3月15日はブロードウェイ・ミュージカル「マイ・フェア・レディ」が公演開始された日。

Pocket




3月15日はブロードウェイ・ミュージカル「マイ・フェア・レディ」が公演開始された日
マイ・フェア・レディ02

バーナード・ショーの戯曲「ピグマリオン」をミュージカル化した「マイ・フェア・レディ」
アラン・ジェイ・ラーナーが作詞・脚本フレデリック・ロウが作曲を手掛けて、1956年3月15日にニューヨークで初公演。初演のイライザにはジュリー・アンドリュース
1962年9月26日まで6年6ヵ月に及ぶ2717回のロングラン公演となりました。

そのミュージカルをジョージ・キューカー監督オードリー・ヘプバーン主演で映画化した「マイ・フェア・レディ」(原題 My Fair Lady)
1964年12月1日(土)公開。
下町の花売り娘イライザが社交界レディに変身するまでを描く…

下町の花売り娘・イライザが、ひょんなことから言語学者のヒギンズ博士の家に住み込み、言葉遣いや作法を特訓され、やがて洗練された淑女へと変身していく。そして美しい貴婦人として社交界にデビューを果たす…

イライザにはオードリー・ヘプバーン、言語学者・ヒギンズにはレックス・ハリソン
スタンレー・ハロウェイウィルフリッド・ハイド=ホワイトグラディス・クーパーほかが共演。
「フィラデルフィア物語」のジョージ・キューカーが監督
音楽はアンドレ・ブレヴィン
第37回アカデミー賞で作品賞、ジョージ・キューカーが監督賞、レックス・ハリソンが主演男優賞、編曲賞、録音賞、撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞の8部門受賞。
マイ・フェア・レディ
オードリー・ヘプバーンの魅力と数々の名曲にあふれ、「サウンド・オブ・ミュージック」や「ウエスト・サイド物語」と並ぶミュージカル映画の傑作です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です