12月28日はデンゼル・ワシントンの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

12月28日はデンゼル・ワシントンの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?
デンゼル・ワシントン
デンゼル・ワシントンは1954年12月28日にニューヨーク州マウント・バーノンで生まれました。
1987年リチャード・アッテンボロー監督「遠い夜明け」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、1989年エドワード・ズウィック監督「グローリー」第62回アカデミー賞助演男優賞を受賞。
グローリー
2001年アントワーン・フークア監督「トレーニング デイ」第74回アカデミー賞で主演男優賞を受賞しました。

「マルコムX」(原題 Malcolm X)
マルコムX
スパイク・リー監督が伝説的黒人解放運動指導者マルコムXの生涯描いた伝記ドラマ。
1993年2月20日(土)に公開され、配収4.2億円。
かつての不良少年・マルコムは獄中でイスラム教に改宗し、アメリカ黒人の解放運動を新しい理念によって展開しようとする…
デンゼル・ワシントンはマルコムXを演じ、ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞し、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演男優賞にノミネート。
デンゼル・ワシントンの迫真に迫る演技。スパイク・リー監督らしいテンポのいい演出。アメリカを知る上でも見ておきたい作品です

「クリムゾン・タイド」(原題 Crimson Tide)
クリムゾン・タイド
トニー・スコット監督ジーン・ハックマン共演で描いた核戦争危機をめぐるポリティカル・サスペンス。
1995年10月10日(土)に公開され、配収6億円。
第三次世界大戦の危機が迫る中、核兵器を搭載した米海軍の原子力潜水艦・アラバマ内で繰り広げられるベテラン艦長と新任副長の対立を描く…
デンゼル・ワシントンはアラバマの新任副長のロン・ハンター少佐を演じ、原子力潜水艦・アラバマの中でジーン・ハックマン演じるラムジー艦長との確執と闘いを手に汗握る緊迫感で繰り広げます。
トニー・スコット監督らしい緊迫感あふれる映像とジーン・ハックマンとデンゼル・ワシントンの迫真の演技が光ります。

「トレーニング デイ」(原題 Training Day)
トレーニング デイ
アントワーン・フークア監督イーサン・ホーク共演で新人刑事の一日、トレーニングデイ(訓練日)を描いたサスペンス・アクション。
2001年10月20日(土)公開。
新人刑事がベテラン刑事の指導の下で経験を積む中、次第に想像もしていなかった事態に巻き込まれていく…
デンゼル・ワシントンは暴行、脅迫、証拠ねつ造と次第にエスカレートしていくベテラン刑事のアロンゾを熱演し、
第74回アカデミー賞で主演男優賞を受賞。
カリスマ性で新米刑事を教育していくベテラン刑事を演じるデンゼル・ワシントンの迫真に迫る演技には圧倒させられます。

「フライト」(原題: Flight)
フライト02
ロバート・ゼメキス監督が奇跡的な緊急着陸を成功させた旅客機機長に浮上した疑惑とその驚愕の真実を描いたヒューマン・ドラマ。
2013年3月1日(金)に公開され、興収9.5億円。
マイアミ発アトランタ行きの飛行機が急降下、ウィトカー機長は草原への緊急着陸に成功し、多くの命を救い、国民のヒーローに祭り上げられる。しかし彼の血液中からアルコールが検出される。一体、機内で何が起きたのか!?
デンゼル・ワシントンはウィトカー機長を演じ、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演男優賞にノミネートされ、数多くの映画祭で主演男優賞を受賞。
デンゼル・ワシントンの迫真の演技とロバート・ゼメキス監督らしい演出で、飛行機の緊急着陸させたウィトカー機長の行動の真相をドラマティックに描いていて、見応え十分な作品です。

他にも「ペリカン文書」「フィラデルフィア」「ザ・ハリケーン」「マイ・ボディガード」など数多くの作品に出演し、これからのさらなる活躍を期待されるデンゼル・ワシントン。
出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。