その他エンタメ情報」カテゴリーアーカイブ

カンヌ国際映画祭で名誉パルム・ドールを受賞したアラン・ドロン。出演作でどの作品が好きですか?




カンヌ国際映画祭で名誉パルム・ドールを受賞したアラン・ドロン。出演作でどの作品が好きですか?

2019年の第72回カンヌ国際映画祭でアラン・ドロンに映画への長年の貢献を讃えて名誉パルム・ドールが授与されました。

アラン・ドロンは1935年11月8日にフランスのパリ郊外のオー=ド=セーヌ県ソーで生まれました。
1960年「太陽がいっぱい」で世界的に注目を集め、その後「地下室のメロディー」「冒険者たち」「あの胸にもういちど」「さらば友よ」「ボルサリーノ」など数多くの作品に主演。
1984年「真夜中のミラージュ」セザール賞主演男優賞を受賞しました。

アラン・ドロンの主な主演作品は次の通りです。
「太陽がいっぱい」(原題 Plein Soleil)
太陽がいっぱい
「禁じられた遊び」の名匠ルネ・クレマン監督のピカレスク・サスペンス。
1960年6月11日(土)公開。
舞台は眩しい陽光が照りつける美しい南イタリア。貧しいアメリカ青年のトム・リプリーは、女遊びに明け暮れる金持ちの友人のフィリップを殺して彼になりすまし、富も恋人も手中に収めようとする…
南イタリアの美しい景観、哀愁漂うニーノ・ロータの音楽、そして憂いを含んだアラン・ドロン。いつ見ても色あせることのないサスペンスの傑作です。
アラン・ドロンは屈折した青年トム・リプリーを演じ、世界的に注目を集め、大スターになるきっかけになった作品です。

「地下室のメロディー」(原題 Mélodie en sous-sol)
地下室のメロディー
アンリ・ヴェルヌイユ監督ジャン・ギャバン共演で描いた犯罪アクション。
1963年8月17日(土)公開。
刑期を終えて出所した老ギャングのシャルルは、獄中で知り合った若者のフランシスと組み、カジノの大金強奪を企み、計画を実行する…
洗練されたモノクロの映像、モダンジャズの音楽、そして何より主人公2人の卓越した心理描写が光るフランス映画史に残る名作です。
アラン・ドロンはフランシス・ヴェルロットを演じ、大御所ジャン・ギャバンに負けない演技を披露。

「冒険者たち」(原題 Les Aventuries)
冒険者たち
青春の鎮魂歌とも言うべきロベール・アンリコ監督の永遠の名作。フランソワ・ド・ルーベの名曲に乗せて、太陽が眩しく照りつける大海原にきらめく、愛と友情のアドベンチャー・ロマン。
1967年5月18日(土)公開。
助け合いながら、それぞれの夢を追っていた3人の若者が挫折を迎えたことで、アフリカのコンゴ海岸に沈んだ財宝を探す冒険へ旅立つ…
アラン・ドロンはパイロットのマヌーを演じ、眩しい太陽と青い海の元に展開する青春の光と影を描きだし、何度見ても色あせることのない青春映画の名作です。

「あの胸にもういちど」(仏題 La Motocyclette, 英題 The Girl On A Motorcycle)
%e3%81%82%e3%81%ae%e8%83%b8%e3%81%ab%e3%82%82%e3%81%86%e3%81%84%e3%81%a1%e3%81%a9
アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグの小説「オートバイ」ジャック・カーディフ監督マリアンヌ・フェイスフル共演で描いた華麗で耽美的な愛の名作。
1968年12月14日(土)公開。
結婚したばかりのレベッカは優しすぎる夫に不満を感じ、バイクスーツに身を包んでかつて関係を持った大学教授ダニエルに会いに大型オートバイを疾走させる…
アラン・ドロンは大学教授のダニエルを演じ、レベッカと不倫関係を続ける…
夢ともうつつともつかぬサイケデリックな演出と衝撃のエンディングが度肝を抜くエロティック・カルトムービーの傑作です。

「さらば友よ」(原題 Adieu l’ami)
さらば友よ
ジャン・エルマン監督チャールズ・ブロンソン共演で描いたクライム・サスペンス。
1968年10月20日(土)公開。
アルジェリアから帰還した軍医と戦争帰りのアメリカ人が、ある女に奇妙な依頼を受けたことから銀行の金庫に閉じ込められてしまう…
アラン・ドロンはアルジェリア戦争から帰還した軍医ディノ・バランを演じ、チャールズ・ブロンソンとともに犯罪に生きる男たちの魅力をたっぷり描き出した名作です。

「ボルサリーノ」(原題 Borsalino)
%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%8e
ジャック・ドレー監督ジャン=ポール・ベルモンド共演で二人のギャングの闘いと友情を描いたギャング映画の傑作。
1970年6月13日(土)公開。
1930年代のマルセイユ。シフレディとカペラはギャングとしての野望を達成すべく、街の大物ギャングを翻弄することに成功し、マルセイユを手中に収めていく…
アラン・ドロンは製作も兼ね、シフレディを魅力的に演じ、ジャン=ポール・ベルモンド演じるカペラと友情を育み、ギャングとしての野望を達成し、マルセイユを手中に収めていく…
二大スターの絶妙なコンビぶりやファッション、ドラマを彩る軽快なテーマ曲などギャング映画の傑作です。

様々な作品に主演してきたアラン・ドロン。出演作でどの作品が好きですか?
alain delon bravo




5月19日は神木隆之介の誕生日。出演作でどの作品が好きですか?




5月19日は神木隆之介の誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

神木隆之介は1993年5月19日に埼玉県で生まれました。
1999年にテレビドラマ「グッドニュース」でドラマ・デビューし、2005年「妖怪大戦争」で第29回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。
他にも吉田大八監督「桐島、部活やめるってよ」、大友啓史監督「るろうに剣心 京都大火編/ 伝説の最期編」「3月のライオン」2部作、大根仁監督「バクマン。」、宮藤官九郎監督「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」、木村ひさし監督「屍人荘の殺人」などに出演。
2001年に宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」に坊役で出演し、声優デビュー。「借りぐらしのアリエッティ」「サマーウォーズ」「君の名は。」などでも声優として活躍。

神木隆之介の主な出演作品は次の通りです。
「妖怪大戦争」

1968年公開の大映映画「妖怪大戦争」三池崇史が監督・脚本を手掛けてリメイク。水木しげる、京極夏彦、荒俣宏、宮部みゆきが「プロデュースチーム『怪』」として製作に参加。
2005年8月16日(土)に公開され、興収20億円。
いじめられっ子の少年タダシが日本古来の妖怪たちに出会い、世界を破滅させようとする魔人、加藤保憲に立ち向かう…
神木隆之介はいじめられっ子の10歳の稲生タダシを演じ、第29回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。
怒涛のごとく現れる日本古来の妖怪たちが楽しめ、神木隆之介の天才子役ぶりが光ります。

「桐島、部活やめるってよ」

小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウのベストセラー小説吉田大八監督橋本愛共演で映画化した青春群像劇。
2012年8月11日(土)公開。
学校内の誰もが認める”スター”の桐島が部活をやめたことから少しずつ校内の微妙な人間関係に波紋が広がっていく…
神木隆之介は映画部の前田涼也を熱演。クラスでは目立たず地味な存在で、映画製作に熱中しているが、桐島が部活をやめたことから巻き起こる騒動にいつの間にか巻き込まれていく…
“桐島”の同級生5人の瑞々しい若さや高校生ならではの沸々とした煮えたぎる思いや心の葛藤がストレートに突き刺さってくる名作です。

「るろうに剣心 京都大火編/ 伝説の最期編」

和月伸宏の人気コミック「るろうに剣心」のクライマックスにあたる「京都編」を大友啓史監督佐藤健主演で映画化した2部作。
前編「るろうに剣心 京都大火編」は2014年8月1日(金)に公開され、興収52.2億円。
完結編「るろうに剣心 伝説の最期編」は2014年9月13日(土)に公開され、興収43.5億円。
新時代を迎え、緋村剣心は大切な仲間と穏やかな日々を送っていた。そんなある日、剣心は新政府から剣心の後継者として”影の人斬り役”を務めた志々雄真実を討つよう頼まれる…
神木隆之介は瀬田宗次郎を演じ、志々雄真実の片腕として緋村剣心を追い詰める…

