大杉漣の最後の主演・初プロデュース作、6人の死刑囚と対話する教誨師の男を描いた人間ドラマ「教誨師」、10月6日(土)からスバル座ほか全国順次公開。

Pocket




大杉漣の最後の主演・初プロデュース作、6人の死刑囚と対話する教誨師の男を描いた人間ドラマ「教誨師」、10月6日(土)からスバル座ほか全国順次公開。

受刑者の道徳心の育成や心の救済を行う教誨師の中でも死刑囚専門の牧師の佐伯が死刑囚たちと向き合う苦悩を描く…

受刑者の道徳心の育成や心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く教誨師。死刑囚専門の教誨師である牧師の佐伯は、独房で孤独な生活を送る死刑囚たちの良き理解者だった。6人の死刑囚たちに寄り添い対話を重ねる中、自分の思いがしっかりと届いているのか、彼らを安らかな死へと導くことは正しいことなのかと葛藤し、自身も過去と向き合っていく…

名バイプレイヤーとして知られる大杉漣最後の主演作で初プロデュース作の人間ドラマ。「ランニング・オン・エンプティ」の佐向大が監督・脚本
教誨師の中でも死刑囚専門の牧師の佐伯には大杉漣
死刑囚には光石研烏丸せつこ古舘寛治ほか。

生きるとは何か。罪とは何か。底の知れない淵を覗き見てしまったような骨太な人間ドラマ。大杉漣の最後の演技をかみしめたくなります。

「教誨師」公式サイト

「教誨師」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です