第94回キネマ旬報ベスト・テン。読者選出日本映画ベスト・テンでどの作品を見ましたか?

Pocket




第94回キネマ旬報ベスト・テン。読者選出日本映画ベスト・テンでどの作品を見ましたか?

読者選出日本映画ベスト・テンの1位は田中光敏監督、三浦春馬主演「天外者」
2位は内田英治監督、草薙剛主演「ミッドナイトスワン」。続いて長澤まさみ主演「コンフィデンスマンJP プリンセス編」、黒沢清監督、蒼井優、高橋一生共演「スパイの妻 劇場版」、土井裕泰監督、小栗旬、星野源共演「罪の声」、河瀬直美監督、永作博美、井浦新共演「朝が来る」… どの作品を見ましたか?

読者選出日本映画ベスト・テンは次の通りです。
1位 「天外者」

三浦春馬主演で近代日本経済の基礎を構築した実業家の五代友厚を描いた歴史青春群像劇。「利休にたずねよ」の田中光敏が監督
2020年12月11日(金)に公開され、興収6.1億円。
「天外者(すさまじい才能の持ち主)」と呼ばれた実業家の五代友厚が若かりし頃、日本の未来を見据え、志を共にする若者たちと新たな時代を切り開く…
近代日本経済の基礎を構築し希代の「天外者(すさまじい才能の持ち主)」と称された偉人の五代友厚の熱すぎる人生。

2位 「ミッドナイトスワン」

内田英治が監督・脚本を手掛けて、草薙剛主演でトランスジェンダーと親から虐待されてきた少女を描いたラブ・ストーリー。
2020年9月25日(金)に公開され、興収7.0億円。
都会の片隅でひたむきに生きるトランスジェンダーの凪沙と育児放棄にあっていた孤独な少女の桜田一果が出会い、様々な感情が芽生えていく…
優秀作品賞、優秀監督賞、草薙剛が優秀主演男優賞、優秀脚本賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀美術賞、優秀録音賞の8部門受賞。
女性として生きるトランスジェンダーの凪沙と親から虐待されてきた少女の桜田一果。孤独な二人が寄り添う、世界で一番美しいラブ・ストーリー。

3位 「コンフィデンスマンJP プリンセス編」

長澤まさみ東出昌大小日向文世共演の人気TVドラマの劇場版第2弾。
2020年7月23日(木・祝)に公開され、興収38億円。
世界有数の大富豪一族をターゲットにダー子、ボクちゃん、リチャードが10兆円の資産を狙い、華麗にそして超絶大胆に騙し合いを繰り広げる…
マレーシアの”伝説の島”を舞台に繰り広げられるさらにスケールアップした史上ダントツ最大の<コンゲーム>。

4位 「スパイの妻 劇場版」

黒沢清監督蒼井優高橋一生主演で歴史の闇を描いたドラマ。
2020年10月16日(金)に公開され、興収2.5億円。
太平洋戦争前夜に国家機密を知ってしまった福原優作は正義のために世に知らしめようとし、反逆者と疑われるが、妻の聡子は夫を信じ、ともに生きることを心に誓う…
第77回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞。
黒沢清監督がロケ地、衣裳、美術、台詞回し、すべてにこだわり、描き出した疑心暗鬼渦巻く狂乱の時代。

5位 「罪の声」

山田風太郎賞を受賞した塩田武士の小説土井裕泰監督小栗旬星野源共演で映画化したミステリー。
2020年10月30日(金)に公開され、興収12.2億円。
日本を震撼させた未解決事件を追う新聞記者の阿久津英士はテーラー店店主の曽根俊也、そして脅迫テープに声を使われた3人の人物にたどりつく…
第44回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀監督賞、小栗旬が優秀主演男優賞、星野源、宇野祥平が優秀助演男優賞、優秀脚本賞、優秀音楽賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞の11部門12受賞。
日本中を巻き込み震撼させ、未解決のまま時効となった大事件をモチーフに綿密な取材と着想が織り交ぜられ、事件の真相と犯人像に迫る…

6位 「朝が来る」

辻村深月の小説河瀬直美監督永作博美井浦新共演で映画化したヒューマン・ミステリー。
2020年10月23日(金)公開。
「子どもを返してほしいんです。」養子を迎えた平和な家族のもとにかかってきた1本の電話から、運命が動き出す…
実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の少女を繋ぐ「特別養子縁組」によって新たに芽生える家族の美しい絆と胸を揺さぶる葛藤。

7位 「海辺の映画館 キネマの玉手箱」

大林宣彦監督20年ぶりに故郷の尾道で撮影し、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと様々な映画表現で戦争の歴史をたどったドラマ。厚木拓郎細山田隆人細田善彦ほかが共演。
2020年7月31日(金)公開。
尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」で「日本の戦争映画大特集」のオールナイト興行を見ていた若者3人がスクリーンの世界にタイムリープし、戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、そして原爆投下前夜の広島へと時代を駆けめぐる…
戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと様々な映画表現で展開。

8位 「浅田家!」

ユニークな写真を送り出した写真家の浅田政志の実話中野量太監督二宮和也主演で映画化したドラマ。
2020年10月2日(金)に公開され、興収12.1億円。
写真家の浅田政志は兄と共にコスプレした姿を収めた家族写真を撮影した写真集「浅田家」を出版し、脚光を浴びるが、東日本大震災が発生する…
優秀作品賞、優秀監督賞、二宮和也が優秀主演男優賞、妻夫木聡が優秀助演男優賞、黒木華が優秀助演女優賞、優秀脚本賞、優秀美術賞、優秀編集賞の8部門受賞。
「家族」を撮り続けた写真家と、彼を支え続けた「家族」の感動の実話を映画化。

9位 「ラストレター」

岩井俊二監督福山雅治松たか子広瀬すず神木隆之介共演で手紙の行き違いから始まった2つの世代の男女の恋愛模様を描いたラブ・ストーリー。
2020年1月17日(金)に公開され、興収7.4億円。
初恋の人と再会した岸辺野裕里、裕里を彼女の姉と誤解した小説家の乙坂鏡史郎、母に送られる小説家からの手紙に返信を書く姉の娘の、心の再生と成長…
淡く切ない人生最後のラブレター。いまだ読めずにいる”最後の手紙”に込められた、初恋の記憶…

10位 「糸」

中島みゆきの名曲をモチーフに瀬々敬久監督菅田将暉小松菜奈共演で映画化したラブ・ストーリー
2020年8月21日(金)に公開され、興収22.2億円。
平成元年に生まれた漣と葵。すれ違い、遠く離れ、それぞれの人生を歩んできた二人が、奇跡の糸を手繰り寄せながら、平成の終わりに再会を果たす…
運命に引き離された男女が再びめぐり逢うまでを、平成という時代の変遷とともに描く、壮大な愛の物語。

読者選出日本映画ベスト・テンでどの作品を見ましたか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です