞、歌曲賞、作曲賞の4部門にノミネート

「犬ヶ島」(原題 Isle of Dogs)
ブライアン・クランストンが声優賞を受賞

ウェス・アンダーソン監督が愛犬を探す少年と犬たちの冒険の旅を描いたストップモーション・アニメーション。
2018年5月25日(金)公開。
近未来の日本を舞台に”犬インフルエンザ”の大流行によって犬ヶ島に隔離された愛犬を探す少年アタリと犬たちの冒険を描く…
第68回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)受賞
相撲、浮世絵、和太鼓など様々な日本文化がアンダーソン流に構築された独特の世界観の中で繰り広げられる言葉の通じない少年アタリと5匹が育んでいく絆。ウェス・アンダーソンならではの映像が楽しめます。

第46回アニー賞の主な受賞結果は次の通りです。
長編アニメーション作品賞
「スパイダーマン スパイダーバース」

監督賞(長編アニメーション)
ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン「スパイダーマン スパイダーバース」

インディペンデント作品賞
「未来のミライ」

特別制作アニメーション賞
「メリー・ポピンズ リターンズ」

アニメーション効果賞(長編アニメーション)
「シュガー・ラッシュ:オンライン」

キャラクターアニメーション賞(長編アニメーション)
「スパイダーマン スパイダーバース」

キャラクターアニメーション賞(実写作品)
「メリー・ポピンズ リターンズ」

キャラクターデザイン賞(長編アニメーション)
「スパイダーマン スパイダーバース」

音楽賞(長編アニメーション)
「インクレディブル・ファミリー」

美術賞(長編アニメーション)
「スパイダーマン スパイダーバース」

絵コンテ賞(長編アニメーション)
「インクレディブル・ファミリー」

声優賞(長編アニメーション)
ブライアン・クランストン「犬ヶ島」

脚本賞(長編アニメーション)
フィル・ロード、ロドニー・ロスマン「スパイダーマン スパイダーバース」

編集賞(長編アニメーション)
「スパイダーマン スパイダーバース」

アニー賞US公式サイト



第61回ブルーリボン賞の主要部門を受賞した6作品。どの作品を見ましたか?




第61回ブルーリボン賞の主要部門を受賞した6作品。どの作品を見ましたか?

第61回ブルーリボン賞の受賞結果が発表。
作品賞は上田慎一郎監督「カメラを止めるな!」監督賞は「孤狼の血」、「止められるか、俺たちを」の白石和彌主演男優賞は「終わった人」の舘ひろし主演女優賞は「止められるか、俺たちを」の門脇麦助演男優賞は「孤狼の血」の松坂桃李助演女優賞は「万引き家族」、「ちはやふる 結び」の松岡茉優、外国語映画賞は「ボヘミアン・ラプソディ」が受賞。どの作品を見ましたか?

第61回ブルーリボン賞の受賞リストは次の通りです。
「カメラを止めるな!」: 作品賞

映画監督・俳優養成スクール「ENBUゼミナール」のシネマプロジェクト第7弾上田慎一郎が監督・脚本・編集の究極の低予算映画。
2018年6月23日(土)に公開され、興収31.2億円。
山奥の廃虚を舞台に、37分間ワンシーン・ワンカットでゾンビサバイバル映画を撮影する自主映画撮影隊を描く…
第42回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、濱津隆之が優秀主演男優賞、優秀音楽賞、優秀撮影賞、優秀録音賞、優秀編集賞の8部門を受賞。
37分間ワンシーン・ワンカットで撮影される”One Cut of the Dead”。いかにも自主製作という内容ながら、前半の張り巡らされた伏線が回収されていき、もう一度見たくさせてくれます。

「孤狼の血」: 監督賞 白石和彌、助演男優賞 松坂桃李

柚月裕子の小説白石和彌監督役所広司松坂桃李江口洋介共演で映画化した暴力団と警察の抗争を描いた社会派ドラマ。
2018年5月12日(土)に公開され、興収6.7億円。
昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島の架空都市の呉原を舞台に、刑事、やくざ、そして女が、それぞれの正義と矜持を胸に、生き残りを賭けて戦う…
第42回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、役所広司が優秀主演男優賞、松坂桃李が優秀助演男優賞、真木よう子が優秀助演女優賞、優秀音楽賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞の12部門を受賞。
久々の暴力映画と東映の融合。衝撃的な映像の連続で見るのが怖くなってくるヤクザ映画の傑作です。