緋村剣心を演じる佐藤健のパワーアップした剣さばきにアクション。藤原竜也、神木隆之介、伊勢谷友介といった怪優たちとの戦い。時代劇を超えたアクションが楽しめます。

「バクマン。」

大場つぐみ&小畑健のコミックを「モテキ」の大根仁監督佐藤健共演で実写映画化した青春マンガ活劇。
2015年10月3日(土)に公開され、興収17.6億円。
作画担当の真城最高とストーリー担当の高木秋人の高校生マンガ家コンビが週刊少年ジャンプでの連載を目指して奮闘する…
神木隆之介はストーリー担当の高木秋人を演じ、佐藤健演じる作画担当の真城最高とともに週刊少年ジャンプでの連載を目指す…
夢に向かって真っすぐに突き進んでいく熱い気持ちがひしひしと伝わってきます。CGやプロジェクションマッピングを駆使した映像、サナカクションの音楽がさらに盛り上げてくれます。

「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」

宮藤官九郎が監督・脚本を手掛け、長瀬智也共演で描いた”超絶地獄”コメディ。
2016年6月25日(土)に公開され、興収15.1億円。
事故で地獄に来てしまった男子高校生とロックバンドを率いる鬼の奇想天外な冒険を描く…
神木隆之介は平凡な男子高校生の大助を演じ、大好きなクラスメイトにもう一度会ってキスをしたい一心で地獄からの生還を目指して大奮闘する…
特殊メイクを施した長瀬智也の怪演、猛特訓したという神木隆之介のギタープレイ。宮藤官九郎ならではのユニークな設定とギャグ満載のクドカン・ワールドが堪能できます。

「君の名は。」

国内外から注目を集める新海誠監督が「言の葉の庭」から3年ぶりに送り出したオリジナル長編アニメーション。
2016年8月26日(金)に公開され、興収249.4億円。
見知らぬ者同士であった田舎町で生活している少女と東京に住む少年が奇妙な夢を通じて導かれていく…
神木隆之介は東京で暮らす男子高校生の立花瀧の声を演じ、行ったこともない山奥の町で自分が女子高生になっている夢を見たことで運命に導かれていく…
新海誠監督らしい透明感あふれる映像とストーリー展開。ファンタジーな世界に引き込まれていき、「きみの名は。」というタイトルの意味がわかったときますます感動させられます。

「3月のライオン」
羽海野チカの人気コミック大友啓史監督が2部作で実写映画化。

前編は2017年3月18日(土)に公開され、興収7.5億円。
後編は2017年4月22日(土)に公開され、興収6.5億円。
家族を亡くして孤独に生きてきた17歳のプロ棋士の桐山零がある3姉妹と心を通わせながら厳しい将棋の世界を突き進む…
神木隆之介は17歳のプロ棋士の桐山零を熱演。

桐山零の心の苦しみが痛いほど伝わってきて、緊張感にあふれる対局シーンにはワクワクさせられ、将棋の世界の奥の深さを教えてくれます。

「フォルトゥナの瞳」

百田尚樹の小説三木孝浩監督有村架純共演で映画化したラブ・ストーリー。
2019年2月15日(金)に公開され、興収13.7億円。
他人の死が見えてしまうという不思議な力”フォルトゥナの瞳”を持ってしまった木山慎一郎は桐生葵に惹かれるが、彼女の死の運命が見えてしまう…
神木隆之介は”フォルトゥナの瞳”を持ってしまった木山慎一郎を熱演。
“フォルトゥナ”とは運命の女神。運命が見える男と”死の運命”に導かれる女性が織りなすラブ・ストーリー。

「屍人荘の殺人」

本格ミステリ大賞を受賞した今村昌弘の小説木村ひさし監督浜辺美波中村倫也共演で映画化したミステリー。
2019年12月13日(金)に公開され、興収10.7億円。
ミステリー小説が大好きな大学生の葉村譲は先輩の明智恭介、美少女探偵の剣崎比留子とともに山奥のペンションで起こった連続殺人事件に巻き込まれていく…
神木隆之介はミステリー小説オタクの大学生の葉村譲を熱演。
国内主要ミステリー賞4冠達成。予測不能な【前代未聞】のミステリー・エンターテインメント。

テレビでは「探偵学園Q」、NHKの大河ドラマ「平清盛」「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」などに出演するなど、これからのさらなる活躍が期待される神木隆之介。
出演作でどの作品が好きですか?




5月19日は「ボクシングの日」。ボクシング映画でどの作品が好きですか?




5月19日は「ボクシングの日」。ボクシング映画でどの作品が好きですか?

5月19日は「ボクシングの日」。1952年5月19日に挑戦者の白井義男が世界フライ級チャンピオンのダド・マリノに判定勝ちし、日本初のボクシング世界タイトル保持者になりました。
白井義男
ボクシング映画といえばシルヴェスター・スタローン主演「ロッキー」、ロバート・デニーロ主演「レイジング・ブル」、ウィル・スミス主演「ALI アリ」、クリント・イーストウッド監督・主演「ミリオンダラー・ベイビー」、ちばてつや原作「あしたのジョー」、安藤サクラ主演「百円の恋」など。ボクシング映画でどの作品が好きですか?

「ロッキー」(原題 Rocky)
ロッキー
ジョン・G・アヴィルドセン監督シルヴェスター・スタローン主演で描いたボクシング映画の傑作。
1977年4月16日(土)に公開され、配収12.1億円。
ヘビー級チャンピオンの対戦相手に選ばれた無名のボクサーが栄光をつかむまでを描き、シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムにのし上げた大ヒット作品。
第49回アカデミー賞で作品賞、監督賞、編集賞を受賞。
「ロッキーのテーマ」とともに戦うシルヴェスター・スタローン。いつ見ても熱くなれます。

「レイジング・ブル」(原題 Rasing Bull)

マーティン・スコセッシ監督ロバート・デ・ニーロ主演で実在のミドル級ボクサー、ジェイク・ラモッタの栄光と挫折を描いたドラマ。
1981年2月14日(土)に公開され、配収1.96億円。
プロ・ボクシングの元ミドル級チャンピオン、ジェイク・ラモッタがスラム街から這い上がり闘魂で王座に君臨した栄光と破滅の半生を描く…
第53回アカデミー賞でロバート・デ・ニーロが主演男優賞、編集賞の2部門、第38回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門で主演男優賞を受賞。
ボクシング映画の金字塔ともいえる作品で、ロバート・デ・ニーロの名演が光ります。

「キッズ・リターン」

北野武が監督・脚本金子賢安藤政信共演の青春ムービーの傑作。
1996年7月26日(土)公開。
問題児の高校生・マサルとシンジは、カツアゲしようとした高校生の助っ人にKOされる。それを機にボクシングを始める…
二人の高校生の苦悩と葛藤が新鮮に描かれていて、久石譲の優しい音楽と金子賢、安藤政信の瑞々しい演技が光る青春ムービーの傑作です。

「ザ・ハリケーン」(原題 The Hurricane)

ノーマン・ジュイソン監督デンゼル・ワシントン主演で無実の罪によって30年間も投獄された黒人ボクサー、ハリケーンの波乱の半生を描いたヒューマン・ドラマ。
2000年6月24日(土)公開。
無実の罪によって30年間も投獄された黒人ボクサーのルービン・”ハリケーン”・カーターがその疑いを晴らすまでの波乱に満ちた半生を事件経過を織り交ぜながら描く…
デンゼル・ワシントンが第50回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(男優賞)、第57回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演男優賞を受賞。
無実のボクサーが自由を手にするまでの苦難の30年を描いた感動のヒューマン・ドラマ。デンゼル・ワシントンの演技が光ります。

「ALI アリ」(原題 Ali)

