シリーズ第4弾「アベンジャーズ/エンドゲーム」の最新予告編が公開。

Pocket




マーベル・ヒーローが大集結!!アンソニー&ジョー・ルッソ監督のシリーズ第4弾「アベンジャーズ/エンドゲーム」(原題 Avengers: Endgame)、4月26日(金)日米同時公開。
さらなる最新予告編が公開されましたが、見ましたか?

サノスにより人類の半数が消滅した衝撃の敗北から一転、残された”アベンジャーズ”たちが団結して立ち上がる!最後にして史上最大の逆襲<アベンジ>が始まる…

マーベル・ヒーローたち”アベンジャーズ”と全宇宙最強のサノスとの戦いが繰り広げられた「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」でサノスにより人類の半数が消滅した衝撃の敗北から一転、残された”アベンジャーズ”たちが団結して立ち上がる!最後にして史上最大の逆襲<アベンジ>が始まる…

「アベンジャーズ」(原題 Marvel’s The Avengers)は2012年8月14日(水)に公開され、興収36.1億円。
アメリカの秘密組織S.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリーの元、アイアンマン、キャプテン・アメリカたちと「アベンジャーズ」を編成し、地球滅亡の危機を回避するために立ち上がる…

シリーズ第2弾「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(原題 Avengers: Age of Ultron)は2015年7月4日(土)に公開され、配収32.1億円。
新たな敵”ウルトロン”がキャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソー、そして世界をバラバラに引き裂こうとする…

シリーズ第3弾「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(原題 Avengers: Infinity War)は2018年4月27日(金)に公開され、興収37.3億円。
最凶の敵サノスによって窮地に陥った世界を救うため、前代未聞となる数多くのマーベル・ヒーローたちが立ち向かう”究極の戦い”。

前作に引きに続き、アンソニー&ジョー・ルッソが監督した「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のその後の日本も舞台に繰り広げられる究極の戦い。
残された”アベンジャーズ”のアイアンマンにはロバート・ダウニー・Jr.

キャプテン・アメリカにはクリス・エヴァンス

ソーにはクリス・ヘムズワース

インクレディブル・ハルクにはマーク・ラファロ

ブラック・ウィドウにはスカーレット・ヨハンソン

ウォーマシンにはドン・チードル

ロケットの声にはブラッドリー・クーパー

前回登場しなかったホークアイにはジェレミー・レナー

アントマンことスコット・ラングにはポール・ラッド

新しくブリー・ラーソン演じるキャプテン・マーベルも登場。

最凶の敵サノスにはジョシュ・ブローリン

オコエにはダナイ・グリラ
今回新しくキャサリン・ラングフォード真田広之が出演。

消されてしまった”アベンジャーズの”ニック・フューリーにはサミュエル・L・ジャクソン、ドクター・ストレンジにはベネディクト・カンバーバッジ、スパイダーマンにはトム・ホランド、ウィンター・ソルジャーにはセバスチャン・スタン、スター・ロードにはクリス・プラット、ガモーラにはゾーイ・サルダナ、ネビュラにはカレン・ギラン、マンティスにはポム・クレメンティエフ、シュリにはレティーシャ・ライト、ドラックスにはデイヴ・バウティスタ、グルートの声にはヴィン・ディーゼルウォンにはベネディクト・ウォン、ブラックパンサーにはチャドウィック・ボーズマン、ヴィジョンにはポール・ベタニー、スカーレット・ウィッチにはエリザベス・オルセン、ファルコンにはアンソニー・マッキー

本作をもって、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンス、ソー役のクリス・ヘムズワースなど、アベンジャーズのメインを担ってきたキャストの多くは出演契約満了となり、マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギが2008年公開「アイアンマン」から始まった物語が一度、終わりを迎えると公言。
マーベル・シネマティック・ユニバースにとっても大きな区切りの一本となるだけにどんな展開になるのか、楽しみです。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です