「止められるか、俺たちを」: 監督賞 白石和彌、主演女優賞 門脇麦

白石和彌監督門脇麦井浦新共演で2012年10月に急逝した映画監督の若松孝二と仲間たちを描いた青春群像ドラマ。
2018年10月13日(土)公開。
1960年代末を舞台に、21歳で”若松プロダクション”の門を叩いた吉積めぐみの目を通して、若松孝二と共に映画、青春、そして恋、なにもかもが危うくきらめいていた一瞬の時を描く…
映画に全てをささげる若松孝二と仲間たちの青春。

「終わった人」: 主演男優賞 舘ひろし

内館牧子の小説中田秀夫監督舘ひろし主演で映画化した定年退職した元会社員の悲哀を描いたハートフル・コメディ。黒木瞳広末涼子臼田あさ美ほかが共演。
2018年6月9日(土)に公開され、興収4.7億円。
定年を迎え、世間から”終わった人”と思われるようになった田代壮介の止まってしまったような日々がある人との出会いで大きく動き出す…
定年を迎えた”終わった人”と思われるようになった男のまだまだ終われない人生の奮闘記。

「万引き家族」: 助演女優賞 松岡茉優

是枝裕和が監督・原案・脚本・編集を手掛け、リリー・フランキー樹木希林安藤サクラ松岡茉優共演で家族を超えた絆を描いたドラマ。
2018年6月8日(金)に公開され、興収45.3億円。
東京の下町で、生計を立てるため家族ぐるみで軽犯罪を重ねる柴田治とその家族の絆を描く…
第42回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、リリー・フランキーが優秀主演男優賞、安藤サクラが優秀主演女優賞、樹木希林、松岡茉優が優秀助演女優賞、優秀音楽賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞の12部門13受賞
第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のバルム・ドール、第44回ロサンゼルス映画批評家協会賞で外国語映画賞を受賞、第91回アカデミー賞で外国語映画賞にノミネート
是枝裕和監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語っているだけに様々な差別について、そして冒頭の違和感を感じさせる家族関係の理由がわかったとき本当に大切な家族の絆のことについて考えさせられます。

「ボヘミアン・ラプソディ」(原題 Bohemian Rhapsody): 外国作品賞

伝説的ロックバンドの”クイーン”のフレディ・マーキュリーの軌跡を描いた伝記映画。ラミ・マレック主演、ブライアン・シンガーが監督。
2018年11月9日(金)に公開され、興収100.4億円突破。
1991年にこの世を去ったフレディ・マーキュリーがいかに世間の固定観念や従来の音楽を打ち破り、”史上最高のエンタテイナー”と呼ばれるに至ったのか…
第76回ゴールデン・グローブ賞でドラマ部門作品賞、ラミ・マレックがドラマ部門男優賞の2部門受賞。第91回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、音響編集賞、録音賞、編集賞の5部門にノミネート
「ボヘミアン・ラプソディ」、「伝説のチャンピオン」、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」など32の名曲とともに繰り広げられる”クイーン”の華やかな活躍の裏にある知られざるストーリー。「ライヴ・エイド」でクイーンが歌うシーンでは感動もMAXです。

作品賞: 「カメラを止めるな!」
主演男優賞: 舘ひろし「終わった人」
主演女優賞: 門脇麦「止められるか、俺たちを」
助演男優賞: 松坂桃李「孤狼の血」
助演女優賞: 松岡茉優「万引き家族」、「ちはやふる 結び」
監督賞: 白石和彌「孤狼の血」、「止められるか、俺たちを」、「サニー/32」
外国作品賞: 「ボヘミアン・ラプソディ」
新人賞: 南沙良「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」

第61回ブルーリボン賞の主要部門を受賞した6作品。どの作品を見ましたか?



第91回アカデミー賞で「万引き家族」が外国語映画賞、「未来のミライ」が長編アニメーション賞にノミネート。見ましたか?




第91回アカデミー賞「万引き家族」が外国語映画賞「未来のミライ」が長編アニメーション賞にノミネート。この2作品見ましたか?