マイケル・マン監督ウィル・スミス主演でモハメド・アリの半生を描いたドラマ。
2002年5月25日(土)に公開され、興収5億円。
元世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリの波瀾に富んだ半生を描く…
マイケル・マン監督らしい骨太なドラマが展開。体重を20キロ近く増やし、長期間のトレーニングを行い伝説のボクサーを演じたウィル・スミスの演技が光ります。

「ミリオンダラー・ベイビー」(原題 Million Dollar Baby)
ミリオンダラー・ベイビー02
クリント・イーストウッドが監督・主演ヒラリー・スワンクモーガン・フリーマン共演でボクシングを題材に描いたヒューマン・ドラマ。
2005年5月28日(金)に公開され、興収13.4億円。
娘に縁を切られた男と家族の愛に見放された女がボクシングを通して深い傷や苦しみを共に乗り越えていく…
第77回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞の4部門、第62回ゴールデン・グローブ賞の監督賞、ドラマ部門主演女優賞を受賞。
単なる女性ボクサーの映画ではなく、愛と絆の大切さをクリント・イーストウッド監督らしいタッチで描いた名作で、クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマンの共演が光ります。

「あしたのジョー」
あしたのジョー
高森朝雄、ちばてつや原作によるボクシング漫画を「ピンポン」の曽利文彦監督山下智久主演で実写映画化。
2011年2月11日(土)に公開され、興収11億円。
野性のケンカ屋の矢吹丈とエリートボクサーの力石徹の宿命の対決を描く…
原作のイメージを大切にしつつ、山下智久、伊勢谷友介などキャスト陣がそれぞれの役を咀嚼した上でパワーアップ、曽利文彦監督がCG技術を駆使しつつ、ボクシングのストイックさを見せてくれていて、楽しめる作品です。

「ザ・ファイター」(原題 The Fighter)
ザ・ファイター
デヴィッド・O・ラッセル監督マーク・ウォルバーグクリスチャン・ベイル共演で実在するボクサーを描いたヒューマン・ドラマ。
2011年3月26日(土)公開。
実在するボクサー、ミッキー・ウォードが人生のどん底から這い上がり、伝説のプロボクサーと呼ばれるまでの兄弟の葛藤と絆を描く…
第83回アカデミー賞と第68回ゴールデン・グローブ賞でクリスチャン・ベイルが助演男優賞、メリッサ・レオが助演女優賞をW受賞
マーク・ウォルバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・レオが迫真の演技を披露し、家族の絆の大切さや困難に立ち向かってくれる勇気を与えてくれます。

「百円の恋」
百円の恋
武正晴監督安藤サクラ主演で自堕落な生活を送る32歳の女性がボクシングに目覚めていく姿を描いたヒューマン・ドラマ。
2014年12月20日(土)公開。
自堕落な生活を送る32歳の斎藤一子が中年プロボクサーの狩野との出会いをきっかけに自らもボクシングに目覚めていく…
第39回日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞、最優秀脚本賞の2部門を受賞。
安藤サクラが渾身の体当たり演技で各方面から絶賛された闘う女の人生再生ドラマ。とにかく安藤サクラの怪演にはうならされます。

「クリード チャンプを継ぐ男」(原題 Creed)
クリード チャンプを継ぐ男
シルヴェスター・スタローンマイケル・B・ジョーダン共演、名作「ロッキー」の魂を受け継ぐ新たな物語。新鋭ライアン・クーグラーが監督・脚本
2015年12月23日公開(水・祝)に公開され、興収4億円。
ロッキーの永遠のライバルで盟友でもあったアポロ・クリードの息子アドニスがトレーナーとなったロッキーのもとでボクサーとして成長していく…
名作「ロッキー」の魂を受け継いだ名作が誕生、あのメロディがついに流れた瞬間には感動の嵐。マイケル・B・ジョーダンの初々しい演技とシルベスター・スタローンの抑えた演技も光ります。

ボクシング映画でどの作品が好きですか?




ここ6年間のアカデミー賞作品賞受賞作で印象深いのはどの作品ですか?




ここ6年間のアカデミー賞作品賞受賞作で印象深いのはどの作品ですか?

1927年5月11日に映画芸術科学アカデミーは非営利組織として36人の会員により創立されました。
その年に第1回アカデミー賞が発表され、2022年で第94回。世界で一番権威のある映画賞となっています。
この6年間のアカデミー賞作品賞を受賞したのは第第89回「ムーンライト」、第90回「シェイプ・オブ・ウォーター」、第91回「グリーンブック」、第92回「パラサイト 半地下の家族」、第93回「ノマドランド」、第94回「コーダ あいのうた」
この6作品の中で印象深いのはどの作品ですか?
academy_awards01

「ムーンライト」(原題 Moonlight)

バリー・ジェンキンス監督が様々な困難に遭いながらも強く生きるアフリカ系アメリカ人少年を描いたドラマ。
2017年3月31日(金)に公開され、興収3.5億円。
マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを探すアフリカ系アメリカ人少年の成長を少年期、ティーンエイジャー期、成人期と3つの時代構成で描く…
第89回アカデミー賞で作品賞、脚色賞、マハーシャラ・アリが助演男優賞の3部門受賞。
ドラッグ、差別、虐待…アメリカの現代社会の闇。自分の中の本当の心の光を探そうとするシャロンのもがきが痛いほどに突き刺さってきます。

「シェイプ・オブ・ウォーター」(原題 The Shape of Water)

ギレルモ・デル・トロ監督サリー・ホーキンス主演で描いた種族を超えた愛を描いたファンタジー・ロマンス。
2018年3月1日(木)に公開され、興収7.6億円。
冷戦時代のアメリカを舞台に政府の極秘研究所に勤めるイライザが秘かに運び込まれた不思議な生きものに出会い、惹かれていく…
第90回アカデミー賞で作品賞、監督賞、美術賞、作曲賞の4部門、第75回ゴールデン・グローブ賞で監督賞、作曲賞の2部門、第74回ヴェネチア映画祭で金獅子賞を受賞。
様々な陰謀や差別がうごめく中で繰り広げられる、種族を超えたラブ・ストーリー。独特の映像と世界観で描かれたギレルモ・デル・トロ監督版”美女と野獣”。感動させられます。

「グリーンブック」(原題 Green Book)

ピーター・ファレリー監督ヴィゴ・モーテンセンマハーシャラ・アリ共演で黒人ピアニストと用心棒の友情を描いたヒューマン・ドラマ。
2019年3月1日(金)に公開され、興収21.2億円。
人種差別が根強く残る1962年を舞台に、天才黒人ピアニストのシャーリーが粗野なトニーを用心棒として雇い、アメリカ南部へコンサート・ツアーに出かける…
第91回アカデミー賞で作品賞、マハーシャラ・アリが助演男優賞、脚本賞の3部門、第76回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門の作品賞、ヴィゴ・モーテンセンセンが主演男優賞、監督賞、脚本賞、マハーシャラ・アリが助演男優賞の5部門、第43回トロント国際映画祭で観客賞(最高賞)を受賞。
ガサツなイタリア系用心棒とインテリな黒人天才ピアニストの前途多難な旅。様々な困難、差別を乗り越えて、徐々に深まっていく二人の友情には感動させられます。

「パラサイト 半地下の家族」(原題 Parasite)

ポン・ジュノ監督ソン・ガンホ主演で韓国社会の闇を描いたブラック・コメディ。
2020年1月10日(金)に公開され、興収46.6億円。
全員無職で半地下の家で暮らすキム一家が徐々に裕福なパク家に入り込み、寄生していく…
第92回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の4部門、第72回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール、第77回ゴールデン・グローブ賞で外国語映画賞を受賞
富裕層に寄生していく貧困層のキム一家を通して、シニカルに描かれる格差と分断の問題。いろいろなことを考えさせられ、心に突き刺さってきます。

「ノマドランド」(原題 Nomadland)

