マイケル・パレ、ダイアン・レイン共演の”ロックンロールの寓話”「ストリート・オブ・ファイヤー」デジタル・リマスター版、7月21日(土)より順次公開。

Pocket




ウォルター・ヒル監督マイケル・パレダイアン・レイン共演で描いた”ロックンロールの寓話”「ストリート・オブ・ファイヤー」(原題 Street Of Fire)デジタル・リマスター版、7月21日(土)より新宿シネマートほかにて順次公開。

1984年8月11日(土)に公開され、配収2.5億円。
誘拐されたロック・クィーンを救出するために街に戻ってきた流れ者の活躍をスタイリッシュにスピーディに描く…

ロック界のスーパースター、エレンが故郷に凱旋してコンサートを催した。地元出身のスターの登場に会場は大盛り上がりだったが、突然乱入してきたギャングたちに彼女が誘拐されてしまう。知らせを聞き、町に舞い戻ったかつての恋人が、個性的な仲間たちとともにエレンの奪還を目指す。

ロック界のスーパースターのエレン・エイムにはダイアン・レイン、かつての恋人のトム・コーディにはマイケル・パレ
ウィレム・デフォーリック・モラニスエイミー・マディガンほかが共演。
監督は「48時間」、「レッドブル」の巨匠ウォルター・ヒル




“ロックンロールの寓話”の通りでミュージック・ビデオを観ているような展開。
“Nowhere Fast”、”Tonight is what it means to be young (今夜は青春)”、”I Can Dream About You (あなたを夢みて)”などの名曲に乗せて展開する熱き青春アクション。
ストリート・オブ・ファイヤー
鬼才ウォルター・ヒル監督ならではの、スピーディかつエネルギッシュな映像感覚がフルに発揮されている1980年代を代表する名作です。

「ストリート・オブ・ファイヤー」デジタル・リマスター版公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です