ダイアナ・ウィン・ジョーンズの児童文学をスタジオジブリ初の長編3DCGアニメとして映像化した「劇場版 アーヤと魔女」、8月27日(金)公開。

Pocket




ダイアナ・ウィン・ジョーンズの児童文学スタジオジブリ初の長編3DCGアニメとして映像化した「劇場版 アーヤと魔女」、8月27日(金)公開。

身寄りのない少女アーヤがベラ・ヤーガと名乗る魔女と出会い、魔法を教えてもらうことを条件に助手として働きだす…

孤児として育った10歳のアーヤはベラ・ヤーガと名乗るド派手な女とマンドレークという長身男の怪しげな2人組に引き取られることになる。魔女だというベラ・ヤーガは手伝いがほしかったからアーヤを引き取ったと言い、魔法を教えてもらうことを条件にアーヤはベラ・ヤーガの助手として働きだす…

「ハウルの動く城」のダイアナ・ウィン・ジョーンズの児童文学宮崎駿が企画宮崎吾朗が監督を務め、スタジオジブリ初の長編3DCGアニメとして映像化。

声の出演はアーヤには若手女優の平澤宏々路、魔女ベラ・ヤーガには寺島しのぶ、謎の男マンドレークには豊川悦司、黒猫のトーマスには濱田岳


2020年12月30日にNHK総合で放送されたテレビ放送版に新カットなどを追加した劇場版として公開。

「劇場版 アーヤと魔女」公式サイト

「劇場版 アーヤと魔女」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です