平成の映画興行収入ランキング。トップ10でどの作品を見ましたか?

Pocket




平成の映画興行収入ランキング。トップ10でどの作品を見ましたか?

1位は宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」の308億円。
2位はジェームズ・キャメロン監督「タイタニック」の262億円、3位はディズニー・アニメ「アナと雪の女王」の255億円。続いて「君の名は。」の250.3億円、「ハリー・ポッターと賢者の石」の203億円、「ハウルの動く城」の196億円…トップ10でどの作品を見ましたか?

平成の映画興行収入ランキングは次の通りです。
1位 「千と千尋の神隠し」

宮崎駿が監督・原作・脚本を手掛け、現代日本を舞台に少女の成長と友愛の物語を描いた”自分探し”の冒険ファンタジー。
2001年7月20日(土)に公開され、興収308億円。
ベルリン国際映画祭金熊賞や第75回アカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞
わがままで無気力な10歳の女の子の千尋は、不思議な町に迷い込む。謎の少年ハクや河の神などと出会い、様々な経験とふれあいを重ね、徐々に成長していく…
宮崎駿監督が日本に古来から伝わる神話や民話を、現代を生きる少女の成長物語と見事に融合させ、何度見ても色あせることのない名作です。

2位 「タイタニック」(原題 Titanic)

ジェームズ・キャメロン監督レオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレット共演でタイタニック号の悲劇を描いた永遠の名作。
1997年12月20日(土)に公開され、興収262億円(配収160億円)。
1912年に豪華客船タイタニックで出会った画家志望の青年ジャックと上流階級の娘ローズの切なくも美しい愛を描く…
第70回アカデミー賞で作品賞、監督賞、撮影賞、主題歌賞、音楽賞、衣裳デザイン賞、視覚効果賞、音響効果賞、音響賞、編集賞の11部門受賞
史上最大の海難事件を迫力あふれるダイナミックな映像で描きつつ、ジャックとローズの切ないラブ・ストーリーも見せてくれ、何度見ても感動させてくれる永遠の名作です。

3位 「アナと雪の女王」(原題 Frozen)

アンデルセンの童話「雪の女王」を元に真実の愛を描いたディズニー・アニメ。クリス・バックとジェニファー・リーが共同監督
2014年3月14日(金)に公開され、興収255億円。
アンデルセンの童話「雪の女王」を元に冬の世界を舞台にプリンセス姉妹が繰り広げる真実の愛を描く…
第86回アカデミー賞で長編アニメーション賞、「レット・イット・ゴー」が歌曲賞の2部門を受賞
数々の名曲に乗せて繰り広げられる真実の愛の物語。何度見ても感動させられます。

4位 「君の名は。」

社会現象を巻き起こした新海誠監督のオリジナル長編アニメーション。
2016年8月26日(金)に公開され、興収250.3億円。
見知らぬ者同士であった田舎町で生活している少女と東京に住む少年が奇妙な夢を通じて導かれていく…
新海誠監督らしい透明感あふれる映像とストーリー展開。ファンタジーな世界に引き込まれていき、「きみの名は。」というタイトルの意味がわかったときますます感動させられます。

5位 「ハリー・ポッターと賢者の石」(原題: Harry Potter And The Philosopher’s Stone)

J.K.ローリング の世界的ベストセラー小説クリス・コロンバス監督ダニエル・ラドクリフ主演で映画化したシリーズ第1弾。
2001年12月1日(土)に公開され、興収203億円。
数奇な運命を背負った魔法使いの少年ハリー・ポッターの成長と冒険を壮大なスケールで描いたファンタジー。
子どもから大人まで飽きずに楽しませてくれる心地よさと、英国情緒を意識した厳格な世界観とのミックス。第1作だけあってワクワクが止まらないファンタジーです。

6位 「ハウルの動く城」

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの人気小説宮崎駿が監督・脚本を手掛けて映画化したファンタジー。
2004年11月20日(土)に公開され、興収196億円。
魔女の呪いで老婆に変えられてしまった少女ソフィーと魔法使いハウルが王国の争いに巻き込まれながら心を通わせていく…
宮崎駿監督が大切な人たちと生きることのすばらしさと、戦うことの愚かさ、人を愛することの美しさを描き上げた愛のエネルギーにあふれたファンタジーです。