第91回アカデミー賞で是枝裕和監督「万引き家族」が「おくりびと」以来10年ぶりに外国語映画賞、細田守監督「未来のミライ」がスタジオジブリ以外の日本のアニメーション映画初の長編アニメーション賞にノミネートされました。

外国語映画賞
「万引き家族」 (日本)
「ROMA ローマ」 (メキシコ)
「COLD WAR あの歌、2つの心」 (ポーランド)
“Capernaum” (レバノン) 
“Never Look Away” (ドイツ)

「万引き家族」

是枝裕和が監督・原案・脚本・編集を手掛け、リリー・フランキー樹木希林安藤サクラ松岡茉優共演で家族を超えた絆を描いたドラマ。
6月8日(金)に公開され、興収45億円。
東京の下町で、生計を立てるため家族ぐるみで軽犯罪を重ねる柴田治とその家族の絆を描く…
第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のバルム・ドールを受賞。
是枝裕和監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語っているだけに様々な差別について、そして冒頭の違和感を感じさせる家族関係の理由がわかったとき本当に大切な家族の絆のことについて考えさせられます。

長編アニメーション賞
「犬ヶ島」
「インクレディブル・ファミリー」
「シュガー・ラッシュ オンライン」
「スパイダーマン スパイダーバース」
「未来のミライ」

「未来のミライ」

細田守監督が未来からやってきた妹と4歳の少年の心の交流を描いたファンタジー・アニメーション。「バケモノの子」以来約3年ぶりとなる細田守が監督・原作・脚本。
7月20日(金)に公開され、興収28.2億円。
甘えんぼうの4歳男児のくんちゃんと未来からやって来た妹のミライちゃんと出会い、初めての体験を繰り返して成長していく…
細田守監督ならではの日常のなかにこそある感動とファンタジーが融合した物語。4歳の甘えんぼうのくんちゃんの成長物語が楽しめます。

第91回アカデミー賞ノミネーションは次の通りです。
作品賞
「アリー スター誕生」
「グリーンブック」
「女王陛下のお気に入り」
「バイス」
「ブラック・クランズマン」
「ブラックパンサー」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「ROMA ローマ」

監督賞
アダム・マッケイ 「バイス」
アルフォンソ・キュアロン 「ROMA ローマ」
スパイク・リー 「ブラック・クランズマン」
パヴェウ・パヴリコフスキ 「COLD WAR あの歌、2つの心」
ヨルゴス・ランティモス 「女王陛下のお気に入り」

主演男優賞
ウィレム・デフォー 「永遠の門 ゴッホの見た未来」
ヴィゴ・モーテンセン 「グリーンブック」
クリスチャン・ベイル 「バイス」
ブラッドリー・クーパー 「アリー スター誕生」
ラミ・マレック 「ボヘミアン・ラプソディ」

主演女優賞
オリヴィア・コールマン 「女王陛下のお気に入り」
グレン・クローズ 「天才作家の妻 40年目の真実」
メリッサ・マッカーシー ”Can You Ever Forgive Me?”
ヤリッツァ・アパリシオ 「ROMA ローマ」
レディー・ガガ 「アリー スター誕生」

助演男優賞
アダム・ドライヴァー 「ブラック・クランズマン」
サム・ロックウェル 「バイス」
サム・エリオット 「アリー スター誕生」
マハーシャラ・アリ 「グリーンブック」
リチャード・E・グラント ”Can You Ever Forgive Me?”

助演女優賞
エイミー・アダムス 「バイス」
エマ・ストーン 「女王陛下のお気に入り」
マリーナ・デ・タビラ 「ROMA ローマ」
レイチェル・ワイズ 「女王陛下のお気に入り」
レジーナ・キング 「ビール・ストリートの恋人たち」

脚本賞
アダム・マッケイ 「バイス」
アルフォンソ・キュアロン 「ROMA ローマ」
デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 「女王陛下のお気に入り」
ニック・ヴァレロンガ、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリー 「グリーンブック」
ポール・シュレイダー ”First Reformed”

脚色賞
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 「バスターのバラード」
スパイク・リー、チャーリー・ワクテル、デイビッド・ラビノウィッツ、ケヴィン・ウィルモット 「ブラック・クランズマン」
ニコール・ホロフセナー、ジェフ・ウィッティ ”Can You Ever Forgive Me?”
バリー・ジェンキンス 「ビール・ストリートの恋人たち」
ブラッドリー・クーパー、エリック・ロス、ウィル・フェッターズ 「アリー スター誕生」

視覚効果賞
「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」
「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」
「プーと大人になった僕」
「ファースト・マン」
「レディ・プレイヤー1」

音響編集賞
「クワイエット・プレイス」
「ファースト・マン」
「ブラックパンサー」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「ROMA ローマ」

録音賞
「アリー スター誕生」
「ファースト・マン」
「ブラックパンサー」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「ROMA ローマ」