ジェシカ・ブルーダーのノンフィクション「ノマド 漂流する高齢労働者たち」クロエ・ジャオ監督フランシス・マクドーマンド主演で映画化。
車上生活者、”現代のノマド(遊牧民)”の生き様を描いたロード・ムービー
2021年3月26日(金)に公開され、興収4.3億円。
金融危機により全てを失った60代女性ファーンが車上生活者、”現代のノマド(遊牧民)”として生きる希望を求めて放浪の旅を続ける…
第93回アカデミー賞で作品賞、監督賞、フランシス・マクドーマンドが主演女優賞の3部門、第78回ゴールデン・グローブ賞でドラマ部門作品賞、監督賞の2部門、第77回ベネチア国際映画祭で金獅子賞、第45回トロント国際映画祭で観客賞を受賞。
広大な西部の大自然の映像美とともに描かれる今を生きる”現代のノマド(遊牧民)”の希望。

「コーダ あいのうた」(原題 CODA)

サンダンス映画祭で史上最多の4部門受賞。家族のなかで唯一”健聴者”の少女が夢を追う物語。2014年製作のフランス映画「エール!」を「タルーラ 彼女たちの事情」のシアン・ヘダーが監督・脚本を務めてリメイク。
2022年1月21日(金)に公開され、興収6.4億円。
家族の中で独り健聴者の女子高生のルビーが歌の才能を認められたことをきっかけに夢と現実のはざまで葛藤する…
第94回アカデミー賞で作品賞、脚色賞、トロイ・コッツァーが助演男優賞の3部門を受賞。
サンダンス映画祭でグランプリ、観客賞、監督賞、アンサンブルキャスト賞の4部門受賞。
「CODA(コーダ)」とは「Children of Deaf Adults = “耳の聴こえない両親に育てられた子供”」
聞こえない家族の「通訳」係だった少女の知られざる歌声。やがて家族の夢となる…

ここ6年間のアカデミー賞作品賞受賞作で印象深いのはどの作品ですか?




5月16日は第1回アカデミー賞が発表された日。1929年の作品賞はウィリアム・A・ウェルマン監督「つばさ」が受賞。




5月16日は第1回アカデミー賞が発表された日。1929年の作品賞はウィリアム・A・ウェルマン監督「つばさ」が受賞。
academy_awards01
1929年5月16日にカリフォルニア州ハリウッドで第1回アカデミー賞の授賞式が行われました。
第1回アカデミー賞で作品賞を受賞したのはウィリアム・A・ウェルマン監督「つばさ」(原題 Wings)

「つばさ」は作品賞、技術効果賞の2部門「サンライズ」は芸術作品賞、ジャネット・ゲイナーが主演女優賞、撮影賞の3部門を受賞しました。

「つばさ」(原題 Wings)
wings
ウィリアム・A・ウェルマン監督クララ・ボウチャールズ・ロジャーズリチャード・アーレン共演で第一次世界大戦下のヨーロッパ戦線で戦う米国空軍の雄姿を描いたサイレント映画。
アメリカでは1927年8月13日(金)、日本では1928年3月30日(土)公開。
飛行家になることを夢見るジャックはアメリカの欧州大戦参加を知り、恋敵のデイヴィッドとともに飛行士に志願し、厳格な訓練を受け、フランス戦地に出征する…

第1回アカデミー賞で作品賞、技術効果賞の2部門を受賞。
映画史上に名高い空中戦映画の先駆的な超大作。ウィリアム・A・ウェルマン監督自身の第一次大戦でのパイロットとしての従軍体験がよく反映された航空映画の先駆け的作品。
ゲイリー・クーパーが見習い飛行士の1人として1カットながら印象的な場面で登場。後に航空映画で大いに売り出すことになった作品です。

第1回アカデミー賞の受賞リストは次の通りです。
作品賞 「つばさ」
芸術作品賞 「サンライズ」
コメディ監督賞 ルイス・マイルストン 「美人国二人行脚」
ドラマ監督賞 フランク・ボーゼイジ 「第七天国」
主演男優賞 エミール・ヤニングス 「最後の命令」、「肉体の道」
主演女優賞 ジャネット・ゲイナー 「第七天国」、「街の天使」、「サンライズ」
原案賞 「暗黒街」
脚色賞 「第七天国」
撮影賞 「サンライズ」
美術賞「赤い鳩」、「テンペスト」
技術効果賞「つばさ」




5月15日は映画監督の伊丹十三の誕生日。監督作でどの作品が好きですか?




5月15日は映画監督の伊丹十三の誕生日。監督作でどの作品が好きですか?

伊丹十三は1933年5月15日に京都で生まれました。
商業デザイナーとして活躍し、映画とテレビドラマで存在感のある脇役として活躍。
1984年に51歳で「お葬式」で映画監督としてデビューし、日本国内で高い評価を受け、「タンポポ」「マルサの女」「ミンボーの女」「スーパーの女」などを監督。
「マルタイの女」などを監督。
「マルタイの女」を監督し、1997年12月20日に伊丹プロダクションのある東京麻布のマンション下で遺体となって発見されてしまいました。
伊丹十三

伊丹十三監督の主な監督作品は次の通りです。
「お葬式」
お葬式
山崎努宮本信子主演で喪主として初めてお葬式を出す男の途方にくれる姿と、そこに集まる人々を描いたヒューマン・ドラマ。
1984年11月17日(土)に公開され、配収12億円。
人生で初めて喪主として葬式を出すことになった俳優夫婦の夫。知らない作法に右往左往しながら通夜・葬儀を終えるまでの数日間をユーモラスに綴る…
伊丹十三監督の記念すべき第1回作品。日本アカデミー賞では作品賞ほか主要5部門、キネマ旬報ベストワンほか各映画賞で32部門を受賞した話題作。

「タンポポ」
タンポポ
山崎努宮本信子主演で描いたラーメン・ウエスタンの傑作。
1985年11月23日(土)に公開され、配収6億円。
ラーメン通のタンクローリー運転手がさびれたラーメン屋を町一番の店にするまでの活躍を、奇想天外な食物のエピソードを交えて痛快に描く。
西部劇「シェーン」風のストーリーで、か弱き女性を援け、強気をくじく男たちのさすらいのラーメン・ウエスタン。伊丹十三監督の傑作です。

「マルサの女」
マルサの女
宮本信子山崎努主演で脱税摘発のプロ”マルサ”の女の活躍を描いた社会派ドラマ。
1987年2月7日(土)に公開され、配収12.5億円。
税務署のやり手調査官・板倉亮子は、一軒のラブホテルに目を付け調査を始めるが、なかなか証拠を掴めずにいた。そんな折、亮子は国税局査察部(マルサ)に抜擢される…
伊丹十三監督が”マルサ”というそれまで馴染みの薄かった職業にスポットを当て、巧妙な手口で脱税を行う事業家たちと捜査官たちとの手に汗握る対決をテンポよくスリリングに描いた傑作です。

続編として1988年「マルサの女2」(配収13億円)が公開。
マルサの女2
「ミンボーの女」
ミンボーの女
宮本信子宝田明主演でヤクザと闘うミンボー(民事介入暴力)のプロの姿を描いた伊丹流マニュアル映画の決定版。
1992年5月16日(土)に公開され、配収15.6億円。
ヤクザと対決するミンボー(民事介入暴力)専門の女性弁護士の活躍を描く…
不当な犯罪の被害を蒙ってまでして社会に告発した伊丹十三監督の勇気に敬意を表します。

「スーパーの女」
スーパーの女
宮本信子津川雅彦共演でスーパーの舞台裏を題材に描いたコメディ。
1996年6月15日(土)に公開され、配収15億円。
激安店の出現により営業危機に追いやられたスーパーの専務が、幼なじみのスーパー好きの主婦の協力を得て経営を立て直すまでを描く…
スーパーにまつわるウンチクが次々と披露され、スーパーの裏側を伊丹監督作品らしいテイストで描かれた作品です。

「マルタイの女」
マルタイの女
宮本信子西村雅彦主演で警察に守られる身辺保護対象者”マルタイ”となった女優を主人公にした社会派ドラマ。
1997年9月27日(土)に公開され、配収5億円。
殺人事件現場を目撃してしまった女優が、身辺保護の二人の刑事に守られながら裁判の証言台に立つまでを描く…
殺人の証人保護をテーマにした伊丹十三監督ならではの着眼点と、宮本信子、西村雅彦ほか個性的かつベストマッチな配役には感心させられる傑作で、惜しくも遺作となってしまい残念な限りです。

他にも「あげまん」など面白いテーマで次々に話題作を監督していた伊丹十三監督。
「マルタイの女」が惜しくも遺作となってしまい残念な限りです。
監督作でどの作品が好きですか?

