2017年映画興行収入ランキング発表!!トップ10の作品のうち何本を見ましたか?

Pocket




2017年上半期洋画興行収入ランキングが発表。トップ10でどの作品を見ましたか?

1位は「美女と野獣」の123.6億円、2位は「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」「怪盗グルーのミニオン大脱走」の73億円、4位は「名探偵コナン から紅の恋歌」の68.7億円、5位は「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」の66.9億円、6位は「モアナと伝説の海」の51.5億円…トップ10の作品のうち何本を見ましたか?

2017年上半期洋画興行収入ランキングは次の通りです。
1位 「美女と野獣」(原題 Beauty and the Beast)

大ヒットしたディズニー・アニメをビル・コンドン監督エマ・ワトソンダン・スティーヴンス共演で実写映画化したミュージカル。
4月21日(金)に公開され、興収123.6億円
魔女の呪いによって醜い獣にされた王子と囚われの身となった心優しい娘ベルの出会いと愛を描く…
あのアラン・メンケンの音楽に乗せて展開する「美女と野獣」の物語。ディズニー・アニメ版に忠実に実写映画化されていて、さらに深いストーリー展開には感動させられます。

2位 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(原題 Fantastic Beasts and Where to Find Them)

J.K.ローリングが初めて映画の脚本に加わり、デイビッド・イェーツが監督エディ・レッドメイン主演で描いたファンタジー。
2016年11月23日(水・祝)に公開され、興収73億円
ハリー・ポッターの1作目から約70年前のニューヨーク。魔法動物学者のニュート・スキャマンダーが逃がしてしまった魔法動物の追跡を巡り、大冒険を繰り広げる…
「ハリー・ポッター」シリーズの5年ぶりの新作。奇想天外な魔法動物たちとエディ・レッドメイン演じるニュート・スキャマンダーが繰り広げる魔法の数々。キラキラ輝くファンタジーで楽しめます。

2位 「怪盗グルーのミニオン大脱走」(原題 Despicable Me 3)

ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・スタジオが怪盗グルーと相棒ミニオンたちの活躍を描いた人気アニメのシリーズ第3弾。
7月21日(金)に公開され、興収73億円。
グルーはもちろん、家族になったアグネス・イディス・マーゴの3姉妹、そしてルーシーの前に新たなライバル怪盗、バルタザール・ブラッドが出現!!
ミニオンたちのハチャメチャぶりはさらにパワーアップ。新しいキャラクターも登場し、「怪盗グルー」ワールドは突っ走ります。

4位「名探偵コナン から紅の恋歌」

青山剛昌の人気コミックをアニメ化した「名探偵コナン」の劇場版シリーズ第21弾。前作に引き続き静野孔文が監督、推理作家の大倉崇裕が脚本
4月15日(土)に公開され、興収68.7億円。
テレビ局爆破事件と、百人一首の大会優勝者の殺害事件を追う江戸川コナンや服部平次たちの活躍を描く…
「百人一首」をキーワードに大阪および京都を舞台とした物語が展開。江戸川コナンや服部平次たちのさらなる活躍が楽しめます。

5位 「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」(原題 Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales)

ジョニー・デップ主演、ジェリー・ブラッカイマー製作総指揮のシリーズ第5作。「コン・ティキ」のヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリが監督
7月1日(土)に公開され、興収66.9億円。
海賊の全滅を企む”海の死神”サラザール船長に立ち向かうため、ジャック・スパロウは”ポセイドンの矛”を探し、奮闘する…
ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウは健在。新しい「パイレーツ・オブ・カリビアン」の物語が楽しめます。

6位 「モアナと伝説の海」(原題 Moana)

ディズニー・アニメーション・スタジオが南の島と大海原を舞台に描いた長編アニメーション。ロン・クレメンツ&ジョン・マスカーが共同監督
3月10日(金)に公開され、興収51.5億円
南太平洋を舞台に海を愛する美しい少女モアナが島の危機を救うために冒険を繰り広げる…
「どこまでも ~How Far I’ll Go」のメロディに乗せて大海原で繰り広げられるモアナの大冒険。自分を信じることの大切さを教えてくれます。

7位 「SING/シング」(原題 Sing)

「ミニオンズ」のイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオがタッグを組んだミュージカル・アニメーション。「銀河ヒッチハイク・ガイド」のガース・ジェニングスが監督。
3月17日(金)に公開され、興収51.1億円
劇場に活気を取り戻すために開かれた歌唱コンテストで個性的な動物たちがレディー・ガガ、ビートルズ、フランク・シナトラなど思い思いの歌を披露していく…
レディー・ガガの「バッド・ロマンス」、ザ・ビートルズの「ゴールデン・スランバー」など誰もが聴いたことがあるヒットソングや名曲が彩る愛とユーモアたっぷりのストーリー。音楽が元気を与えてくれるビタミン映画です。

8位 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(原題 Rogue One: A Star Wars Story)

ギャレス・エドワーズ監督フェリシティ・ジョーンズ主演で「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」と「エピソード4/新たなる希望」との間を描いたスピンオフ。
2016年12月16日(金)に公開され、興収46.3億円
レイア姫がR2-D2に託した帝国軍の宇宙要塞「デス・スター」の設計図。極秘情報を入手するため決死のミッションに挑んだジン・アーソほか反乱軍兵士たちの戦いを描く…
「デス・スター」の設計図の奪取のミッションに挑むジン・アーソ。AT-ATやXウィングなど懐かしい兵器の数々。そしてダース・ベイダーが登場。スピンオフながら「エピソード4/新たなる希望」につながるシーンにはワクワクしてきます。

9位「映画 ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」

南極を舞台にドラえもんやのび太たちの冒険を描いた劇場版シリーズ第37弾。「青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版」の高橋敦史が監督
3月4日(土)に公開され、興収44.3億円。
南極を舞台に氷の下に眠る謎の古代都市をめぐるのび太たちの冒険を描く…
南極を舞台にドラえもんやのび太たちの冒険が楽しめます。

10位 「ラ・ラ・ランド」(原題 La La land)

デイミアン・チャゼル監督ライアン・ゴズリングエマ・ストーン共演で描いたミュージカル。
2月24日(金)に公開され、興収43億円
ロサンゼルスを舞台に女優志望のミアとジャズピアニストのセバスチャンの恋模様を描く…
第89回アカデミー賞で監督賞、エマ・ストーンが主演女優賞、美術賞、撮影賞、作曲賞、歌曲賞の6部門受賞。
古き良きハリウッドの1960年代を彷彿させるゴージャスでロマンチックなストーリー。オープニング・シーンから色と音楽の相乗効果が鮮やかで、LAを彩り、LAで夢に向かって進む気持ちがさらに輝きます。まさしく”LA LA Land”!!

トップ10の作品のうち何本を見ましたか?

情報元: 『2017年国内映画興行収入ランキング』(エンタメの殿堂)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です