筒井康隆のファンタジー小説を細田守監督がアニメーション映画化した「時をかける少女」、金曜ロードSHOW!で7月20日(金)放送。

Pocket




筒井康隆のファンタジー小説を細田守監督がアニメーション映画化した「時をかける少女」、金曜ロードSHOW!で7月20日(金)放送。
時をかける少女
2006年7月15日(土)に全国で6館から劇場公開され、幅広い観客の評判を呼び、連日長蛇の列を作り、異例の8ヶ月を超えるロングラン上映され、興収2.6億円を挙げるヒット!!
原作の20年後を舞台に過去に遡ってやり直せる”タイムリープ”能力を身につけたヒロインの淡い恋の行方と心の成長を描く…

高校生の真琴は自転車で遭遇した踏切事故をきっかけに、過去に遡ってやり直せる力”タイムリープ”能力を手に入れ、自身や友人の恋騒動をめぐり奔走する…

1965年の原作発表以来、幾度となく実写映像化されてきた筒井康隆の小説「時をかける少女」細田守監督が初めてアニメーション映画化。
脚本は「八日目の蝉」の奥寺佐渡子キャラクターデザインは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの貞本義行
声の出演は仲里依紗石田卓也谷村美月ほか。
第30回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞第39回シッチェス・カタロニア国際映画祭アニメーション部門最優秀長編作品賞をはじめ、国内外における映画・アニメ賞などを受賞。

少女の一度きりの夏。まぶしすぎる一瞬の輝き、大切なことを思い出させてくれるキラキラした感動の物語。ヒロインの快活さが満ちあふれていて、現代の”時をかける少女”と呼ぶにふさわしい作品です。

★「時をかける少女」
日本テレビ 金曜ロードSHOW!
7月20日(金)
21:00~22:54



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です