5月14日はケイト・ブランシェットの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?




5月14日はケイト・ブランシェットの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

ケイト・ブランシェットは1969年5月14日にオーストラリア、ビクトリア州メルボルンで生まれました。
舞台女優としてキャリアを始め、1994年に”Police Rescue”で映画デビュー。
「エリザベス」でゴールデン・グローブ賞ドラマ部門で主演女優賞を受賞し、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズではエルフのガラドリエルに抜擢され、「アビエイター」でアカデミー賞助演女優賞を受賞。「あるスキャンダルの覚え書き」「アイム・ノット・ゼア」に出演し、「ブルー・ジャスミン」でアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門で主演女優賞を受賞してきました。
Cate Blanchett_bazaar

ケイト・ブランシェットの主な出演作品は次の通りです。
「エリザベス」(原題 Elizabeth)
エリザベス
シェカール・カプール監督ジョセフ・ファインズ共演でイングランド女王エリザベス1世の波乱に富んだ半生を描いた歴史大作。
1999年8月28日(土)に公開され、配収12億円。
ヘンリー8世の私生児として生まれたエリザベスは、25歳にして英国女王に即位。数々の裏切りと陰謀、暗殺の恐怖など過酷な運命を背負う中で、孤高の女王として生き抜く決意をする…
第71回アカデミー賞でメイクアップ賞を受賞。
ケイト・ブランシェットはエリザベス1世を演じ、第56回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門で主演女優賞を受賞し、第71回アカデミー賞で主演女優賞にノミネート。
2007年「エリザベス:ゴールデン・エイジ」でもエリザベス1世として出演。
エリザベス1世を演じたケイト・ブランシェットの熱演が光ります。

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ
ロード・オブ・ザ・リング
ピーター・ジャクソン監督が20世紀最高の文学として知られるJ.R.R.トールキン原作による「指輪物語」を完全映画化した3部作。イライジャ・ウッドイアン・マッケランヴィゴ・モーテンセンほかが共演。
2001年「ロード・オブ・ザ・リング」(興収90.7億円)、2003年「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」(興収79億円)、2004年「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」(興収103億円)。第76回アカデミー賞で作品賞、監督賞など11部門と史上最多の受賞。
ケイト・ブランシェットは最も高貴なエルフの一人のガラドリエルを演じ、苦悩するフロドを導き、危険な旅へ出発する勇気を与える…
ピーター・ジャクソン監督ならではの映像と壮大なスケールで描かれた「ロード・オブ・ザ・リング」の物語。圧倒させられます。

the hobbit galadriel
「指輪物語」の前日譚にあたる「ホビットの冒険」を映画化した「ホビット」シリーズ3部作、2012年「ホビット 思いがけない冒険」(興収17.8億円)、2014年「ホビット 竜に奪われた王国」(興収14億円)、2014年「ホビット 決戦のゆくえ」(興収16億円)でもガラドリエルとして登場。

「アビエイター」(原題 The Aviator)
アビエイター
マーティン・スコセッシ監督レオナルド・ディカプリオ共演で銀幕と大空への夢を追い続けた実在の大富豪ハワード・ヒューズの生涯を描いた伝記ドラマ。
2005年3月26日(金)に公開され、興収10.7億円のヒット。
映画監督として、また飛行家としても歴史にその名を残す偉人にして、ハリウッド女優たちとも華麗な恋愛遍歴を重ねた男ハワード・ヒューズが辿る夢とロマンの物語。
第77回アカデミー賞で助演女優賞、撮影賞、編集賞、美術賞、衣装デザイン賞の5部門、第62回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の作品賞、男優賞、音楽賞を受賞。
ケイト・ブランシェットはハワード・ヒューズと恋に落ちる女優のキャサリン・ヘプバーンを演じ、第77回アカデミー賞で助演女優賞を受賞
ハワード・ヒューズを演じるレオナルド・ディカプリオとキャサリン・ヘプバーンを演じるケイト・ブランシェットの迫真の演技が光ります。

「あるスキャンダルの覚え書き」(原題 Notes on a Scandal)
あるスキャンダルの覚え書き
リチャード・エアー監督ジュディ・デンチ共演でゾーイ・ヘラーのベストセラー小説を映画化したスキャンダラスでスリリングなサスペンス・ドラマ。
2007年6月9日(金)公開。
15歳の教え子と禁断の関係を持ってしまった女教師と、その秘密を利用して彼女に近づいていく孤独な初老の女教師とのスリリングな愛憎の行方を描く…
ケイト・ブランシェットは15歳の教え子と禁断の関係となる美術教師シーバを演じ、第79回アカデミー賞で助演女優賞にノミネート。
2人のアカデミー賞受賞の女優、ジュディ・デンチとケイト・ブランシェットが人間の内なるダークで弱い面を熱演。英国ならではの心理劇を見事描いています。

「アイム・ノット・ゼア」(原題 I’m Not There)
アイム・ノット・ゼア
トッド・ヘインズ監督クリスチャン・ベイル共演で歌手ボブ・ディランの半生を描いた伝記ドラマ。
2008年4月26日(土)公開。
詩人、無法者(アウトロー)、映画スター、革命家、放浪者、ロックスター。実在のボブ・ディランのさまざまな人格を投影した6人のボブ・ディラン。伝説のアーティストの謎が明らかになる…
第64回ヴェネツィア国際映画祭で審査員特別賞、女優賞第65回ゴールデン・グローブ賞で助演女優賞を受賞。
ケイト・ブランシェットはボブ・ディランの人格の一人のジュードを熱演し、第64回ヴェネツィア国際映画祭で女優賞、第65回ゴールデン・グローブ賞で助演女優賞を受賞
ボブ・ディランのさまざまな側面をフィーチャーした6人のディランをクリスチャン・ベイル、クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、ヒース・レジャーほかが演じるという斬新なアプローチが楽しめます。

「ブルージャスミン」(原題 Blue Jasmine)
ブルージャスミン
ウディ・アレン監督が転落人生の中でもがき、精神を病んでいくひとりの女性を描いたシニカル・コメディ。
2014年5月10日(土)公開。
サンフランシスコを舞台に、かつてN.Y.セレブリティ界の花と謳われながら、今では結婚生活も資産もすべて失ったジャスミンが虚言と現実逃避を繰り返し、次第に精神のバランスを崩していく…
ケイト・ブランシェットはジャステミンを熱演し、第86回アカデミー賞、第71回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門で主演女優賞を受賞
近年のロマンティック・コメディ路線からシリアスな作風にギアチェンジ。ケイト・ブランシェットの名演が光ります。

「キャロル」(原題 Carol)
トッド・ヘインズ監督ルーニー・マーラ共演で1950年代のニューヨークを舞台に女性同士の美しい恋を描いたラブ・ストーリー。
キャロル
2016年2月11日(木)公開。
1950年代のニューヨークを舞台にデパートで働く若い女性テレーズと年上女性キャロルの物悲しい関係を描く…
ケイト・ブランシェットは人妻のキャロルを熱演し、第88回アカデミー賞で主演女優賞にノミネート。
眼差しと表情でデリケートな感情の交流が描かれていて、ケイト・ブランシェットのゴージャスでエレガントな美しさとルーニー・マーラのキュートなあどけなさが光ります。

「マイティ・ソー バトルロイヤル」(原題 Thor: Ragnarok)

マーベルの人気ヒーロー、ソークリス・ヘムズワース主演で映画化したシリーズ第3弾。タイカ・ワイティティが監督トム・ヒドルストン共演。
2017年11月3日(金)に公開され、興収11.5億円。
ハルク、ドクター・ストレンジも登場!!神の国の最強の戦士ソーがアスガルドの終末”ラグナロク”をかけた壮大な戦いに挑む…
ケイト・ブランシェットは死の女神ヘラを怪演し、ソーを苦しめる…

復讐に燃える最強の”死の女神”に挑むソー率いる型破りのチームの極限バトル。コメディ要素あり、ソー、ロキ、ハルクの活躍が楽しめます。

これからもさらなる活躍が期待されるケイト・ブランシェット。出演作でどの作品が好きですか?