撮影賞
「アリー スター誕生」
「COLD WAR あの歌、2つの心」
「女王陛下のお気に入り」
“Never Look Away”
「ROMA ローマ」

美術賞
「女王陛下のお気に入り」
「ファースト・マン」
「ブラックパンサー」
「メリー・ポピンズ リターンズ」
「ROMA ローマ」

編集賞
「グリーンブック」
「女王陛下のお気に入り」
「バイス」
「ブラック・クランズマン」
「ボヘミアン・ラプソディ」

メイクアップ&ヘアスタイリング賞
「バイス」
「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」
“Border”

衣装デザイン賞
「女王陛下のお気に入り」
「バスターのバラード」
「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」
「ブラックパンサー」
「メリー・ポピンズ リターンズ」

長編アニメーション賞
「犬ヶ島」
「インクレディブル・ファミリー」
「シュガー・ラッシュ オンライン」
「スパイダーマン スパイダーバース」
「未来のミライ」

歌曲賞
「オール・ザ・スターズ」 「ブラックパンサー」
「シャロウ ~「アリー スター誕生」愛のうた」 「アリー スター誕生」
“I’ll Fight” ”RBG”
“When A Cowboy Trades His Spurs For Wings” 「バスターのバラード」
“The Place Where Lost Things Go” 「メリー・ポピンズ リターンズ」

作曲賞
アレクサンドル・デスプラ 「犬ヶ島」
テレンス・ブランチャード 「ブラック・クランズマン」
ニコラス・ブリテル 「ビール・ストリートの恋人たち」
マーク・シェイマン 「メリー・ポピンズ リターンズ」
ルートヴィッヒ・ヨーランソン 「ブラックパンサー」

外国語映画賞
「万引き家族」 (日本)
「ROMA ローマ」 (メキシコ)
「COLD WAR あの歌、2つの心」 (ポーランド)
“Capernaum” (レバノン) 
“Never Look Away” (ドイツ)

ドキュメンタリー長編賞
“Free Solo”
“Hale County This Morning, This Evening”
“Minding the Gap”
“Of Fathers and Sons”
“RBG”

ドキュメンタリー短編賞
“A Night at the Garden”
“Black Sheep”
“End Game”
“LIFEBOAT”
“Period. End of Sentence.”

短編アニメーション賞
“Animal Behaviour”
“Bao”
“Late Afternoon”
“One Small Step”
“Weekends”

短編実写賞
“Detainment”
“Fauve”
“Marguerite”
“Mother”
“Skin”

第91回アカデミー賞授賞式は現地時間2月24日(日)、日本時間2月25日(月)に開催されます。

アカデミー賞US公式サイト



第91回アカデミー賞ノミネーションが発表。最多は「ROMA ローマ」の10部門、「女王陛下のお気に入り」の9部門10ノミネート。




第91回アカデミー賞ノミネーションが発表。最多は「ROMA ローマ」の10部門「女王陛下のお気に入り」の9部門10ノミネート。

第91回アカデミー賞ノミネーションが発表。
最多は「ROMA ローマ」が作品賞、監督賞ほか10部門。
続いて「女王陛下のお気に入り」の9部門10ノミネート、「アリー スター誕生」「バイス」の8部門、「ブラックパンサー」 の7部門…「万引き家族」が外国語映画賞、「未来のミライ」が長編アニメーション賞にノミネートされました。
第91回アカデミー賞授賞式は現地時間2月24日(日)に開催されます。ノミネート・リストは→

「ROMA ローマ」(原題 ROMA)
作品賞、監督賞、ヤリッツァ・アパリシオが主演女優賞、マリーナ・デ・タビラが助演女優賞、脚本賞、音響編集賞、録音賞、撮影賞、美術賞、外国語映画賞の10部門にノミネート。

アルフォンソ・キュアロン監督が1970年代のメキシコを舞台に描いた家族の愛の物語。
NTEFLIXで配信中。
政治的混乱に揺れる1970年代メキシコを舞台に、とある中産階級の家庭に訪れる激動の1年を若い家政婦の視点から描く…
第76回ゴールデン・グローブ賞で監督賞、外国語映画賞の2部門、第75回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で金獅子賞(最高賞)受賞。
アルフォンソ・キュアロン監督が自身の幼少期の体験を交えながら、全編モノクロ映像で描いた心揺さぶる家族の愛の物語。

「女王陛下のお気に入り」(原題 The Favourite)
作品賞、監督賞、オリヴィア・コールマンが主演女優賞、エマ・ストーンとレイチェル・ワイズが助演女優賞、脚本賞、撮影賞、美術賞、編集賞、衣装デザイン賞の9部門10ノミネート。

