2018年TSUTAYA上半期ランキングDVD店頭レンタル:洋画編。トップ10のうちどの作品を見ましたか?

Pocket




2018年TSUTAYA上半期ランキングDVD店頭レンタル:洋画編。トップ10のうちどの作品を見ましたか?

2018年TSUTAYA上半期ランキングDVD店頭レンタル:洋画編が発表。
1位はライアン・ジョンソン監督「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」
2位は「怪盗グルーのミニオン大脱走」、3位はキアヌ・リーヴス主演「ジョン・ウィック:チャプター2」、続いてタロン・エガートン主演「キングスマン ゴールデンサークル」、アンディ・ムスキエティ監督「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」、リドリー・スコット監督「エイリアン:コヴェナント」…トップ10のうちどの作品を見ましたか?

1位「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(原題 Star Wars: The Last Jedi)

「LOOPER/ルーパー」のライアン・ジョンソンが監督・脚本デイジー・リドリーアダム・ドライバー共演の新3部作の第2章。
2017年12月15日(金)に公開され、興収75億円。
2018年4月25日(水)にMovieNEX発売。
ファースト・オーダーの猛攻に追い詰められるレジスタンス。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの下で修行を重ねたレイはダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レンとの決戦に挑む…
新世代スター・ウォーズの物語、予測できない(?)展開…賛否両論あふれる作品になってしまいました。

2位「怪盗グルーのミニオン大脱走」(原題 Despicable Me 3)

ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・スタジオが怪盗グルーと相棒ミニオンたちの活躍を描いた人気アニメのシリーズ第3弾。
2017年7月21日(金)に公開され、興収73億円。
2017年12月6日(水)にblu-ray発売。
グルーはもちろん、家族になったアグネス・イディス・マーゴの3姉妹、そしてルーシーの前に新たなライバル怪盗、バルタザール・ブラッドが出現!!
ミニオンたちのハチャメチャぶりはさらにパワーアップ。新しいキャラクターも登場し、「怪盗グルー」ワールドは突っ走ります。

3位「ジョン・ウィック:チャプター2」(原題 John Wick: Chapter 2)

チャド・スタエルスキ監督キアヌ・リーヴス主演で元殺し屋の復讐劇を描いたアクション・シリーズ第2弾。
2017年7月7日(金)に公開され、興収3.15億円。
2018年1月10日(水)にblu-ray発売。
屋稼業から身を引いて静かに生活していた伝説の殺し屋ジョン・ウィックが再び熾烈な戦いに巻き込まれる…
銃とマーシャルアーツを融合させた”ガン・フー”アクションがさらにパワーアップ。

4位「キングスマン ゴールデンサークル」(原題 Kingsman: The Golden Circle)

マシュー・ヴォーン監督タロン・エガートン主演で描いたスパイ・アクションの第2弾。コリン・ファースジェフ・ブリッジスチャニング・テイタム共演。
2018年1月5日(金)に公開され、興収17億円。
2018年4月6日(金)にblu-ray発売。
謎の組織”ゴールデン・サークル”に本部を爆破された”キングスマン”の面々はアメリカのスパイ組織”ステイツマン”のスパイたちと共闘する…
スタイリッシュで過激なアクションがさらにパワーアップ。ブリティッシュ・スタイルにコテコテのウエスタン・アメリカン、80年代のアメリカン・シットコムが見事に融合。

5位「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」(原題 IT)

スティーヴン・キングの小説を「MAMA」のアンディ・ムスキエティ監督が映画化したホラー。
2017年11月3日(祝・金)に公開され、興収22億円。
2018年2月21日(水)にblu-ray発売。
静かな田舎町に突然現れた”それ”がピエロの姿を借り、子どもたちの命を狙う…
1986年に発刊され、30年にわたって世界中の読者を震え上がらせてきたスティーヴン・キングのホラー小説の傑作を見事に映画化。「スタンド・バイ・ミー」を彷彿させる青春ドラマに”それ”の恐怖を描いたホラーを融合。ドキドキワクワクさせてくれます。

6位「エイリアン:コヴェナント」(原題 Alien: Covenant)

「プロメテウス」の続編にして「エイリアン」へと繋がるリドリー・スコット監督のSFホラー。キャサリン・ウォーターストンマイケル・ファスベンダー共演。
2017年9月15日(金)に公開され、興収約7億円。
2018年1月10日(水)にblu-ray発売。
滅び行く地球から脱出した宇宙船コヴェナント号の乗組員たちが”宇宙の楽園”と思われた惑星で想像を超える脅威に直面する…
途方もない脅威、かつてない驚き、そして衝撃に満ちた新たな神話。

7位「マイティ・ソー バトルロイヤル」(原題 Thor: Ragnarok)

クリス・ヘムズワース主演のシリーズ第3弾。タイカ・ワイティティが監督トム・ヒドルストンケイト・ブランシェット共演。
2017年11月3日(金)に公開され、興収11億円。
2018年3月7日(水)にMovieNEX発売。
ハルク、ドクター・ストレンジも登場!!神の国の最強の戦士ソーがアスガルドの終末”ラグナロク”をかけた壮大な戦いに挑む…
復讐に燃える最強の”死の女神”に挑むソー率いる型破りのチームの極限バトル。「移民の歌」のメロディーとともに繰り広げられるソーのさらなるアクションが楽しめます。

8位「スパイダーマン ホームカミング」(原題 Spider-Man: Homecoming)

「クラウン」のジョン・ワッツ監督トム・ホランド主演で描いた新たなスパイダーマンの物語。ロバート・ダウニー・Jrマイケル・キートン共演。
2017年8月11日(祝・金)に公開され、興収28億円。
2017年12月20日(水)にBlu-ray発売。
部活のノリで街を救うヒーロー気取りの15歳の高校生がスパイダーマンとなり、アイアンマンに導かれて真のヒーローに成長していく…
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」から繋がる新しいスパイダーマンの物語。トム・ホランドならでは初々しい演技と軽いタッチで描かれるスパイダーマンの物語が楽しめます。

9位「ジャスティス・リーグ」(原題 Justice League)

DCコミックスの人気ヒーローが大集結!!ザック・スナイダーが監督ジョス・ウェドンが脚本ベン・アフレックガル・ガドット共演のアクション大作。
2017年11月23日(祝・木)に公開され、興収9.6億円。
2018年3月21日(水)にBlu-ray発売。
スーパーマンやバットマン、ワンダーウーマンほかDCコミックスの人気ヒーローがタッグを組み、世界を脅かす悪へと挑む…アクアマン、フラッシュ、サイボーグがついに登場!!
大集結したDCコミックスの人気ヒーローたちのアクションはやはり楽しめます。

10位「バリー・シール/アメリカをはめた男」(原題 American Made)

トム・クルーズ主演、ダク・リーマン監督でアメリカ史上最高に”ぶっ飛んだ”実在の男を描いたクライム・アクション
2017年10月21日(土)に公開され、興収7.52億円。
2018年3月7日(水)にblu-ray発売。
ホワイトハウス、CIA、麻薬王まで手玉に取ったという生きる伝説のような実在の人物バリー・シールの生涯を描く…
スリル、アクション、コメディ満載のぶっ飛んだ男の嘘のような人生。

トップ10のうちどの作品を見ましたか?

2018年TSUTAYA上半期ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です