佐藤浩市、渡辺謙共演で2011年に発生した東日本大震災、福島第一原発事故を描いた「Fukushima 50」の特報映像が公開。

Pocket




佐藤浩市渡辺謙共演で2011年に発生した東日本大震災、福島第一原発事故を描いた「Fukushima 50」、2020年3月公開。
特報映像が公開されましたが、見ましたか?

2011年の東日本大震災で津波に襲われメルトダウンを起こした福島第一原発の作業員たちの真実に迫る…

2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災が発生。福島第一原発は危機的状況に陥る。事故対応のため死を覚悟して発電所に残り、世界中のメディアから”Fukushima 50″(フクシマフィフティ)と呼ばれた福島出身の作業員たちの真実を描き出す…

ジャーナリストの門田隆将が2011年に発生した東日本大震災、福島第一原発事故の90人以上の関係者への取材をもとにつづったノンフィクション本「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を「沈まぬ太陽」の若松節朗が監督、「軍師官兵衛」の前川洋一が脚本を手掛けて映画化。

福島第一原発1・2号機当直長の伊崎利夫には佐藤浩市、福島第一原発所長の吉田昌郎には渡辺謙
5・6号機当直副長の前田拓実には吉岡秀隆、緊急時対策室総務班の浅野真理には安田成美
緒形直人火野正平平田満萩原聖人吉岡里帆斎藤工富田靖子佐野史郎ほかが共演。


原発内に残り続けた現場の50人は”Fukushima 50″と呼ばれた…

「Fukushima 50」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。