ヨルゴス・ランティモスが監督がオリヴィア・コールマン、レイチェル・ワイズ、エマ・ストーン共演で18世紀イングランドの王室の愛憎を描いた宮廷ドラマ。
2019年2月15日(金)公開。
18世紀イングランドの王室で病気がちなアン女王と幼なじみのレディ・サラ、新入りの召使いアビゲイル、3人の女性の愛憎が繰り広げられる…
第76回ゴールデン・グローブ賞でオリヴィア・コールマンがミュージカル・コメディ部門女優賞、第75回ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞(審査員賞)、女優賞を受賞。
孤独な女王とその寵愛を取り合う二人の女の息もつかせぬ稀代の宮廷絵巻。

「アリー スター誕生」(原題 A Star Is Born)
作品賞、ブラッドリー・クーパーが主演男優賞、レディー・ガガが主演女優賞、サム・エリオットが助演男優賞、脚色賞、録音賞、撮影賞、歌曲賞の8部門にノミネート。

1937年公開の「スタア誕生」をブラッドリー・クーパーが初監督・出演レディー・ガガ主演でリメイク。
2018年12月21日(金)公開。
音楽業界での成功を夢見るアリーが国民的ミュージシャン・ジャクソンに才能を見いだされ、挫折しながらもスターへの階段を駆け上がっていく…
第76回ゴールデン・グローブ賞で「シャロウ~『アリー スター誕生』愛のうた」が歌曲賞を受賞。
レディー・ガガ自らが書き下ろし、ストーリーと共に生まれる数々の名曲と圧巻の歌声。観るものの心に響く感動を届けるドリーム・エンターテイメント。

「バイス」(原題 Vice)
作品賞、監督賞、クリスチャン・ベイルが主演男優賞、サム・ロックウェルが助演男優賞、エイミー・アダムスが助演女優賞、脚本賞、編集賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞の8部門にノミネート。

アダム・マッケイ監督クリスチャン・ベイル主演でアメリカ史上最も権力を持った副大統領と言われたディック・チェイニーを描いた社会派ドラマ。
2019年4月5日(金)公開。
ジョージ・W・ブッシュの下で副大統領を務めたディック・チェイニーが「影の大統領」として政治を動かしていく…
第76回ゴールデン・グローブ賞でクリスチャン・ベイルがミュージカル・コメディ部門男優賞を受賞。
体重を20キロ増力し髪を剃って挑んだクリスチャン・ベイルの熱演。

「ブラックパンサー」 (原題 Black Panther)
作品賞、音響編集賞、録音賞、美術賞、衣装デザイン賞、歌曲賞、作曲賞の7部門にノミネート。

ライアン・クーグラー監督チャドウィック・ボーズマン主演でマーベル漆黒の新ヒーローを描いたアクション。マイケル・B・ジョーダンルピタ・ニョンゴ共演。
3月1日(木)に公開され、興収15億円。
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」の戦いの後。超文明国ワカンダの国王とブラックパンサーという2つの顔を持つティ・チャラがワカンダの秘密を守るために世界中にスパイを放ち、国内外の敵と戦いを繰り広げる…
アフリカの伝統と最新技術が見事に融合!!魅力あふれるキャスト陣の共演、アフリカの伝統音楽を使った音楽、スタイリッシュなアクション、最後まで一気に見せるストーリー展開には痺れます。

「ブラック・クランズマン」(原題 BlacKkKlansman)
作品賞、監督賞、アダム・ドライヴァーが助演男優賞、脚色賞、編集賞、作曲賞の6部門にノミネート。

「グリーンブック」(原題 Green Book)
作品賞、ヴィゴ・モーテンセンが主演男優賞、マハーシャラ・アリが助演男優賞、脚本賞、編集賞の5部門にノミネート。

「ボヘミアン・ラプソディ」(原題 Bohemian Rhapsody)
作品賞、ラミ・マレックが主演男優賞、音響編集賞、録音賞、編集賞の5部門にノミネート。

是枝裕和監督「万引き家族」が「おくりびと」以来10年ぶりに外国語映画賞、細田守監督「未来のミライ」がスタジオジブリ以外の日本のアニメーション映画初の長編アニメーション賞にノミネートされました。
第91回アカデミー賞授賞式は現地時間2月24日(日)、日本時間2月25日(月)に開催されます。

第91回アカデミー賞ノミネーションは次の通りです。
作品賞
「アリー スター誕生」
「グリーンブック」
「女王陛下のお気に入り」
「バイス」
「ブラック・クランズマン」
「ブラックパンサー」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「ROMA ローマ」

