5月13日は「カクテルの日」。”カクテル”といえばやはりトム・クルーズ主演の青春映画「カクテル」!!

Pocket

5月13日は「カクテルの日」
アメリカの雑誌「バランス」の1806年5月13日号で”カクテル”という名称が初めて使われました。
カクテル
“カクテル”といえばやはり1989年公開のトム・クルーズ主演の青春映画「カクテル」(原題 Cocktail)
野望を抱きニューヨークにやってきた若き青年のブライアンが挫折を乗り越え、真実の愛をつかむまでを描いた青春映画。
音楽に合わせてカクテルをつくるパフォーマンスが話題になり、ビーチ・ボーイズボビー・マクファーリンザ・ジョージア・サテライツの音楽が大ヒット!!

兵役を終えたブライアンは、ニューヨークでバーテンダーのバイトをすることになり、オーナーのダグとコンビを組んでのカクテル作りのパフォーマンスが好評を得るが、やがて二人は仲違いし、別々の道と恋を歩む…

ブライアンにはトム・クルーズ
ダグにはブライアン・ブラウン、ブライアンが恋するジョーダン・ムーニーにはエルザベス・シュー
監督は「ダンテズ・ピーク」、「13デイズ」のロジャー・ドナルドソン

ビーチ・ボーイズの「ココモ」

ボビー・マクファーリンの「ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー」

ザ・ジョージア・サテライツの「ヒッピー・ヒッピー・シェイク」

「カクテル」のサントラも大ヒット!!試聴もできます。

この映画の魅力はなんといってもカクテルを作るパフォーマンスを披露するトム・クルーズの瑞々しい演技と音楽。
賛否両論ありますが、ミュージック・ビデオとして楽しむだけの価値があり、軽い気持ちで楽しめる作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です