山田洋次監督、渥美清主演のシリーズ第18作「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」、BSテレ東で2月16日(土)放送。

Pocket




山田洋次監督渥美清主演のシリーズ第18作「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」、BSテレ東で2月16日(土)放送。

山田洋次監督渥美清主演のシリーズ第18作「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」。マドンナは壇ふみ京マチ子
1976年12月25日(土)に公開され、配収10.86億円。
寅次郎は満男の担任の先生にのぼせてしまうが、彼女の母親の綾にまでひと目惚れ。未亡人で病気がちの綾に寅次郎の同情は募るばかり…

さくらの一人息子の満男の担任で、若くて綺麗な先生が家庭訪問でとらやにやってくる。そこへ偶然にも帰ってきた寅次郎。いつものように熱をあげ、さくらは説教する。しかし先生には美しい母親がいた…。早くに夫を亡くし病弱というこの母親を、屋敷へ通い懸命に元気づける寅さん…

山田洋次が監督・原作・脚本を手掛けたシリーズ第18作。
「フーテンの寅」こと車寅次郎にはおなじみの渥美清
3代目のおいちゃんには下條正巳、おばちゃんには三崎千恵子、妹のさくらには倍賞千恵子
満男の担任の柳生雅子には檀ふみ、雅子の母親の綾には京マチ子


「お笑い下さいまし 正月早々、寅はとんでもねぇことをやらかしてしまいました」今回は美人の母娘に一目ぼれしてしまう寅次郎の人情喜劇が楽しめます。

★「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」
BSテレ東 シネマジャパン
2月16日(土)
18:30~20:54



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です