「新・午前十時の映画祭」、27日(金)までは「大脱走」、「ローマの休日」、「メリー・ポピンズ」を上映。

Pocket

「新・午前十時の映画祭」、12月14日(土)から12月27日(金)までは「大脱走」「ローマの休日」、「メリー・ポピンズ」を上映。
新・午前十時の映画祭 デジタルで甦る永遠の名作
「新・午前十時の映画祭 デジタルで甦る永遠の名作」ではブルーレイをはるかに超えるハイ・クオリティのデジタル上映を可能にした「デジタル シネマ パッケージ」(DCP)上映を採用。
名作25作品を1年にわたり、全国42劇場で上映します。
あの名作を大スクリーンで楽しむのもいいかも。

「大脱走」: GROUP A
ジョン・スタージェス監督、スティーブ・マックィーン主演による戦争活劇「大脱走」(原題: The Great Escape)。
1963年に日本公開。
大脱走
第二次大戦下、脱走不可能といわれていたドイツのスタラグ・ルフト北捕虜収容所から、連合軍将兵250人が集団脱走を計画、実行した! この信じられないような史実を「荒野の七人」の巨匠ジョン・スタージェススティーブ・マックィーンほか豪華キャストで映画化。
脱走の意思を秘め、壁に向かってキャッチボールを繰り返すスティーブ・マックィーン演じるヒルツ。
ジェームズ・ガーナーチャールズ・ブロンソンリチャード・アッテンボロージェームズ・コバーンほかが共演。
有名なエルマー・バーンスタインの「大脱走のマーチ」の音楽がさらに作品を盛り上げてくれます。

「ローマの休日」: GROUP B
オードリー・ヘプバーン主演の永遠のラブ・ロマンス「ローマの休日」(原題: Roman Holiday)
1954年に日本公開。
ローマの休日
公務でイタリアのローマを訪れたアン王女は、公務にうんざりして宮殿から脱走。スクープを狙って彼女に近付く新聞記者・ジョー。束の間の自由とスリルを満喫するうちにアンとジョーの間に強い恋心が芽生える…
第26回アカデミー賞でオードリー・ヘプバーンは主演女優賞を受賞。他に脚本賞と衣装デザイン賞も受賞。
監督は「ベン・ハー」、「おしゃれ泥棒」のウィリアム・ワイラー
ローマの名だたる名所で繰り広げられるラブ・ロマンス。オードリー・ヘプバーンの魅力が満載。何度見ても色あせることのない永遠の名作です。

「メリー・ポピンズ」: Group C
アカデミー賞で主演女優賞ほか5部門受賞。ジュリー・アンドリュース主演のファンタジー・ミュージカル「メリー・ポピンズ」(原題: May Poppins)。1965年に日本公開。
メリー・ポピンズ
1934年に発売されたパメラ・L・トラヴァースの児童書を元にディズニーが実写とアニメーションを織り交ぜて映画化。
バンクス家にやってきた美しく若い魔法が使える乳母のメリー・ポピンズとバンクス家の子供達の心の交流を描く。
メリー・ポピンズを演じたジュリー・アンドリュースはアカデミー賞主演女優賞を受賞。メリーポピンズの友人、煙突掃除人のバート役にはディック・ヴァン・ダイク
監督はロバート・スティーヴンソンハミルトン・S・ラスク
アカデミー賞で主演女優賞、作曲賞、歌曲賞ほか5部門受賞。
アカデミー賞を受賞した「チム・チム・チェリー」のほか、「スーパーカリフラジスティックエクスピアリドーシャス」「お砂糖ひとさじで」「2ペンスを鳩に」まで心に響く曲が揃っています。
http://www.youtube.com/watch?v=ThBhL-R58UI
上映劇場の詳細は「新・午前十時の映画祭 デジタルで甦る永遠の名作」公式サイトを参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です