7位 「もののけ姫」

宮崎駿が監督・脚本・原作を手掛け、森を侵す人間たちと荒ぶる神々との闘いを日本アニメ史上空前の製作費による壮大なスケールで描いた長編アニメーション。
1997年7月12日(土)に公開され、配収194億円(配収113億円)。
人間への怒りと憎しみによってタタリ神と化した猪神から呪いを掛けられてしまったアシタカが、呪いを解くために西の国に訪れる。そこで人の子でありながら山犬に育てられた”もののけ姫”と呼ばれる少女のサンに出会い、数奇な運命に巻き込まれる…
自然と人間の関係をテーマとし続けてきた宮崎駿の集大成的な作品です。

8位 「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」

織田裕二主演の大ヒット刑事ドラマの劇場版第2弾。監督は本広克行脚本は君塚良一。深津絵里、いかやり長介、ユースケ・サンタマリア、柳葉敏郎ほかレギュラー陣が共演。
2003年7月19日(土)に公開され、興収173.5億円。
お台場で猟奇殺人事件が発生し、青島ら湾岸署の面々は、警視庁から赴いた沖田仁美の指揮下に入り、捜査を進めるが、所轄を手駒としか扱わない彼女のやり方に署員は反発する…
すべてが前作よりもスケールアップ、青島刑事ほか湾岸署の面々の活躍が楽しめます。

9位 「ジュラシック・パーク」(原題 Jurassic Park)

マイケル・クライトンのベストセラー小説スティーヴン・スピルバーグ監督サム・ニールローラ・ダーン共演で映画化したSFXアドベンチャーの第1弾。
1993年7月17日(土)に公開され、興収166億円(配収83億円)。
オープン直前のテーマパーク”ジュラシック・パーク”を舞台にバイオ・テクノロジーにより現代に甦った恐竜と人間の死闘を描く…
第66回アカデミー賞で視覚効果賞、音響賞、音響効果編集賞の3部門を受賞
実物大スケール・モデルとギミック、そしてCGを駆使して造り上げられた恐竜の映像は圧巻です。

10位 「アバター」(原題: Avatar)

ジェームズ・キャメロンが監督・脚本・製作・編集を務め、サム・ワーシントンシガーニー・ウィーヴァー共演で最新映像テクノロジーを駆使して映像革命を起こしたSFアクション大作。
2009年12月23日(水)に公開され、興収156億円。
地球から遥か離れた惑星・パンドラに住む原住民と接触するために計画された”アバタープロジェクト”に参加することになった元海兵隊員ジェイクの冒険と成長を描く…
第82回アカデミー賞で撮影賞、美術賞、視覚効果賞の3部門を受賞
構想14年、製作に4年以上の歳月を費やして作り上げているだけにその映像美は必見です。

11位 「崖の上のポニョ」
2008年7月19日(土)に公開され、興収155億円。

12位 「ラスト サムライ」(原題: The Last Samurai)
2003年12月6日(土)に公開され、興収137億円。

14位 「アルマゲドン」(原題: Armageddon)
1998年12月12日(土)に公開され、興収135億円(配収83.5億円)

14位 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(原題: Harry Potter And The Prisoner Of Azkaban)
2004年6月26日(土)に公開され、興収135億円。

16位 「インデペンデンス・デイ」(原題 Independence Day)
1996年12月7日(土)に公開され、興収133億円(配収66.5億円)

17位 「スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス」(原題 Star Wars Episode I: The Phantom Menace)
1999年7月10日(土)に公開され、興収127億円(配収78億円)

18位 「美女と野獣」(原題 Beauty and the Beast)
2018年4月21日(金)に公開され、興収124億円。

19位 「風立ちぬ」
2013年7月20日(土)に公開され、 興収120.2億円。

20位 「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」(原題 The Lost World Jurassic Park)
1997年7月12日(土)に公開され、興収118億円(配収58億円)

20位 「アリス・イン・ワンダーランド」(原題: Alice In Wonderland)
2010年4月17日(金)に公開され、興収118億円。

平成の映画興行収入ランキングのトップ10でどの作品を見ましたか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です