監督賞
アダム・マッケイ 「バイス」
アルフォンソ・キュアロン 「ROMA ローマ」
スパイク・リー 「ブラック・クランズマン」
パヴェウ・パヴリコフスキ 「COLD WAR あの歌、2つの心」
ヨルゴス・ランティモス 「女王陛下のお気に入り」

主演男優賞
ウィレム・デフォー 「永遠の門 ゴッホの見た未来」
ヴィゴ・モーテンセン 「グリーンブック」
クリスチャン・ベイル 「バイス」
ブラッドリー・クーパー 「アリー スター誕生」
ラミ・マレック 「ボヘミアン・ラプソディ」

主演女優賞
オリヴィア・コールマン 「女王陛下のお気に入り」
グレン・クローズ 「天才作家の妻 40年目の真実」
メリッサ・マッカーシー ”Can You Ever Forgive Me?”
ヤリッツァ・アパリシオ 「ROMA ローマ」
レディー・ガガ 「アリー スター誕生」

助演男優賞
アダム・ドライヴァー 「ブラック・クランズマン」
サム・ロックウェル 「バイス」
サム・エリオット 「アリー スター誕生」
マハーシャラ・アリ 「グリーンブック」
リチャード・E・グラント ”Can You Ever Forgive Me?”

助演女優賞
エイミー・アダムス 「バイス」
エマ・ストーン 「女王陛下のお気に入り」
マリーナ・デ・タビラ 「ROMA ローマ」
レイチェル・ワイズ 「女王陛下のお気に入り」
レジーナ・キング 「ビール・ストリートの恋人たち」

脚本賞
アダム・マッケイ 「バイス」
アルフォンソ・キュアロン 「ROMA ローマ」
デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 「女王陛下のお気に入り」
ニック・ヴァレロンガ、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリー 「グリーンブック」
ポール・シュレイダー ”First Reformed”

脚色賞
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 「バスターのバラード」
スパイク・リー、チャーリー・ワクテル、デイビッド・ラビノウィッツ、ケヴィン・ウィルモット 「ブラック・クランズマン」
ニコール・ホロフセナー、ジェフ・ウィッティ ”Can You Ever Forgive Me?”
バリー・ジェンキンス 「ビール・ストリートの恋人たち」
ブラッドリー・クーパー、エリック・ロス、ウィル・フェッターズ 「アリー スター誕生」

視覚効果賞
「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」
「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」
「プーと大人になった僕」
「ファースト・マン」
「レディ・プレイヤー1」

音響編集賞
「クワイエット・プレイス」
「ファースト・マン」
「ブラックパンサー」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「ROMA ローマ」

録音賞
「アリー スター誕生」
「ファースト・マン」
「ブラックパンサー」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「ROMA ローマ」

撮影賞
「アリー スター誕生」
「COLD WAR あの歌、2つの心」
「女王陛下のお気に入り」
“Never Look Away”
「ROMA ローマ」

美術賞
「女王陛下のお気に入り」
「ファースト・マン」
「ブラックパンサー」
「メリー・ポピンズ リターンズ」
「ROMA ローマ」

編集賞
「グリーンブック」
「女王陛下のお気に入り」
「バイス」
「ブラック・クランズマン」
「ボヘミアン・ラプソディ」

メイクアップ&ヘアスタイリング賞
「バイス」
「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」
“Border”

衣装デザイン賞
「女王陛下のお気に入り」
「バスターのバラード」
「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」
「ブラックパンサー」
「メリー・ポピンズ リターンズ」

長編アニメーション賞
「犬ヶ島」
「インクレディブル・ファミリー」
「シュガー・ラッシュ オンライン」
「スパイダーマン スパイダーバース」
「未来のミライ」

歌曲賞
「オール・ザ・スターズ」 「ブラックパンサー」
「シャロウ ~「アリー スター誕生」愛のうた」 「アリー スター誕生」
“I’ll Fight” ”RBG”
“When A Cowboy Trades His Spurs For Wings” 「バスターのバラード」
“The Place Where Lost Things Go” 「メリー・ポピンズ リターンズ」

作曲賞
アレクサンドル・デスプラ 「犬ヶ島」
テレンス・ブランチャード 「ブラック・クランズマン」
ニコラス・ブリテル 「ビール・ストリートの恋人たち」
マーク・シェイマン 「メリー・ポピンズ リターンズ」
ルートヴィッヒ・ヨーランソン 「ブラックパンサー」

外国語映画賞
「万引き家族」 (日本)
「ROMA ローマ」 (メキシコ)
「COLD WAR あの歌、2つの心」 (ポーランド)
“Capernaum” (レバノン) 
“Never Look Away” (ドイツ)

ドキュメンタリー長編賞
“Free Solo”
“Hale County This Morning, This Evening”
“Minding the Gap”
“Of Fathers and Sons”
“RBG”

ドキュメンタリー短編賞
“A Night at the Garden”
“Black Sheep”
“End Game”
“LIFEBOAT”
“Period. End of Sentence.”

