12月10日は佐藤浩市の誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

Pocket




12月10日は佐藤浩市の誕生日。出演作でどの作品が好きですか?
%e4%bd%90%e8%97%a4%e6%b5%a9%e5%b8%82
佐藤浩市は1960年12月10日に三國連太郎の息子として東京都新宿区で生まれました。
1980年にNHK「続・続事件」で俳優としてデビュー。TVドラマなどで活躍。
映画作品では「敦煌」「壬生義士伝」「亡国のイージス」「ザ・マジックアワー」「最後の忠臣蔵」「愛を積むひと」「64 ロクヨン 前編/後編」など幅広い作品に出演してきました。

佐藤浩市の主な出演作品は次の通りです。
「敦煌」
%e6%95%a6%e7%85%8c
井上靖の小説佐藤純彌監督西田敏行共演で壮大なスケールで映画化した歴史活劇。
1988年6月25日(土)に公開され、配収45億円。
11世紀の宗が支配する中国からシルクロードを渡り西夏へ向かった趙行徳が戦乱の中で文化、文明を守り通す姿を壮大なスケールで描く…
佐藤浩市は宋で科挙を目指す青年の趙行徳を演じ、未知の国の西夏の文化に興味を持ち、シルクロードを渡り、西夏へと向かう…
大切な歴史的遺産を守ろうとする趙行徳たちの姿を魅力的なストーリーでリアリティとダイナミックさを追求した歴史活劇です。

「壬生義士伝」
%e5%a3%ac%e7%94%9f%e7%be%a9%e5%a3%ab%e4%bc%9d
浅田次郎のベストセラー小説滝田洋二郎監督中井貴一共演で描いた時代劇。
2003年1月18日(土)に公開され、興収6億円。
幕末を舞台に愚直なまでに愛する者のために生き抜いた無名の新撰組隊士の吉村貫一郎の波瀾の運命を描く…
佐藤浩市は新撰組の副長助勤の斎藤一を演じ、吉村を憎みながらも、その小さくも強固な生き方に惹かれていく…
滝田洋二郎監督らしい映像とストーリー展開。己の信念を貫き通した新選組隊士、吉村貫一郎を演じる中井貴一の名演が光ります。

「亡国のイージス」
%e4%ba%a1%e5%9b%bd%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%b9
福井晴敏のベストセラー小説阪本順治監督真田広之寺尾聡共演で映画化した海洋サスペンス・アクション。
2005年7月30日(土)に公開され、興収21億円。
海上自衛隊の最新鋭護衛艦であるイージス艦「いそかぜ」を乗っ取り日本国家に空前の戦いを挑む男たちの真意と一人で事態解決に立ち上がった男の奮闘をスリリングに描く…
佐藤浩市は防衛庁情報局の内事本部長の渥美大輔を熱演し、「いそかぜ」の叛乱を早くから察知し、様々な作戦を繰り出す…
真田広之、寺尾聡、中井貴一ほか豪華な俳優陣の共演で男たちの骨太なドラマが展開。アクションやドラマ好きだけでなく、戦艦や兵器マニアも楽しめる娯楽作品です。

「ザ・マジックアワー」
%e3%82%b6%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%82%b8%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%a2%e3%83%af%e3%83%bc
三谷幸喜が脚本・監督妻夫木聡西田敏行共演で描いたコメディ。
2008年6月7日(土)に公開され、興収39.2億円の大ヒット。
ギャングのボスの愛人に手を出してしまったホテルの支配人が三流役者を伝説の殺し屋に仕立てようとする…
佐藤浩市は三流役者の村田大樹を演じ、映画監督に成りすましたホテルの支配人の備後の口車に乗らされ、伝説の殺し屋”デラ富樫”を演じ、ギャングのボスの天塩に気に入られていく…
映画への愛情とオマージュが限りなく込められた大型エンターテインメント・コメディに仕上がっていて、三谷幸喜らしい作品です。

「最後の忠臣蔵」
%e6%9c%80%e5%be%8c%e3%81%ae%e5%bf%a0%e8%87%a3%e8%94%b5
池宮彰一郎が忠臣蔵の後日譚を描いた時代小説杉田成道監督役所広司共演で映画化した時代劇。
2011年12月18日(土)に公開され、興収8.4億円。
赤穂浪士として名誉の死を果たせなかったふたりの男が、使命を全うするべく生き抜いた過酷な人生を描く…
佐藤浩市は四十七士の生き残りの寺坂吉右衛門を演じ、大石内蔵助から「真実を後世に伝え、浪士の遺族たちを援助せよ」との密命を受け、遺族を捜して全国を渡り歩き、討ち入りの前夜に突如逃亡したかつての友、瀬尾孫左衛門と出会う…
討ち入りの後に生き残った2人の男が忠義に生きる姿をを役所広司、佐藤浩市が熱演。武士のあるべき姿、主君への忠義、日本人が忘れかけた日本の心を思い出させる作品です。

「愛を積むひと」
%e6%84%9b%e3%82%92%e7%a9%8d%e3%82%80%e3%81%b2%e3%81%a8
朝原雄三監督樋口可南子共演で北海道で第2の人生を送る熟年夫婦の愛と絆を描いたヒューマン・ドラマ。
2015年6月20日(土)に公開され、興収6億円。
北海道で第二の人生を過ごそうとする夫婦が改めて自分たちの愛情や絆を見つめ直す姿を描く…
佐藤浩市は夫婦の篤史を演じ、第二の人生を大自然に包まれた美しい土地で豊かに過ごそうと、東京下町の工場をたたみ、妻の良子とともに北海道に移り住む…
“日本で最も美しい村”連合第1号に認定された北海道・美瑛町の大自然と美しい四季の移ろいの中で繰り広げられる熟年夫婦の愛と絆の物語。

「64 ロクヨン 前編/後編」
64
横山秀夫の人気小説瀬々敬久監督が映画化した犯罪ドラマの2部作。
「64 ロクヨン 前編」は2016年5月7日(土)に公開され、興収19億円。
「64 ロクヨン 後編」は2016年6月11日(土)に公開され、興収17億円。
64-%e3%83%ad%e3%82%af%e3%83%a8%e3%83%b3-%e5%be%8c%e7%b7%a8
わずか1週間の昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」。未解決の誘拐事件「ロクヨン」になぞらった事件の謎に県警の広報官の三上たちが挑む…
佐藤浩市はかつて刑事部の刑事としてロクヨンの捜査にもあたった三上義信を演じ、警務部の広報官として勤務し、記者クラブとの確執や、刑事部と警務部の対立などに神経をすり減らす日々を送る…
未解決の誘拐事件「ロクヨン」の行方を警察と記者クラブとの摩擦、そして警察内の対立を交えて緊迫感あふれる展開で描かれていて、時間が経つのがあっという間です。

ますます輝きを増し、さらなる活躍が期待される佐藤浩市。出演作でどの作品が好きですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です