ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ共演のラブ・ストーリー「キャロル」の最新予告編はもう見ましたか?

Pocket

トッド・ヘインズ監督ケイト・ブランシェットルーニー・マーラ共演で女性同士の美しい恋を描いたラブ・ストーリー「キャロル」(原題 Carol)、2016年2月11日(木)公開決定。
最新予告編が公開されていますが、もう見ましたか?
キャロル
1950年代のニューヨークを舞台にデパートで働く若い女性テレーズと年上女性キャロルの物悲しい関係を描く…
アカデミー賞の前哨戦ともいわれる第81回ニューヨーク映画批評家協会賞で作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞の最多4部門を受賞。

1952年のニューヨーク。フォトグラファーを夢見ながら百貨店のおもちゃ売り場で働くテレーズは客として訪れた人妻キャロルの美しさに目を奪われる。ひょんなことから交流を始めると互いに心ひかれ合うようになり、やがて2人きりで旅行に出発する…

「太陽がいっぱい」の小説家パトリシア・ハイスミスの1952年の小説を「アイム・ノット・ゼア」のトッド・ヘインズ監督が映画化。
デパートで働く若い女性テレーズにはルーニー・マーラ
離婚争議中の年上女性キャロルにはケイト・ブランシェット
carol
アカデミー賞の前哨戦ともいわれる第81回ニューヨーク映画批評家協会賞で作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞の最多4部門を受賞。
第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、ルーニー・マーラが最優秀主演女優賞を受賞。

ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ共演の美しくも悲しい恋。アカデミー賞有力候補とも言われていて、どんな恋が描かれるのか、楽しみです。

「キャロル」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です