8月8日はダスティン・ホフマンの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

Pocket




8月8日はダスティン・ホフマンの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?
ダスティン・ホフマン
ダスティン・ホフマンは1937年8月8日にカリフォルニア州ロサンゼルスで生まれました。
ブロードウェイの舞台で活躍し、1968年「卒業」でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、ゴールデン・グローブ賞で有望若手男優賞、英国アカデミー賞で新人賞を受賞。
14705563726270
「クレイマー、クレイマー」アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門「トッツィー」ゴールデン・グローブ賞コメディ・ミュージカル部門、英国アカデミー賞「レインマン」アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門主演男優賞を受賞。他にも「フック」「アウトブレイク」に出演。

ダスティン・ホフマンの主な出演作は次の通りです。
「卒業」(原題 The Graduates)
卒業
マイク・ニコルズ監督キャサリン・ロス共演で描いたアメリカン・ニューシネマの名作。
1968年6月8日(土)公開。
大学を卒業し、周囲の期待も高まるばかりのベンジャミンは中年女性のロビンソン夫人と虚無感を抱えつつも逢瀬を重ねていた。彼女の娘であるエレンと出会った彼は、次第にエレンに惹かれていく…
主題歌はサイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」。
第40回アカデミー賞で監督賞を受賞。
ダスティン・ホフマンはベンジャミンを演じ、第25回ゴールデン・グローブ賞で有望若手男優賞、第22回英国アカデミー賞で新人賞を受賞。
サイモン&ガーファンクルの音楽、語り継がれるラストシーン。若かりしダスティン・ホフマンの名演が光るアメリカン・ニューシネマの傑作です。

「クレイマー、クレイマー」(原題 Kramer vs. Kramer)
クレイマー、クレイマー
ロバート・ベントン監督メリル・ストリープ共演で幼い子供の養育権をめぐるクレイマー夫妻の争いを描いたヒューマン・ドラマ。
1980年4月5日(土)公開に公開され、配収16億円。
離婚と子育て、そして家族の絆。現代社会が抱える家族の問題をヒューマンな視点で描く…
第52回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚色賞、主演男優賞、助演女優賞の5部門、第37回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の作品賞、主演男優賞、脚本賞、助演女優賞の4部門を受賞。
ダスティン・ホフマンは仕事第一のテッドを演じ、第52回アカデミー賞、第37回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門で主演男優賞を受賞。
離婚と養育権という社会問題をハートウォーミングに描いていて、ダスティン・ホフマンとメリル・ストリープの共演が光る名作です。

「トッツィー」(原題 Tootsie)
20160327_d3ee84
ダスティン・ホフマンが女装し、一世を風靡した珠玉のハート・ウォーミング・コメディ。シドニー・ポラック監督ジェシカ・ラング共演。
1983年4月16日(土)に公開され、配収9.9億円。
役に恵まれない俳優のマイケルは、ある日女装し”ドロシー”と名乗ってオーディションを受け、見事大役を勝ち取る…
第55回アカデミー賞で助演女優賞第40回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門で作品賞、主演男優賞、助演女優賞を受賞。
ダスティン・ホフマンは役に恵まれない俳優のマイケルを演じ、第40回ゴールデン・グローブ賞コメディ・ミュージカル部門、第37回英国アカデミー賞で主演男優賞を受賞。
女装コメデイの面白さを前面に打ち出していて、ダスティン・ホフマンの名演が光ります。

「レインマン」(原題 Rainman)
レインマン
バリー・レヴィンソン監督トム・クルーズ共演で描いた珠玉のロード・ムービー。
1989年2月25日(土)に公開され、配収26億円。
第61回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞の4部門、第41回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の作品賞、主演男優賞を受賞。
父の死をきっかけに再会した自閉症の兄のレイモンドと自由奔放な弟チャーリー。それまでまったく別々の道を歩んできた二人が、一緒に旅する中で心の交流を重ね、兄弟の絆を取り戻していく…
ダスティン・ホフマンは自閉症の兄レイモンドを演じ、第61回アカデミー賞、第41回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演男優賞を受賞。
二人の兄弟が徐々に心を通わせていく姿は何度見ても感動させてくれる名作です。

「フック」(原題 Hook)
フック
スティーヴン・スピルバーグ監督ロビン・ウィリアムズ共演で名作「ピーター・パン」のその後を描いたファンタジー・アドベンチャー。
1992年6月20日(土)に公開され、配収23.3億円。
誘拐された子供たちを救うため、40歳になったピーターパンが再びネバーランドへと向かう…
ダスティン・ホフマンはフック船長を演じ、40歳になったピーター・パンと再び戦いを繰り広げる…
40歳のピーター・パンを演じるロビン・ウィリアムズ、フック船長を演じるダスティン・ホフマンの共演が光ります。

「アウトブレイク」(原題 Outbreak)
アウトブレイク
ウォルフガング・ペーターゼン監督レネ・ルッソモーガン・フリーマン共演でウィルスの恐怖とそれに立ち向かう人々の姿を描いたパニック・スリラー。
1995年4月29日(土)に公開され、配収13億円。
アフリカ奥地で発生した未知の伝染病がアメリカに接近。厳戒の防護措置が取られるもウィルスはとある地方都市に侵入。街は完全に隔離され、米陸軍伝染病研究所はウィルスの謎を懸命に解き明かそうとする…
ダスティン・ホフマンはウィルス学者のサム・ダニエルズ大佐を演じ、ウィルスの謎を懸命に解き明かそうとする…
現実に起こりうるウィルスの恐怖。骨太で硬派な内容なのに退屈にさせないストーリー。ウィルス・パニック映画の傑作です。

初監督作品として「カルテット! 人生のオペラハウス」(原題 Quartet)が2013年4月19日(金)公開。
カルテット!人生のオペラハウス
ロナルド・ハーウッドによる戯曲をマギー・スミス、トム・コートネイほかイギリスを代表する名優たち共演で映画化。
老人ホームで暮らす元音楽家たちが、ホームの存続のために復活コンサートに挑む姿を描く…
シニアライフを謳歌する元音楽家たちの姿はうらやましい限りで、ダスティン・ホフマンのそつのない展開は最後まで安心して楽しめます。

これからもさらなる活躍が期待されるダスティン・ホフマン。
出演作でどの作品が好きですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です