エド・マクベインの小説を黒澤明が監督・脚本、三船敏郎、仲代達矢共演で映画化したサスペンスの傑作「天国と地獄」、NHK BSプレミアムで10月9日(火)放送。





エド・マクベインの小説黒澤明が監督・脚本三船敏郎仲代達矢共演で映画化したサスペンスの傑作「天国と地獄」、NHK BSプレミアムで10月9日(火)放送。

エド・マクベインの小説黒澤明が監督・脚本三船敏郎仲代達矢共演で映画化したサスペンスの傑作「天国と地獄」
1963年3月1日(土)に公開され、配収4.6億円。
疾走する列車内で繰り広げらる誘拐犯と警察捜査陣の息つまる対決を描く…

ナショナル・シューズの権藤専務は、自分の息子と間違えられて運転手の息子が誘拐され、身代金3千万円を要求される。苦悩の末、権藤は運転手のために全財産を投げ出して3千万円を用意する。無事子どもは取り戻したが、犯人は巧みに金を奪い逃走してしまい、権藤自身は会社を追われてしまう…

エド・マクベインの小説「キングの身代金」黒澤明が監督・脚本を手掛けて映画化。
ナショナル・シューズの専務の権藤金吾には三船敏郎
誘拐事件の捜査担当主任の戸倉警部には仲代達矢、権藤の妻の伶子には香川京子
山崎努木村功三橋達也志村喬ほかが共演。

登場人物たちの心理描写を描いた重厚な人間ドラマ。巧妙な脚本と独自の映像センス。黒澤明監督が緊張感あふれる演出で描いたサスペンスの傑作です。

★「天国と地獄」
NHK BSプレミアム
10月9日(火)
13:00~15:25



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です