世界中で愛されてきた名作テレビドラマを映画化した「おしん」、10月12日(土)公開。

Pocket

世界中で愛されてきた名作テレビドラマを映画化した「おしん」、10月12日(土)公開。
おしん02

1983年に放送された橋田壽賀子原作、NHK 朝の連続テレビ小説「おしん」
明治、大正、昭和という激動の時代を、数々の試練にめげずに生きたおしんの一代記は、平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%という驚異的な視聴率で社会現象になり、世界86の国と地域で放送され、多くの人々に感動を与え続けています。

放送開始から30年を記念して映画化。
奉公先で苦労しながらも、ひたむきに生きる少女時代に焦点を絞り、おしんの成長する姿から、逆境を生き抜く力、親子の絆、戦争と平和といった、あらゆる世代の心に響くテーマが描かれます。

おしんにはこの作品が本格的なデビュー作となる濱田ここね
おしんの母・ふじには上戸彩、父・作造にはSMAPの稲垣吾郎
おしんの奉公先の加賀屋の大奥様・くにには泉ピン子
岸本加世子、井頭愛海、小林綾子、満島真之介、ガッツ石松ほかが共演。
監督は「あの空をおぼえてる」でフランスKINOTAYO映画祭グランプリを受賞した冨樫森

日本の原風景が残る山形の厳しくも雄大な自然の中、さまざまな困難に耐え、未来を見つめて生きる姿勢を貫いた、力強いおしんの姿が描かれているようで、楽しみです。

「おしん」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です