10月21日は渡辺謙の誕生日。渡辺謙出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

10月21日は渡辺謙の誕生日。渡辺謙出演作で一番好きなのはどの作品ですか?
渡辺謙
渡辺謙は1959年10月21日に新潟県北魚沼郡広神村で生まれました。
日本国内・日本国外双方において映画を中心にテレビドラマ、舞台、テレビコマーシャルと幅広く活躍。
2003年「ラストサムライ」でハリウッド進出を果たし、活躍の場を世界に広げています。

渡辺謙の主な出演作品は次の通りです。
「明日の記憶」
明日の記憶
山本周五郎賞を受賞した荻原浩の小説を「SPEC」シリーズの堤幸彦監督樋口可南子共演で映画化。
2006年5月13日(土)に公開され、興収22億円のヒット。
渡辺謙は若年性アルツハイマー病に突如襲われた50歳の働き盛りのサラリーマンと、そんな夫を懸命に支えようとする妻との絆を綴ったドラマ。
荻原浩の原作に感動した渡辺謙は映画化を熱望し、主演のみならず自らエグゼクティブプロデューサーを兼任し、第30回日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞。

「硫黄島からの手紙」
硫黄島からの手紙
クリント・イーストウッド監督が硫黄島の戦いを日本側の視点から描いた戦争ドラマ。
2006年12月9日(金)に公開され、興収51億円の大ヒット。
2006年、硫黄島。地中から発見された数百通もの手紙。それは、61年前にこの島で戦った男たちが家族に宛てて書き残したものだった。届くことのなかった手紙に、彼らは何を託したのか。
渡辺謙は小笠原方面最高指揮官・栗林忠道陸軍中将を演じ、アメリカ軍の圧倒的な兵力を前に、5日で終わると思われた硫黄島の戦いは36日間にも及ぶ歴史的な激戦に持ち込む。

「沈まぬ太陽」
沈まぬ太陽
「ホワイトアウト」の若松節朗監督山崎豊子のベストセラー小説を映画化。
2009年10月24日(土)に公開され、興収28億円のヒット。
終戦から復興を遂げた日本が経済大国へと急成長した激動の時代の昭和30年代から60年代が舞台。主人公の恩地が歩む波乱の人生は、未曾有の航空事故から、やがて政界を巻き込んだ波乱の展開を迎えていく。巨大組織に翻弄される主人公・恩地元の生き様を通して人間の尊厳を問い掛ける。
渡辺謙は恩地元の激動の昭和をかけぬけた男の生き様を熱演し、第33回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞を受賞。

「許されざる者」
許されざる者04
「悪人」の李相日監督がクリント・イーストウッドの名作をリメイク。
2013年9月13日(金)に公開され、興収7億円。
舞台は明治初期の開拓時代の北海道。江戸幕府最強の刺客として恐れられた男の釜田十兵衛が、やむを得ぬ事情から一度は捨てた刀を手にしたことから壮絶な戦いに身を投じていく姿を描く。
渡辺謙はオリジナルでクリント・イーストウッドが見せた渋さをそのままに、過去の過ちを拭いきれない”許されざる者”の釜田十兵衛を迫真の演技を披露。

他にも1985年「タンポポ」、2005年「北の零年」「バットマン ビギンズ」、、2010年「インセプション」、2012年「はやぶさ 遙かなる帰還」などにも出演。
はやぶさ 遥かなる帰還03
今年公開のギャレス・エドワーズ監督のリブート版「GODGILLA ゴジラ」など、今後もさらなる活躍が期待される渡辺謙。
渡辺謙の出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です