短編アニメーション賞
“Animal Behaviour”
“Bao”
“Late Afternoon”
“One Small Step”
“Weekends”

短編実写賞
“Detainment”
“Fauve”
“Marguerite”
“Mother”
“Skin”

第91回アカデミー賞授賞式は現地時間2月24日(日)、日本時間2月25日(月)に開催されます。

アカデミー賞US公式サイト



第39回ゴールデン・ラズベリー賞のノミネーションが発表。ドナルド・トランプが2作品で最低男優賞にノミネート。




第39回ゴールデン・ラズベリー賞のノミネーションが発表。ドナルド・トランプが2作品で最低男優賞にノミネート

最低映画の祭典の第39回ゴールデン・ラズベリー賞のノミネーションが発表。
最多はジョン・トラボルタ主演「ギャング・イン・ニューヨーク」、R指定コメディ「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」、ウィル・フェレル、ジョン・C・ライリー共演「ホームズ&ワトソン(仮)」が6部門、ドナルド・トランプが「華氏119」、「デス・オブ・ア・ネーション(仮)」の2作品で最低男優賞にノミネートされました。

授賞式は第91回アカデミー賞授賞式の前日の現地時間の2月23日(土)に発表。どの作品が受賞するのか、楽しみです。

「ギャング・イン・ニューヨーク」(原題 Gotti)
最低映画賞、ジョン・トラヴォルタが最低男優賞、ケリー・プレストンが最低助演女優賞、最低スクリーンコンボ賞、最低監督賞、最低脚本賞の6部門にノミネート。

「リアル・ゴッドファーザー」と呼ばれたアメリカの伝説的ギャング、ジョン・ゴッティの半生をケヴィン・コノリー監督ジョン・トラボルタ主演で映画化したクライム・アクション。
2019年3月22日(金)公開。
イタリア系の貧しい家庭で育ったジョン・ゴッティはあらゆる犯罪に手を染め、ガンビーノ一家のファミリーのドンとなり、民衆のヒーローとなるが、FBIの追求は厳しさを増していく…

「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」(原題 The Happytime Murders)
最低映画賞、メリッサ・マッカーシーが最低女優賞、ジョエル・マクヘイルが最低助演男優賞、最低スクリーンコンボ賞、最低監督賞、最低脚本賞の6部門にノミネート。

「セサミストリート」を生んだジム・ヘンソン・カンパニー製作によるパペットと人間が共存する世界を舞台にしたR指定コメディ。ジム・ヘンソンの息子であるブライアン・ヘンソンが監督、「ゴーストバスターズ」のメリッサ・マッカーシー主演。
2019年2月22日(金)公開。
人間とパペットが共存する世界で平和な街で前代未聞のパペット連続殺害事件が発生。おばさん刑事コニーとパペットのフィルのデコボココンビが連続殺害事件の犯人を追う…

「ホームズ&ワトソン(仮)」(原題 Holmes and Watson)
最低映画賞、ウィル・フェレルが最低男優賞、ジョン・C・ライリーが最低助演男優賞、最低スクリーンコンボ賞、最低リメイク・パクリ・続編映画賞、最低監督賞の6部門にノミネート。

イータン・コーエンが監督・脚本ウィル・フェレルジョン・C・ライリー共演。シャーロック・ホームズ&&ジョン・ワトソンの名コンビが繰り広げるコメディ。
日本公開未定。
バッキンガム宮殿で殺人事件が起き、シャーロック・ホームズ&&ジョン・ワトソンの名コンビが事件解決に挑む…

「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」(原題 Winchester)
最低映画賞、ヘレン・ミレンが最低女優賞、最低監督賞、最低脚本賞の4部門にノミネート。

マイケル&ピーター・スピエリッグ監督ヘレン・ミレン主演でアメリカに実在する幽霊屋敷を舞台に描いたホラー。
2018年6月29日(金)公開。
大富豪のウィンチェスター一族のサラによって38年間365日24時間、改増築が続けられた屋敷に隠された秘密とは…
アメリカのカリフォルニア州サンノゼに現存する幽霊屋敷×「ソウ」シリーズ最新作監督×ヘレン・ミレン主演。

