東野圭吾の小説を堤幸彦監督が篠原涼子、西島秀俊共演で映画化したヒューマン・ミステリー「人魚の眠る家」の特報映像が公開。

Pocket




東野圭吾の小説堤幸彦監督篠原涼子西島秀俊共演で映画化したヒューマン・ミステリー「人魚の眠る家」、11月16日(金)公開。
特報映像が公開されましたが、見ましたか?

愛する子供に訪れた”脳死”という悲劇に直面し、離婚間近な播磨薫子と和昌の夫婦に臓器提供を希望するか、心臓死を待つか、究極の二択を迫られる…

2人の子どもを持つ播磨薫子と会社を経営する夫の和昌はすでに別居状態であり、娘の小学校受験が終わったら離婚することになっていた。そんなある日、2人のもとに娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明になったという知らせが届く。医師からは脳死を宣告され、回復の見込みはない。脳死を受け入れ、臓器提供を希望するか、心臓死をただ待つか、究極の二択を迫られる…

東野圭吾の作家デビュー30周年を記念して執筆され、発売からわずか1カ月で27万部を超えるベストセラーとなった小説を堤幸彦監督が映画化。

2人の子どもを持つ播磨薫子には篠原涼子、会社を経営する夫の和昌には西島秀俊
薫子の妹の美晴には山口紗弥加、瑞穂に向き合う医師の進藤には田中哲司
坂口健太郎川栄李奈田中泯松坂慶子ほかが共演。

“東野ミステリー”の真骨頂とも言える残酷な状況下で迫られる究極の選択、根底から揺るがされる善悪の価値観。

「人魚の眠る家」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です