10月31日はハロウィン。ハロウィンにはどのホラー映画が見たくなりますか?

Pocket




10月31日はハロウィン。ハロウィンにはどのホラー映画が見たくなりますか?

ハロウィンに見たくなるホラー映画といえばジョン・カーペンター監督「ハロウィン」、ショーン・S・カニンガム監督「13日の金曜日」、ウェス・クレイヴン監督「エルム街の悪夢」「スクリーム」、ジェームズ・ワン監督「SAW ソウ」、アンディ・ムスキエティ監督「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」など。
halloween03
ハロウィンにはどのホラー映画が見たくなりますか?

「ハロウィン」(原題 Halloween)
%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3
ジョン・カーペンター監督か田舎町で起こる怪奇な事件を描いたホラー映画の金字塔。
1979年8月18日(土)公開。
1963年10月31日のハロウィンの夜。少年マイケルが母と姉を刺殺し精神病院に入れられる。それから15年後マイケルが病院から脱走し担当医のルーミスが彼を追う…
低予算ながらシンプルな構成とスタイリッシュな演出で1980年代に流行した殺人鬼映画の先駆けとして大ヒット。
2002年までに8作の続編が製作され、2007年には再びリメイク。

「13日の金曜日」(原題 Friday the 13th)
13%e6%97%a5%e3%81%ae%e9%87%91%e6%9b%9c%e6%97%a5
ショーン・S・カニンガム監督が忌まわしい過去を持つキャンプ場で起こる殺人事件を描いたスプラッター・ホラーの金字塔。
1980年8月15日(土)公開。
ようこそクリスタル・レイクへ。ここは忌まわしい過去をもつ、呪われたキャンプ場。ロマンチックな満月の夜、愛欲に溺れるキャンプ指導員が1人また1人と血祭りに上げられていく…
若きケビン・ベーコンも出演するなど魅力的なキャスト陣に、猟奇的ストーカーによる斬新な殺害方法、その息子を溺愛する母親など、観る者に強烈な印象と恐怖を与え続けてくれました。
その後2003年の「フレディVSジェイソン」まで11作の続編や模倣作も続々誕生。

「エルム街の悪夢」(原題 A Nightmare on Elm Street)
%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%a0%e8%a1%97%e3%81%ae%e6%82%aa%e5%a4%a2
ウェス・クレイヴン監督が夢の中で人々を襲う殺人鬼、フレディ・クルーガーの恐怖を描いたホラー。
1986年5月24日(土)公開。
鋼鉄の爪を持った男・フレディに追われる悪夢から目覚めた高校生のナンシーの体には夢の中で負ったはずの傷が残っていた…
夢の中で殺されると本当に死んでしまうというフレディの絶対的なパワーは風貌や惨殺のビジュアルと共に圧倒的迫力を生み、1980年代を代表するヒット・シリーズとなり、1994年の「エルム街の悪夢 ザ・リアルナイトメア」まで6作の続編が公開され、2010年にはリブート版も公開。

「スクリーム」(原題 Scream)
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0
ウェス・クレイヴン監督がネーヴ・キャンベル主演で田舎町で起こったサイコキラーの狂気を描いたホラー。
1997年8月23日(土)公開。
絵のように美しい小さな町の住人たちが恐怖映画に異常な愛情を注ぐ狡猾なサイコキラーに命を狙われる。この死神の仮面をかぶった殺人鬼はホラー映画を真似ながら現実世界を恐怖に陥れていく…
飽きられかけていたスプラッター映画が1990年代半ばに再び復活させ、「スクリーム4: ネクスト・ジェネレーション」まで3作の続編が製作。

「リング」
%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0
鈴木光司のベストセラー小説中田秀夫監督松嶋菜々子主演で呪いが込められたビデオテープの恐怖を描いたホラー。
1998年1月31日(土)に公開され、興収10億円。
観た者は1週間後に死んでしまうという呪いのビデオテープをめぐって、テレビレポーターの浅川玲子と元夫の鷹山が翻弄されていく…
大ヒット作としてジャパニーズホラーブームの火付け役となった作品で、「貞子3D2」まで5作品の続編が製作、ハリウッドでもリメイクされました。

「SAW ソウ」(原題 SAW)
saw
ジェームズ・ワン監督が密室に閉じ込められた2人の男性の恐怖を描いた恐怖の限界に挑むソリッド・シチュエーション・スリラー。
2004年10月30日(土)公開。
目が覚めると、老巧化したバスルームに横たわり、足首には鋼鉄の鎖、対角線上にはもう一人の男、そして間には自殺死体…という理解不能な状況におかれた二人の男と、連続殺人犯を追う刑事を描く…
低予算ながら視聴者の意表をついて翻弄する技巧的なストーリー展開で好評を博し、「ソウ ザ・ファイナル3D」まで6作の続編が製作。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」(原題 IT)

スティーヴン・キングの小説を「MAMA」のアンディ・ムスキエティが監督・脚本ビル・スカルスガルドジェイデン・リーベラー共演で映画化したホラー。
2017年11月3日(祝・金)に公開され、興収22億円。
静かな田舎町に突然現れた”それ”がピエロの姿を借り、子どもたちの命を狙う…
1986年に発刊され、30年にわたって世界中の読者を震え上がらせてきたスティーヴン・キングのホラー小説の傑作を見事に映画化。
「スタンド・バイ・ミー」を彷彿させる青春ドラマに”それ”の恐怖を描いたホラーを融合。ドキドキワクワクさせてくれます。

ハロウィンにはどのホラー映画が見たくなりますか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です