7月30日はアーノルド・シュワルツェネッガーの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

Pocket




7月30日はアーノルド・シュワルツェネッガーの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

アーノルド・シュワルツェネッガーは1947年7月30日にオーストリアで生まれました。
ボディビルダーとして活躍し、その後俳優に転向。
1982年「コナン・ザ・グレート」(原題: Conan the Babarian)でコナンを演じて、一躍人気スターの仲間入り。
コナン・ザ・グレート
「ターミネーター」が大ヒットし、「プレデター」「トータル・リコール」「トゥルーライズ」などに出演。

代表作としては次の通りです。
「ターミネーター」(原題 Terminator)
ターミネーター
ジェームズ・キャメロン監督が近未来から送り込まれたターミネーターとの戦いを描いた近未来SFアクション。
1985年5月25日(土)に公開され、配収5.6億円。
未来の革命軍リーダーを抹殺するため、近未来から送り込まれた殺人機ターミネーター”T-800″がリーダーの母となるサラを追い詰める…
アーノルド・シュワルツェネッガーは殺人機ターミネーター”T-800″を演じ、人気を不動のものに。
時空を超えたロマンスを織り交ぜながら展開する緊迫感あふれるアクションの連続。傑作です。

続編として「ターミネーター2」(原題 Terminator 2: Judgment Day)が1991年8月24日(土)に公開され、配収57.5億円。
ターミネーター2
前作と同じくジェームズ・キャメロンが監督。
機械軍は人間軍の指導者となるジョン・コナーを少年のうちに殺すため1994年のロサンゼルスに新型ターミネーター”T-1000″を送り込み、人間軍は阻止するため旧型ターミネーター”T-800″を送り込む…
ジェームズ・キャメロン監督らしいアクションの連続で何度見てもドキドキワクワクします。

「ターミネーター3」(原題 Terminator 3: Rise of the Machines)は2003年7月12日(土)に公開され、興収82億円。
ターミネーター3
「U-571」のジョナサン・モストウが監督
“T-1000”の事件から10年、青年となったジョン・コナーの前に更なる新型ターミネーター“T-X”が送り込まれる…
アーノルド・シュワルツェネッガー演じるターミネーターT-850の活躍。前2作とは違ったアクションが楽しめます。

「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(原題 Terminator: Genisys)は2015年7月11日(土)に公開され、興収27.4億円。
ターミネーター:新起動04
サラ・コナーとターミネーターT-800は人工知能”ジェニシス”の反乱による人類滅亡の「審判の日」を止めることができるのか!?
人類の未来に立ちはだかる人間でも機械でもない史上最強の新型ターミネーターとの戦い。12年ぶりの復帰作となるアーノルド・シュワルツェネッガーのアクションが楽しめます。

「プレデター」 (原題 Predator)
プレデター
ジョン・マクティアナン監督エイリアンとコマンド部隊の戦いを描いたSFアクション。
1987年6月28日(土)に公開され、配収7.3億円。
要人を救出するためジャングルに派遣されたコマンド部隊が宇宙から来た肉食エイリアンと死闘を繰り広げる…
アーノルド・シュワルツェネッガーはコマンド部隊のリーダーのダッチ・シェイファーを演じ、見えない敵を相手に戦う…
見えない敵を相手に戦うアーノルド・シュワルツェネッガー。何度見てもドキドキハラハラ楽しめる作品です。

「ツインズ」(原題 Twins)
ツインズ
アイヴァン・ライトマン監督ダニー・デヴィート共演で描いたコメディ。
1989年8月5日(土)に公開され、配収12.4億円のヒット。
人工授精によって生まれた双子の兄弟のジュリアスとヴィンセントが35年ぶりに再会を果たし、母親探しの旅へ出掛ける…
アーノルド・シュワルツェネッガーが本格的なコメディに初挑戦し、パーフェクトな子供として生まれたジュリアスを感情豊かに演じ、ステップアップを図った記念すべき作品です。

アイヴァン・ライトマン監督とは1991年「キンダガートン・コップ」(配収8億円)、1994年「ジュニア」(配収8.2億円)でもタッグを組み、コメディ作品に出演。

「トータル・リコール」 (原題 Total Recall)
トータル・リコール_1990
ポール・バーホーベン監督がフィリップ・K・ディックのSF小説「記憶売ります」を映画化したSFハード・アクション。
1990年12月1日(土)に公開され、配収24.5億円。
近未来の地球と火星を舞台に記憶を作り変えられていた男ダグラス・クエイドが、真実を追求するためにに奔走する。
アーノルド・シュワルツェネッガーは火星の夢にとりつかれた技師ダグラス・クエイドを演じ、本当の自分を探すため火星へ飛び立つ…
ポール・バーホーベン監督ならではの独特の映像で描かれたSFアクション。アーノルド・シュワルツェネッガーの演技が光ります。

「トゥルーライズ」 (原題 True Lies)
トゥルーライズ
ジェームズ・キャメロン監督のスパイ・アクション・コメディ。
1994年9月10日(土)に公開され、配収35億円。
妻子にも正体を隠し、家族思いの父親と秘密諜報部員という二重生活を送るハリー・タスカーの活躍を描く…
アーノルド・シュワルツェネッガーは表向きはサラリーマン、真の正体は凄腕スパイのハリーを演じ、ある出来事により妻のヘレンの不倫を疑うようになり、職権乱用で妻の調査を行う…
スーパー・アクションに夫婦愛を軸にしたコメディ・タッチを取り込んでいて、ジェームズ・キャメロン監督とアーノルド・シュワルツェネッガーのタッグならではの作品です。

2003年にカリフォルニア州知事に選出され、俳優業を休業。
20111年に任期終了に伴い、俳優業に本格的に復帰。
2010年「エクスペンダブルズ」、2012年「エクスペンダブルズ2」に出演。
1作目ではカメオ出演だったのが、2作目ではシルヴェスター・スタローン、ブルース・ウィリスとともに大活躍。
Expendables2_Schwarzenegger
続編の「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」が2014年11月1日(金)に公開され、興収6.94億円。
エクスペンダブルズ3

これからのさらなる活躍を期待したい俳優のひとりです。
アーノルド・シュワルツェネッガーの出演作でどの作品が好きですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です