「ロボコップ」、帝釈天の”豆まき”イベントに登場。続々と新しい映像が公開されていますが、見たいですか?

Pocket

ポール・バーホーベン監督によるSFアクション映画を”再起動”した「ロボコップ」(原題: Robocop)、3月14日(金)公開。
ロボコップ

2月3日(月)の「節分の日」に柴又の帝釈天で”豆まき”イベントに登場。
ロボコップ_豆まき

ロボコップ_豆まき02
「ここ帝釈天で、多くの日本人と豆まきイベントを通して、交流できて光栄だ。ご協力に感謝する(決めゼリフである “Thank you for your cooperation.”)」
https://www.youtube.com/watch?v=9s9W9nsdYr0
1987年公開のポール・バーホーベン監督の大ヒット作を完全新作として”再起動”。
近未来の米デトロイトを舞台に、勤務中に重傷を負った警察官アレックス・マーフィーが、巨大企業オムニコープ社のロボットテクノロジーにより、全身を機械化したロボコップとして新たな命を得て、悪と戦う姿を描く…
日本版の新しい予告編も公開。
アメリカでも2月14日(金)公開を前に新しい予告編が公開され、「ロボコップ」フィーバーが高まってきています。

舞台は2028年、巨大企業オムニコープ社がロボット・テクノロジーを支配する世界。
アメリカ・デトロイトで愛する家族とともに暮らす勤勉な警官アレックス・マーフィーは、勤務中に重症を負うが、オムニコープ社の最新のロボット技術により”ロボコップ”として新たな命を得る。驚異的な力を身につけたアレックスは、予想をもしなかった問題に直面することになる…

アレックス・マーフィーにはテレビドラマ「THE KILLING ~闇に眠る美少女」のジョエル・キナマン
ロボコップの設計者にはゲイリー・オールドマン、巨大な軍事産業を擁するメディア王にはサミュエル・L・ジャクソン、オムニコープ社のCEOにはマイケル・キートン、アレックスの妻にはアビー・コーニッシュという豪華俳優が共演。
監督は「エリート・スクワッド」でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したジョゼ・パジーリャ

ポール・バーホーベン監督の「ロボコップ」は1980年代を代表する近未来アクションの決定版ともいえる作品で、過激なバイオレンス描写たっぷりで大ヒット。
ロボコップ_1987
新しく”再起動”した「ロボコップ」は全米では2月14日(金)、日本では3月14日(金)公開。
どんな作品に仕上がるのか、楽しみです。

「ロボコップ」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です