「午前十時の映画祭7」、1月28日(土)からは「人は人を救えるのか」として「アラバマ物語」、「奇跡の人」を上映。

Pocket




「午前十時の映画祭7」、1月28日(土)からは「人は人を救えるのか」として「アラバマ物語」「奇跡の人」を上映。

世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。7回目を迎える「午前十時の映画祭7」は51週にわたって実施。新しい外国映画19作、日本映画4作を含めた合計29本を高品質のデジタル・システムズ(DLP)で全国55ヶ所の劇場、シネマコンプレックスで上映。
今年のラインナップも充実していて、あの名作を大スクリーンで楽しむのもいいかも。
午前十時の映画祭7_02

「アラバマ物語」(原題: To Kill A Mockingbird)
Group A: 1月28日(土)~2月10日(金)
Group B: 2月11日(土)~2月14日(金)

ハーパー・リーのピュリツァー賞受賞小説「ものまね鳥を殺すには」ロバート・マリガン監督グレゴリー・ペック主演で映画化した社会派ドラマ。
1963年6月22日(土)公開。
人種差別が根強く残る1930年代のアメリカ南部、アラバマ州の小さな町を舞台に、婦女暴行容疑の黒人青年の弁護を引き受けた白人弁護士アティカス・フィンチとその家族の姿を描く…
第35回アカデミー賞でグレゴリー・ペックがアカデミー主演男優賞、脚色賞、美術・装置賞の3部門を受賞。
グレゴリー・ペックの名演技。人種差別問題について改めて考えさせられます。

「奇跡の人」(原題 The Miracle Worker)
Group B: 1月28日(土)~2月10日(金)
Group A: 2月11日(土)~2月14日(金)

ウィリアム・ギブソンの名作アーサー・ペン監督アン・バンクラフトパティ・デューク共演で偉人ヘレン・ケラーの物語を映画化したドラマ。
1963年10月26日(土)公開。
熱病により、目も見えず、耳も聞こえず、言葉も話せなくなった三重苦の少女ヘレン。光を失った彼女に“言葉”という光を与えるべく女教師・サリバンは努力を重ねていく…
第35回アカデミー賞でアン・バンクロフトが主演女優賞、パティ・デュークが助演女優賞を受賞。
アン・バンクラフト、パティ・デュークの壮絶な名演。生きることのすばらしさを改めて教えてくれます。

上映劇場の詳細は公式サイトでご確認ください。

「午前十時の映画祭7」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です