製作50周年を記念した「サウンド・オブ・ミュージック」の新しい吹替キャスト版、見たいですか?

Pocket

ブロードウェイのヒット・ミュージカルを「ウエスト・サイド物語」の巨匠ロバート・ワイズ監督ジュリー・アンドリュース主演で映画化した「サウンド・オブ・ミュージック」(原題: The Sound of Music)
1965年6月19日(土)公開。
製作50周年を記念して、新しい吹替キャスト版がBlu-ray、DVDで5月2日(土)に発売、劇場で4月17日(金)から順次公開されます。
サウンド・オブ・ミュージック
オーストリアからスイスをへてアメリカに亡命し、家族合唱団となったトラップ・ファミリーの実話を元にしたリチャード・ロジャース作曲&オスカー・ハマースタイン2世作詞によるブロードウェイ・ミュージカルを映画化。

新しい吹替キャストはマリアには平原綾香、トラップ大佐には石丸幹二、長女リーズルには日笠陽子
「ドレミの歌」、「エーデルワイス」、「私のお気に入り」などの名曲が新しい吹替キャストで登場です。

歌を愛する修道女見習いのマリアは、トラップ家の7人の子供達の家庭教師となる。軍隊式の規律で守られた厳格な家庭に戸惑うマリア。だが持ち前の明るさと歌で、子供達の心を開いていく。再び明るい笑顔が戻ったトラップ一家。だが、ナチス台頭に揺れる時代の波が一家にも襲いかかる…

マリアにはジュリー・アンドリュース、トラップ大佐にはクリストファー・プラマー
監督・製作は「ウエスト・サイド物語」のロバート・ワイズ
作曲はリチャード・ロジャース
第38回アカデミー賞で作品賞、監督賞、音響賞、編集賞、編曲賞の5部門を受賞。

今回発売されるBlu-rayにはテレビ朝日版、フジテレビ版、テレビ東京版のテレビ版吹替音声が初収録され、さらに今回の製作50周年記念版、製作40周年記念版、VHS/DVD版の計6種の吹き替えバージョンが収録されます。

「ドレミの歌」、「エーデルワイス」など名曲に載せて展開するミュージカル。何度見ても色あせることのない名作です。

「サウンド・オブ・ミュージック」50周年記念公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です