七夕の夜に見たくなる運命の恋を描いた恋愛映画といえばどの作品が思い浮かびますか?

Pocket




七夕の夜に見たくなる運命の恋を描いたラブ・ストーリーといえばどの作品が思い浮かびますか?

7月7日は七夕。天の川をへだてて離ればなれになってしまった織姫と彦星が一年に一度だけ逢うことのできる日。
七夕の夜に見たくなる運命の恋を描いたラブ・ストーリーといえばトム・ハンクス、メグ・ライアン共演「めぐり逢えたら」、ジュリア・ロバーツ、ヒュー・グラント共演「ノッティングヒルの恋人」、ジョン・キューザック、ケイト・ベッキンセイル共演「セレンディピティ」、アダム・サンドラー、ドリュー・バリモア共演「50回目のファースト・キス」、アン・ハサウェイ主演「ワン・デイ 23年のラブストーリー」、リリー・コリンズ主演「あと1センチの恋」など。どの作品が見たくなりますか?

「めぐり逢えたら」(原題 Sleepless In Seattle)

ノーラ・エフロン監督トム・ハンクスメグ・ライアン共演でラジオ番組で心情を切々と語る男とこの番組を聞いたOLの運命的な出逢いを描いたラブ・ロマンス。
1993年12月11日(土)に公開され、配収12億円。
妻を亡くし、眠れぬ夜を過ごすシアトル在住の建築家サムと、シアトルから遠く離れたボルチモアに住む女性記者アニーの運命の恋を描く…
ノーラ・エフロンが監督・脚本を手掛け、優しいタッチでコミカルに、そしてロマンティックに描いたラブ・ストーリーの名作。主題歌の”When I Fall In Love”も名曲です。

「ノッティングヒルの恋人」(原題 Notting Hill)
ノッティングヒルの恋人
ロジャー・ミッシェル監督ジュリア・ロバーツヒュー・グラント共演で有名ハリウッド女優と平凡な男の恋の行方を、ユーモアたっぷりに描いたロマンティック・コメディ。
1999年9月4日(土)に公開され、配収10.5億円。
ウェストロンドンにある平凡な街”ノッティングヒル”の小さな本屋を経営するウィリアムの店に、ある日偶然ハリウッドスターのアナ・スコットが訪れる。互いに運命を感じた2人は、やがて恋に落ちる…
ジュリア・ロバーツはハリウッド女優のアナ・スコットを華麗に演じ、新しい魅力を開花させました。
エルヴィス・コステロの歌う”She”に乗って繰り広げられるロマンティックなラブ・ロマンス。新しい魅力を開花させたジュリア・ロバーツとヒュー・グラントの共演が楽しめます。

「セレンディピティ」(原題 Serendipity)

ピーター・チェルソム監督ジョン・キューザックケイト・ベッキンセイル共演で偶然の再会を果たした男女の恋を描いたロマンティック・コメディ。
2001年9月13日(土)公開。
ニューヨークを舞台に”幸せな偶然”という意味のカフェ「セレンディピティ」で偶然の再会を果たしたジョナサンとサラの二人の恋を描く…
運命の恋を信じるジョン・キューザック、ケイト・ベッキンセイルの演技が光るロマンティック・コメディ。”セレンディピティ”を信じてみたくなります。

「冷静と情熱のあいだ」

江國香織、辻仁成のベストセラー小説中江功監督竹野内豊ケリー・チャン共演で映画化した10年前に別れた二人の男女の絆を描いたラブ・ストーリー。
2001年11月10日(土)に公開され、興収27億円。
イタリアで絵画の修復士を志す順正はかつての恋人あおいに再会する。彼女とやり直したいと願うが、あおいは実業家である男性と裕福な生活を送っていた。最後の希望は、かつて交わした「10年後にフィレンツェのドゥオーモで会おう」という約束だった…
10年の歳月が生み出す”運命の愛”。10年間の2人の想いは感動を呼びます。

「50回目のファースト・キス」(原題 50 First Dates)

ピーター・シーガル監督アダム・サンドラー、ドリュー・バリモア共演で記憶障害で前日の出来事をすべて忘れてしまう女性との運命の恋を描いたラブ・ストーリー。
2005年6月18日(土)公開。
ハワイを舞台に、交通事故による記憶障害で前日の出来事をすべて忘れてしまう女性とそんな彼女を本気で好きになり、忘れられるのを覚悟でアタックを続ける男性の姿を描く…
下ネタも満載ですが、心をほっこりさせてくれるラブ・ストーリーです。

2018年に福田雄一監督山田孝之長澤まさみ共演でリメイク。

2018年6月1日(金)に公開され、興収12.6億円。
リメイクながら福田雄一監督ならではの笑いのエッセンスを取り込んだ純愛映画で、笑わせられながらも感動させてくれます。

「ワン・デイ 23年のラブストーリー」(原題 One Day)

ロネ・シェルフィグ監督アン・ハサウェイジム・スタージェス共演で恋愛の中で誰もが経験する「1日」だけを23年間に渡って描いた時をかけるラブ・ストーリー。
2012年6月23日(土)に公開され、興収0.92億円。
大学の卒業式で意気投合し、親友となった真面目な優等生エマと自由奔放な遊び人デクスターの23年に渡る切ない紆余曲折の道行きを運命の日”7月15日”だけで紡ぎ出す…
ちょっとビターで、切ないラブ・ストーリー。人生の素晴らしさ、苦しさも教えてくれます。

「あと1センチの恋」(原題 Love, Rosie)

セシリア・アハーンの小説クスチャン・ディッター監督リリー・コリンズサム・クラフリン共演で映画化した友達以上恋人未満の男女の擦れ違いを描いたラブ・ストーリー。
2014年12月13日(土)に公開され、興収4億円。
もどかしい恋のかたち。偶然だった一度きりのキス、記憶の掛け違い、誤解、恋のライバル、読まれることのなかったラブレター…運命のいたずらに翻弄され、12年間もすれ違い続けた幼なじみのロージとアレックスの想いを綴る…
あと1センチ、届かない想いが交差するラブ・ストーリー。二人の想いを思わず応援したくなってきます。

七夕の夜に見たくなる運命の恋を描いたラブ・ストーリーといえばどの映画ですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です