ジョセフ・ファインズ主演で伝説の金メダリストの知られざる”その後”を描いたヒューマン・ドラマ「最後のランナー」、7月14日(土)から全国順次公開。

Pocket




ジョセフ・ファインズ主演で伝説の金メダリストの知られざる”その後”を描いたヒューマン・ドラマ「最後のランナー」(原題 On Wings of Eagles)、7月14日(土)から有楽町スバル座ほか全国順次公開。

オリンピックの男子400メートル走で金メダルに輝き、その後宣教師となったエリック・リデルは中国に渡った後、日本軍に捕らわれるが、走ることで仲間たちの希望となっていく…

1924年のパリ・オリンピックの男子400メートル走で金メダルを獲得したエリック・リデル。敬虔なクリスチャンである彼は宣教師として生きる道を選択し、オリンピックの翌年に中国の天津へと旅立つ。1937年、日本軍の占領下におかれた天津で人道支援を続けるリデルは収容所に入れられてしまう。過酷な環境下でリデルは体調不良に苦しむが、走ることによって不屈の信念を示し、仲間たちの希望となっていく…

1924年のパリ・オリンピックで金メダルを獲得、アカデミー賞4部門を受賞した「炎のランナー」のモデルとなったエリック・リデルのメダル獲得後のエピソードを「ランチ・ウィズ・チャールズ」のマイケル・パーカーと「項羽と劉邦/その愛と興亡」のスティーヴン・シンが監督を手掛けて映画化。

エリック・リデルにはジョセフ・ファインズ
「神なるオオカミ」のショーン・ドウエリザベス・アレンズほかが共演。

金メダルに輝いたイギリスの英雄から宣教師になり、信仰と希望のために走り続けたエリック・リデルの軌跡。

「最後のランナー」公式サイト

「最後のランナー」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です