10月3日はアリシア・ヴィキャンデルの誕生日。アカデミー賞助演女優賞を受賞した「リリーのすべて」は見ましたか?

Pocket




10月3日はアリシア・ヴィキャンデルの誕生日アカデミー賞助演女優賞を受賞した「リリーのすべて」は見ましたか?
%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%ab_%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%87%e3%83%9f%e3%83%bc%e8%b3%9e%e5%8a%a9%e6%bc%94%e5%a5%b3%e5%84%aa
アリシア・ヴィキャンデルは1988年10月3日にスウェーデンで生まれました。
「アンナ・カレーニナ」で国際的に注目され、「エクス・マキナ」で英国アカデミー賞、ゴールデングローブ賞の助演女優賞にノミネート。
トム・フーパー監督、エディ・レッドメイン主演のドラマ「リリーのすべて」アカデミー賞助演女優賞を受賞しました。

「リリーのすべて」(原題 The Danish Girl)
%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%81%99%e3%81%b9%e3%81%a6
トム・フーパー監督エディ・レッドメイン主演で世界初の性別適合手術を受けた実在の人物を描いたドラマ。
2016年3月18日(金)公開。
1930年に世界で初めて性別適合手術を受けたデンマークのリリー・エルベの実話に基づく勇気と愛の物語。
アリシア・ヴィキャンデルは世界初の性別適合手術を受けたアイナー・ヴェイナーの妻のゲルダを熱演し、第88回アカデミー賞で助演女優賞を受賞。
女性モデルの代役を務めたことがきっかけで自分の内側に潜んでいた”女性”の存在に気付き、思い悩む夫の風景画家のアイナー・ヴェイナーを支えながらも苦しむ姿を熱演。
the-danish-girl03
自分の内側に潜んでいた”女性”の存在に気付き、思い悩むアイナーを演じるエディ・レディメイン。その夫を苦しみながらも支え続ける妻のゲルダを演じるアリシア・ヴィキャンデル。この二人から最高の演技を引き出したトム・フーパー監督の演出。性とは何なのか、本当の愛とはどういうことなのか、様々なことを考えさせられます。

アリシア・ヴィキャンデルがアカデミー賞助演女優賞を受賞した「リリーのすべて」は見ましたか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です