4月1日は竹内結子の誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

Pocket




4月1日は竹内結子の誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

竹内結子は1980年4月1日に埼玉県で生まれました。
NHK連続テレビ小説「あすか」「白い影」などTVドラマで幅広く活躍し、映画にも進出し、「いま、会いにゆきます」に主演。
他にも「チーム・バチスタの栄光」「はやぶさ/HAYABUSA」「ステキな金縛り」「ストロベリーナイト」「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」「長いお別れ」などに出演してきました。
竹内結子_lee

竹内結子の主な出演作品は次の通りです。
「いま、会いにゆきます」
いま、会いにゆきます
市川拓司の小説土井裕泰監督中村獅童共演で死んだはずの妻が現れ、夫と息子と送る奇妙な共同生活を描いたラブ・ファンタジー。
2004年10月30日(土)に公開され、興収48億円。
梅雨が訪れたある日、6歳の息子と暮らす巧の前に病気で死んだ妻の澪が現われた。巧たちは彼女を迎え入れ、再び家族としての生活を過ごす…
竹内結子は秋穂澪を演じ、病気で亡くなっていながらも、6週間の雨の季節に残された夫と息子の前に現れる…
シンプルでまっすぐな家族愛が描かれた心温まるラブ・ファンタジー。竹内結子、中村獅童の透明感あふれる演技が光ります。

「チーム・バチスタの栄光」

現役医師の海堂尊による大ベストセラー医療ミステリー中村義洋監督阿部寛共演で映画化したミステリー。
2008年2月9日(土)に公開され、興収15.6億円。
難易度の高い心臓手術専門の精鋭集団”チーム・バチスタ”に起きた不可解な連続術中死の真相を暴くため、門外漢の心療内科医・田口と切れ者の役人・白鳥のふたりが調査を開始する…
竹内結子は門外漢の心療内科医の田口を熱演。
医療現場のリアルな描写と予測不能な展開は最後まで楽しませてくれます。
続編として2009年「ジェネラル・ルージュの凱旋」(興収9億円)が公開。

「はやぶさ/HAYABUSA」
はやぶさ/HAYABUSA
堤幸彦監督が2010年6月に地球へ帰還を果たした小惑星探査機<はやぶさ>に関わった人々の姿を描いた実話ドラマ。
2011年10月1日(土)に公開され、興収5億円。
2003年に飛び立ち、小惑星のイトカワからサンプルの採取に成功した小惑星探査機「はやぶさ」の挑戦を描く…
竹内結子は若い研究生の水沢恵を熱演。
「はやぶさ」プロジェクトに携わる人々の夢や想いがひしひしと伝わってきて、結末はわかっていても、ドキドキワクワクし、最後には感動!! 夢を持つこと、信じること、努力することの大切さが伝わってきます。

「ステキな金縛り」
ステキな金縛り02
三谷幸喜が監督、脚本深津絵里西田敏行共演で描いた法廷幽霊コメディ。
2011年10月29日(土)に公開され、興収42.8億円。
失敗続きで後がない三流弁護士のエミは、資産家の妻殺しの容疑で捕まった男の弁護を担当することになる…
竹内結子は被告人の妻の矢部鈴子と姉の日野風子の双子を熱演。
三谷幸喜監督らしい、思いっきり笑えて、感動できて、何度でも見たくなる、ファンタジックな法廷幽霊コメディです。

「ストロベリーナイト」
ストロベリーナイト
誉田哲也の人気警察小説シリーズを原作にした大人気TVドラマの劇場版。TVドラマに引き続き佐藤祐市監督
2013年1月26日(土)に公開され、興収21.5億円。
シリーズ4作目「インビジブルレイン」を基に連続殺人事件の謎を追う女刑事の姫川玲子と、彼女率いる姫川班を待ち受ける最大の試練を描く…
竹内結子は警視庁捜査一課の姫川玲子を演じ、4人の殺人事件を担当することになる…
TVシリーズをさらにパワーアップ。竹内結子の演技がさらに光る作品です。

「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」
残穢
第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美の小説中村義洋監督橋本愛共演で映画化したミステリー・ホラー。
2016年1月30日(土)に公開され、興収5.2億円。
読者の女子大生から「今住んでいる部屋で、奇妙な音がする」という手紙を受け取ったミステリー小説家が、二人で異変を調査するうちに驚くべき真実にたどり着く…
竹内結子はミステリー小説家である「私」を演じ、ある真相にたどり着くが、さらなる事件に巻き込まれていく…
実話とフィクション、現在と過去が複雑に絡み合い、部屋、土地、時代を超えて連鎖する恐怖。ホラーというよりは推理サスペンスといった内容ですが、ジャパン・ホラー久々の佳作です。

「長いお別れ」

中島京子の小説を「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太監督山崎努蒼井優共演で映画化した認知症を患う父親とその家族の姿を描いた家族ドラマ。
2019年5月31日(金)に公開され、興収0.6億円。
認知症を患った父親と献身的に支える母、そして人生の岐路に立たされる2人の娘の7年間を紡いでいく…
竹内結子は長女の麻里を演じ、認知症を患う父の姿に戸惑いながらも、向き合っていく…
すべてを忘れていく父とその家族の、お別れまでの7年間。忘れるごとに深まっていく家族の愛には感動させられ、これからさらに進む高齢化社会について考えさせられます。

他にも「ふしぎな岬の物語」、「殿、利息でござる!」、「クリーピー 偽りの隣人」などに出演し、これからのさらなる活躍が期待される竹内結子。出演作でどの作品が好きですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です