スティーヴン・スピルバーグ監督がバーチャル世界を描いたSFアドベンチャー「レディ・プレイヤー1」の最新予告編が公開。

Pocket




スティーヴン・スピルバーグ監督がヴァーチャル・リアリティの世界を描いたSFアドベンチャー「レディ・プレイヤー1」(原題 Ready Player One)、4月20日(金)公開。
最新予告編が公開されましたが、見ましたか?

荒廃した近未来を舞台に青年ウェイド・ワッツがバーチャル世界”OASIS”のどこかに眠るという”宝の卵”を見つけるべくトレジャー・ハンティングに挑む…

貧富の差が拡大して荒廃した近未来ではバーチャル世界の理想郷”OASIS”だけが若者の希望になっていた。”OASIS”を唯一の心のよりどころとする孤独な青年ウェイド・ワッツが”OASIS”の開発者ジェームズ・ハリデーが隠したという”宝の卵”を見つけるべく、全人類が参加するトレジャー・ハンティングに挑む…

アーネスト・クラインの小説「ゲームウォーズ」スティーヴン・スピルバーグが監督アーネスト・クラインと「アベンジャーズ」の原案を手がけたザック・ペンが脚本を手掛けて映画化したSFアドベンチャー。

トレーラーハウスで暮らすウェイド・ワッツにはタイ・シェリダン
バーチャル世界”OASIS”の開発者のジェームス・ハリデーにはマーク・ライアンス

オリビア・クックサイモン・ペッグベン・メンデルソーン森崎ウィンほかが共演。

アイアン・ジャイアント、「AKIRA」の金田バイク、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのデロリアン、キングコング、「機動戦士ガンダム」のRX-78 ガンダムといったキャラクターが続々と登場。映画だけでなく、日本のアニメや特撮の影響を受けたと思われるシーンの数々。
想像したことすべてが現実になるバーチャル世界”OASIS”を舞台にしたウェイドたちと謎の巨大企業の壮絶なバトル。
全米では3月30日(金)、日本では4月20日(金)公開。

「レディ・プレイヤー1」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です