デヴィッド・フィンチャー監督がゲイリー・オールドマン主演で脚本家のマンクの半生を描いたドラマ「Mank/マンク」、11月20日(金)から先行劇場公開。

Pocket




デヴィッド・フィンチャー監督ゲイリー・オールドマン主演で脚本家のマンクの半生を描いたドラマ「Mank/マンク」(原題 Mank)、11月20日(金)から先行劇場公開、12月4日(金)からNetflixで配信。

アルコール依存症の脚本家ハーマン・J・マンキウィッツが「市民ケーン」の仕上げを急いでいた頃の1930年代のハリウッドを、機知と風刺に富んだ彼の視点から描く…

アルコール依存症に苦しみながらも、社会を鋭く風刺し続けた脚本家のマンクは、のちに不朽の名作となる『市民ケーン』の脚本の仕上げに追われていた…

映画史に燦然と輝くオーソン・ウェルズ監督・製作・主演の名作「市民ケーン」でアカデミー賞脚本賞を受賞した脚本家”マンク”ことハーマン・J・マンキーウィッツの半生を「セブン」、「ソーシャル・ネットワーク」のデヴィッド・フィンチャー監督が映画化。
脚本家のマンクにはゲイリー・オールドマン
アマンダ・セイフライドリリー・コリンズアーリス・ハワードトム・ペルフリーサム・トラウトンフェルディナンド・キングズレータペンス・ミドルトントム・バークチャールズ・ダンスほかが共演。

名作「市民ケーン」へのオマージュも散りばめつつ、機知と風刺に富んだマンクの視点から描かれる名作誕生の壮絶な舞台裏と、ハリウッド黄金期の光と影。

「Mank/マンク」公式サイト

「Mank/マンク」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です