東野圭吾の原作を江口洋介、本木雅弘共演で映画化した社会派サスペンス「天空の蜂」、見たいですか?

Pocket

原発を題材にした東野圭吾の原作堤幸彦監督江口洋介本木雅弘共演で映画化した社会派サスペンス「天空の蜂」、9月12日(土)公開。
原発を題材にした東野圭吾の原作を映画化、見たいですか?
天空の蜂02
史上最悪の原発テロ事件解決に向けて奔走する人々の8時間のドラマを描く…

1995年8月8日、自衛隊用の最新大型ヘリコプター「ビッグB」が正体不明の人物によって奪われ、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止する。犯人は「天空の蜂」と名乗り、日本全国の原発停止を求める犯行声明を出す。「ビッグB」を開発した設計士の湯原と、原発の設計士の三島は、事件解決のために力を尽くす…

東野圭吾が原子力発電所を題材に1995年に発表した傑作小説を「SPEC」、「20世紀少年」の堤幸彦監督が映画化。
天空の蜂_原作
「ビッグB」を開発したヘリ設計士の湯原には江口洋介、原子力発電所の設計士の三島には本木雅弘
仲間由紀恵綾野剛柄本明國村隼ほかが共演。
天空の蜂
主題歌は秦基博の「Q&A」。「Q&A」の曲を使った特別映像も公開されていて、さらにワクワクしてきます。

原発を題材にした東野圭吾の原作を堤幸彦監督が江口洋介、本木雅弘共演でどんなストーリーを見せてくれるのか、楽しみです。

「天空の蜂」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です