宮崎駿監督の最新作「風立ちぬ」公開記念スペシャル映像。第2回は「作家の堀辰雄と松任谷由実」。

Pocket

宮崎駿監督がゼロ戦設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描いた「風立ちぬ」、7月20日(土)公開。
風立ちぬ

公開を記念したスペシャル映像です。
第2回は「作家の堀辰雄と松任谷由実」
http://www.youtube.com/watch?v=Nlhk2uNUKjw
ポール・ヴアレリーの詩の一節を“風立ちぬ、いざ行きめやも”と訳した文学者の堀辰雄とはどういう人物なのか、に焦点を当てて紹介。
また「ひこうき雲」が主題歌に選ばれた松任谷由実のインタビューもあって、ますます映画が見たくなります。
風立ちぬ

大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。航空機の設計者の堀越二郎はイタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上げたいと思っていた。そんなある日に関東大震災のさなか汽車で出会った菜穂子と再会。二人は恋に落ちるが、菜穂子が結核にかかってしまう…

堀越二郎の声には庵野秀明、菜穂子には瀧本美織
西島秀俊、西村雅彦、風間杜夫、竹下景子ほかが声の出演。
宮崎駿監督にとっては「崖の上のポニョ」以来5年ぶりの監督作品。音楽は久石譲
主題歌は松任谷由実のファーストアルバムに収録されている「ひこうき雲」

宮崎駿監督がどんな物語を描いてくれるのか、楽しみです。

「風立ちぬ」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です