10月12日はヒュー・ジャックマンの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

10月12日はヒュー・ジャックマンの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?
ヒュー・ジャックマン
ヒュー・ジャックマンは1968年10月12日にオーストラリアのシドニーに生まれました。
舞台で活躍を続け、「X-メン」でウルヴァリン役に大抜擢され、大ヒット。一気に人気スターの一員になり、「レ・ミゼラブル」第70回ゴールデン・グローブ賞でミュージカル・コメディ部門の主演男優賞を受賞しました。

ヒュー・ジャックマンの主な出演作品は次の通りです。
「X-MEN」シリーズ
ウルヴァリン_X-MEN ZERO
マーベルの人気コミックを実写映画化したSFアクション。
遺伝子の突然変異により超人的パワーを持つミュータント”X-MEN”。人類に疎まれながらも、人間たちのために闘う”X-MEN”の活躍を描く…
ヒュー・ジャックマンはあらゆる物質を切り裂く爪、驚異的な治癒力を持った不老不死の肉体を持つミュータントのウルヴァリンことローガンを熱演し、不老不死であるが故の悩み、失った過去を取り戻そうと奮闘する…
2000年「X-メン」(興収18.5億円)、2003年「X-MEN2」(興収18億円)、2006年「X-MEN: ファイナル・ディシジョン」(興収15.5億円)、2009年「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」(興収8.88億円)、2013年「ウルヴァリン: SAMURAI」(興収8.12億円)、2014年「X-MEN: フューチャー&パスト」にもウルヴァリンとして出演。

「ヴァン・ヘルシング」(原題 Van Helsing)
ヴァン・ヘルシング
「ハムナプトラ」シリーズのスティーヴン・ソマーズ監督が伝説のモンスターたちと壮絶な闘いを繰り広げるモンスター・ハンターの活躍を描いたアクション・アドベンチャー。
2004年9月4日(土)に公開され、興収28億円のヒット。
ドラキュラ伯爵が人間を襲い続けるヨーロッパの町・トランシルバニアで、モンスター・ハンターとして知られるヴァン・ヘルシングがドラキュラ一味との激しい闘いを繰り広げる…
ヒュー・ジャックマンはモンスター・ハンターのヴァン・ヘルシングを演じ、ドラキュラ伯爵、フランケンシュタイン、ウルフマンほか伝説のモンスターと戦いを繰り広げる…

「リアル・スティール」(原題 Real Steel)
リアル・スティール
「ナイト ミュージアム」のショーン・レヴィ監督がロボット格闘技の世界を描いた近未来SF。
2011年12月9日(金)に公開され、興収14.7億円のヒット。
近未来のロボット格闘技の世界を舞台に、全てを失ったひとりの男が最愛の息子との絆を取り戻していく姿を描く…
ヒュー・ジャックマンは夢に破れた元ボクサーのチャーリーを演じ、愛を知らない息子のマックスと旧式ロボットATOMを通して、心を通わせていく…
ロボット格闘技でのATOMの戦いを通して、失われた父子の絆やプライドを取り戻し、見終わった後スカッとする作品です。

「レ・ミゼラブル」(原題: Les Miserables)
レ・ミゼラブル
伝説のミュージカルを「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したトム・フーバー監督ラッセル・クロウアン・ハサウェイ共演で映画化。
2012年12月21日(金)に公開され、興収58.9億円の大ヒット。
19世紀のフランスを舞台に決してくじけることのない人間の魂を感動的に謳い上げた物語。パンを盗んだ罪で19年間投獄されたジャン・バルジャンの波乱に満ちた生涯を描く…
第85回アカデミー賞で助演女優賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞、音響賞の3部門、第70回ゴールデン・グローブ賞でミュージカル・コメディ部門の作品賞、主演男優賞、助演女優賞の3部門を受賞。
ヒュー・ジャックマンはジャン・バルジャンを演じ、第70回ゴールデン・グローブ賞でミュージカル・コメディ部門の主演男優賞を受賞。
ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウほか豪華俳優が熱演し、歌声を披露、オープニングからジャン・バルジャンの激動の人生に一気に引き込まれ、158分があっという間です。

他にも2006年にクリストファー・ノーラン監督の「プレステージ」に出演、2004年にブロードウェイ・ミュージカル「ザ・ボーイ・フロム・オズ」トニー賞ミュージカル主演男優賞を受賞するなど、これからもさらに活躍を期待したい俳優の一人です。
ヒュー・ジャックマンの出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です