阪神・淡路大震災から25年。1995年映画配給収入ランキングのトップ10でどの作品を見ましたか?

Pocket




阪神・淡路大震災から25年1995年映画配給収入ランキングのトップ10でどの作品を見ましたか?

1995年(平成7年)1月17日5時46分52秒に淡路島北部沖でM7.4の大地震が発生、大被害をもたらしました。
1995年の映画配給収入ランキングの1位はブルース・ウィリス主演「ダイ・ハード3」の48億円。
2位はキアヌ・リーヴス主演「スピード」の45億円、3位はトム・ハンクス主演「フォレスト・ガンプ/一期一会」38.7億円、続いてクリント・イーストウッド監督・主演「マディソン郡の橋」23億円、ケヴィン・コスナー主演「ウォーターワールド」21億円、トム・ハンクス主演「アポロ13」20億円…
トップ10でどの作品を見ましたか?
阪神・淡路大震災で亡くなられた方には心よりご冥福をお祈りします。

1995年映画配給収入ランキングのトップ10は次の通りです。
1位「ダイ・ハード3」(原題 Die Hard: With a Vengeance)

ブルース・ウィリス主演、ジョン・マクティアナン監督のシリーズ第3作。サミュエル・L・ジャクソンジェレミー・アイアンズ共演。
1995年7月1日(土)に公開され、配収48億円。
ニューヨークを舞台にテロリストの爆破計画にジョン・マクレーン刑事が立ち向かう…
五番街のド真ん中で爆発が起きるオープニングから、次々と二人に降りかかる危機また危機で飽きさせない展開。ニューヨークで繰り広げられるジョン・マクレーン刑事の”ダイ・ハード”ぶりが楽しめます。

2位「スピード」(原題: Speed)

キアヌ・リーヴスサンドラ・ブロック共演、ヤン・デ・ボン監督のノンストップ・アクション。
1994年12月3日(土)に公開され、配収45億円。
減速すると爆発する爆弾を仕掛けられたバスに乗り合わせた乗客を救うべく、SWAT隊員のジャックが奔走する…
サンドラ・ブロック、キアヌ・リーヴスの名を一躍有名にした超ヒット作。何度見てもドキドキワクワクさせてくれるアクション映画の名作です。

3位「フォレスト・ガンプ/一期一会」(原題 Forrest Gump)

ロバート・ゼメキス監督トム・ハンクス主演でアメリカの激動する歴史を駆け抜けた青年フォレストの青春を描いたヒューマン・ドラマ。
1995年3月11日(土)に公開され、配収38.7億円。
頭は弱いが俊足と誠実さは人一倍のフォレスト・ガンプがアメリカ現代史のさまざまな事件に関りつつ波乱万丈の人生を送る…
第67回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚色賞、トム・ハンクスが主演男優賞、編集賞、視覚効果賞の6部門を受賞。
30年間にわたる文化や風俗、時代を象徴する事件などが興味深く再現され、当時のヒット曲がそれぞれの時代感を鮮やかに彩っている。デジタル合成を駆使して、当時の有名人たちとガンプが共演を果たしているのも見所です。

4位「マディソン郡の橋」(原題 The Bridges of Madison County)

世界中で大ベストセラーとなった小説をクリント・イーストウッドが監督・主演メリル・ストリープ共演で映画化したラブ・ストーリー。
1995年9月1日(土)に公開され、配収23億円。
アイオワ州マディソン群の片田舎に住む主婦と橋を撮りに訪れた中年カメラマンとの4日間という短くも燃えるような恋を描く…
全編アイオワ州マディソン郡で撮影された映像は詩的な美しさに満ちあふれ、クリント・イーストウッドとメリル・ストリープの名演が光る大人のラブ・ストーリーです。

5位「ウォーターワールド」(原題 Waterworld)

ケヴィン・コスナー主演、ケヴィン・レイノルズ監督の海洋アドベンチャー・アクション。
1995年8月26日(土)に公開され、配収21億円。
地球温暖化で全ての陸地が海に沈んだ世界、夢を探し求める男と希望を捨てない女、そして驚くべき秘密を持つ少女は、伝説の陸地”ドライ・ランド”を目指して旅に出る…
壮大なスケールで描かれた海洋アドベンチャー・アクションが楽しめます。

6位「アポロ13」(原題 Apollo 13)

実際に起こったアポロ13号の事故をロン・ハワード監督トム・ハンクス主演でフィクションとノンフィクションを巧みに組み合わせて映画化したドラマ。
1995年7月25日(土)に公開され、配収20億円。
月へ打ち上げられたアポロ13号に爆発事故が発生。ジム・ラヴェル船長ほか宇宙飛行士とヒューストンのスタッフたちが総力を挙げ、地球への無事帰還を目指す…
第68回アカデミー賞で編集賞、音響賞の2部門受賞。
トム・ハンクスを始めとする名優の迫真の演技とロン・ハワードならではのストーリー展開と映像。何度見ても感動させてくれます。

7位「耳をすませば」

柊あおいのコミック近藤喜文が監督宮崎駿が脚本・絵コンテスタジオジブリ製作でアニメ化した青春ドラマ。
1995年7月15日(土)に公開され、配収18.5億円。
本が大好きな中学3年生の月島雫とバイオリン職人を目指す天沢聖司の淡い恋をファンスティックに描く…
進路に悩み、恋に戸惑いながら未来に向かって正直に進んでいこうとする思春期の少年少女たちの姿が清々しく描かれていて、ピュアな気持ちが詰まった名作です。

8位「マスク」(原題 The Mask)

ジム・キャリー主演、チャールズ・ラッセル監督で緑の怪人”マスク”が巻き起こす騒動を描いたスーパーSFXコメディ。
1995年2月25日(土)に公開され、配収18億円。
謎めいた緑色のマスクを拾った男が緑の怪人”マスク”となって巻き起こす騒動を描く…
目玉や心臓が飛び出すなど漫画的なオーバーアクションを実写で表現したスラップスティック・コメディ。話のテンポが非常によく、笑いのセンスにも偏りがなく、楽しめます。ジム・キャリーの魅力が全開です。

9位「ゴジラvsスペースゴジラ」

橋爪淳小高恵美共演でG細胞から誕生した最強の敵スペースゴジラとゴジラの大迫力の激闘を描いたシリーズ第21作。監督は山下賢章特技監督は川北紘一
1994年12月10日(土)に公開され、配収16.5億円。
ゴジラとブラックホールから生まれた宇宙怪獣・スペースゴジラ、そして対ゴジラ兵器モゲラの三つ巴の闘いを繰り広げる…
監督、脚本、音楽をシリーズ初のメンバーで固めていて、ある意味で新鮮な雰囲気で、福岡で繰り広げられるゴジラとスペースゴジラの死闘が楽しめます。

10位「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様」

渥美清主演、山田洋次監督の「男はつらいよ」シリーズ第47作。吉岡秀隆が共演、マドンナはかたせ梨乃牧瀬里穂
1994年12月23日(土)に公開され、配収15.5億円。
満男は大学の先輩の住む長浜を訪れ、先輩の妹の奈穂と出会い、寅次郎は琵琶湖畔で撮影旅行をしている主婦の典子と出会う…
「失恋は男の勲章よ」渥美清の体力の衰えが目立ち、話の中心が寅次郎から満男に移り、寅次郎と満男のそれぞれの”淡い恋”が楽しめます。

阪神・淡路大震災で亡くなられた方には心よりご冥福をお祈りします。あの日のことは決して忘れない…
1995年映画配給収入ランキングのトップ10でどの作品を見ましたか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です