5月14日はロバート・ゼメキス監督の誕生日。監督作でどの作品が好きですか?




5月14日はロバート・ゼメキス監督の誕生日。監督作でどの作品が好きですか?

ロバート・ゼメキスは1952年5月14日にイリノイ州シカゴで生まれました。
1978年「抱きしめたい」で監督デビュー。1985年「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の大ヒットで一躍メジャー監督になり、1994年「フォレスト・ガンプ/一期一会」では第67回アカデミー賞で作品賞、監督賞を受賞。
「コンタクト」「キャスト・アウェイ」などを監督。CG、VFXを駆使することが多く、「ポーラー・エクスプレス」以降の作品で”パフォーマンス・キャプチャー”の技術を駆使した3DCGの可能性を追求してきました。
Beverly Hilton Hotel

ロバート・ゼメキス監督の主な監督作品は次の通りです。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(原題 Back To The Future)
バック・トゥ・ザ・フューチャー
スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮マイケル・J・フォックス主演のSFアドベンチャー。
1985年12月7日(土)に公開され、配収36.5億円。
科学者ドクの発明したタイムマシンのデロリアンで、タイムスリップしてしまった高校生のマーティ。そこで自分の両親になるはずのロレーンとジョージに出会う。だが、内気なジョージは彼女に告白できないまま、乱暴者のビフにこき使われる毎日。しかも、ロレーンがマーティに恋をしてしまう…
奇抜なアイデアと練られた演出で、今なお観る者を魅了し続けるロバート・ゼメキス監督の出世作であり、SFアドベンチャーの傑作です。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」 (原題 Back To The Future Part2)

1989年12月9日(土)に公開され、配収55.3億円。
1985年の世界に戻って来たマーティは、ドクに連れられ今度は未来へタイムスリップする…
空飛ぶ車などの楽しい近未来アイテムや、一人4役をこなすマイケル・J・フォックスなど、見どころ満載!!

「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」 (原題 Back To The Future Part3)

1990年7月6日(金)に公開され、配収47.5億円。
落雷で1885年にタイムスリップしてしまったドクを追い、マーティは西部開拓時代へ向かう…
西部開拓時代を舞台にラブロマンスあり、西部劇やマカロニ・ウエスタンのパロディーあり、映画好きにはたまらない盛りだくさんの内容で楽しめます。

「フォレスト・ガンプ/一期一会」(原題 Forrest Gump)
フォレスト・ガンプ
トム・ハンクス主演のヒューマン・ドラマ。第67回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞ほか主要6部門を独占
1995年3月11日(土)に公開され、配収38億円。
頭は弱いが俊足と誠実さは人一倍のフォレスト・ガンプが、アメリカ現代史のさまざまな事件に関りつつ波乱万丈の人生を送る。
30年間にわたる文化や風俗、時代を象徴する事件などが興味深く再現され、当時のヒット曲がそれぞれの時代感を鮮やかに彩っている。デジタル合成を駆使して、当時の有名人たちとガンプが共演を果たしているのも見所です。

「コンタクト」(原題 Contact)
コンタクト
カール・セーガンのベストセラー小説をジョディ・フォスター主演で映画化した地球外の知的生命体との接触(コンタクト)を描いたSFドラマ。
1997年9月13日(土)に公開され、配収9.2億円。
電波天文学者のエリーは、恒星ヴェガ付近から地球に向けて発せられた電波信号をキャッチした。それは地球外に生命体がいる証拠で、電波を解読してみると、宇宙間移動装置の設計図だった。エリーは知的生命体との接触を図る…
カール・セーガンの宇宙への想いを見事に映画化。ジョディ・フォスターの演技と映像の美しさが光る名作です。

「キャスト・アウェイ」(原題 Cast Away)
キャスト・アウェイ
トム・ハンクス主演のサバイバルアドベンチャー。第58回ゴールデングローブ賞ドラマ部門で主演男優賞を受賞
2001年2月24日(土)に公開され、興収32.7億円。
システムエンジニアのチャックは、ある日飛行機事故で無人島に漂着する。奇跡的に一命をとりとめた彼は、過酷な環境と孤独の中で生き延び、無人島からの脱出を試みる…
孤独と闘う主人公チャックに扮するトム・ハンクスの熱演と彼の心情をも救い上げたロバート・ゼメキス監督の演出が光る作品です。

「ポーラー・エクスプレス」(原題 The Polar Express)
ポーラー・エクスプレス
トム・ハンクス主演で”パフォーマンス・キャプチャー”を駆使して作り上げたフルCGアニメーション。
2004年11月27日(土)に公開され、興収10.5億円。
クリスマスの夜に北極点行きの謎の汽車に乗った少年が体験する不思議な出来事を幻想的に描く…
トム・ハンクスが一人で5役の声を担当し、実際の俳優の演技を全方向から捕えてコンピュータに取り込む”パフォーマンス・キャプチャー”という最新技術を駆使して、美しい原画のタッチをそのまま活かした斬新な映像を実現させました。
その後も2007年「ベオウルフ/呪われし勇者」、2009年「Disney’s クリスマス・キャロル」でも3DCGの可能性を追求してきましたが、興行的には成功させることができませんでした。

「フライト」(原題 Flight)
フライト02
12年ぶりに実写映画に復帰し、デンゼル・ワシントン主演で描いたヒューマン・ドラマ。
2013年3月1日(金)に公開され、興収9.2億円。
マイアミ発アトランタ行きの飛行機が急降下、ウィトカー機長は草原への緊急着陸に成功し、多くの命を救い、国民のヒーローに祭り上げられる。しかし彼の血液中からアルコールが検出される…
デンゼル・ワシントンの迫真の演技とロバート・ゼメキス監督らしい演出で、飛行機の緊急着陸させたウィトカー機長の行動の真相をじっくり、ドラマティックに描いていて、見応え十分な作品です。

「ザ・ウォーク」(原題 The Walk)
ザ・ウォーク
ワールド・トレード・センターで空中散歩に挑んだフィリップ・プティの実話をジョセフ・ゴードン=レヴィット主演で映画化したヒューマン・ドラマ。
2016年1月23日(土)に公開され、興収2.94億円。
1974年、フランスの大道芸人フィリップ・プティがワールド・トレード・センターのツインタワー間で空中綱渡りに挑む…
綱渡りの夢を実現するまでの話がテンポよくドキュメンタリータッチで描かれていて、実際の綱渡りのシーンは迫力満点。

「マリアンヌ」(原題 Allied)

ブラッド・ピットマリオン・コティヤール共演で過酷な時代に翻弄されながら究極の愛を試される男女の運命を描いたラブ・ストーリー。
2017年2月10日(金)に公開され、興収3.1億円。
第2次世界大戦下を舞台にある極秘任務を通じて極秘諜報員のマックスとフランス軍レジスタンスのマリアンヌの二人が出会い、愛し合いながらも、過酷な運命に翻弄されていく…
この映画がきっかけで不倫が報道されたブラッド・ピットとマリオン・コティヤールの共演。王道のラブ・ロマンスとサスペンスが楽しめます。

「魔女がいっぱい」(原題 The Witches)

ロアルド・ダールの小説ロバート・ゼメキス監督アン・ハサウェイ主演で映画化したファンタジー。
2020年12月4日(金)に公開され、興収2.2億円。
おしゃれで上品な大魔女”グランド・ウィッチ”が率いる恐ろしい魔女たちが立てている邪悪な計画をある少年が知ってしまう…
ロバート・ゼメキス監督xアン・ハサウェイが贈る”驚きと希望のファンタジー”。

これからもさらなる活躍が期待されるロバート・ゼメキス監督
監督作でどの作品が好きですか?




カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作でどの作品が好きですか?




カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作でどの作品が好きですか?

