「劇場版SPEC ~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇」鑑賞。「爻(コウ)ノ篇」への壮大な予告編

Pocket

「劇場版SPEC ~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇」鑑賞。
SPEC_結
「SPEC」の持つ世界観はそのままに、物語はさらにスケールアップし、「爻(コウ)ノ篇」に向けての壮大な予告編という印象です。

1. 人気シリーズ「SPEC ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」の完結編の前篇
もともとは1本の映画だったのが、物語のスケールが1本の映画に収まりきらないということで、前後篇2部作に分けて制作。
そのため「漸(ゼン)ノ篇」は劇場版「天」の流れを「爻(コウ)ノ篇」につなげていくような展開で、「SPEC」の持つ世界観はそのままに、”シンプルプラン”、”ファティマ第3の予言”など物語はさらにスケールアップ!!
「爻(コウ)ノ篇」を見るのがさらに楽しみになってきます。
http://www.youtube.com/watch?v=HmkddCWzyJ0
2. 戸田恵梨香、加瀬亮と二人の”キレキャラ”コンビは健在
当麻紗綾には戸田恵梨香、瀬文焚流には加瀬亮と二人の”キレキャラ”コンビは健在。物語がスケールアップしても二人のやりとりは相変わらず。
竜雷太演じる野々村も健在で、コミカルさとシリアスさの両面をうまく演じ分けていて、「漸(ゼン)ノ篇」で一番輝いています。
ただし神木隆之介、福田沙紀、椎名桔平、有村架純ほかのレギュラーメンバーはやや影を潜めてしまっているのが残念です。

3. 向井理、大島優子(AKB48)、香椎由宇といった新キャストが活躍
劇場版「天」から登場した向井理演じるセカイと大島優子演じる謎の白服の女の出番がかなりあって、”シンプルプラン”、”ファティマ第3の予言”など物語をさらにスケールアップさせつつも、謎が謎を呼び、「爻(コウ)ノ篇」につなげていきます。
今回のスペックホルダーとして登場するのが香椎由宇。ちょっとぶっ飛んだ演技を見せてくれます。
「漸(ゼン)ノ篇」では当麻が左手の能力を使わないため、歴代のスペックホルダーたちがあまり活躍せず、北村一輝演じる吉川の活躍再びには楽しませてもらいました。

もともと1本の作品をちょっと強引に前後篇2部作に仕上げた感があって、「漸(ゼン)ノ篇」は「爻(コウ)ノ篇」に向けた壮大な予告編のような構成。
謎が謎を呼ぶばかりで、「爻(コウ)ノ篇」で完結することに期待です。

「劇場版SPEC ~結(クローズ)~」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です