妹尾河童の自伝的小説を実写化した名もなき家族の物語「少年H」、8月10日(土)公開!!

Pocket

妹尾河童の自伝的小説を降旗康男監督が水谷豊伊東蘭共演で実写化した名もなき家族の物語「少年H」、8月10日(土)公開!!
少年H
1997年に妹尾河童初の自伝的長編小説として出版され、ベストセラーとなった「少年H」
「鉄道員(ぽっぽや)」、「あなたへ」の降旗康男監督が戦前から戦後までの神戸を舞台に、軍国化や戦争という暗い時代の影をはねつけながら生きる家族の姿を描く…

昭和初期の神戸。洋服仕立て職人の父・妹尾盛夫とキリスト教徒の母・敏子の間に生まれた肇。胸にイニシャル「H」が入ったセーターを着ていることからエッチというあだ名が付き、好奇心旺盛で曲がったことが嫌いな肇だったが、第2次世界大戦の開戦を機にその生活は暗い影を帯びていく。やがて、彼は盛夫に対するスパイ容疑、学校で行われる軍事教練、妹の疎開といった出来事に直面する…
http://www.youtube.com/watch?v=r3wieVd2Usg
洋服仕立て職人の妹尾盛夫には水谷豊、妻の敏子には伊藤蘭、少年Hこと肇には吉岡竜輝
実際に夫婦でもある水谷豊と伊藤蘭が、テレビドラマ「事件記者チャボ!」以来となる共演。
小栗旬、佐々木蔵之介、國村隼、岸部一徳ほかが共演。
監督は「鉄道員(ぽっぽや)」、「あなたへ」の巨匠・降旗康男。脚本は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの古沢良太

降旗康男監督が妹尾河童の自伝的小説をどう描いてくれるのか、楽しみです。

「少年H」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です