米映画レビューサイトRotten Tomatoesと「Yahoo!映画」を元にカンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品をランキング
1位はアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督「恐怖の報酬」とヴィム・ヴェンダース監督「パリ、テキサス」
続いてキャロル・リード監督「第三の男」、ロベルト・ロッセリーニ監督「無防備都市」、クエンティン・タランティーノ監督「パルプ・フィクション」、ロマン・ポランスキー監督「戦場のピアニスト」…どの作品が好きですか?

海外の映画レビューサイト「ロッテン・トマト」と「Yahoo!映画」の点数を元にしたカンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品のランキングは次の通りです。
1位 「恐怖の報酬」(原題 Le Salaire de la peur)

アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督イヴ・モンタンシャルル・ヴァネル共演で危険なニトログリセリンを運ぶ仕事を請け負った4人の男達を描いたサスペンス。
1954年7月25日(土)公開。
南米の油田で発生した大火災を消火するためニトログリセリンをトラックで運ぶ四人の男たちの姿を描く…
第6回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールとシャルル・ヴァネルが男優賞第3回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞。
シンプルな設定と緻密に練り込まれた演出で緊迫感を醸し出したサスペンス映画の傑作です。

2位 「パリ、テキサス」(原題 Paris, Texas)

ヴィム・ヴェンダース監督ハリー・ディーン・スタントン主演で描いたロード・ムービーの傑作。
1985年9月7日(土)公開。
記憶を失い、荒野をひとり彷徨う男トラヴィス。息子との絆を取り戻し妻への愛を貫く男が夢見た”パリ、テキサス”。
第37回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール、国際映画批評家連盟賞を受賞。
ライ・クーダーによるギターの音色と名手ロビー・ミューラーの映像、名優ハリー・ディーン・スタントンのモノローグ。得られない幸福を求める幸福。ロード・ムービーの傑作です。

3位 「第三の男」(原題 The Third Man)

イギリスの作家グレアム・グリーンの原作・脚本キャロル・リード監督ジョセフ・コットンオーソン・ウェルズ共演で映画化したサスペンス。
1952年9月9日(土)公開。
第二次大戦後のウィーンを舞台に親友の死を不審に思った作家のホリーが”第三の男”の正体を追って独自の調査をする…
第3回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール第23回アカデミー賞で撮影賞(白黒部門)を受賞。
アントン・カラスの作曲したテーマ曲は1950年代最大のヒット。キャロル・リード監督が光と影を効果的に用いた映像美と構図で描いた不滅の名作です。

4位 「無防備都市」(原題 Roma città aperta)

ロベルト・ロッセリーニ監督が第二次大戦中のゲシュタポの恐怖と民衆の戦いを描いた戦争ドラマ。
1950年11月17日(土)公開。
第二次大戦中のドイツ軍進駐下のローマを舞台に抵抗運動に対するドイツ軍とゲシュタポの血も涙もない非道を冷徹なリアリズムで描く…
第1回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞。
ロベルト・ロッセリーニ監督が実体験に基づき、戦争の生々しい現実をフィルムで再現したネオ・レアリズモの傑作です。

4位 「パルプ・フィクション」(原題 Pulp Fiction)

クエンティン・タランティーノ監督ブルース・ウィリスジョン・トラボルタユマ・サーマン共演で描いた異色のバイオレンス・アクション。
1994年9月24日(土)に公開され、配収4億円。
いまいち冴えない二人組みのギャング、ギャングのボスのセクシーな若妻、捨て身のプロボクサー。3つの犯罪ドラマが交錯し、衝撃のクライマックスへと向かう…
第46回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール第67回アカデミー賞で脚本賞を受賞。
スピード感溢れる暴力描写と洒落たセリフの数々。タランティーノ節全開で楽しめる作品です。

4位 「戦場のピアニスト」(原題 The Pianist)

ロマン・ポランスキー監督が実在のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの実体験を綴った回想録エイドリアン・ブロディ主演で映画化した戦争ドラマ。
2003年2月15日(土)に公開され、興収34.5億円。
ナチスの迫害をくぐり抜け、奇跡的に生還したポーランドのピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの壮絶な体験を描く…
第55回カンヌ国際映画祭でパルムドール第75回アカデミー賞で監督賞、エイドリアン・ブロディが主演男優賞、脚色賞の3部門を受賞。
戦火を奇跡的に生き延びたピアニストとその生還に関わった人々の姿を、過剰な演出を抑え事実に基づき静かに力強く描いていて、ロマン・ポランスキー監督の渾身の一作です。

7位 「地獄の黙示録」(原題 Apocalypse Now)

フランシス・フォード・コッポラ監督マーロン・ブランド主演でベトナム戦争を題材に描いた戦争映画の金字塔。
1980年2月23日(土)に公開され、配収22.5億円。
ベトナム戦争の最中、カーツ大佐暗殺の命を受けたウィラード大尉はベトナム戦争の惨状と狂気を目にする…
第32回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール第52回アカデミー賞で撮影賞、音響賞第37回ゴールデン・グローブ賞で監督賞、ロバート・デュヴァルが助演男優賞を受賞。
フランシス・フォード・コッポラ監督が私財を投じ、圧倒的なスケールと迫力でベトナム戦争を描いた戦争映画の金字塔です。

7位 「山猫」(原題 Il gattopardo)

ルキーノ・ヴィスコンティ監督が実在の貴族ランペドゥーサの小説バート・ランカスターアラン・ドロン主演で貴族の斜陽を重厚に描いた壮大なドラマ。
1964年1月18日(土)公開。
1860年、統一戦争に揺れるイタリアを舞台に没落していく<山猫>の紋章の名門サリーナ侯爵家と新しい時代へ向かっていく若者を描く…
第16回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞。
シチリアを舞台に滅びゆく者の美学を豪華絢爛に描いた一大叙事詩。ルキーノ・ヴィスコンティ監督の代表作です。

9位 「シェルブールの雨傘」(原題 Les Parapluies de Cherbourg)

ジャック・ドゥミ監督カトリーヌ・ドヌーヴ主演で戦争によって引き裂かれた男女の愛を描いたミュージカル。
1964年10月4日(土)公開。
傘屋の娘ジュヌヴィエーブと工員の青年ギイの恋がアルジェ戦争によって引き裂かれ、互いに愛し合いながらも、別々の道を歩くまでを描く…
第17回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞。
ミシェル・ルグランの流麗なメロディと雨の港町に映える雨傘の色彩が見事にマッチし、ロマンティシズムと哀愁の涙を誘ってくれ、若き日のカトリーヌ・ドヌーヴの初々しい美しさも光ります。

10位 「タクシードライバー」(原題 Taxi Driver)

マーティン・スコセッシ監督ロバート・デ・ニーロジョディ・フォスター共演でニューヨークの街を流すタクシードライバーの孤独と絶望と狂気を描いたドラマ。
1976年9月18日(土)に公開され、配収2.26億円。
ニューヨークで汚れた世界に怒りを感じながら生きるタクシー運転手・トラヴィスは14歳の売春婦と出会ったことをきかけに過激な行動に駆り立てられる…
第29回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞。
ロバート・デ・ニーロの鬼気迫る演技、当時13歳だったジョディ・フォスターの演技。マーティン・スコセッシ監督が都会に生きる男の孤独と狂気を鋭く描いた傑作です。

カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作でどの作品が好きですか?

情報元: カンヌ国際映画祭パルムドール受賞おすすめ映画ランキング《観客が選ぶ!》




2022年 米映画レビューサイトRotten Tomatoesのアカデミー賞作品賞受賞作のトップ10。どの作品が好きですか?




2022年 米映画レビューサイトRotten Tomatoesのアカデミー賞作品賞受賞作のトップ10。どの作品が好きですか?

米映画レビューサイトRotten Tomatoesの点数を基に選んだ2020年アカデミー賞作品賞受賞作のトップ10。
1位はフランク・キャプラ監督「或る夜の出来事」
2位はポン・ジュノ監督「パラサイト 半地下の家族」。続いてマイケル・カーティス監督「カサブランカ」、、フランシス・F・コッポラ監督「ゴッドファーザー」、ジョセフ・L・マンキウィッツ監督「イヴの総て」、バリー・ジェンキンス監督「ムーンライト」…どの作品が好きですか?