「華氏119」(原題 Fahrenheit 11/9)
ドナルド・トランプが最低男優賞、ケリーアン・コンウェイ米大統領顧問、メラニア・トランプ米大統領夫人
が最低助演女優賞、最低スクリーンコンボ賞
の3部門4ノミネート。

マイケル・ムーア監督がアメリカ合衆国第45代大統領ドナルド・トランプを題材に手がけたドキュメンタリー。
2018年11月2日(金)公開。
トランプ・ファミリー崩壊につながるというネタも暴露しながら、トランプを当選させたアメリカ社会にメスを入れる…
カメラに小包爆弾容疑者が写っていたことでも話題に。”アポなし突撃男”マイケル・ムーアが暴くトランプ大統領のからくり。

「デス・オブ・ア・ネーション(仮)」(原題 Death of a Nation)
ドナルド・トランプが最低男優賞、最低スクリーンコンボ賞、最低リメイク・パクリ・続編映画賞、最低脚本賞の4部門にノミネート。

第39回ゴールデン・ラズベリー賞のノミネート・リストは次の通りです。
最低映画賞
「ギャング・イン・ニューヨーク」(原題 Gotti)
「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」(原題 The Happytime Murders)
「ホームズ&ワトソン(仮)」 (原題 Holmes and Watson)
「ロビン・フッド(仮)」 (原題 Robin Hood)
「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」(原題 Winchester)

最低男優賞
ジョニー・デップ 「名探偵シャーロック・ノームズ」
ウィル・フェレル 「ホームズ&ワトソン(仮)」
ジョン・トラヴォルタ 「ギャング・イン・ニューヨーク」
ドナルド・トランプ 「華氏119」、「デス・オブ・ア・ネーション(仮)」(原題 Death of a Nation)
ブルース・ウィリス 「デス・ウィッシュ」(原題 Death Wish)

最低女優賞
ジェニファー・ガーナー 「ペパーミント(仮)」(原題 Peppermint)
アンバー・ハード 「ロンドン・フィールズ(仮)」(原題 London Fields)
メリッサ・マッカーシー 「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」、「ライフ・オブ・ザ・パーティー」
ヘレン・ミレン 「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」
アマンダ・セイフライド 「ジュディーを探して」

最低助演男優賞
ジェイミー・フォックス 「ロビン・フッド(仮)」
リュダクリス 「ショウ・ドッグス(仮)」(原題 Show Dogs)
ジョエル・マクヘイル 「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」
ジョン・C・ライリー 「ホームズ&ワトソン(仮)」
ジャスティス・スミス 「ジュラシック・ワールド 炎の王国」

最低助演女優賞
ケリーアン・コンウェイ米大統領顧問 「華氏119」
マーシャ・ゲイ・ハーデン 「フィフティ・シェイズ・フリード」
ケリー・プレストン 「ギャング・イン・ニューヨーク」
ジャズ・シンクレア 「スレンダーマン 奴を見たら、終わり」
メラニア・トランプ米大統領夫人 「華氏119」

最低スクリーンコンボ賞
「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」: 出演者およびパペットのあらゆるコンビ
「名探偵シャーロック・ノームズ」: ジョニー・デップと急降下中の映画のキャリア
「ホームズ&ワトソン(仮)」: ウィル・フェレル&ジョン・C・ライリー
「ギャング・イン・ニューヨーク」: ケリー・プレストン&ジョン・トラヴォルタ
「華氏119」、「デス・オブ・ア・ネーション(仮)」: ドナルド・トランプと彼の永続的な心の狭さ

最低リメイク・パクリ・続編映画賞
「デス・オブ・ア・ネーション(仮)」 (「ヒラリーのアメリカ、民主党の秘密の歴史」のリメイクとして)
「デス・ウィッシュ」
「ホームズ&ワトソン(仮)」
「MEG ザ・モンスター」 (「ジョーズ」のパクリ)
「ロビン・フッド(仮)」

最低監督賞
イータン・コーエン監督 「ホームズ&ワトソン(仮)」
ケヴィン・コナリー監督 「ギャング・イン・ニューヨーク」
ジェームズ・フォーリー監督 「フィフティ・シェイズ・フリード」
ブライアン・ヘンソン監督 「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」
マイケル・スピエリッグ&ピーター・スピエリッグ監督 「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」

最低脚本賞
「デス・オブ・ア・ネーション(仮)」
「フィフティ・シェイズ・フリード」
「ギャング・イン・ニューヨーク」
「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」
「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」

ゴールデンラズベリー賞US公式サイト