第70回SCREEN映画大賞2021 読者が選んだ年間ベストテン。どの作品を見ましたか?

Pocket




第70回SCREEN映画大賞2021 読者が選んだ年間ベストテン。どの作品を見ましたか?

1位はクリストファー・ノーラン監督「TENET テネット」
2位はシアーシャ・ローナン主演「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」。続いてポン・ジュノ監督「パラサイト 半地下の家族」、ガル・ガドット主演「ワンダーウーマン1984」、タイカ・ワイティティ監督「ジョジョ・ラビット」、アリ・アスター監督「ミッドサマー」…どの作品を見ましたか?

第70回SCREEN映画大賞2021 読者が選んだ年間ベストテンは次の通りです。
1位 「TENET テネット」(原題 TENET)

クリストファー・ノーラン監督ジョン・デヴィッド・ワシントンロバート・パティンソン共演で国際的なスパイの世界を描いたアクション大作。
2020年9月18日(金)に公開され、興収26.2億円。
あるミッションに挑む男。「テストは合格、君は特別だ。”死後の世界”へようこそ」「第三次世界大戦を防ぐのよ」と意味深なセリフが連続するほか、映画のタイトルである「TENET(テネット)」という言葉が生還へのカギであることが明らかに…
クリストファー・ノーラン監督はスパイ映画から出発して「いくつもの異なるジャンルを、エキサイティングかつ新鮮な形で越境」する作品だと宣言。

2位 「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」(原題 Little Women)

名作小説「若草物語」グレタ・ガーウィグ監督シアーシャ・ローナン主演で新たな視点で映画化。
2020年6月12日(金)に公開され、興収3.0億円。
南北戦争時代に力強く生きるマーチ家の4姉妹が織りなす物語を作家志望の次女ジョーを主人公に瑞々しいタッチで描く…
第92回アカデミー賞で衣装デザイン賞を受賞
「レディ・バード」のグレタ・ガーウィグ監督がシアーシャ・ローナンと再タッグを組み、名作小説「若草物語」を新たな視点で映画化。

4位 「ワンダーウーマン1984」(原題 Wonder Woman 1984)

パティ・ジェンキンス監督ガル・ガドット主演でDCコミックスの人気ヒロインの活躍を描いた第2弾。
2020年12月18日(金)に公開され、興収5.3億円。
前作から約70年後の1984年。最愛の恋人スティーヴを失い、悲しみや孤独と向き合うダイアナの前に死んだはずのスティーヴが現れるが、それは世界の破滅の始まりだった…
ヨーロッパ、中東をはじめとする世界中を舞台に、アクション、スケールも格段にパワーアップ。

5位 「ジョジョ・ラビット」(原題 Jojo Rabbit)

タイカ・ワイティティ監督が第二次世界大戦下を舞台に描いた”反ヘイト風刺劇”。
2020年1月17日(金)に公開され、興収3.9億円。
第二次世界大戦下のドイツを舞台に空想上の友だち”アドルフ・ヒトラー”を頼りにするいじめられっ子のジョジョは母親がユダヤ人の少女を匿っているのに気付く…
トロント国際映画祭で最高賞の「観客賞」を受賞、第92回アカデミー賞で脚色賞を受賞。
戦争や憎悪、差別といったテーマをえぐりながら、ハートフル・コメディとして戦時下における人々の生きる喜びを描いた”反ヘイト風刺劇”。

6位 「ミッドサマー」 (原題 Midsommar)

「ヘレディタリー 継承」のアリ・アスターが監督・脚本を手掛け、スウェーデンの奥地を舞台に描いた異色ミステリー。
2020年2月21日(金)に公開され、興収7.0億円。
思いがけない事故で家族を亡くした大学生のダニーはスウェーデンの奥地を訪れるが、楽園に見えた村に不穏な空気が漂い始める…
暗闇とは真逆の明るい祝祭を舞台に、天才的な発想と演出、緻密な脚本、極彩色の映像美が一体となった前代未聞の”フェスティバル・スリラー”。

7位 「フォードvsフェラーリ」(原題 Ford v. Ferrari)

ジェームズ・マンゴールド監督マット・デイモンクリスチャン・ベイル共演で伝説のレースで絶対王者に挑んだ男たちの奇跡の実話を映画化。
2020年1月10日(金)に公開され、興収9.0億円。
1966年のル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォード・モーターの男たちを描いた奇跡の実話を描く…
第92回アカデミー賞で音響編集賞、編集賞の2部門受賞。
限られた資金と時間の中で、ル・マン24時間レースに臨むカー・エンジニアのキャロル・シェルビーと破天荒なドライバーのケン・マイルズ。車を通して育まれる男同士の友情、そして絶対王者に挑む彼らの熱きドラマ。

8位「2分の1の魔法」(原題 Onward)

ディズニー/ピクサーが内気な少年と陽気な兄の冒険と絆を描いたアニメーション。「モンスターズ・ユニバーシティ」のダン・スキャンロンが監督
2020年8月21日(金)に公開され、興収8.0億円。
亡くなった父親にもう一度会いたいと願うイアンと兄バーリーの兄弟が魔法によって半分だけ復活した父親を完全によみがえらせるため奮闘する…
兄弟の絆、親子愛、自分を変える勇気を描いたファンタジー・アドベンチャー。

9位 「ジュディ 虹の彼方に」(原題 Judy)

レネー・ゼルウィガー主演伝説のミュージカル女優ジュディ・ガーランドの秘話を描いたドラマ。
2020年3月6日(金)に公開され、興収1.3億円。
「オズの魔法使」で知られる伝説のミュージカル女優ジュディ・ガーランドが、47歳でこの世を去る半年前、1968年冬のロンドン公演を描く…
レネー・ゼルウィガーが第92回アカデミー賞で主演女優賞、第77回ゴールデン・グローブ賞でドラマ部門女優賞を受賞
伝説のミュージカル女優ジュディ・ガーランドが見てきた希望と絶望、全身で味わった歓喜と痛み。

10位 「チャーリーズ・エンジェル」(原題 Charlie’s Angels)

人気シリーズをクリステン・スチュワートナオミ・スコットエラ・バリンスカ共演でリブート。
2月21日(金)公開。
新開発のエネルギーの軍事利用の情報をつかんだ女性エージェント”チャーリーズ・エンジェル”の3人は世界各国で命がけの任務に挑む…
ハンブルク、リオデジャネイロ、イスタンブール…世界中を駆け巡り、新生”チャーリーズ・エンジェル”が大活躍。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。