1位「或る夜の出来事」(原題 It Happened One Night)

フランク・キャプラ監督クラーク・ゲーブルクローデット・コルベール共演で描いたラブ・コメディの傑作。
99%フレッシュ
Adjusted Score 120.258%
1934年8月29日(土)公開。
父親に結婚を反対されて家を飛び出した大富豪の娘のエリーは乗り込んだバスで失業中の新聞記者のピーターと出会い、行動を共にすることになる…
第7回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚色賞、クラーク・ゲーブルが主演男優賞、クローデット・コルベールが主演女優賞の5部門を受賞。
二転三転するストーリーの面白さと全編にちりばめられたユーモアとロマンティックな雰囲気。”古き良き時代”を代表するコメディ映画の傑作です。

2位「パラサイト 半地下の家族」(原題 Parasite)

ポン・ジュノ監督ソン・ガンホ主演で韓国社会の闇を描いたブラック・コメディ。
98%フレッシュ
Adjusted Score 118.157%
2020年1月10日(金)に公開され、興収46億円。
全員無職で半地下の家で暮らすキム一家が徐々に裕福なパク家に入り込み、寄生していく…
第92回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の4部門、第72回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール、第77回ゴールデン・グローブ賞で外国語映画賞を受賞
富裕層に寄生していく貧困層のキム一家を通して、シニカルに描かれる格差と分断の問題。いろいろなことを考えさせられ、心に突き刺さってきます。

3位「カサブランカ」(原題 Casablanca)

マイケル・カーティス監督ハンフリー・ボガードイングリット・バーグマン共演で描いた永遠のラブ・ストーリー。
99%フレッシュ
Adjusted Score 117.698%
1946年6月20日(土)公開。
第二次大戦下のカサブランカで身を焦がすような恋に落ちながらも引き裂かれた男女の愛を描く…
第16回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚色賞の3部門受賞。
主題歌”As Time Goes By”は、今も歌い継がれている名曲で、今だ色あせることのない永遠のラブ・ストーリーです。

4位「ゴッドファーザー」(原題 The Godfather)

フランシス・F・コッポラ監督マーロン・ブランドアル・パチーノ共演でマフィアのコルレオーネ一家の闘争や盛衰を描いたドラマ。
97%フレッシュ
Adjusted Score 114.549%
1972年7月15日(土)に公開され、配収3.66億円。
シシリーからアメリカに移住し、財を築き上げたビトー・コルレオーネ一族の跡目相続や敵対するマフィアとの抗争を描く…
第45回アカデミー賞で作品賞、マーロン・ブランドが主演男優賞、脚色賞の3部門、第30回ゴールデン・グローブ賞でドラマ部門の作品賞、マーロン・ブランドが男優賞、監督賞、脚本賞、音楽賞の5部門を受賞。
「ゴッドファーザー<愛のテーマ>」に乗ってコルレオーネ一族の家族模様とシチリア人マフィアの血なまぐさい盛衰を描いたマフイア映画の王道です。

5位「イヴの総て」(原題 All About Eve)

ジョセフ・L・マンキウィッツ監督アン・バクスターベティ・デイヴィス共演でブロードウェイの舞台裏でベテラン女優と新進女優の名声とプライドを賭けた戦いを描いたドラマ。
99%フレッシュ
Adjusted Score 113.842%
満場の拍手喝采の中、スターの座を手にしたイヴ。恩人である大女優を欺き、数々の策謀を巡らせてついに演劇界の頂点にのし上がっていた…
第23回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚色賞、ジョージ・サンダースが助演男優賞、衣装デザイン賞(白黒)、録音賞の6部門、第8回ゴールデン・グローブ賞で脚本賞、第4回カンヌ国際映画祭で審査員特別賞、ベティ・デイヴィスが女優賞の2部門を受賞。
欲望が渦巻く演劇界の裏側をドラマティックな展開とウィットに富んだ会話で浮き彫りにしていて、ベティ・デイヴィスとアン・バクスターの白熱の演技合戦が楽しめます。

6位「ムーンライト」(原題 Moonlight)

バリー・ジェンキンス監督が様々な困難に遭いながらも強く生きるアフリカ系アメリカ人少年を描いたドラマ。
98%フレッシュ
Adjusted Score 113.662%
2017年3月31日(金)に公開され、興収3.5億円。
マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを探すアフリカ系アメリカ人少年の成長を少年期、ティーンエイジャー期、成人期と3つの時代構成で描く…
第89回アカデミー賞で作品賞、脚色賞、マハーシャラ・アリが助演男優賞の3部門受賞。
ドラッグ、差別、虐待…アメリカの現代社会の闇。自分の中の本当の心の光を探そうとするシャロンのもがきが痛いほどに突き刺さってきます。

7位「レベッカ」(原題 Rebecca)

アルフレッド・ヒッチコック監督がハリウッドで最初に手がけたミステリー・ロマン。
100%フレッシュ
Adjusted Score 113.229%
アメリカでは1940年3月22日(金)、日本では1951年4月7日(土)公開。
英国紳士マキシムと出会い、結婚した”わたし”はマンダレイ屋敷にやってくるが、その屋敷は前妻レベッカの陰に支配されていた…
第13回アカデミー賞で作品賞、撮影賞(白黒部門)を受賞。
光と影を生かした映像美が印象的なミステリー・ロマンの名作です。

8位「シェイプ・オブ・ウォーター」(原題 The Shape of Water)

ギレルモ・デル・トロ監督サリー・ホーキンス主演で描いた種族を超えた愛を描いたファンタジー・ロマンス。
93%フレッシュ
Adjusted Score 111.702%
2018年3月1日(木)に公開され、興収8.9億円。
冷戦時代のアメリカを舞台に政府の極秘研究所に勤めるイライザが秘かに運び込まれた不思議な生きものに出会い、惹かれていく…
第90回アカデミー賞で作品賞、監督賞、美術賞、作曲賞の4部門、第75回ゴールデン・グローブ賞で監督賞、作曲賞の2部門、第74回ヴェネチア映画祭で金獅子賞を受賞。
様々な陰謀や差別がうごめく中で繰り広げられる、種族を超えたラブ・ストーリー。独特の映像と世界観で描かれたギレルモ・デル・トロ監督版”美女と野獣”。感動させられます。

9位「スポットライト 世紀のスクープ」(原題 The Spotlight)

トム・マッカーシー監督マーク・ラファロマイケル・キートンレイチェル・マクアダムスほか共演で新聞記者たちがカトリック教会のスキャンダルを暴いた実話を映画化したドラマ。
97%フレッシュ
Adjusted Score 111.67%
2016年4月15日(金)に公開され、興収4.4億円。
カトリック教会が長年隠蔽してきた児童虐待スキャンダルを暴き出し、巨大な権力に立ち向かっていった新聞記者たちのジャーナリズム魂と不屈の執念を描く…
第88回アカデミー賞で作品賞、脚本賞を受賞。
世紀のスクープを追った記者チームの奮闘ぶりと信念を緊迫感あふれる映像で描いていて、マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムスが新聞記者魂を見事に体現していて、見応えがあります。

10位「巴里のアメリカ人」(原題 An American In Paris)

ヴィンセント・ミネリ監督ジーン・ケリーレスリー・キャロン共演でパリを舞台に貧乏画家のアメリカ人青年の恋を描いたミュージカル。
96%フレッシュ
Adjusted Score 111.124%
1952年5月2日(土)公開。
第二次世界大戦後のパリにやってきた貧乏画家のアメリカ人青年ジェリーは偶然見かけた清楚なパリ娘リズに一目惚れしてしまう…
第24回アカデミー賞で作品賞、脚本賞、美術賞、撮影賞、衣装デザイン賞、ミュージカル映画音楽賞、そして名誉賞を受賞
パリを舞台にアメリカ人青年の恋をジョージ・ガーシュウインの名曲に乗せて綴られたハリウッド・ミュージカルの傑作。

2021年 米映画レビューサイトRotten Tomatoesのアカデミー賞作品賞受賞作のトップ10でどの作品が好きですか?

情報元: BEST AND WORST OSCARS’ BEST PICTURE WINNERS