4月28日はペネロペ・クルスの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

4月28日はペネロペ・クルスの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?
ペネロペ・クルス_elle
ペネロペ・クルスは1974年4月28日にスペインのアルコベンダスに生まれました。
フランスのテレビシリーズに出演し、スペイン映画「ハモン、ハモン」で映画デビュー。
2006年公開のスペイン映画「ボルベール(帰郷)」で第59回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞。またスペイン人女優として初めてアカデミー賞主演女優賞にもノミネート。
2009年「それでも恋するバルセロナ」で第81回アカデミー賞助演女優賞を受賞。

ペネロペ・クルスの主な出演作品は次の通りです。
「ボルベール(帰郷)」(原題 Volver)
ボルベール
「オール・アバウト・マイ・マザー」のペドロ・アルモドバル監督がタンゴの名曲に乗せて3世代の女性たちの人生賛歌を描いたヒューマン・ドラマ。
2007年6月17日(土)公開。
スペインのラ・マンチャを舞台に母、娘、孫娘の三代の女性たちの葛藤と和解をミステリアスかつユーモラスに描く。娘と失業中の夫と暮らすライムンダにある日突然、ふたつの死が降り掛かる…
ペネロペ・クルスは娘と失業中の夫とマドリッドで暮らすスペインの太陽のように情熱的な女性のライムンダをを魅力的に演じ、第59回カンヌ国際映画祭で女優賞、ヨーロッパ映画賞最優秀女優賞などを受賞。またスペイン人女優として初めてアカデミー賞主演女優賞にもノミネート。

「それでも恋するバルセロナ」(原題: Vicky Cristina Barcelona)
それでも恋するバルセロナ
ウディ・アレン監督スカーレット・ヨハンソンハビエル・バルデム主演で描いたロマンティック・コメディ。
2009年6月27日(土)公開。
ひと夏を過ごすためバルセロナにやってきた親友同士のヴィッキーとクリスティーナは、セクシーな画家フアン・アントニオに出会い惹かれていく。そこに画家の元妻まで現れ、3人の女と1人の男が恋し恋され、入り乱れていく…
第66回ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門で作品賞、第81回アカデミー賞で助演女優賞を受賞。
ペネロペ・クルスはハビエル・バルデム演じるフアン・アントニオの元妻の天才肌の激情家のマリア・エレーナを魅力的に演じ、第81回アカデミー賞で助演女優賞を受賞。

「NINE」(原題: NINE)
NINE
「シカゴ」のロブ・マーシャル監督がイタリアを舞台に生粋のイタリア男で天才映画監督と彼を愛する女たちのセクシーな大人の愛を描いたミュージカル映画。
2010年3月19日(金)に公開され、興収7.8億円のヒット。
新作公開を控えスランプに堕ちた映画監督グイド・コンティーニと、彼を愛する女たちが織り成す大人の愛をゴージャスでファッショナブルに描く…
ペネロペ・クルスはダニエル・デイ=ルイス演じるグイドの愛人のカルラを魅惑的に演じ、アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞で助演女優賞にノミネート。

「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」(原題 Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides)
Pirates-Of-The-Caribbean-On-Stranger-Tides-Penelope-Cruz
自由奔放な海賊ジャック・スパロウをジョニー・デップが演じる人気シリーズ第4弾。今回の監督は「シカゴ」、「NINE」のロブ・マーシャル
2011年5月20日(金)に公開され、興収88.7億円の大ヒット!!
永遠の命をもたらす伝説の”生命の泉”をめぐり、ジャック・スパロウが新たな冒険を繰り広げる…
ペネロペ・クルスはジャックのかつての恋人である女海賊アンジェリカを魅力的に演じ、ジャックを翻弄する…
前3作とはちょっと雰囲気は違いながらも、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズも持つアトラクション・ムービーとしての楽しさとハンス・ジマー節も健在で、138分ノンストップで楽しめます。

「ローマでアモーレ」(原題: To Rome With Love)
ローマでアモーレ
ウディ・アレン監督アレック・ボールドウィン,、ロベルト・ベニーニ共演でローマを舞台に様々な男女が繰り広げる人間模様を描いたロマンティック・コメディ。
2013年6月8日(土)公開。
ペネロペ・クルスはコールガールのアンナを演じ、田舎から上京した純朴な新婚カップルの宿泊先に突然現れ、騒動を巻き起こす…
ローマの魅力を引き出すために現地オールロケを敢行。ブッチーニ作のアニア「誰も寝てはならぬ」などの名曲も散りばめられて、イタリアづくしでウディ・アレン節全開のラブ・コメディ。

「悪の法則」(原題: The Counselor)
悪の法則02
リドリー・スコット監督マイケル・ファスベンダーキャメロン・ディアスブラッド・ピット共演で描いたクライム・サスペンス。
2013年11月15日(金)に公開され、興収4.86億円。
自らの才能を過信する若く有能な弁護士の”カウンセラー”が出来心から麻薬取引を巡る巨大な悪の罠に呑み込まれていく…
ペネロペ・クルスは”カウンセラー”と呼ばれる若く有能な弁護士の婚約者ローラを熱演。

これからのさらなる活躍を期待したい俳優の一人です。
ペネロペ・クルスの出演作で一番好きなのはどの作品ですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です