2015年洋画興行収入ランキング発表!!ランキングの作品のうち何本を見ましたか?

Pocket

2015年映画興行収入ランキングが発表!!
14493161393630
1位は大人気シリーズの第4弾「ジュラシック・ワールド」の92億円。
2位は「ベイマックス」の91億円、3位は「シンデレラ」の57億円、4位は「ミニオンズ」の50億円、5位は「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」の50億円、6位は「インサイド・ヘッド」の40億円でした。
ベスト10の作品のうち何本を見ましたか?

1位「ジュラシック・ワールド」(原題 Jurrasic World)
8月7日(金)に公開され、興収92億円。
ジュラシック・ワールド
新鋭コリン・トレボロウが監督と共同脚本スティーブン・スピルバーグが製作総指揮の大人気シリーズの第4弾。
オリジナル版から22年後のイスラ・ヌブラル島を舞台に、遺伝子組換えで創造した新しい恐竜たちが反乱する…
クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ニック・ロビンソン、タイ・シンプキンスほかが共演。
究極の3Dアトラクション・ムービー!!「ジュラシック・パーク」の流れを汲みながらさらにパワーアップ!!

2位「ベイマックス」(原題 Big Hero 6)
2014年12月20日(土)に公開され、興収91億円。
ベイマックス03
ディズニーがマーベル作品を初めてCGアニメ化したファンタジー・アドベンチャー。
日本のヒーローチームを描いたマーベルのアメコミ”Big Hero 6″を原作に、架空都市サンフランソーキョーを舞台に14歳の天才少年ヒロと戦わないことを運命づけられた優しすぎるロボットのかけがえのない絆と限りない勇気を描く…
第87回アカデミー賞でアニメーション映画賞を受賞。
“ベイマックス”のつぶらな瞳は日本の鈴をイメージしてデザインされていて、作品の随所に日本文化へのインスパイアがちりばめられていて、感動させてくれます。

3位「シンデレラ」(原題 Cinderella)
4月25日(土)に公開され、興収57億円。
シンデレラ
シャルル・ペローの童話をディズニーがリリー・ジェームズ主演、ケネス・ブラナー監督で新しい解釈の元で実写映画化。
ケネス・ブラナー監督が新解釈で実写映画化。「本当の魔法は、あなたの勇気」ガラスの靴やカボチャの馬車に代表されるロマンティックなイメージはそのままに、シンデレラの勇気と優しさから生まれる”奇跡の愛”が感動的に描かれます…

4位「ミニオンズ」(原題 Minions)
7月31日(金)に公開され、興収50億円。
ミニオンズ
「怪盗グルー」シリーズで大人気の謎の生物ミニオンたちが主人公のアニメーション。
正体不明の愛くるしいキャラクター、ミニオンたちの秘密やグルーとの出会いなどが明らかになる…
監督はピエール・コフィン、カイル・バルダ。
あの不思議な生き物のミニオンたちがさらにパワーアップ!!笑わせてくれます。

5位「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」(原題 Mission Impossible: Rogue Nation)
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
トム・クルーズ主演、クリストファー・マッカリー監督のシリーズ第5弾。
8月7日(金)公開に公開され、興収50億円。
イーサン・ハントたちが所属するIMFの解体が危機が迫る中、訓練されたならず物組織(ローグ・ネイション)”シンジケート”の壊滅というミッションに挑む…
トム・クルーズのアクションがさらにパワーアップ!!サイモン・ペッグとジェレミー・レナーとのさらに強くなった絆や謎のスパイを演じるレベッカ・ファーガソンの妖艶な演技など新しい魅力が加わり、最後まで思いっきり楽しめます。

6位「インサイド・ヘッド」(原題 Inside Out)
インサイド・ヘッド
ディズニー/ピクサーの2年ぶりの新作、無限に広がる頭の中の世界で”5つの感情たち”が繰り広げる感動の冒険ファンタジー。
7月18日(土)公開に公開され、興収40億円。
「カールじいさんの空飛ぶ家」でアカデミー賞長編アニメ映画を受賞したピート・ドクター監督が11歳の少女の成長過程で誰にでも訪れる変化を描く…
ヨロコビを始めとした”5つの感情たち”をピクサーならではの映像で表現していて、楽しめます。

7位「ワイルド・スピード SKY MISSION」(原題 Furious 7)
ワイルド・スピード SKY MISSION_02
ポール・ウォーカーの遺作となった大人気の「ワイルド・スピード」シリーズの最新作。
4月17日(金)に公開され、興収34億円。

8位「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」(原題 Avengers: Age of Ultron)
アベンジャーズ_エイジ・オブ・ウルトロン
キャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソーほかマーベル・ヒーロー大集結の続編。
7月4日(土)に公開され、興収31億円。

9位「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(原題 Terminator: Genisys)
ターミネーター:新起動/ジェニシス03
アーノルド・シュワルツェネッガーが12年ぶりに復帰したシリーズ最新作。
7月10日(金)に公開され、興収26億円。

10位「テッド2」
テッド2
世界一ダメなテディベアが大活躍(?)する大人気コメディの続編。
8月26日(金)に公開され、興収25億円。

ベスト10の作品のうち何本を見ましたか?

情報元: 年間映画興行収入ランキング 2015年(平成27年)日本国内 1位~50位



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です