ヘレン・ミレン主演で世界的名画を巡る裁判と数奇な物語を描いた「黄金のアデーレ 名画の帰還」、見たいですか?

Pocket

ヘレン・ミレン主演で世界的名画「黄金のアデーレ」を巡る裁判と数奇な物語を映画化したヒューマン・ドラマ「黄金のアデーレ 名画の帰還」(原題 Woman in Gold)、11月27日(金)公開。
ヘレン・ミレンの主演作、見たいですか?
黄金のアデーレ 名画の帰還
世界的名画「黄金のアデーレ」をめぐって実際に起こった裁判とその絵に秘められた数奇な物語を映画化。

アメリカに住む82歳のマリア・アルトマンがグスタフ・クリムトが描いたマリアの叔母アデーレの肖像画「黄金のアデーレ」を取り戻すためオーストリア政府を相手に返還訴訟を起こす。ナチス統治下のオーストリアでナチスによって奪われたその名画にはマリア自身と彼女を取り巻く人々のさまざまな記憶が詰まっていた…

ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの名画を取り戻すためオーストリア政府を相手に返還訴訟を起こした女性マリア・アルトマンの実話を「マリリン 7日間の恋」のサイモン・カーティス監督が映画化。
訴訟を起こすマリア・アルトマンにはヘレン・ミレン
弁護士のランディ・シェーンベルクにはライアン・レイノルズ
ダニエル・ブリュールケイティ・ホームズほかが共演。
Woman in Gold
ミニシアター・ブームを牽引してきたシネマライズの最後の作品。
ヘレン・ミレンがどんな演技を見せてくれるのか、楽しみです。

「黄金のアデーレ 名画の帰還」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です