ダスティン・ホフマン初監督作「カルテット!人生のオペラハウス」鑑賞。贅沢な気分が味わえる幸せな94分です。

Pocket

ダスティン・ホフマン初監督作「カルテット!人生のオペラハウス」鑑賞。
カルテット!人生のオペラハウス
昔の確執が残っていてギスギスしたり、ちょっとボケてきたり、持病で苦しんだりもするけれども、シニアライフを謳歌する元音楽家たちの姿はうらやましい限りで、ダスティン・ホフマンの初監督作とは思えないそつのない展開は最後まで安心して見ることができます。

1. ダスティン・ホフマンが初めて監督に挑んだ意欲作
ダスティン・ホフマンが「戦場のピアニスト」の脚本家ロナルド・ハーウッドによる戯曲をマギー・スミストム・コートネイほかイギリスを代表する名優たち共演で映画化した初監督作。
老人ホームで暮らす元音楽家たちが、ホームの存続のために復活コンサートに挑む姿を活き活きと描いていて、こんなシニアライフを一緒に過ごしてみたくなります。
Quartet
イギリスの郊外ならではの環境にある「ビーチャム・ハウス」は豪華そのもの。またそんな「ビーチャム・ハウス」に住んでいるシニア世代の人々も元音楽家だけあって、気品あふれて、音楽への情熱を忘れない人々ばかり。昔の確執が残っていてギスギスしたり、ちょっとボケてきたり、持病で苦しんだりもするけれども、シニアライフを謳歌する姿はうらやましい限りで、ダスティン・ホフマンの初監督作とは思えないそつのない展開は最後まで安心して見ることができます。

2. マギー・スミス、トム・コートレイほかイギリスを代表する名優たちの共演
「ビーチャム・ハウス」で穏やかに暮らすレジー、シシー、ウィルフ。しかしかつてのカルテット仲間だったものの確執を残して去っていった大スターのジーンが入居したことからひと悶着。復活コンサートのために伝説のカルテットが再結成されるのか!?
元大スターのジーンにはマギー・スミス。「ハリー・ポッター」シリーズや「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」で見せた気品あふれつつも、ちょっと頑固で意固地なジーンを熱演。
昔の確執があるにしてもシシーに対する前半の態度は思わず許せないくらいの意固地さを見せてくれます。
quartet02
ジーンとの確執から愛に心を閉ざすレジーには主に舞台で活躍するトム・コートネイ。ジーンとのちょっとややこしい関係に悩む姿を見せてくれます。
ムードメーカーのシシーにはポーリーン・コリンズ。ちょっとボケかけたところのあるシシーが思いっきり可愛く感じるような演技を見せてくれて、彼女がいるからこの映画が引き立っています。
女性とユーモアを愛するウィルフにはビリー・コノリー。大英帝国勲章を受賞しているだけあって、気品あふれる姿を見せてくれます。

3. 名作オペラからクラシック、ジャズの名曲の数々
ヴェルディの「椿姫」「リゴレット」など名作オペラからクラシック、ジャズの名曲の数々が随所に登場し、ものすごく贅沢な94分です。

ソプラノ歌手ギネス・ジョーンズほか名音楽家たちが実際に登場していて、エンドクレジットのときに紹介してくれて、映画館が明るくなるまで見逃せません。
あの役の人がやたら歌がうまかったのは、そういう経験があったからだったんだ、と思い、もう一度映画が見たくなりました。

マギー・スミス、トム・コートレイほかイギリスを代表する名優たちと名音楽家たちとの共演。名作オペラなど名曲の数々。ものすごく贅沢な94分で、時間が経つのがあっという間です。
この作品を映画館で見ることができてよかったとつくづく思いました。

「カルテット!人生のオペラハウス」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。